オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

本所七不思議の1つ?おいてけ堀のカッパ像

カテゴリ
2010年02月26日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
先日このブログでも紹介した、錦糸町のお土産スポットとして有名な 人形焼の「山田家」でお土産を買ったところ、面白いものを発見したので、今日はそのお話をしたいと思います。

何が気になったのかというと、山田家さんで人形焼を包んでくれる包装紙が面白かったのです。そこには、本所七不思議と書かれており、その7つのエピソードが載っていました。

11.jpgちょっと気になったので、インターネットで調べてみると、本所七不思議の1つに「おいてけ堀」のエピソードがあり、錦糸町に関連しているお話でした。

昔、この辺りにはたくさんの堀があり、錦糸町にも「錦糸堀」という堀があったそうです。
そして、このお堀で魚を釣って帰ろうとした釣り人に向けて、堀の中から「置いてけ~、置いてけ~」の不気味な声が聞こえ、その声に驚いた釣り人が魚を放り出して逃げ出し、何人もの人がその声を聞き、いつしか「錦糸堀」は「おいてけ堀」と呼ばれるようになったといわれているようです。

今でも耳にする「置き去りにする」という意味で使う「おいてけぼり」は、この「おいてけ堀」の言い伝えが語源だそう。

12.jpgちなみに、この声の主はカッパ説や狸説などあり、今でもわかっていないようですが、今でもカッパの像が「錦糸堀公園」あるとのことだったので、さっそく錦糸町南口側に探しに行ってきました。

こちらが、そのカッパ像。
思ったより、かわいいカッパの像でした^^

13.jpg人形焼の「山田家」さんから、歩いて5分くらいの場所に「錦糸堀公園」があるので、お時間のある方は、ぜひ足を伸ばしてカッパ像を見てみてくださいね^^

オープンは2010年4月6日です。
ご予約も開始しておりますので、ぜひ皆さまのご利用をお待ちしております。

ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

 

今回ご紹介をした「おいてけ堀」への詳しい行き方は、
錦糸町徒歩マップ(※PDFファイル 3.17MB)を参考にしてくださいね。

各フロアの準備も徐々に準備が完成してきました!

2010年02月25日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の鈴木です。
一昨日、昨日と、ロッテシティホテル錦糸町のお部屋をご紹介してきましたが、お部屋だけではなく、各階のフロアも準備が整ってきましたので、今回はそんな施設や設備をご紹介したいと思います。

まずは、宿泊者専用のゲストラウンジです。
こちらは、宿泊されている方ならどなたでもご利用できるラウンジです。ここでは書籍をご自由にご覧いただいたり、コーヒーのサービスも行っています。

08.jpg4Fには24時間お客様のご対応をさせていただくフロントがあります。ここでぜひ見ていただきたいのが、フロントの奥にある和紙作家の堀木エリ子さんの作品です。

09.jpg堀木さんの和紙アートはフロントだけではなく、各階のエレベーターホールにも施されていますので、ご宿泊の際は和紙アート作品もご注目いただければと思います。
この和紙が作られる様子もブログでご紹介しておりますので、よろしければ見てくださいね。

そして、客室階の全フロアには自動販売機が設置されています。

10.jpgまだホテル内の施設が完全に整っている訳ではありませんが、4月6日のオープンに向けて、だんだんと施設やお店などができあがってきています。こちらの様子も、このブログで紹介していこうと思っていますので、どうぞお楽しみに^^

オープンは2010年4月6日です。
ご予約も開始しておりますので、ぜひ皆さまのご利用をお待ちしております。


ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちら
から。

絶景を望む上層階の広々とした開放的なお部屋「リュクシー」

2010年02月24日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
昨日ご紹介したお部屋「エリートシングル」に続き、今回ご紹介するお部屋は、贅沢な雰囲気と安らぎのある空間が楽しめる「リュクシー」です。

こちらは、お部屋の窓も大きく、絶景を楽しみながら忙しい日常を忘れ心ゆくまで寛いでいただけるよう、ゆったりとした開放的な作りになっています。

04.jpgお部屋の窓からは「東京スカイツリー」を望むことができます。現在は建設途中ですが、完成したら夜景の1つとして、ライトアップされた姿を楽しむことができるでしょう。

壁際と窓際にゆったりとしたソファーが。液晶ワイドテレビを見ながらゆっくりおくつろぎいただけることと思います。

さらに、疲れた体を癒してくれるマッサージチェアも完備されています。

05.jpgマッサージチェアで体をほぐしたあとに、そのままベッドへ直行できるなんて、とっても贅沢ですよね。

そしてこちらのお部屋には、広々としたパウダールームと、大きな窓からは東京スカイツリーが見えるゆったりとしたバスルームがあります。

07.jpgいつもより少し贅沢なひとときを過ごしたい時や、大切な記念日を過ごしたい方など、忙しい日常を離れて開放的な空間で寛ぎたい方にぜひオススメしたいお部屋です。
こちらも、ぜひ機会があれば、ご利用いただければと思います。

オープンは2010年4月6日です。
ご予約も開始しておりますので、ぜひ皆さまのご利用をお待ちしております。


ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちら
から。
リュクシーのご予約はこちらから。

その他の客室のご案内はこちらから。

 

ビジネス/ご出張におすすめ「エリートシングル」

2010年02月23日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
気が付けば、来週はもう3月になるんですね。寒い冬が苦手な私にとっては、あたたかい気持ちのよい春がもうすぐやってくると思うと、心がウキウキしてきます。皆さんはいかがですか?

さて、過去のブログ記事で家具が入る前のお部屋を紹介しましたが、4月6日のオープンに向けて、お部屋に家具やアメニティが徐々に揃ってきましたので、一足先にお部屋のご紹介をしていきたいと思います。

今回ご紹介するお部屋は、大型ライティングデスクが大人の書斎を演出するスタイリッシュな「エリートシングル」です。

お部屋に入ってすぐに目に入るのが、このお部屋の特徴でもあるデスク。
書類やノートパソコンを置いても広々と使えるデスクと、座り心地の良いチェアーは、忙しいビジネスマンの方には快適にお使いいただけると思います。

01.jpg
さらに、その奥にはゆったりとした広めのシモンズ製ベッド。大きな窓からの景色を楽しみつつ、疲れた体をゆっくりと休めていただけると思います。

02.jpgさらに、シングルのお部屋にはめずらしい独立洗面台があるところもポイントです。

03.jpgホテルのシングルルームは、トイレ、洗面所、バスはユニット形式が多いイメージではないでしょうか。
このお部屋タイプでは、独立洗面台が設置されており、開放的なトイレと一緒に大きな鏡がセットされたスタイリッシュな洗面台になっています。

このほかにも、ズボンプレッサーや空気清浄機も装備されているほか、お部屋には「ワイド液晶テレビ」が完備されています。

ぜひ、ご宿泊の際にはお部屋の雰囲気を味わいつつ、おくつろぎいただければと思います。

オープンは2010年4月6日。
ご予約も開始しておりますので、ぜひご利用をお待ちしております。

ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちら
から。
エリートシングルのご予約はこちらから。

その他の客室のご案内はこちらから。

新東京百景の1つ亀戸天神の藤まつり

カテゴリ
2010年02月19日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の鈴木です。
前回ご紹介した「亀戸天神」のもう1つの有名スポットは、敷地内にある藤の花、梅の花が有名な場所でもあります。

神苑の藤は、早春の梅とともに亀戸天神社を代表する花であり、特に藤は東京の花の名所として名高く、江戸時代から「亀戸の五尺藤」「亀戸の藤浪」として広く親しまれています。

04.jpg15棚100株の藤の盛りの華麗な美しさが、朱の太鼓橋と心字池の水面とのコントラストによって一段と際立ち、見事さを誇り、毎年多くの人が訪れ賑わっています。

藤の花はまだ見られませんが、私が行った時は梅まつりということで、約5分咲きの梅の花が見る人の目を楽しませてくれていました。

05.jpg約200本(紅梅 50本 白梅 150本)があり、早いものは正月あたりから咲き始めるそうです。肌寒い今の季節でも咲いている梅がたくさんあり、かすかに梅の香りが漂っていました。

06.jpg藤の花が咲く季節は、4月下旬あたりからなので、池の周りにある藤の花が一面に咲き乱れるのが、今からとっても楽しみです。

07.jpgこの写真も、春になれば、思わずため息をついてしまうほどの花が咲き乱れ、また違った景色を見せてくれるはずです。

オープンは2010年4月6日!
オープンの頃には、錦糸公園の桜も咲き、ここ亀戸天神もだんだんと藤の花が咲いてくる頃でしょう。ぜひ、ロッテシティホテル錦糸町にご宿泊の際には、足を伸ばして、この美しい景色をご堪能いただければと思います。

ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

「亀戸天神」の詳しい情報はこちらから。

 

今回ご紹介をした「亀戸天神」への詳しい行き方は、
錦糸町徒歩マップ(※PDFファイル 3.17MB)を参考にしてくださいね。

下町の天神さま「亀戸天神」

カテゴリ
2010年02月17日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の鈴木です。
バレンタインも終わり、街中にあふれていた可愛らしい飾りもすっかりなくなってしまいましたね。皆さんは、今年のチョコは手づくりをプレゼントされたのでしょうか?

さて今回ご紹介するスポットは「亀戸天神」です。
先日1/29(金)の竣工式で、齋主(神主)として田中神主さんにお越しいただき、ロッテシティホテル錦糸町工事完了のご祈願をいただいた際に大変お世話になりました。

竣工式の様子はこちらから

亀戸は、ロッテシティホテル錦糸町から徒歩約10分で行ける場所。ホテルの前の四ツ目通りを右に進み、蔵前通りに出たら、さらに右へ曲がって、まっすぐ行きます。そうすると左手に大きな赤い鳥居が見えますので、すぐにわかると思いますよ。

01.jpg
ここ「亀戸天神」は、菅原道真公をお祀りしており、「下町の天神さま」として広く知られていて、地元の方たちをはじめ、多くの方々に親しまれています。

亀戸天神は、古くはご本社にあたる「九州太宰府天満宮」に対して東の宰府として「東宰府天満宮」、または「亀戸宰府天満宮」と呼ばれていたこともあり、今でも太宰府の社にならい、社殿、回廊、心字池、太鼓橋などが、ここ亀戸天神にもあるようです。

一歩中に入り、男橋、女橋と呼ばれている橋を2つ渡ると、堂々とした社殿が目の前に見えてきます。

02.jpg
そして、社殿の左に鎮座するこの牛の像。

03.jpgなんでも、親しく触れることにより病を治し、知恵を授かるといわれているそうです。
皆さん牛の顔を触るのでしょうか、顔の部分だけ色が他と違って少し薄くなっていました。ちなみに、私ももちろん触らせていただきました。

この亀戸天神は、じつは新東京百景の1つとして毎年多くの観光客でにぎわう場所でもあるんですよ。4月の下旬頃から、境内に100株以上ある藤の花が一斉に咲き始め、池に藤の花が写る姿を楽しむ人がたくさん参拝にいらっしゃるようです。

この続きは、次回の日記にてご紹介させていただきますね。お楽しみに^^
「亀戸天神」の詳しい情報はこちらから。

オープンは2010年4月6日!
ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

 

今回ご紹介をした「亀戸天神」への詳しい行き方は、
錦糸町徒歩マップ(※PDFファイル 3.17MB)を参考にしてくださいね。

日本の技・日本の粋「すみだ 江戸切子館」

カテゴリ
2010年02月15日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の鈴木です。
みなさんは日本の伝統工芸や文化について興味はありますか?じつは、錦糸町にも日本の伝統工芸を大切に受け継いでいるお店があります。墨田区が発行している「すみだ観光ガイドマップ」にも紹介されている「すみだ 江戸切子館」です。
お散歩している最中に「江戸切子館」という看板を見つけたので、いったいどんな場所なのだろう? と思い行ってみました。

06.jpg
この「すみだ 江戸切子館」はロッテシティホテル錦糸町のある錦糸町北口から歩いて5分程度の場所にあります。お店自体はそんなに大きくはないのですが、中にはたくさんの作品(もちろん購入もできます)と体験用の小部屋がありました。

作品はどれも美しく、ため息が出てしまうほど。職人さんの技とセンスが光るものばかりで、ずっと見ていてもあきません。

07.jpg
お値段も手頃なものから、高価なものまでが揃っているので、自分用はもちろん、お友達などへのプレゼントやお土産にもステキだな~と思いました。

08.jpg
こちらには、工房もあります。江戸切子づくりを体験してみたいなと思ったら、事前に予約が必要とのこと。自分だけのマイ切子グラスを作ってみるものいい思い出になりそうです。
私もいつか、体験してみたいと思います。

ロッテシティホテル錦糸町でも以前こちらでお知らせをしましたが、伝統工芸の『和紙アート』を施したホテルのフロントやエレベーターホールもありますので、こちらにも注目してみてくださいね。

オープンは2010年4月6日!
ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

すみだ江戸切子館のホームページはこちらから。

 

今回ご紹介をした「すみだ 江戸切子館」さんへの詳しい行き方は、
錦糸町徒歩マップ(※PDFファイル 3.17MB)を参考にしてくださいね。

ランチも人気、タイ料理「ゲウチャイ」

カテゴリ
2010年02月12日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
フロント担当の鈴木に続き、私もグルメネタをご紹介したいと思います。

こちらも、私がお散歩している時に発見し、いつか行ってみよう!と思っていたお店です。

ここはリーズナブルなお値段で本格的なタイ料理が楽しめるお店「ゲウチャイ」です。

04.jpg
錦糸町南口側を出てすぐ右にある「ピアきんしちょう 駅ビル通り」を抜けた辺りにあり、お店入り口にお店の顔でもある、「象」の置物が目印です。
店内は、私がお店に伺ったのは13時くらい。店内はとてもお客様が多く、何よりも女性1人で来ている方たちが目立ちました。(私もそのうちの1人ですけどね)
お店で働いているスタッフの方たちはみなさんタイの方。お店に来てくれたお客様に、ちょっとでもタイの雰囲気を楽しんでもらうためにそうしているのだそうです。

そして、この日食べたランチメニューはこちら。

05.jpg
右奥に汁ビーフン、右手前はイカサラダ、そして左手前はクリーミーテイストの鶏肉とパイナップルのカレー、さらにコーヒー&デザート(オマケというサプライズ!)とこれだけ付いて997円! おいしくてリーズナブルでお客様が多いのも納得です。

タイ料理独特のエスニックな味と、お腹いっぱいになるボリュームで大満足のランチでした。錦糸町には、こういったエスニック系のお店が多いので、これからもオイシイお店をもっともっとご紹介いたしますね。

オープンは2010年4月6日!
ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

ゲウチャイのホームページはこちらから。

 

今回ご紹介をした「ゲウチャイ」さんへの詳しい行き方は、
錦糸町徒歩マップ(※PDFファイル 3.17MB)を参考にしてくださいね。

錦糸町のお土産ならココ!人形焼「山田家」

カテゴリ
2010年02月10日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の鈴木です。
錦糸町の街を歩き始めて約1ヵ月が経ちました。錦糸町の街にも詳しくなり、皆さんにご紹介したいスポットがたくさん集まってきましたので、そのうちの1つを今回はご紹介させていただきますね。

まずは、錦糸町のお土産スポットのご紹介です。
錦糸町駅南口側にある、錦糸町名物ともなっている人形焼の「山田家」さん。

01.jpg
ここで焼かれている人形焼は、店長さんがこだわった材料(北海道産小豆、極上ざらめ、アルカリイオン水)を使って、1つ1つ手作りされています。「狸」「太鼓」「三笠山」「もみじ」の形をした人形焼きがショーケースに並んでいます。

02.jpg
なかでも一番人気のある形は「狸」だということで、私もさっそく食べてみました。

03.jpg
しっとりふわふわした皮に包まれた餡はほどよい甘さで、いくつでも食べられそう。こちらのお店では手作りをしている様子がお店の中からも見ることができます。私も作りたての人形焼をいただいたので、あたたかいうちに食べてみたのですが、やはり、作りたてはとっても美味しかったです。

人形焼は1個単位からも購入できますが、会社へのちょっとしたお土産、お客様への差し入れにぴったり。錦糸町にいらした際には、ぜひお店に立ち寄ってみてくださいね。

オープンは2010年4月6日!
ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

人形焼「山田家」のホームページはこちらから。

今回ご紹介をした「山田家」さんへの詳しい行き方は、
錦糸町徒歩マップ(※PDFファイル 3.17MB)を参考にしてくださいね。

ロッテシティホテル錦糸町 竣工式の様子 その2

2010年02月08日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
前回の日記には「竣工式」の式典の様子をお伝えさせていただきましたが、今回はもう1つ行われた「定礎」の様子をご紹介したいと思います。

よく、下の写真のようなものを、ビルや学校、公園など、色々な場所で見かけることはありませんか?

02.jpg
この「定礎」というものは、建物が完成した時点で、それまでの工事に対する感謝と、その後の安泰を祈って埋め込まれる、「定礎石(ていそせき)」と呼ばれるものだそうです。そして、この定礎石の奥には、「定礎箱」と呼ばれる金属製の箱が埋め込まれています。

この写真がその金属製の箱(写真:一番右)になります。

03.jpg
この定礎箱の中には、建物の設計図面、発注者、施工者などを記した定礎名板や、氏神様のお札、さらに当日の新聞や通貨などを入れます。学校の卒業式などで見かける「タイムカプセル」にちょっと似ていますよね。

中身を入れた定礎箱は、このように壁にはめ込みます。

04.jpg
ちなみに、この定礎箱の中は、普段は見ることができません。見ることが出来るのは、建物を壊す時くらいなので、とても貴重な体験をさせていただきました。

今回、無事に竣工式を執り行い、さらに定礎も完了しました。これからは、ホテル内に家具などが次々と搬入され、内装の準備に入っていきます。

ホテルが完成した喜びと感謝をもって、スタッフ一同、皆様に精一杯のおもてなしをご提供させていただきますので、ぜひロッテシティホテル錦糸町をご利用いただければと思います。

皆様からの、たくさんのご予約をお待ちしております。

2010年4月6日オープン!
ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線