オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

芸術の秋到来! 墨田区のアートに触れよう♪パート2

カテゴリ
2014年10月24日
こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。
先週に続いて、今週も墨田区にアートスポットを探しに出かけました。
今回は、海外からのお客さまも大好きな観光名所、浅草付近の墨田区散歩です。
ロッテシティホテル錦糸町のある、東京メトロ「錦糸町」から隣の「押上」駅へ。
都営浅草に線乗り換えて一駅「本所吾妻橋」で降ります。ここまでわずか11分。駅向こうに見える東京スカイツリーに見守られているような場所に到着です。
20141024_01.jpg
駅から数分歩くと「小さな硝子の本の博物館」があります。まるで、おとぎ話に出てきそうな外観が素敵ですね^^
20141024_02.jpg20141024_03.jpg
博物館の中は、色鮮やかなガラス製品がたくさん! 展示販売されているガラス以外に、ここではオリジナルのグラスも作れるようです。まずは、自分のお気に入りを探してみようとじっくり拝見しました。
20141024_04.jpg20141024_05.jpg
すぐに気に入ったのは、光で輝くリンゴカードたて。自分のデスクにこんな可愛いガラスのリンゴにメモが差さっていたら、気分もウキウキだな〜とイメージしてニヤニヤしてしまいました。
20141024_06.jpg
そしてもう一つ、お気に入りを発見! 箸置き小鉢です。
箸置きだけでも、小鉢だけでも使え、薬味や醤油などを入れてもいいとのこと。ありそうでなかった、便利モノですね。見た目のよさだけでなく、アイディアにも惹かれてしまいました^^
20141024_07.jpg
また、ガラス関係の本もたくさんあり、大小さまざまな本が並んでいます。この書籍は訪れた人も自由に見ることができるそうです。
20141024_08.jpg
さて、さきほどあったオリジナルグラスのことを尋ねると、購入したガラス製品に自分だけの文字や絵を彫れ、アーティストになれるというわけです。
20141024_09.jpg
お店の一角に作業場があり、おひとりでもお友だち同士でも行えます。
20141024_10.jpg20141024_11.jpg
このリューターという電動切除工具を使って、
20141024_12.jpg
ガラスに下書きした好きな絵や文字の上をなぞるように彫ります。
20141024_13.jpg
私も挑戦! ちょっと緊張してブレてしまいました^^ でも、それがオリジナルの良さ! だそうです。確かに世界にたった一つのモノですからね。簡単なテンプレートなどの用意もあるので、気軽に体験できます。土日や複数人での参加は予約してほしいそうです。
20141024_14.jpg
目で楽しみ、触れて楽しみ、体験して楽しんだあとは、舌で楽しもう!と思って、周辺を散策してみました。
そして、見つけたのが、「天然酵母のパンと総菜のトライアールシバタニ」さんです。販売だけでなく、イートインできるスペースもあります。
20141024_15.jpg20141024_16.jpg20141024_17.jpg
店内奥で料理を作るのは、黄色のバンダナがお似合いのオーナー。いちごや桃、梨などのフルーツから天然酵母を作るそうです。
20141024_18.jpg20141024_19.jpg
では、店内ショーケースの中をご紹介。
20141024_20.jpg
ピクルスやラタトゥイユなど、漬け込まれたり煮込まれたりした総菜がラインナップしています。どれも美味しそう。色とりどりで美しさも兼ねているので、料理もアートだな〜と感じました。このほかにもハムやソーセージなどもありました。
20141024_21.jpg20141024_22.jpg
こうしたお惣菜と一緒に食べるのが美味という数々の天然酵母のパンもたくさんあります。
20141024_23.jpg
くるみレーズンパン+カンパーニュ(全粒子)+ル・グラン・ペール(ライ麦)の3種が入ったお試しパン(¥530)もありました。バターと一緒に食べても絶妙なハーモニー♪でしたよ。
20141024_24.jpg20141024_25.jpg
そして、この奥には驚いたことにレストランが・・・。まさに隠れ家! 夕方よりオープンするそうです。
20141024_26.jpg
お腹も満たされたので浅草駅方面へ、隅田公園の入り口に人だかりがあるので行ってみると、昔懐かしい曲をレトロな衣装で優雅に唄いあげている人たちがいるではないですか! 観客はご年配の方が多く、うっとりと聞き惚れています。私もしばし聞き惚れてしまいました。
20141024_27.jpg
思わぬ出来事に遭遇できるのは散歩の醍醐味ですね^^ 最後に耳でも楽しめ、さまざまな五感でアートを味わう時間でした。墨田区のアートスポットは、いろんな場所にあります。みなさんもぜひ墨田の芸術を味わってくださいね。
■ちいさな硝子の本の博物館(松徳硝子株式会社)
■天然酵母のパンとお惣菜のトライアールシバタニ

 

芸術の秋到来! 墨田区のアートに触れよう♪パート1

カテゴリ
2014年10月17日
こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。
みなさんは、この秋に何か芸術を味わいましたか?
私は大きな美術館で開催している展覧会に出かけました。絵画の美しさにホッと落ち着く時間を過ごし、もっといろんなアートに触れたくなってしまいました。
そこで、ロッテシティホテル錦糸町のある墨田区にアートスポットがないか探してみることに^^ 調べてみると、墨田区は伝統工芸品がたくさんあります。そして、それらの展示が楽しめる博物館もあるようです。おもしろそうなものを見つけに訪れてみました!
まずは「錦糸町」駅から東京メトロで隣の「押上」駅へ。7分ほど歩くと『屏風博物館』があります。ウィンドウにある黄金の屏風がまぶしい〜。
20141017_01.jpg
中へ入ると、すごい数の屏風! 小さいものから大きいものまで、こんなにたくさんの屏風を見たのは初めてです。
20141017_02.jpg
屏風の作製に必要な道具の展示もありました。作ってみたいな〜と思っていると、団体向けに体験教室を行っているそうです。個人でも体験できるの?と尋ねると、年に数回あり、最近は夏休みに開催されたそうです。
20141017_03.jpg
店内では屏風の販売もありました。私が気に入ったのは干支屏風(¥3000)。可愛い絵と文字がお洒落です。海外へ行く方や帰る方に、おみやげとしても最適ですよね^^
20141017_04.jpg20141017_05.jpg
屏風以外にはハガキや扇子なども展示されています。光り輝いていました 。日本の工芸品は「美」であると改めて実感しました。
20141017_06.jpg
この2階は貸ギャラリー。今日は「切り絵作品展・講習会」を行っていると聞き、上がってみると、びっくり! どれも本物そっくりの仏像がずらりと並んでいます。しかもそれらは1枚の紙からできているのです。技術が必要な芸術作品ですね〜。奈良県からいらした、切り絵作家の西村幸祐さんは年に一度ここで講習会を開くそうです。
20141017_07.jpg20141017_08.jpg
さて、次の博物館へ向かう道中、緑が綺麗なので隅田公園を歩き、牛島神社に立ち寄ってお参り。前にも来ているので今日は合掌して、日頃の感謝を伝えました。
20141017_09.jpg20141017_10.jpg
少し行くと「上総屋」の文字が目に飛び込んできました。昭和9年創業の有名な割烹屋さんです。ちょうどお昼時間だったので迷わず店内へ!
20141017_11.jpg20141017_12.jpg
昭和の香りが漂うお店の中と外。レトロな雰囲気が素敵です。注文したのは、ランチサービスのまぐろ生姜焼き定食(¥600)です。厨房でさばきたてのマグロを甘辛く炒めてあります。柔らかくてジューシー、ほっぺたが落ちるとはこのことですね^^
20141017_13.jpg
小鉢はマグロの血合いの煮付け、すまし汁にもマグロの皮と身の間の部分が入っています。どれも美味。大満足でした。
20141017_14.jpg20141017_15.jpg
お腹もいっぱいになったので目的地へ! 行った先は「江戸木目込人形博物館」です。さまざまな表情や着物を来た人形が勢ぞろいしています。
20141017_16.jpg20141017_17.jpg20141017_18.jpg
木目込人形とは、型(人形)に筋彫りを入れ、筋彫りに目打ちなどで布の端を押し込んで衣装を着ているように仕立てた人形のこと。ひな人形や干支の飾り物が主流です。可愛いですね^^
20141017_19.jpg20141017_20.jpg
こうして型を作り、布を着せ、顔を書くそうです。手作りで一つひとつ丁寧に仕上げるので、作品は全て世界でたった一つのものなんだそうです。
20141017_21.jpg20141017_22.jpg20141017_23.jpg
これは体験教室用の素材「ふくろう」。誰でも簡単にできるそうですよ。申し込みは問い合わせしてほしいとのことでした。
20141017_24.jpg
伝統技術で作った作品はまさにアートそのもの。日本人が作る芸術の奥深さ感じさせられた散歩でした。みなさんも芸術の秋に、日本の「美」に触れてみてはいかがですか?
■屏風博物館(株式会社片岡屏風店)
墨田区向島1-31-6 / 03-3622-4470
月〜土曜10~18:00
■江戸木目込人形博物館(塚田工房)
墨田区向島2-11-7 / 03-3622-4579
月〜金曜10~17:00
■切り絵作家 西村幸祐氏
■下町割烹 上総屋
東京都墨田区向島2-2-10 / 03-3622-7418
火〜日曜11:30~13:30、17~21:00

 

今だけ限定! カボチャが美味しい「ハロウィンコース」

2014年10月10日
こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
今月末はハロウィンですね。各ショップやレストランでは、カボチャや魔法使いのマントなど可愛いデコレーションで彩られ、街もハロウィン一色になりましたね。
ロッテシティホテル錦糸町もハロウィンらしく、シャルロッテチョコレートファクトリーでお楽しみいただける特別メニューを作りました! チョコレートを使うメニューが多いレストランですが、今回どんな料理が出てくるのでしょうか? それでは、みなさまにご紹介します^^
1階シャルロッテチョコレートファクトリーの前に来ました。コアラのマーチ焼きなどをテイクアウトするコーナーと、カフェレストランのコーナーに分かれます。今日は右のカフェレストランに入ります。
20141010_01.jpg20141010_02.jpg
店内に入るとオレンジ×黒で飾り付けされています^^ ランプもハロウィン仕様です。大きなクモもいます! いろんな飾りつけで、お店に入ったお客様がハロウィンの雰囲気を味わっていただけるようになっています。
20141010_03.jpg20141010_04.jpg20141010_05.jpg
さて、お楽しみのメニューは・・・といいますと、
前菜、スープ、メイン、デザートにパンとコーヒor紅茶がついた「ハロウィンコース2014」です。
20141010_06.jpg
では、ひとつずつご紹介していきましょう。
まずは、「スモークサーモンと栗カボチャのサラダ仕立て」。
スモークした秋鮭と少し甘味のあるカボチャのサラダを、トリュフの香りをプラスしたバジルのソースでいただきます。スモークサーモンに巻いて食べるそうです。鮭とかぼちゃは合うのかな?と思ったけど、とっても相性がよく、とても美味しい! びっくりしました。
20141010_07.jpg
次は「カボチャのクリームポタージュ」です。
こってりしたかぼちゃのポタージュかと思いきや、とってもさわやかでした! セロリや人参、タマネギ、そしてバジルなどのハーブ類を入れて、さっぱりと仕上げているとのこと。驚きの美味しさでしたよ。
20141010_08.jpg
続いて「赤城牛のロッシーニ風 カボチャのピューレと共に」です。
有名な作曲家のロッシーニは美食家で、トリュフとフォアグラが好きだったことから、両方の食材を使う料理をロッシーニ風というそうです。カボチャのピューレがお肉の下に敷いてあり、すべていっしょに絡めて食べます。濃厚なソースは甘味と旨味がミックスされ、お肉と絶妙マッチング! さすがメインディッシュでした^^
20141010_09.jpg
最後は「カボチャのアイス 温かいキャラメルアフォガード」。
焦がし気味のキャラメルの苦みが香ばしい、ちょっぴり大人のデザートです。チョコレートの「紗々(SASHA-さしゃ)」がアクセントになっていますね。アイスはジェラートなので、濃厚な中にさっぱり感があるスウィーツでした。
20141010_10.jpg
ラインナップさせてみると、なんとも豪華! すべてにカボチャが入った特別メニューは、シェフのオリジナルアイディアだそうです。味と見た目の美しさを考え、一つひとつにテーマを設けたお皿は、考え抜かれた味でした。フランス料理って、とても奥深いんですね。
「ハロウィンコース2014」は2,980円(税込) 、下記日時だけの限定メニューです。
10月31日(日)まで
月〜金曜17:00〜22:00、土日祝11:00〜22:00(各LO 21:30)
20141010_11.jpg
また、甘いもの好きなみなさんには朗報! この他に11月までの限定デザートを少しだけご紹介します^^ どちらも旬の素材を使ったスウィートな気持ちになるデザートです。
「ミックスベリーとカスタードのモンブラン」(左)830円
「栗カボチャのクレームブリュレ」(右)780円
20141010_12.jpg20141010_13.jpg
ハロウィンコースやデザートなど「特別限定メニュー」を用意して、みなさまのお越しを心よりお待ちしています。この機会だけの“美味しさ”を、ぜひ楽しんでみてくださいね〜。
20141010_14.jpg
シャルロッテチョコレートファクトリー
東京都墨田区錦糸4丁目6−1 ロッテシティホテル錦糸町1F
03-3622-6100
11:00〜22:00(LO21:30)
※モーニング(月〜金) 7〜10:30
(LO10:00)
※ケーキなどの販売
10〜21:30

 

大人も子供も遊べる博物館@東京スカイツリータウン♪

カテゴリ
2014年10月03日
こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。
10月に入り、各美術館や博物館では興味深い展覧会がたくさん開催されていますね。まさに「芸術の秋」真っ盛りです^^ 最近ではショッピングセンターの中や、総合複合施設といった高層ビルの中など、観光や買い物ついでに芸術鑑賞ができる場所が数多くあります。気軽に立ち寄れるのが嬉しいですね。
実は東京スカイツリータウンにも歴史や文化を鑑賞できる場所があるのをご存知ですか?
ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線でひと駅「押上」駅すぐの東京ソラマチ・イーストヤード9階にある「郵政博物館」です。
郵便の歴史なんて、ちょっと堅苦しいな~と思っていた私ですが、実は以外と遊べる博物館だったのでびっくりしました! ではさっそく、みなさんにご紹介します^^
入り口には大きな柱時計。郵便と関係があるの?と思っていたら、昔は規模の大きな郵便局に必ず設置されていたそうです。ちなみにこれは昭和初期のもの。レトロな雰囲気で味がありますね。
20141003_01.jpg20141003_02.jpg20141003_03.jpg
先に進むと、局員のユニフォームや郵便の配達・収集に使われる車などがずらっと展示されていました。
20141003_04.jpg
映画やドラマの中でしか見たことのないユニフォームや小物類。おばあちゃんやおじいちゃんの時代のものもあり、そんなに昔のものではない気がしたのですが、今はもうこれらを着ている人も身につけている人もいないので、時代の移り変わりは早いものだな〜と思いました^^
20141003_05.jpg20141003_06.jpg
「郵便ラッパ」というものを見つけました。明治28年のもの。郵便の配達や収集時に猛獣から身を守り、船着き場で船頭を呼ぶために使用したそうです。当時は必須アイテムだったのでしょうね。
20141003_07.jpg
子どもたちが喜びそうな展示もあります。郵便に使用される車たち。こんなに種類があったのだと初めて知りました。今のようにメールや電話ですぐにコミュニケーションが取れない時代、郵便は大事なコミュニケーション手段ですから、この車はすごく貴重なものを収集配達していたわけですね。
20141003_08.jpg20141003_09.jpg20141003_10.jpg
さて、館内で可愛らしい光景に遭遇! お父さんと男の子が郵便局ごっこ遊びをしていました。博物館は、生きた勉強の場なんだと実感させられるひとコマですね^^
20141003_11.jpg
今度は、近代的なゲームがありました。女の子が画面に向かって腕をあげて何かをしています。よく見ると、画面の中のバイクを動かし、郵便配達をしているのでした!
ポストマンといって、時間内にいくつポストに郵便を届けられるかというゲームです。
20141003_12.jpg20141003_13.jpg
もちろん、私もチャレンジ! 両手を目の前の画面に向かって上げて、エアハンドルを握ると・・、動き出しました!
20141003_14.jpg
む、むずかしい・・。コーナーでぶつかったり、ポストに届けられなかったり。でも、すっごく面白かったです^^
20141003_15.jpg
この横には映像コーナー、その奥には過去から現在までの世界各国の切手コーナーがあります。また違う楽しみ方ができますね。そして、気になるのは館内のさまざまなところに置かれているポスト。見たことのないものばかりです。よく見るといろんな顔をしているポストなので、この特集もしてみたいなと思いました。
20141003_16.jpg20141003_17.jpg
今月は、ハロウィンイベントも用意されているとのこと。東京ソラマチに訪れた際には、郵政博物館で遊んで学ぶ、楽しいひとときを過ごしてみてはいかがですか?
20141003_18.jpg
郵政博物館
東京都墨田区押上1−1−2
東京スカイツリータウン・ソラマチ9F
03-6240-4311

 

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線