オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

話題の「清澄白河」でコーヒー散歩 Vol.1

カテゴリ
2015年05月22日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

新緑が美しい季節、過ごしやすい日々が続いていますね。毎日が散歩日和といったところでしょうか。

ということで、今回はオシャレな雰囲気の中、美味しいコーヒーが飲めると話題の「清澄白河」に行ってみました。ロッテシティホテル錦糸町からはとても近く、地下鉄では隣駅です。

150522_01.jpg
まず向かったのは、コーヒー界のAppleと呼ばれている「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」。今年2月にオープンした人気爆発中のコーヒーショップです。白壁にブルーのボトルのイラスト。シンプルで、スタイリッシュな外観ですね。

150522_02.jpg150522_03.jpg

店内に入ると、コーヒーの香りが鼻をくすぐります。そして、解放感あふれる高い天井! 気持ちはどんどん癒されていきました^^

150522_04.jpg
奥には、コーヒー豆などが並び、焙煎機も。まるで工場のようです。

150522_05.jpg
注文するためにカウンターに行くと、ガラステーブルの下にクッキーやワッフル、カップなどがラインナップしていました。シンプルなディスプレイは見やすく、オシャレ度も高い!

150522_06.jpg
その横では、バリスタがコーヒーをいれています。

150522_07.jpg150522_08.jpg

ポットでお湯を注ぐと同時に落ちるコーヒー。ドリップされていく様子を見ているのも楽しいですね。と、そんなこんなしているうちに私のコーヒーが!

150522_09.jpg
少し濃い目の味は私好みで、とっても美味。量もたっぷり入っているので、じっくりと堪能させていただきました。 ほかにも違う種類の豆があるので、いろいろな味が楽しめますね。

150522_10.jpg
次に向かったのは、同じ通りにある「アライズ コーヒー ロースターズ」。ターコイズブルーの屋根が印象的です。

150522_11.jpg
こぢんまりとした店内には焙煎機があり、その後ろの壁には華やかな柄のスケートボード! ご主人の趣味なのでしょうか? 味のあるオシャレな雰囲気が魅力的です。

150522_12.jpg
ここでは、珈琲豆を購入することに。ご主人に甘みのある味が好きなことを伝えると、エチオピア産の豆を紹介してくれました。ケースから豆を取り出し、ザックザックと袋に入れる音が心地良かったです^^

150522_13.jpg150522_14.jpg

店内外には椅子やベンチがあり、淹れ立てのコーヒーを飲むこともできます。小さな店内なので、目の前や隣のお客様同士で会話が始まったりして、楽しそうな雰囲気でしたよ。

150522_15.jpg
駅に向かって歩くと、少し先に人の列を発見! どうやら今月オープンしたお店のようです。

150522_16.jpg
名前は「ブリジェラ」。お菓子のようなパンの一種・ブリオッシュにジェラートをはさんだ、イタリアのシチリア島で有名なスイーツで、日本初出店とのこと。最新スポットですね!どんな味なのでしょうか? 次回は食べてみようと思います。

150522_17.jpg150522_18.jpg

この他にもオシャレなカフェはまだまだあります。それは、また後日にご紹介させていただきますね。また、ここ清澄白河には、日本情緒を感じるスポットもたくさん! 「今と昔」が織り混ざった土地なので、その雰囲気もお届けしたいと思います。

■ブルーボトルコーヒー
https://bluebottlecoffee.jp

■アライズ コーヒー ロースターズ
http://arisecoffee.jp

■ブリジェラ
http://www.brigela.com

美味しいコーヒーで散歩をさらに楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

東京スカイツリー3周年の”記念”を見つけに

2015年05月15日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

東京スカイツリーが今月22日にお誕生日を迎えます。なんと早いもので、3周年! そのお祝いにちなんで、スカイツリータウン一帯では、新しいイベントが催され、スペシャルグッズなどが販売されているそうです。そこで、どのようなグッズがあるのか見に行ってきました!

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロでお隣の「押上」駅で下車。まずは、大きくそびえ立つスカイツリーの下に位置する「THE SKYTREE SHOP」に行ってみました。

150512_01.jpg150512_02.jpg

ブルーの「3rd」の文字が目立っています。よく見ると、ありました! 3周年記念グッズ! ストラップやボールペンですね。

150512_03.jpg150512_04.jpg

ほかの商品を探しに中へと向かうと、関連グッズがたくさん! その数は約50種類だそうです。どれも欲しくなってしまいます。

私も記念に、1つ購入してみました。
「ソラカラちゃん(R)3周年スライド缶チョコ」。小腹が空いたときの愛用品にしようと思います^^

150512_05.jpg150512_06.jpg

そして、ショップ奥の入り口付近には、記念イベント「東武鉄道 下町スタンプラリー2015」がありました。こちらや浅草駅などに設置してあるスタンプを押すと、先着でオリジナルグッズがもらえるようです。

150512_07.jpg

東武鉄道もスカイツリーのお誕生日をお祝いしているのですね。そうなると、「とうきょうスカイツリー」駅にも何かあるかも・・・と思って行ってみると、下町の雰囲気たっぷりの大きなポスターを発見しました。

150512_08.jpg

記念スタンプのようです。正面改札内にあり、本のようになったスタンプ帳に押していきます。童心に返った気分で、グーーーッと力強く押し、出来上がり^^

150512_09.jpg150512_10.jpg

次なるイベントを探しに、またスカイツリーに戻ってみました。すると、あっ、ありました。すみだ水族館での『Penguin Candy (ペンギンキャンディ)』。

150512_11.jpg

プロジェクションマッピングとペンギンのイベントです。どんな光景を見ることができるのでしょうか? 想像しただけでもワクワクします。また、「江戸リウム」という新展示コーナーもオープンしていました。楽しみがいっぱいですね^^

150512_12.jpg150512_13.jpg

最後にスカイアリーナに向かうと、ソラカラちゃんと一緒に記念撮影をしている海外からの美女たちが! バックのイラストとマッチして、まるでモデルさんの撮影みたいでした^^

150512_14.jpg

ここスカイアリーナでは、来週5月22日から多彩なイベントが開催されるようです。さらに、ライティングもチェンジするとのこと。どんな「美」が披露されるのでしょう。今から楽しみです! スカイツリーの3周年記念、盛大に盛り上がること間違いなしですね。

150512_15.jpg

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp

東京スカイツリーのお誕生日をお祝いしよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

おもしろエピソードが満載の「柴又帝釈天」へ

カテゴリ
2015年05月08日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

ゴールデンウイークも終わり、季節は夏に向かってまっしぐら~という時期ですね。でも、その前に梅雨という、自然界にとっては恵の期間を迎えます。そのため、清々しい晴天と爽やかな風が心地いい今を楽しみたいものです。

そこで今回は、少し遠出をして観光してきました。場所は、大ヒット映画「男はつらいよ」で舞台となった柴又、そこにある柴又帝釈天です。以前より行ってみたかったので、ウキウキしながら向かいました。

ロッテシティホテル錦糸町から、地下鉄で隣の「押上」駅へ行き、京成線に乗り換え「柴又」で降ります。約25分で到着し、意外と近い場所でした^^

150508_01.jpg

駅を降りると、まず出迎えてくれるのは渥美清さんが演じたフーテンの寅さん像です。たくさんの方々が記念撮影をしていて、その人気ぶりは永遠のものだと実感しました。

150508_02.jpg

街並みは寅さんに合わせて、ちょっぴり古風。そんな風景を見ながら帝釈天へ。

150508_03.jpg

参道には、昔懐かしい佇まいのお店が並び、昭和時代にタイムトリップしたかのようです。ワクワクが止まらず、気持ちはハイテンション!

150508_04.jpg150508_05.jpg

和菓子や漬物、和小物など日本情緒たっぷりのお店は見て回るだけでも楽しい! しかし、今回は観光がメイン。お買いものは別の機会にご紹介しようと心を鬼にして、前へ進みました^^

150508_06.jpg

すると門が! 帝釈天というのはインドの神様。この名前が世の中には知れ渡っていますが、本来は日蓮宗の経栄山題経寺。他の宗教を認めなかった日蓮宗が、なぜインドの神様を祀っているのでしょうか? そんな興味深い話をしてくれたのが、ボランティアのガイドさんでした。

150508_07.jpg150508_08.jpg

楽しい話をいっぱい聞けそうだったので、ガイドさんと一緒に歩くことにし、門をくぐりました。すると、美しいお堂がドーンと目の中に! 大きな松の木と淡い緑色の屋根のコントラストが美しすぎる…。私のテンションはマックスに上がりました^^

150508_09.jpg

さて、みなさんはお気づきでしょうか? この松は1本の木。枝が左右に伸びたものなのです。年一度、松の根に肥料を与えます。その肥料とは、なんと、一級品の日本酒。しかも100本以上も。その成分が効き、色鮮やかで強い松に成長させるようです。また、驚いたことに、この松は樹齢450年。帝釈天は400年の歴史を持っています。大震災や空襲にも縁がなかった、縁起のいいお寺なのです。

150508_10.jpg150508_11.jpg150508_12.jpg

では松の枝をくぐって、中に入ってみましょう。この奥は自由に上がれ、広間になっています。そこに少し座ると、スーッとした空気に包まれ、心穏やかになっていく自分を感じました。すごく神秘的な時間でしたよ^^

150508_13.jpg

この帝釈堂には、話題となっている彫刻ギャラリーがあります。その様相は、お堂の扉から始まっていました。十二支が扉に一枚ずつ掘られています。しかも、その板は動物の絵に合わせた木を選んでいるというのです。つまり、牛や猪の胴体にぴったりはまる木目がある木を調達したということ。奥深いアートの感性に感嘆してしまいました。

150508_14.jpg150508_15.jpg

では、彫刻ギャラリーに入ってみます。お堂の壁面がすべて彫刻。それはそれは見事な作品ばかりです!

150508_16.jpg150508_17.jpg

厚さ20cmの一枚の板に掘られた彫刻は、その精巧さや細やかさが人々を魅了します。多くの方は口をポカンと開けて上から下まで眺めていました。もちろん、私も^^

150508_18.jpg

ここで、ガイドさんがお客さんから聞いた話を教えてくれました。井戸を堀っている夢を見た翌日に宝くじを買い、それが1億円の当選くじだった方がいます。銀行でそれを話したところ、担当者は「あなたもですか」と言ったそうです。「掘る」と「お金」は何か縁があるようです。そして、この彫刻には穴を掘っている絵柄があります。そのため、ある方は、夢はなかなか見ることができないけど、彫刻はいつでも見ることができると言って、よく見に来るそうです。なるほど! では私もあやかろう! そんな想いでしたが、ほかの彫刻にも見とれ、帰る頃にはすっかり忘れていました^^

150508_19.jpg

ここは2階建てのようになっていて、下にも同様に彫刻がギッシリ! 亀や鶴の一生を掘ったストリー仕立てのものや、動きのある十二支が掘られたものなど、どれを見ても飽きさせません。圧巻とはまさにこのことですね。何度も絶句してしまうその素晴らしさと、それにまつわる愉快な話でお腹は十分なくらいに満たされました!

150508_20.jpg150508_21.jpg150508_22.jpg

最初から最後まで感心と笑いの連続だった柴又帝釈天。週末はボランティアの「かつしか語り隊」のみなさんが、ファイル片手にいろんな角度から話をしてくれます。とても頼もしい存在です。

150508_23.jpg

今回ご紹介した以外にも見どころ・聞きどころはまだまだあります。ぜひ足を運んで楽しんでいただきたい場所ですね。境内随所で釘付けになること間違いなしです^^

150508_25.jpg

■柴又帝釈天
http://www.taishakuten.or.jp

寅さんの街で、興味深い歴史を楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

空に泳ぐ5月の風物詩「鯉のぼり」

カテゴリ
2015年05月01日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

明日から5連休。みなさまはどこかにお出かけでしますか? 気候もいい時ですので、楽しい時間を過ごされることと思います。

世間ではゴールデンウイークに合わせてイベントが各地で行われているようです。この界隈でも風物詩の鯉のぼりを使ったイベントが行われていると聞き、さっそく訪れてみました。場所は、隅田川沿いのある縦長の公園「都立東白鬚公園」です、

東武線に乗るために、ロッテシティホテル錦糸町からスカイツリーへと散歩しながら向かいます。その道のりに、「スカイツリーまで350m」という道路標示を発見しました。そこには「第一展望台の高さ」とあり。距離ではさほど遠いとは感じない350mですが、高さになるとものすごく高く感じますよね。人の感覚は面白いものです。

150501_01.jpg

東武線の「とうきょうスカイツリー」駅に到着し、そこから3駅の「鐘ケ淵」で下車しました。

150501_02.jpg150501_03.jpg

駅から歩くこと8分、公園内は桜の木が緑の葉を風になびかせ、憩いの空間となっていました。歩いているだけで清々しい気分になります^^

150501_04.jpg

この公園の向こう側には墨田神社があるので、立ち寄ってお参り。そういえば、ここの桜並木はこの神社の参道でしたね。

150501_05.jpg150501_06.jpg

公園に戻ると、さまざまな花がグリーンとともに公園を彩っています。私は白がひときわ目立った木に注目。ほのかに香り、しばしこの自然を堪能しました。

150501_07.jpg150501_08.jpg

ここは、季節によっていろいろな花が咲きます。それを楽しみに散歩してもいいですね。

150501_09.jpg

さて、肝心な鯉のぼりはどこにあるのかと思って進むと、あっ!たくさんの鯉のぼりが見えてきました。

150501_10.jpg

嬉しくなって足早に近寄ってみると、さまざま大きさと色の鯉のぼりが吊るされていました。カラフルなものまであります。

150501_11.jpg

風がなかったので、「泳ぐ」とまではいきませんが、それが功を奏して水面に鯉のぼりが写っていました。珍しい光景。数が倍になったように見えます。

150501_12.jpg

もう少し進むとスカイツリーが見えてきました。鯉のぼりとのコラボ、これこそ5月の風物詩!

150501_13.jpg

もちろん、吹き流しもあります。色鮮やかで綺麗ですね^^ これらの鯉のぼりは寄付されているものが多いようです。

150501_14.jpg

大きなカメラを持つご年配の方がいらっしゃっていたので、話しかけてみると、毎年ここで写真を撮っているそうです。そしてコンクールに出品したところ、見事入賞。その写真を見せてもらい、私もその構図でシャッターを切ってみました。いかがでしょうか? 躍動感のある写真になったでしょうか^^

150501_15.jpg

撮影する楽しさを覚え、もっと写真を撮りたくなり、シャッターチャンスを待っていました。そして強めの風が吹き、鯉が空を泳ぎ始めました。その瞬間、まるで写真家のようにシャッターを切ると、家族で仲良く泳いでいる姿が撮れました^^

150501_16.jpg150501_17.jpg

この圧巻の鯉のぼりを見ても、多種多様な泳ぎ方を撮影しても楽しめるイベント。ゴールデンウイーク期間は模擬店やフリーマーケットが行われ、日にちによっては白バイやミニパトカーの試乗会、ダンスショーなども開催されます。

都会に住んでいると、敷地内に鯉のぼりを立てることができないご家庭もあるかもしれません。このイベントでは、約450匹が5月20日まで泳ぎます。ぜひこの機会に、空に泳ぐ鯉たちに会いにお出かけください。

150501_18.jpg

■すみだ鯉のぼりフェア
http://sumida-cutclub.net

空に泳ぐ鯉に会いに行こう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線