オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

都会のオアシス「新宿御苑」で紅葉狩り

カテゴリ
2015年11月27日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

秋もそろそろ終わりでしょうか。コートや手袋を身につけた人々を街で見かけるようになりました。冬が始まりつつありますね。とはいいましても、都内ではまだ秋の気配を残しているところも。それは、紅葉。色づく木々が目に止まるようになってきました。

そこで今回は、東京の紅葉スポット「新宿御苑」に行ってまいりました。ではさっそく、自然のアートをお届けいたします。

ロッテシティホテル錦糸町から、黄色い電車JR総武線に乗り「新宿」駅で降ります。南口から約10分歩くと、新宿御苑の新宿門も到着しました。

151127_01.jpg

新宿御苑が誕生したのは明治39年のこと。当初は皇室の庭園として造られましたが、戦後は国民公園となり、四季折々の花々や木々が楽しめます。そして今は、紅葉シーズン。園内には日本をはじめ、世界各国からの来園者が訪れていました。

151127_02.jpg

まず出迎えてくれたのは、まっすぐ伸びた樹木とその足元に生える白い花。まるで妖精の住処のようです。

151127_03.jpg

さらに数メートル先には、朱色に染まりつつあるカエデの木。たくさんの人の撮影スポットになっていました。

151127_04.jpg151127_05.jpg

先に進むと、広大なスペースに遭遇。広さ58.3ha、東京ドームの12.5倍の新宿御苑は、まさにビッグパークですね。大きな深呼吸をして、この空間を満喫できるよう闊歩してみました^^

151127_06.jpg

こちらにある木はとても背が高く、海外の公園にいるような気分になります。日本にもこんな場所があったのだなと実感しました。

151127_07.jpg

そして、ベンチがさまざまな場所に。

151127_08.jpg

座って見上げると、グリーンとコラボする朱色が目に飛び込んできます。人工では決して作れないこの景色。心から綺麗だな~と思いました。

151127_09.jpg

歩みを進めると、子どもが木々と戯れていました。私も一緒に遊びたいなと思いましたが、大人のレディは鑑賞することで楽しみます^^

151127_10.jpg

「ジュウガツサクラ」が咲いていました。この時期に可憐なピンクの小花を見ることができるとは思いもしませんでしたので、嬉しかったですね。

151127_11.jpg151127_12.jpg

先に行くと、今度は黄色の世界! ドラマのロケ地みたいです。

151127_13.jpg

しばし、この世界に入り込み、黄金の輝きを享受してみました。

151127_14.jpg151127_15.jpg151127_16.jpg

十分楽しんだのでまた歩き出すと、存在感のある木と哀愁を漂わせる地面の落ち葉が目に止まります。儚い美しさを醸し出し、圧巻の光景でした。立ち止まって、詩を書いている女性がいたので尋ねたら、「これは朴の木(ホオノキ)とというモクレン科の落葉高木で、初夏には白い花を咲かせ香りがいいんですよ」と教えてくれました。

151127_17.jpg

さらに「葉の裏が白灰色なので、絵になりますよね」とも。おっしゃる通り、見とれてしまいました。

151127_18.jpg151127_19.jpg

園内にはイギリス式風景庭園や日本庭園があります。私は日本庭園を覗いてみることに。そこにあったのは、池に浮かぶ落ち葉とせせり出た木々。日本の艶やかな秋を表現したような景色でした。

151127_20.jpg

最後はこちらのラクウショウ。明治時代に植えられ、樹齢100年を超える大木です。根元にある竹の子のようなものは気根といって、この木から出ているもの。なんだか小人たちが出てきそうな雰囲気ですね^^

151127_21.jpg151127_22.jpg

このほかにも、たくさんの見所がある新宿御苑。撮影スポットも満載です。この日は曇り空でしたが、晴れた日は青空に映える赤黄緑の木々が楽しめます。ぜひみなさんもお出かけください。とてもおすすめですよ^^

■新宿御苑
http://fng.or.jp/shinjuku/

151127_23.jpg

東京のオアシスで秋の醍醐味を満喫しよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

スカイツリーのクリスマスライティングへ

2015年11月20日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

いよいよクリスマスシーズンに突入。街路樹や建物にはイルミネーションが輝き始め、街を彩っています。この季節の風物詩ですね。そこで今回は11日から始まった東京スカイツリーのクリスマスライティングを見に行ってきました。

この日はあいにくの曇天。こういう日のスカイツリーはどんなものだろうと思い、カメラ片手にさっそうと電車に乗り込みます。ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロでひと駅の「押上」で下車し、4階のエントランスフロアへ行きました。

そこにはさっそくクリスマスのアイテム──大きなブーツが天望デッキに登る方々を見送るように飾られていました。

151120_01.jpg

また、ここには不思議な形のツリーが並んでいたので、近くで見てみると、なんと江戸切子や竹細工などの伝統工芸品でできたツリーでした。 いつもなら通り過ぎてしまいがちですが、今日はゆっくり鑑賞しました。

151120_02.jpg

工芸品の美しさのせいか、一列にならんだツリーはここが美術館の展示物を思わせるほど。赤いツリーは漆、白いツリーは磁器でできていました。光輝く素材ではないのに眩しかった・・・。

151120_03.jpg151120_04.jpg

次は本物を見ようと外に出て見上げると・・・、曇に溶け込むスカイツリーが! てっぺんは雲の中で見えません。いつも見ているのに、上には何があるんだろう?と考えてしまいました。

151120_05.jpg

撮影すれば、モノクロ写真のよう。こんなスカイツリーは初めてです。私のアーティスト心がくすぐられてしまいました^^。

スカイアリーナには6.34mのクリスマスツリー。夜になったらライトが灯りますが、どんな表情を見せてくれるのでしょうか?楽しみです。

151120_06.jpg

この後方ではドイツのビールやスイーツが楽しめるクリスマスマーケットが開催されていました。気になるのは屋根の上のオブジェ。色鮮やかな人形がたくさんいて、かわいかったです。

151120_07.jpg151120_08.jpg

ライティングまで少し時間があるので、ソラマチに入ってみることに。中では、さまざまなクリスマスツリーと出会いました。

151120_09.jpg151120_10.jpg151120_11.jpg

外が暗くなり始めたので、先ほどのアリーナに戻ってみると、ワァーー!! 思わず歓声をあげてしまいました^^ 光が燃える炎のよう。温かみのある炎に引き込まれるかのように奥へと進みます。

151120_12.jpg

すると、この方々たちも輝いていました!
東京スカイツリー公式キャラクター「テッペンペン」「ソラカラちゃん」「スコブルブル」です。キラキラと可愛らしかったです。

151120_13.jpg151120_14.jpg151120_15.jpg

さて、あのクリスマスツリーはどんな感じなんでしょう? ワクワクしながら向かうと・・。またもや、ウワーーーっと声が出てしまいました。キレイ〜!!

151120_16.jpg

さらに、グラーデーションで色が変化します。見応えありますね〜。少し小雨が降っていましたが、たくさんの人がツリーと一緒に記念撮影をしていました。

151120_17.jpg151120_18.jpg

また、周囲の植樹に灯るライトは、音楽が流れ始めると色が変わります。まるで木が生きているかのような時間でした^^

151120_19.jpg151120_20.jpg

そして、肝心のスカイツリー。
夕方同様、テッペンは雲の中ですが、ライティング効果で、ふんわりと輝いた幻想的なツリーに変身していました。まるで月と一体になっているよう。素敵です!

151120_21.jpg

雨の中のスカイツリーは、非日常の光景でした^^  さらにクリスマスの特別ライティングでひときわ美しかったです。12月からはスカイツリーにプロジェクションマッピングが行われるとのこと。これもぜひご紹介したいと思っています。

■東京スカイツリー
http://dreamchristmas2015.jp

東京スカイツリーの輝きの世界に行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

亀戸天神社の「菊まつり」に出かけてみました

カテゴリ
2015年11月13日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

最近、寒い日が続くようになりましたね。冬がすぐそこまで来ているのでしょうか。本格的な冬になる前にたくさんのスポットに出かけたいと思います。

今回はロッテシティホテル錦糸町からほど近い場所にある亀戸天神社へと出かけてみました。“花の天神様”と呼ばれるほど、季節の花々が見事に咲き誇るここは、この時期、見事な菊で本殿付近が埋め尽くされているそうです。

151113_01.jpg151113_02.jpg

鳥居をくぐると目の前には朱色の太鼓橋、その向こうには東京スカイツリーが見えます。新しいものと古いもののコラボは、いつ見ても新鮮です。

151113_03.jpg

亀戸という場所だけあって、池にはたくさんの亀が。甲羅干しをしているようですね。

151113_04.jpg

先に進むと、本殿が見てきました。朱色と淡いグリーンのコントラストが厳かな雰囲気をさらに強調しているようです。

151113_05.jpg

菊まつりとあって、本殿の左右には菊の花。黄色とピンクの小ぶりな花が可憐ですね^^ さすが日本の花、神社ともよくマッチしています。

151113_06.jpg151113_07.jpg

さらに菊は、本殿の両脇に整然と並んでいました。まずは、大きな番傘のような菊を拝見。美しく整えられた見事な丸みが印象的です。

151113_08.jpg151113_09.jpg

次は、前方に垂れ下がった菊。まるで滝のようですね。迫力があります!

151113_10.jpg

その向かい側には“菊の舞台”とでも名付けたくなるほど、多彩な菊で埋め尽くされた一角がありました。

151113_11.jpg

よく見ると、菊にはいろいろな色や形があるのですね。そして、どの菊にも共通していえるのは、“品がある”ということ。素敵ですね^^

151113_12.jpg151113_13.jpg

さらに、こんもりとした菊もありました。個人的にはこの種類が好きです。一つひとつの花びらは厚みがあり、艶やか。まるで上質な生クリームのようななめらかさも兼ね備えています。思わず見入ってしまいました。

151113_14.jpg

最後に、大きな菊のオブジェを鑑賞。こちらの名物のようです。しかし、どこかで見たことがあるような…。

151113_15.jpg

わかりました。東京スカイツリーです! よくできていますよね。それでは、菊と本物を一緒に。自然美と人口美のコラボが出来上がりました^^

151113_16.jpg

菊の花はどれもダイナミック。力強さを感じます。そのせいか、なんだか元気になったような気がしました。パワーをもらったのかもしれませんね。みなさんも、ぜひ足を運んで今だけの菊の美しさと香りに触れてみてはいかがでしょうか?

151113_17.jpg

■亀戸天神社
http://kameidotenjin.or.jp/gallery/kiku/
※菊まつり ~11/23

菊の花と東京スカイツリーのコラボを楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

墨田区の東京スカイツリーの朝散歩

2015年11月06日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

11月に入り、秋も終盤ですね。みなさんは残りの“秋”をどのように楽しむご予定ですか? 私は芸術をもう少し鑑賞したいと思い、今回は、墨田区にあるアート作品に触れるお散歩を楽しんできました。

東京スカイツリーと浅草を結ぶエリアには「GTS観光アートライン」といって、環境アート作品(室内外を問わず、人間と観客を取り巻く環境そのものを作品と見立てる芸術の総称)があります。2010~2012年に東京藝術大学と台東区、そして墨田区の連携事業「GTS(藝大・台東・墨田)観光アートプロジェクト」により誕生したものです。

さて、それらは一体どんなものなのでしょうか?

まずは「とうきょうスカイツリー」駅方面へ。ロッテシティホテル錦糸町からは、東京メトロで隣駅の「押上」で下車し、スカイツリータウンを通り抜けて向かいました。駅の高架下をくぐり、交差点付近に到着すると、あっ、ありました!!!

151106_01.jpg

小梅児童遊園に設置された161本のポール、名前は「おぼろけ」です。この作品は、下町の風景と突然現れた東京スカイツリーという異色の存在が、一つの風景の中に収まるよう試みられているそうです。

151106_02.jpg

それでは、スカイツリーと一緒に撮影! なかなか絵になりますね^^ この辺りを何度も通っているのに気づかない風景でした。アーティストの感性はさすがです。

151106_03.jpg

次に向かったのは大横川親水公園。この場所からは4、5分のところに作品がありました。情報によると、スカイツリーと不思議な記念撮影ができるとのこと。ワクワクしますね^^

151106_04.jpg

お目当ての作品はこの白いオブジェ「Reflectscape」です。近寄ってみると、奇妙な塔の裏側には鏡のようなものがあります。

151106_05.jpg

覗き込んでみると、なんと、スカイツリーが! 青空に向かってそびえ立つスカイツリーが鏡に写っているのです。塔の段を登ったり降りたり、鏡に近づいたり遠のいたりすると、スカイツリーの見え方が変化し、とっても面白い^^ 子どもたちの遊び場にもなりますね。

151106_06.jpg151106_07.jpg

では、もう一つの作品を見にいきましょう。浅草通りを押上方面へ歩いていくと、ゆるキャラの「おしなりくんの家」の前に来ました。

151106_08.jpg

ベンチにたくさんのおしなりくん! とっても可愛いですね。

151106_09.jpg151106_10.jpg

スタッフの方が「ひと休みしていってね」と声をかけてくれたので、中に入ってみることに。たくさんのグッズが並び、ここだけの限定品もありました。見ているだけでも楽しかったですよ。

151106_11.jpg151106_12.jpg

そして、カフェスペースも。

151106_13.jpg

メニューも充実していて、ホッと一息つくには最適な場所ですね。せっかくなので「おしなりくんお団子・煎茶セットを注文し、ひと休みをしました^^ お煎餅屋さんの材料で作った香ばしいお団子に良質な茶葉で入れた煎茶は、どちらも贅沢な味わいで大満足でした。

151106_14.jpg151106_15.jpg

さて、心もカラダも満たされたので、本日最後のアート作品へと足を運びます。場所は業平公園。普通の大きな公園ですが、どこにアート作品があるのでしょうか? 公園の奥の方に行ってみました。

151106_16.jpg

すると、葉っぱが横たわっています。これが作品「は・は・は」でした! 「東京スカイツリーの葉」がテーマで、もしスカイツリーに葉があったら6mぐらいになるだろうと考え造形化したものだそうです。さすがアーティスト、面白いことを考えつきますね。

151106_17.jpg
151106_18.jpg
151106_19.jpg

そして、振り返ると圧巻のスカイツリー! こちらもナイスロケーションでした。

151106_20.jpg

これらの環境アート作品は全部で12作品、その他アートベンチが5作品あり、さまざまな場所に設置されています。それはどこもスカイツリーの絶好のビューポイント! 散歩しながら鑑賞し、スカイツリーも楽しめる素敵な取り組みですね。

15日まで「GTS観光アートラインを巡るフォトラリー2015」が開催されているとのこと。この機会に、みなさんも作品を巡りながら写真を撮ってみてはいかがですか?

■GTSアート環境プロジェクト
http://gts-sap.jp/modules/pj_aep/index.php?content_id=1
※サイト内にマップあり

■GTS観光アートラインを巡るフォトラリー2015
http://www.city.sumida.lg.jp/eventcalendar/kanko_bunka/photolarry2015.html

アート鑑賞しながら散歩してスカイツリーも楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線