オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

「浅草花やしき」で残りの夏を満喫しよう♪

カテゴリ
2014年08月22日
こんにちは。ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
朝夕に「カナカナカナ…」というヒグラシの合唱を聞き、そろそろ夏も終わりだなと感じる今日この頃です。みなさんはこの夏、満喫されましたか? まだ遊び足りない、もうちょっと夏を楽しみたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。
そこで今回は、ロッテシティホテル錦糸町からも近い『浅草花やしき』に足を運んでみました。
江戸時代末期の1853年(嘉永6年)に花園として誕生し、その後、芝居小屋や動物園などの変遷を経て、1949年(昭和24年)に遊園地としてスタートしたそうです。今年で161歳! なんて長寿のアミューズメントスポットなんでしょう!
東京メトロ「錦糸町」駅から隣「押上」駅で東武スカイツリーラインに乗り換え、「浅草」駅で降ります。ここまで10分ちょっとです。そして歩くこと5、6分。乗り物のゴォーという轟音とともに子どもたちの「キャ〜ッ!」という歓声が聞こえてきました。すると入り口を発見!
P1010019.jpg
さっそく中へ入ってみました。色鮮やかな乗り物が目の前に広がります。音楽と子どもたちのはしゃぐ声で、すごく賑やかです。まずは、園内全体をみるために空飛ぶゴンドラ「スカイシップ」に乗ることにしました。
P1010057.jpgP1010118.jpg遠くの景色まで見え、気持ちいい〜。そして、眼下にはおもちゃの街が! カラフルでとっても可愛い園内です^^
P1010065.jpg
ここには、日本で現存する最古のローラーコースターがあります。去年、還暦を迎えましたが、まだまだ現役、大人気のアトラクションです! 園内をグルリと駆け巡り、入り口付近も走っているので、来るとき聞こえた音と声の正体はどうやらこれのようです^^
P1010107.jpgP1010108.jpgローラーコースターに負けないスピードとスリル満点の乗り物は「スペースショット」。最強速の絶叫マシンです。地上60mまで上がり、すぐさま急降下! 見ているだけでゾクゾクしてしまいました。
P1010121.jpg
遊園地の永遠の定番ともいえる「メリーゴーランド」をはじめ、花やしきは0歳から遊べる乗り物も豊富です。霧がふりかかる「スワン」や「ちびっ子タクシー」など、よちよち歩きの子どもたちもパパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に楽しんでいました。
P1010039.jpgP1010031.jpgP1010096.jpgスピード感を味わいたいというちびっ子には「カーニバル」がオススメ。2歳から乗ることができます。これも古株のアトラクション。息子さんを連れてきているパパも、その昔お父さんに連れてきてもらったということも珍しくないそうです。
P1010079.jpgP1010078.jpg縁日コーナーもありました。昔ながらの懐かしい遊びに夢中になっている親子がたくさん! 私も輪投げに挑戦してみましたが、なかなか難しかったです^^
P1010095.jpg
ステージ前を通りかかると、子どもたちのフラダンスショーを行っていました。ゆったりとしたリズムはのどかな気分になりますね^^
P1010106.jpg
このほか、お化け屋敷や宝探しなどもあり、遊びどころ満載の遊園地。親子三世代でも楽しめます。みなさんも「浅草花やしき」で夏の最後の時間をおもいっきりエンジョイしてみませんか?

浅草花やしき

 

東京スカイツリーの夏イベントを楽しもう♪

2014年08月15日
こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。
みなさんは、この夏、どのように過ごされていますか?お祭りや花火大会、海やビアガーデンと、夏の風物詩を楽しまれている方も多いかと思います。8月も後半ですが、照りつく太陽はいまだ健在。まだまだ夏は終わらないよと伝えているように感じますね^^
そこで今回は、終わらない夏をエンジョイするために、東京スカイツリーの夏イベントを探しに行ってきました!
まず到着したのは東京ソラマチのソラマチ商店街入り口にあたる「ソラマチひろば」。ここは、夏のみ噴水になるそうで、この日もたくさんの子どもたちがはしゃぎ回り、とっても楽しそうで、その姿を 見ているだけで私も自然と笑顔になってしまいました^^
P1010067.jpgP1010064.jpg噴水を眺めているうちに「涼」をとれたので、さっそく4階の東京スカイツリー入り口へ向かいました。チケット売り場付近には綺麗な数々のオブジェが…。これは、SUPER CRAFT TREEといってスカイツリーの建築美である「そり」「心柱」など12のテーマを竹細工や江戸切子といった伝統工芸品で表現したものです。光に輝き、建築と工芸品の美しさに見とれてしまいました。
P1010069.jpg
さて、展望デッキや展望デッキ回廊で行われているイベントを見つけました!
1つ目は、「ソラノキ博士とナゾ解き調査団」。東京スカツリー内に隠された秘密の報告書を探すという体感型イベントです。
P1010084.jpg
どうやらこれは、ソラノキ博士が書いた設計図のナゾを解き、スカイツリー内部に隠された秘密の報告書を探していくようです。探検家気分になりますね。東京スカイツリーパンフレットが手がかりとあるので、スカイツリーにも詳しくなれそうです。
P1010085.jpgP1010086.jpg
2つ目は、「ソラカラちゃんのグリーティング」。東京スカイツリーの公式キャラクター・ソラカラちゃんと触れあって、一緒にスカイツリーオリジナルポーズで記念撮影を楽しめるというものです。ソラカラちゃんのコスチュームは、ライティングカラー「粋」をイメージしているとのこと。この夏しか撮影できない記念になるでしょうね^^
P1010070.jpg
このイベントは、展望回廊では1日5回開催され、ソラカラちゃんの人形が目印の1階「THE SKYTREE SHOP」では、14時からのワンチャンスだけとなっています。さすが、人気者のソラカラちゃん、出番が多いですね^^
P1010066.jpg
エントランスのある4階の外は「スカイアリーナ」というイベント広場があります。ここでも何かやっているかなと思って行ってみると、スカイツリーの麓に広がったビアガーデンがありました!その名も「見上げるビアガーデン」。ビールやドリンクとバーベキューが楽しめます。
P1010075.jpg
「見上げる」特別シートは、リクライニングされたシートになっていて、ムリのないラクな姿勢で東京スカイツリーを見上げることができます!夕日に照らされたスカイツリーから、夜のライティングされたスカイツリーまで、これなら思う存分堪能できますよね。次回来たときは、ここからゆっくりとスカイツリーを見てみたいと思います^^
P1010076.jpg

楽しい時間はあっという間にすぎ、まもなく太陽が沈みます。夕日によって、うっすらとピンクに染められたたスカイツリーも素敵です。今度はライトアップする夜に訪れようと思っています。朝から夜まで楽しめる東京スカイツリーで、みなさんも夏の思い出を作ってみませんか?

P1010109.jpg
「ソラノキ博士とナゾ解き調査団」
日時:〜8月31日(日)8:00~21:30 ※無料(天望デッキ/天望回廊の入場券必要)
「ソラカラちゃんのグリーティング」
日時:~8/31(日)
◇THE SKYTREE SHOP(東京スカイツリー1階) 14:00
◇東京スカイツリー天望回廊 10:30/11:30/12:30/15:30/16:30
「見上げるビアガーデン」
日時:~9/28(日)11:00〜22:00(L.O.フード21:00/ドリンク21:30)

 

浅草の神社やお寺を巡る♪

カテゴリ
2014年08月08日
こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
8月も1週が過ぎ、まもなくお盆ですね。明日から長期連休を取って、ご実家に帰省したり、旅行に行かれたりされる方も多いのではないでしょうか?
私は、ご先祖や亡くなられた方の供養をする行事であるお盆を機会に、近隣の寺院やお寺を巡ってみました。
まずは、ロッテシティホテル錦糸町から地下鉄を乗り継いで約15分のところにある浅草です。
ここは、雷門で有名な「浅草寺」を中心にたくさんの寺社仏閣があります。
今回はまず、招き猫の発祥の地ともいわれる「今戸神社」を訪れました。浅草駅からは10分ほど歩いたところにあります。縁結びの神様としても有名な神社ですよね^^
P1010847.jpg
鳥居をくぐると、大きな木の幹に多数の絵馬がかけられているのが目に留まります。
この神社では、祈願絵馬の願いが叶うと神様に成就を報告する成就絵馬を納める習わしがあるため、祈願絵馬と同じくらい成就絵馬が奉納されているのです。この数を見ると、たくさんのご縁が結ばれたようですね。
P1010845.jpg2012-01-01-00.00.00-85.jpg私もたくさんのお客さまとご縁が結ばれるように本殿へ。

大きな夫婦の招き猫が印象的です。右手をあげる招き猫は「人とのご縁を授ける」と言われていて、「良縁」を招いてくれるそうですよ。
2012-01-01-00.00.00-86.jpg
お参りをしている方がいたので後ろで待っていると、人力車のスタッフがお客さまに「二重の縁で20円をお賽銭として奉納するといいですよ」という説明が聞こえてきました。興味深いことを聞いたので、私もさっそく実践してみました。
お参りを終え、本殿の階段を降りた脇に可愛い招き猫の銅像を発見! 「石のなで猫」と言い、有名な猫のようです。心を込めてなでてきました^^2012-01-01-00.00.00-88.jpg2012-01-01-00.00.00-89.jpg

境内にはベンチも多数あり、寛ぎのスペースとなっています。
おみくじを引いて喜んでいる方やご朱印をいただいて眺めている方、絵馬に書き込んでいる方など、みなさんお参り後のひとときを楽しまれていました。
P1010846.jpg
そしてお札所の前には、たくさんの猫たちがいます。思わず「可愛い〜」と口ずさんでしまいました^^
2012-01-01-00.00.00-90.jpgP1010838.jpg
しっかりとお参りもできたので、神社を出て右手(浅草駅方面)に100mほど歩くと真宗大谷派の「本龍寺」に出会いました。
P1010807.jpgP1010818.jpg
どんなお寺だろうと興味津々に門をくぐり近づくと、色鮮やかな龍が柱に施されています。
龍は、まるで宙を舞っているかのようでした。
P1010814.jpgP1010809.jpg
こちらの本堂の中には、鏝(こて)絵と呼ばれる美しい装飾があるようですが、この日は閉まっていたので見ることができず残念でした…。
鏝絵は漆喰で作成し、左官職人さんが鏝で仕上げるのでそう呼ばれるそうです。
続いて、本龍寺から浅草駅方面に40mほど行ったところにある曹洞宗「慶養禅寺」へ。
門の前には威風堂々とした仁王像が立っていました。
P1010828.jpg
間近で見ると迫力があって、かっこいいですね^^
P1010831.jpgP1010830.jpgこちらは故・池波正太郎氏の小説『剣客商売』にも登場しているお寺です。
P1010823.jpg
「もとの本堂は関東大震災と戦災で焼けてしまいましたが、みなさまのおかげで今の形が作られました」とご住職の奥様が話してくれました。地域のみなさんの気持ちがこもったお寺だと知り、心温まるお話をいただけたことは嬉しかったです。
境内には戦火を受けても残ったイチョウの木があり歴史を痛感させられます。
また、愛らしい釣り鐘もあり、ほっと和めるお寺でもありました。
P1010820.jpgP1010821.jpg
浅草界隈には、このほかにもお寺や神社がたくさんあります。
そして、それぞれに歴史を刻んでいるため、日本史好きの方にも興味をそそられる場所です。
次回は別ルートで散歩して、寺社仏閣を巡ってみたいと思います。
今戸神社 台東区今戸1-5-22
本龍寺  台東区今戸1-6-18
慶養寺  台東区今戸1-6-22

 

さまざま「橋」を見る 隅田川散歩♪

カテゴリ
2014年08月01日
こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
先週末は日本有数の花火大会「隅田川花火大会」でした。当日は天気にも恵まれ、光り輝く大輪の花が夜空を彩り、その美しさに見とれてしまったほどです。みなさんは鑑賞されましたか?
さて、その余韻も冷めやらぬうちに、隅田川では今週末からお祭りが開催されます。その名は「隅田川・白鬚(しらひげ)橋・納涼水辺まつり」。ハワイアン演奏のライブやフラダンス、納涼盆踊り大会などが行われます。日程は8/2・3、8・9、16・17と3週に渡り、土曜・日曜と開催されます。
そこで今回は、さまざまな「橋」を見に隅田川に行ってきました。散歩の開始地点は都営浅草線「浅草」駅。ロッテシティホテル錦糸町のある「錦糸町」駅から地下鉄で隣駅「押上」で乗り換えて10分ほどで到着します。
浅草駅を出ると、真っ赤な「吾妻(あづま)橋」が目に飛び込んできました。下町らしい粋な赤色は深みがあって美しいですね^^
P1010882.jpg
有名なビール会社のオブジェと並んで東京スカイツリーも堂々とそびえ立ち、ビルと橋とスカイツリーが撮影できるスポットなので、たくさんの方が写真を撮っていましたよ。
P1010599.jpg
川のほとりを歩くと川からの風が心地よく、「涼」を感じさせます。花壇にはたくさんの花が咲き、最高の散歩コースです^^ ここには遊覧船乗り場があり、川から見る橋の姿も一度は見てみたいなって思いました。
P1010787.jpg
次に向かった橋は、東京スカイツリーラインの陸橋です。ちょうど電車が来たので、鉄道写真を撮影する方の気持ちになってシャッターを押してみました!
P1010793.jpg
こちらは橋の下。電車が通る音の迫力や、鉄橋の骨組みを見ていると、まるで遊園地にいるような気分になりました。
P1010795.jpg
続いて向かった橋は、淡いブルーの「言問(こととい)橋」。赤や黄色の観光バスが橋の上に停車し、色のコントラストがキレイでした。隅田川は桜が多いのですが、この橋の付近はとくに桜並木が見事で、春には花見客で賑わう場所です。
P1010800.jpg
もちろん、この橋から見える東京スカイツリーも美しく、撮影スポットとしてもオススメです。
P1010803.jpg
次に出会ったのは、隅田川唯一の歩行者専用橋の「桜橋」。これは両端が二股に分かれ、「X」字形になっています。おもしろい形ですよね。
P1010660.jpgP1010661.jpg
映画やドラマのロケ地としても有名で、せっかくなので、橋の真ん中に立ち、スカイツリーと一緒に記念撮影をしてみました^^
P1010656.jpg
ここから少し歩くと、いよいよお祭り開催地である白鬚橋に到着しました。橋の曲線が優雅な雰囲気を演出していますね。これは「タイドアーチ」と呼ばれ、橋の両端を真直ぐな部材(タイtie)でつないでいるからだそうです。
P1010866.jpg
橋は車両用と歩行者用に分かれているので、渡ってみました。橋の合間からスカイツリーが! どこからでもスカイツリーが見えるので、ぜひみなさんもお気に入りのベストショットを撮ってみてくださいね。
P1010868.jpgP1010871.jpg
さて、最後の橋を渡りきったところに、お祭りの周知を告げる看板を発見。こちらでどんなパフォーマンスが繰り広げられるのでしょうか?とっても楽しみですね^^
P1010873.jpg
週末はみなさんもぜひ足を運び、涼を感じながらライブにダンスに盆踊りと楽しまれてはいかがですか?
墨田川・白鬚橋・納涼水辺まつり
8月2.3日(土日)、8.9日(土日)、16.17日(土日)
音楽ライブやダンスショー 17:00~19:00
納涼踊り大会 19:00〜21:00

 

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線