オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

開花宣言すぐの桜を探しに、隅田区の”桜処”散歩

カテゴリ
2015年03月27日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

先週末から、日本中で開花宣言が始まりました。東京も23日に発表され、いよいよお花見シーズンに突入です。街が一気に華やかになりますね。

ロッテシティホテル錦糸町のお隣、錦糸公園でも、桜が少しずつ、私たちにその可憐な表情を見せ始めています。

150327_01.jpg150327_02.jpg

まだほんの一部ですが、日に日にピンク色が増えていくのでしょうね。とても楽しみです!

150327_03.jpg

さて、近隣の桜の状況はどうなっているかと思い、先日出かけてきました。地下鉄で隣の「押上」駅へ行き「とうきょうスカイツリー」駅まで歩きます。そして東京スカイツリーラインに乗り換えて、「鐘ケ淵」駅で下車しました。

150327_04.jpg

約8分ほど歩くと、隅田川神社の参道に到着。この奥では「さくら堤通り花まつり」が開催されています。土日を中心にバザーや音楽ライブ、青森ねぶた展示といったイベントが行われるとのこと。また、参道の両サイドの桜がトンネルのようになり、一帯が淡いピンク色で包まれるそうです。見てみたいですね。

150327_05.jpg150327_06.jpg150327_07.jpg

ここは都立東白鬚公園の一画。隅田川に沿うこの大きな公園を歩くと、たくさんの桜の木に出会いました。満開になったら、どんな風景になるかと想像しただけで、ワクワクしてしまいますね^^

150327_08.jpg150327_09.jpg

公園を抜け、隅田川のそばまで来てみると、菜の花が咲いています。いつのまにか、春がこんなに近くまで来ていたんだと実感した瞬間でした。

150327_10.jpg

次は、桜の屈指の名所でもある隅田公園へと向かいます。暖かな日差しの中を歩くだけでも心地いいのですが、途中、光で反射する川面に魅せられて足を止めたり、花壇に植えられたビビッドカラーの花に心奪われ、立ち止まってみたりなど、”散歩”を満喫してみました^^

150327_11.jpg150327_12.jpg

桜橋を渡り、隅田公園に到着すると、たくさんの花を咲かせている桜の木が! しかも、何本かあるので驚きました。向こう岸に見えるスカイツリーとのコラボが美しい。この段階でも十分にキレイだと感じるのに、満開になったら、どれだけ華麗なのだろうと思うと気持ちが弾みます^^

150327_13.jpg150327_14.jpg

少し先では、ママと小さいお子さんたちがお花見をしていました。なんだか、ほのぼのした気分にさせられます。

150327_15.jpg

写真を撮っている人も多く、外国の方も大勢いらっしゃいました。「日本の美」は、世界の人々も魅了するのでしょう。

150327_16.jpg

そこで、花をクローズアップしてみたくなり、カメラのレンズを拡大してみました。ファインダー越しに見える小さい花たちが、ぎゅっとひとところに集まり、なんともキュート! サクランボのような可愛らしさがあります。

150327_17.jpg

お天気の良さも手伝って足の進みが早いのか、あっという間に隅田公園の入り口付近まで来ました。ここはまだ桜の蕾がたくさんですね。種類によって咲く時期が違うので、これから出番を迎える桜たちなのでしょう。

150327_18.jpg

いかがでしたか? 開花宣言して間もない今は、桜はまだ静かに眠っているようです。しかし、咲き誇る日はすぐそこまで来ています。1年でもっとも華やぐ季節、みなさんもぜひ足を運んでみてはいかかですか?

150327_19.jpg

■さくら堤通り花まつり
~4月15日(水)10:00~21:00 都立東白鬚公園にて
http://sumida-cutclub.net

墨田区の「桜」を探しにでかけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

隅田川の花見に行ったらぜひ食べてみたいスイーツを探しに

カテゴリ
2015年03月20日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

最近、早咲きの桜に出会い、お花見の季節がやってきたと感じています。日本の美しさを象徴するような桜のシーズンが到来ですね。どこに花見に行くか迷ってしまいます。みなさんのご予定はいかがですか?

ロッテシティホテル錦糸町の近くでは、やはり隅田川沿いのお花見が有名。私も楽しみにしている風物詩です。そこで、今日はお花見シーズンに向けて、「隅田川の花見に出かけたら、ぜひ食べてみたいスイーツ!」と題して、隅田川近辺にあるお店をご紹介いたします。

まず向かったのは、桜餅で人気を博している「長命寺 桜もち」さんです。
その昔、創業者が土手の桜の葉を樽の中に塩漬けにして桜もちを作り、すぐ近くの長命寺の門前にて売り始めたことがきっかけとのこと。

150320_01.jpg150320_02.jpg

朱色が映えた店内では、イートインが可能なため、マダム達が歓談していました。カウンター下には箱や籠詰めになった商品が並び、グリーンの包装紙が清楚な雰囲気で、赤とのコントラストが素敵でした。

150320_03.jpg150320_04.jpg

1個(¥200)から購入できるので、もちろん買ってみましたよ^^

150320_05.jpg
桜の葉1枚で包まれたピンク色の桜もち想像していたら、なんと葉で全体が覆われているではないですか! しかも3枚の葉。1枚ずつゆっくり剥がすと、出てきたのは白い皮で包まれた優しい色合い餡。“奥ゆかしい”という言葉が当てはまりそうなお菓子ですね。上品な甘さをゆっくりと賞味いたしました。

150320_06.jpg150320_07.jpg

次に向かったのは、この近くにある「言問団子」さん。こちらも江戸時代からある和菓子屋で、在原業平朝巨がこの辺りを旅した時に読んだ和歌より「言問団子」と名付けたお団子が名物だそうです。

150320_08.jpg150320_09.jpg

店内は広いイートインスペースがあり、陳列棚には3色の団子が美しく箱詰めされていました。

150320_10.jpg150320_11.jpg150320_12.jpg

ここでも言問団子を購入し、いただきました!
小豆餡は北海道十勝産の小豆、白餡は同じく十勝産の手亡(てぼう)豆、黄色のみそ餡は京都産白味噌と新潟産赤味噌、手亡豆を使用しています。どれもほどよい甘さで、しっとりした歯触りが印象的。気品の高さを感じさせます。

150320_13.jpg
小鳥のイラストの小皿と湯呑みがかわいいですね。お茶は静岡産川根茶だそうです。苦味と甘味がマッチし、日本情緒をじっくりと味わった気分になりました^^

来た道を戻り、次なるスイーツは?と思って探していると、古めかしい外観に目が止まり、看板をみると「季節の生ジュースとくるみパン」とあります。

150320_14.jpg150320_15.jpg

ジュースとパンですと、スイーツからちょっと外れるかもしれませんが、面白そうなので中に入ってみることに。

150320_16.jpg
興味津々で扉を開けると、そこはゴージャスきらびやかな世界が! 天井はシャンデリア、壁には数々の絵画、バラの花が描かれた黄色のテーブルといった華やかなインテリアの店内に驚いてしまいました。とっても美しい^^

150320_17.jpg150320_18.jpg150320_19.jpg

ご主人に話を聞くと、お父様の時代に作られたカフェで57年の歴史があるそうです。当時とほとんど変わらない装飾品で、傷んだところを修復する程度とのこと。そして、志賀直哉さんの建築家だった兄弟の設計だそうです。聞けば聞くほど、驚く話が出てくるので、ついつい話し込んでしまいました。

昔の名残は随所に見られ、扇風機が世の中に出始めた頃のアンティーク扇風機や、緑のビロードのクッションが懐かしい雰囲気のカウンター席など、現在でも美しいまま。それらを使用しているのだから、すごいですよね。

150320_20.jpg150320_21.jpg

メニューも古い紙に書かれていました。これはお父様直筆のもの。「父の方が字が上手なんでね、そのまま使っています」とご主人が話してくれました。フレッシュフルーツや野菜のジュース、各種くるみパンやそのサンドウィッチの名前がラインナップしています。

150320_22.jpg150320_23.jpg

そこで、この店特製の活性生ジュース(¥600)を飲んでみることに。蜂蜜、アロエ、セロリ、パセリ、グリーンアスパラ、レモンがミックスされたものです。どんな味なのでしょうか?

カウンターの中でご主人が作ってくれます。

150320_24.jpg
運ばれてきたものは、爽やかな黄緑のジュース。酸味と甘味のバランスがちょうどよく、見た目同様の爽やかな味わいです。体にとても良さそうな気がしました。

150320_25.jpg
隅田川に沿った向島界隈には、古い歴史を持つ店がたくさんあるのですね。美味しく楽しい日を味わえました。

隅田公園にある桜の木はまだ咲いていませんが、もう少ししたら満開の桜と東京スカイツリーのコラボを見ることができます。目で楽しみ、舌で楽しめる季節がもうすぐ閉れますね。みなさんも、ぜひお出かけください。

150320_26.jpg

■向島 長命寺 桜もち
http://www.sakura-mochi.com

■向島 言問団子
http://www.kototoidango.co.jp/index.html

■季節の生ジュースとくるみパンの店 カド
墨田区向島2-9-9

隅田川のお花見に行ったら、このお店に寄ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

東京スカイツリーの天望デッキへ登ってきました!

2015年03月13日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

暖かくなりましたね。暖房をつけなくても過ごせる日が増えたようです。この陽気に誘われ、散歩に行く頻度も高くなってきたようです^^ そこで、東京スカイツリーまで歩いて行ってみることにしました。

先月のバレンタインデーイベントから引き続き、明日3月14日のホワイトデーまで、週末に特別ライティングが行われ、展望デッキでは「愛」たっぷりのコーナーが設けられているようです。せっかくなので、今回はスカイツリーに登ってみました!

ロッテシティホテル錦糸町から徒歩約20分で到着。4階のスカイアリーナを抜けて、チケットカウンターへ行き、まずは天望デッキへ向かいました。楽しみです^^

地上350mの世界に向かう、エレベーターホール。天井は桜の花をイメージしているのか、ピンクの光で輝いていました。キレイ!

150313_01.jpg

そして、エレベーターの中は?というと、ここにも桜が。これは「春」を表現したエレベーターだそうです。ほかには「夏」「秋」「冬」を現す装飾が施されたエレベーターがあり、どれに乗れるかはその時のタイミング次第とのこと。

150313_02.jpg

ワクワクしながら高速エレベーターに乗りましたが、アッという間に展望デッキに!

150313_03.jpg

扉が開いた、その向こうは、沈みかかった夕日に照らされた街並みが一面に広がっていました!! 高い位置から見ているからでしょうか?地上で見る太陽とは違い、赤というより黄色味がかった太陽。うっとりする時間でした!

150313_04.jpg150313_05.jpg

夕日を心から堪能したあとは、フロア散策の開始です!
まずは「江戸一眼図屏風(えどひとめずびょうぶ)」という、江戸時代に描かれた当時の街並みと、眼下に広がる現在の街並みを比べることができる展示がありました。今昔の街並みとは、なんだか趣深いですね。

150313_06.jpg

さらに進むと、天望デッキから一望できる景色を映す大型モニターが登場。タッチパネル式のため、指で触れると青い輪が現れ、その部分が拡大されるのです。未来に遊びに来たような気分でしたよ^^

150313_07.jpg150313_08.jpg150313_09.jpg

時間が経過し街はライトを灯し始め、まばゆいばかりの夜景が・・・・。極上の時間、至福の時です。

150313_10.jpg

こちらでは、その月のお誕生日の方に撮影したスナップを誕生日用の特別フォトフレームに入れるサービスを行っています。カラフルで、素敵な記念になりますね。

150313_11.jpg

天望デッキは3フロアに分かれ、この350m(フロア350)に到着します。その後エスカレーターで345m(フロア345)、340m(フロア340)と降りていくことができます。

1周してから、下の階に降りてみました。

150313_12.jpg150313_13.jpg150313_12.jpg

ここには、Sky Restaurant 634(musashi)があります。地上345mでフレンチ料理を楽しめる、天空レストランです。さらにスカイツリーショップも。

150313_14.jpg150313_15.jpg

そしてその下、フロア340にも行ってみることに。すると、可愛い! ホワイトデーまでのイベントのひとつ、カップルのブランコがありました。外国人のご夫妻が仲むつまじく座り、にこやかに話しています。絵になりますね〜^^

150313_16.jpg

ライトアップされた隅田川を見ながら愛を語り合っているのでしょうか?

150313_17.jpg

その先では、たくさんの人が集まっています。何があるのでしょうか? 近づくと、なんと真下が覗けるガラス床です!!「怖いよ〜」「よっし歩いてやる!」など、みんなエキサイティングしながら、迫力あるコーナーを楽しんでいました。私は勇気を振り絞って、この上に立ってみましたが・・・下をみることはできませんでした^^

150313_18.jpg150313_19.jpg

この素晴らしい絶景をずっと見ていたいと、後ろ髪を引かれつつも下へ。地上に降りると、特別ライティングのスカイツリーが! いつも見ている風景に、少し安堵感もあり、今まで別次元に行っていたことを改めて実感させられました。

ほんのりピンクの特別ライティングが春を感じさせますね。

150313_20.jpg

今度は、その上450mの世界に行ってみようと思います。どんな景色が見え、何があるのでしょうか?とっても楽しみです。昼間もきっと見応えあるでしょうね。いつの時間も素敵な光景を見せてくれる東京スカイツリー、みなさんもその景色に魅せられに出かけてみてはいかがですか?

150313_21.jpg

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp

東京スカイツリー350mから見るまばゆい光の世界を堪能しよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

梅が香る亀戸天神へお散歩

カテゴリ
2015年03月06日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

いよいよ3月! 寒い冬ともさようならですね。近くの公園の花壇には色鮮やかな花が咲き、春の香りが漂い始めています。そんな春の香を感じようと、ロッテシティホテル錦糸町から近い亀戸天神社へ訪れてみました。湯島天神同様、梅で有名な場所ですね。

ロッテシティホテル錦糸町から駅と反対方向に歩き、隅田川に架かった天神橋を渡ります。橋の向こう側は「梅まつり」の文字が連なり、賑やかさで包まれているようです。早く行きたいと心が高鳴ります。

150306_01.jpg150306_02.jpg150306_03.jpg

途中に、くず餅やあんみつの老舗「船橋屋」を発見。たくさんの人で混み合っていましたよ。趣深い建物が印象的でした。

150306_04.jpg

ホテルから13分くらいで参道に到着。亀戸天神社は、その昔、太宰府天満宮の神職が菅原道真公の像をこの地に持って来て祀ったことがはじまりと言われています。そのため「東宰府天満宮」とも呼ばれていたとのこと。また、4月後半から始まる「藤まつり」も有名で「花の天神さま」としても親しまれている神社です。

150306_05.jpg150306_06.jpg

大鳥居の前まで来ると、ここから梅の花が咲いています。青い空に赤の鳥居、白い梅の品のある色合いが美しい〜! どんどん気分が盛り上がってきました^^

150306_07.jpg

大鳥居をくぐると、九州の太宰府と同様に赤の欄干が映える橋があります。神殿までに3つの橋がかかっていますが、それぞれに意味があるそうです。

まず、こちらの太鼓橋(男橋)は過去、次の平橋は現在、最後の神殿に近い太鼓橋(女橋)は未来を表し、渡るごとに心が清められ、洗わられた心でお参りできるというもの。渡るだけで心が清められるとは、ありがたい橋です。

150306_08.jpg

池には名前の通り、亀がたくさん。岩に登り、日向ぼっこしているのでしょうか?そして、遠く向こうにはスカイツリー! この景観に見とれ、周囲でもたくさんの人が写真を撮っていました。もちろん、私も^^

150306_09.jpg150306_10.jpg

橋の上から境内が一望できます。今は藤棚に何もありませんが、来月には紫などの寒色系の花が一面に咲き乱れるのでしょう。どんな光景になるのかと想像するとワクワクしますね^^

150306_11.jpg

神殿までの道のりには梅の花が可憐に咲き、来る人を出迎えてくれているようです。

150306_12.jpg150306_13.jpg

この梅の木は、白とピンクの花を咲かせています。一気に2色なんて、贅沢ですね^^

150306_14.jpg150306_15.jpg

さて、太鼓橋(女橋)のトップに来ました。ここから見る亀戸天神社と梅の花のコラボは絵になりますね。もっと近づきたくなったので、少し足早に進みました。

150306_16.jpg

そして、やっと到着。参拝者が多く、お参りの列ができています。神殿の中では、祈祷も行われているようです。受験生のご家族でしょうか?学生たちの春は、もう少し先なのかもしれませんね。

150306_17.jpg150306_18.jpg

お参り後は境内の散策。たくさんの梅の木があり、新鮮な甘い香りが漂っています。

150306_19.jpg150306_20.jpg150306_21.jpg

黄色の梅とは珍しい! 先ほどの紅白の梅に続き、変わり種が多いと感じます。1本1本に名前が付いているので、お気に入りの梅を見つけることもできますね^^

150306_22.jpg150306_23.jpg

こちらは3色の梅のグラデーションです。可愛らしい小粒な花も、こうして並び咲き誇ると圧巻! 小柄な梅の木がたくさんあり、間近で見ることができるのが嬉しいです。

150306_24.jpg
150306_25.jpg150306_26.jpg150306_27.jpg

全体で50種類、約300本の梅の木が、池や橋、建造物を彩る亀戸天神社は、豪華な花の神社。まだ咲いていない木もありましたので、もう少し梅の香を楽しめるようです。次回は、藤の花のこちらをお届けしたいと思いますので、こちらもお楽しみに^^

150306_28.jpg

■亀戸天神社
http://kameidotenjin.or.jp
梅まつり ~3月15日(日)頃 入園無料

梅の香り漂う亀戸天神社へ出かけてみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線