オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

浅草の新名所「まるごとにっぽん」に行ってきました!

カテゴリ
2016年01月29日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

みなさんはすでに訪れましたか? 昨年12月17日にオープンした浅草の新名所「まるごとにっぽん」。全国各地の選り抜きグルメや各地の伝統を活かした新しいモノづくりの物販など、地方の素晴らしさを一堂に集めた商業施設です。

今回は、この「まるごとにっぽん」に出かけてみました。ロッテシティホテル錦糸町からは、東京メトロで「押上」駅へ、都営浅草線に乗り換えて「浅草」駅で下車します。改札を出て歩くこと8分。浅草演芸ホールの斜め向かいに、真新しいビルがそびえ立っていました。

160129_01.jpg

ワクワクしながら入り口に向かい、各フロアの案内を見ると、4階の建物はフロアごとにテーマがあるようです。ではさっそく店内へ。

160129_02.jpg160129_03.jpg

するとすごい数の人! やはり話題の施設、人気ですね。まずは1階を散策。ここでは“日本各地の美味しい”を集めているのでしょう。「にっぽん食市場 楽市」です。普段はお店に足を運べないような東京からの遠方店も多数出店しています。この機会に食べてみたかった、飲んでみたかった食材を楽しめるチャンスですね!

160129_04.jpg

どこも美味しそうなモノばかり^^ キレイ色で目に付いたのは秋田の名物きりたんぽ、ではなく、新スタイルの「こめたんぽ」。トマトチ?ズ味や明太マヨ味などの変わり種があり、きりたんぽの新しい形をラインナップさせていました。

160129_05.jpg

こちらは日本の西に位置する徳島県の店。レンコンの全国生産量が2位の徳島県ならではのレンコンを使用したお惣菜やチップスなどが販売されていました。どんな味なのでしょうか?

160129_06.jpg

そして、全国各地のドライフルーツやドライベジタブルを集めた店や、全国の一番美味しい旬の野菜を和惣菜にした店などもありました。

160129_07.jpg160129_08.jpg

続いて2階へと上がります。ここは「くらしの道具街 和来」。モノが販売されるフロアですが、どんなものがあるのでしょうか?

長野県からは木工製品の店が出ていました。オーダーの家具も取り扱っており、引き出しのサンプルが天井までズラリと並んでいました。色もデザインも多種多様な引き出しは、見ているだけでも楽しかったです。

160129_09.jpg

山口の萩市の店では竹製品や大漁旗を使ったバッグなど工夫の品がたくさん。日本全国のものづくりを集めたセレクトショップもあり、カラフルな色合いやフォルムの美しさに多くの人が「これ、いいわね~」と見とれていました^^

160129_10.jpg160129_11.jpg

続いて3階の「たいけん広場 浅草にっぽん区」です。郷土料理のレシピやアレンジを紹介するグッキングスタジオ、各地域を味わえるようなフード&ドリンクをそろえるカフェがあります。

160129_12.jpg

この階の魅力は市町村がブース展示をしているコーナー。各地の特徴など、さまざまな映像をテーブルの上に映し出し、その土地の産物をPRしています。この街にこんな特産品があるのか!といった新しい発見もでき楽しかったですよ^^

160129_13.jpg
160129_14.jpg

ラストのフロア、4階に行ってみます。こちらはいわゆるレストランフロアですが、テーマは「ふるさと食堂街 縁道」です。7店舗が入り、店構えや店内の所々に和のテイストをふんだんに使用しているところが印象的でした。

160129_15.jpg160129_16.jpg

さらに外の空気に触れることができるテラスも。スカイツリーが一望でき、左には浅草寺の五重塔、右には浅草アサヒビールタワーも見えます。どちらも浅草の名所ですね。

160129_17.jpg

全フロアを堪能したので、ちょっとひと休みするためにベンチに座ると、びっくり! なぜって、それは木の温もりが伝わってくるような優しい肌さわりで、座り心地も抜群のベンチだったのです。

160129_18.jpg

ふと散歩したこの施設を思い起こしてみると、館内のディスプレイや壁、柱などが多様な木で作られています。まさに、日本の伝統美で包まれた館。落ち着く空気が流れている場所だなと思っていましたが、こうした木のせいなのかもしれませんね。

160129_19.jpg160129_20.jpg

最後は施設1階外側に入り口がある「まるごと市場」に行ってみました。肉屋、魚屋、立喰いのお寿司屋さん、そしてコロッケ屋さんが入っています。

160129_21.jpg

魚屋さんでは浜焼きといって、購入するとその場で焼いてくれ、奥にあるカウンターで食べることができました。

160129_22.jpg160129_23.jpg160129_24.jpg

まるで市場に来たかのような新鮮なネタ。どれも味はサイコーでした^^

160129_25.jpg

浅草の新名所「まるごとにっぽん」は、日本の良さがギュッと詰まった施設。国内に、海外に向けて、日本の素晴らしさを発信できる場所です。ぜひみなさんも訪れてみてくださいね。

■まるごとにっぽん
https://marugotonippon.com

浅草の新名所「まるごとにっぽん」に行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

大相撲一月場所が開催される両国を散歩しました!

カテゴリ
2016年01月22日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

年明け、成人式などおめでたいことが続く1月。相撲界でも今年初の場所が10日より両国で始まりました。ロッテシティホテル錦糸町の隣駅は大賑わいを見せているとのことで、私もその雰囲気を味わいに足を運んでみました。

JR総武線に乗り、隣の「両国」で下車すると、さっそく駅構内にズラッと熱さがほとばしるポスターが並んでいました。

160122_01.jpg

そして改札付近には力士の額が掲げられ手形が展示されています。国技館の玄関口であることを示していますね。大勢の方がそれらを見入っていました。

160122_02.jpg

さらに「横綱と背比べ」という掲示物も。外国人観光客が嬉しそうに記念撮影をしている姿もたくさん見かけました。

160122_03.jpg

まだ駅なのに、これだけの賑わいを見せているとしたら、国技館前はどうなのだろう?とワクワクしながら向かうと、すごい! 人、人、人。大勢の方が、力士が来るのを沿道で待ち構えているではないですか!

160122_04.jpg

この日は満席。のぼりの艶やかさにも負けないほどの熱気が国技館を包んでいました。相撲の人気ぶりには脱帽ですね。

160122_05.jpg160122_06.jpg

国技館の周囲はどこもかしこもたくさんの人。まさに“江戸の祭り”のようでした^^

160122_07.jpg

ここ両国には相撲の神様・野見宿禰(のみのすくね)が祀られている神社があります。相撲つながりでそこに行ってみようと振り返ると、葛飾北斎の資料がありました。たしか、北斎の生誕の地もこの周辺だったはず…。調べてみるとこの2つはすぐ近くにあるようです。気分はさらに高まり、意気揚々と歩き出しました。

160122_08.jpg

国技館の横を通り、江戸東京博物館をぐるりと周り、北斎通りに出ます。

160122_09.jpg

整備された通りにはカフェやギャラリー、洋服屋さんなどがあり、歩いているだけでも新しい何かを見つけられそうです。

160122_10.jpg160122_11.jpg160122_12.jpg

少し歩くと公園を発見。子供たちが和気あいあいと遊んでいました。「だるまさんがこーろんだ」という声も聞こえ、遊びは今も昔も変わらないのだなと実感。微笑ましい光景が広がっていました。

160122_13.jpg

ここは「緑町公園」ですが、一角に立っている高札になにやら説明が。こちらは弘前藩の津軽家上屋敷跡とのこと。さらに「津軽の太鼓」といって、「本所七不思議」の一つでもあるそうです。

160122_14.jpg

このお屋敷には火の見櫓(ひのみやぐら)があったようですが、通常の火の見櫓は、火事の合図のためにたたき鳴らす板・板木(ばんぎ)があります。しかし、ここには太鼓がぶら下がっていたのです。なぜ太鼓だったのかは誰も知らないとのことで、七不思議になったとありました。

歴史には興味そそられる一面が多数あり、もっといろんなことを知りたくなってしまいますね^^

歩みを進めると、野見宿禰神社(のみのすくねじんじゃ)に到着しました。

160122_15.jpg160122_16.jpg

野見宿禰は、その昔、強い力を持った当麻蹶速(たいまのけはや)に勝利した人物。そのため、力士の始祖と伝えられ、祀られています。横綱に昇進した力士は、ここで土俵入りを奉納する習わしがあるそうです。

160122_17.jpg

深い歴史をここでも見つけたような気がしました。

神社を後にして交差点に出ると、お花が。春がまもなく来るのでしょうか。気持ちが和みますね。

160122_18.jpg

そして来た道を少し戻ると、あられ屋さんの角に次のお目当て場所「葛飾北斎生誕の地」の高札を見つけました。

160122_19.jpg

読むと、「『あと10年、いや5年でよいから生きさせてくれ。そうしたら真の画工になれる』といって、息を引き取ったといわれている」とあります。北斎は常に前進を目指す人物だったのですね。身が引き締まる思いになりました。大作を生み出してきた方の生き方は見習うべきことがたくさんあります。

今回は初場所の賑やかさから始まり、数々の歴史に想いを馳せる散歩となりました。学ぶことが多く有意義な時間を過ごせ楽しかったです。みなさんもぜひ出かけてみてくださいね。詳しくは両国観光案内所にあります。

■両国観光案内所
http://visit-sumida.jp/spot/6196/

相撲のメッカ両国を散歩しよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

浅草七福神詣でに行ってきました・パート2

カテゴリ
2016年01月15日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

先日、新成人が誕生し、新しい年がさらに活気づきましたね。未来に大きな希望を抱く彼らを見て、私も新鮮な気持ちになり、今年1年また頑張ろう!と思いました。

そのような気持ちも込めて参拝している「浅草名所(などころ)七福神もうで」。先週は福禄寿が祀られた「矢先稲荷神社」から歩き始めて、「鷲神社」の寿老人、「吉原神社」の弁財天、「石浜神社」の寿老神を回り、最後は「橋場不動尊」の布袋尊を詣でました。

今回はその続き、「今戸神社」からの出発です。

160115_01.jpg

以前ブログにも登場したこの神社は、「橋場不動尊」からは徒歩14分、ロッテシティホテル錦糸町からは東京メトロで隣の「押上」駅へ行き、都営浅草線に乗り換えて「浅草」で下車後、徒歩15分という場所にあります。

到着するとたくさんの人で賑わっていました。こちらにいらっしゃるのは福緑寿さま。福(幸福)と禄(生活・経済の安定)と寿(健康にして長命)との三つの福徳を授ける福の神です。

160115_02.jpg

また、境内の至るところにはさまざまな形をしたニャンコがいます。招き猫が有名な神社ならではですね^^

160115_03.jpg160115_04.jpg

ご朱印は猫かと思いきや、鶴の印でした。

160115_05.jpg.jpg

続いては、この近くにある待乳山聖天(まつちやましょうでん)さまへ。

160115_06.jpg160115_07.jpg

こちらは生の大根をお供えする珍しい神社です。境内各所に大根が描かれていたり、彫られていたりします。なぜなのでしょうか? 台東区公式観光情報によると、大根が体内の毒素を中和して消化を助けるはたらきがあるところから、聖天さまの「おはたらき」をあらわすものとなっているそうです。

160115_08.jpg

拝殿で合掌した後、その奥に入ってみました。すると威風堂々とした姿の毘沙門天さまが。戦いの神でもある毘沙門天は少々険しいお顔をされていましたが、勇気とパワーをいただいたような気分になりました。

160115_09.jpg160115_10.jpg

ここでようやく7つの神社やお寺が終了。残す2つは浅草神社と浅草寺です。この「浅草名所七福神もうで」は9つの社寺を巡りますが、あまり足を運ばない場所にもお参りでき、散策コースとしても十分に楽しめるものです。

巡る順番は決まっていませんので、まずは浅草神社へ。二天門から入りました。松と朱色が調和し、「日本の美」を奏でていました。

160115_11.jpg

そしてすぐ右手には浅草神社。

160115_12.jpg160115_13.jpg

こちらは浅草寺の大黒天さまと対をなして信仰を集めてきたという恵比寿さまが祀られています。実際に見ることはできないため、ご朱印をいただく場所に写真がありました。温厚な顔立ちを眺めていたら、私まで笑みを浮かべていることに気づき、恵比寿さま効果が現れていました^^

160115_14.jpg160115_15.jpg

ご朱印をいただき振り返ると、境内一角に人力車が数台止まっているのを発見。どうしたのだろうと近くに寄ると、お神輿の蔵が開放されていました。眩しいくらいに輝く3基は、まさに「荘厳」という言葉がお似合い。思わず、そのたくましさに見とれてしまいました。

160115_16.jpg160115_17.jpg

そして、「浅草名所七福神もうで」のトリを飾る浅草寺へと向かいます。大黒天が祀られているのは、本堂の脇にある影向堂(ようごうどう)。周囲には池や滝があり、朱色の立派なお堂です。中にはたくさんの仏様がいらっしゃいました。手を合わせ、ここまでお参りできたことを感謝していると、達成感がジワジワとこみ上げてきました^^

160115_18.jpg
160115_19.jpg160115_20.jpg

最後のご朱印をいただき、七福神巡りは終了。とっても爽やかな気持ちになりました。

160115_21.jpg

「浅草名所七福神もうで」は一気に回ると4時間くらいかかると言われています。ボリュームがありますが、浅草近辺をぐるりと巡ることができる楽しい時間です。本年も年始めに素晴らしい散歩ができ光栄でした。また今年も、皆様に面白いスポットをお届けするため、さまざまな場所に散歩に行ってきますね。

160115_22.jpg

■浅草名所七福神会
http://www.asakusa7.jp/index.html

浅草の七福神めぐりに詣でよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

浅草七福神詣でに行ってきました・パート1

カテゴリ
2016年01月08日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

新年を迎え、1週間が経ちました。年明けから晴天に恵まれ過ごしやすい日々でしたね。
皆さまはどんなお正月でしたか? 私は去年に続き、今年も七福神巡りに行ってきました。今回は「浅草名所(などころ)七福神もうで」です。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロで隣の「押上」駅へ。都営浅草線に乗り換えて「浅草」で下車しました。まずは雷門をくぐり、参道を散策。晴れ着姿の女性や外国人観光客など大勢の人で賑わっていました。

160108_01.jpg160108_02.jpg

新年の浅草見物をした気分になったところで、浅草橋方面へと向かいます。まず初めに到着したのは「矢先稲荷神社」。こちらでは、「福緑寿」が祀られています。

160108_03.jpg160108_04.jpg

参拝の形式に則り、手を合わせて今年も皆様との良い縁をお願いし、拝殿右手に目を向けると福緑寿さまがいらっしゃいました。遠くからでも温和の雰囲気がうかがえ、穏やかな気持ちにさせていただきました^^

160108_05.jpg

さて、今回の七福神巡りの証というべき授与品はご朱印です。参拝した後に「色紙」または「福絵」に各社寺のご朱印をいただきます。私は箱の中に入った「福絵」を選びました。

160108_06.jpg

矢先稲荷神社のご朱印はこちら。鳥が静かに座っているような印です。すべて揃ったらどんな絵になるのでしょうか? 最後のお楽しみですね^^

160108_07.jpg

次に向かったのは入谷にある「鷲神社」。以前こちらのブログでご紹介した神社で、酉の市が有名ですね。こちらには「寿老人」がいらっしゃいます。

160108_08.jpg

目に付いたのが正面の鳥居に飾られた大きな笹の葉! そこにはなんと馬ではなく、七福神が書かれている絵馬がぶら下がっていました。浅草名所七福神の授与品には「福笹」といって、各社寺で福絵馬をいただき、笹につけて完成させるものもあります。この笹はとても大きいですが、実物は家に飾っておくのに適したサイズ。なかなか素敵な授与品です。

160108_09.jpg

私はご朱印をいただきました。印は鹿でしょうか? 動物の後ろ姿ですね。

160108_10.jpg

続いて詣でるのは、この近くにある「吉原神社」。ここは女性の神様「弁財天」が祀られています。知恵、技芸、財物の福徳があるとされているので、しっかりお参りしてきました。

160108_11.jpg160108_12.jpg

もちろん、ご朱印も忘れずにいただきました。弁財天の持っている琵琶の印でした。

160108_13.jpg

拝殿横には境内社があり、近寄ってみると「お穴様」という変わった名前が。読んでみると地中の神様で心をこめてお参りすると必ず福があるとのこと。心惹かれたので、こちらでもしっかりとお参りしました。のちほど「福」があるかもしれません^^

160108_14.jpg160108_15.jpg

さらに入り口付近に桜が。「逢初桜」といって、枝垂れ桜です。逢初とは恋焦がれている人に初めて会うという意味があるそうですが、春に咲かせるピンクの可憐な姿を思い浮かべると、なんだか淡い気持ちになりますね。こちらの神社は女性の心をくすぐることがいっぱいあるなと感じました。

160108_16.jpg160108_17.jpg

さて次なる場所へと足を運びます。新年の空気は気持ちがいいですね。どんどん足が進みました。到着した先は、隅田川にかかる白鬚橋近くの「石浜神社」です。広々とした境内には碑や社がたくさんありました。

160108_18.jpg160108_19.jpg

向かって右側にある妙義八幡社に祀られたひとつに「寿老神」がいらっしゃいます。近くでお顔を見ることができたので、じっくり拝見すると、優しいお顔に気持ちがどんどん安らかになっていき、ホッとする時間をいただきました。

160108_20.jpg160108_21.jpg

ご朱印にはバンビのような動物が押されていました。

160108_22.jpg

そして、ここから少し歩いたところに「布袋尊」が祀られた「橋場寺不動院」があります。

160108_23.jpg160108_24.jpg

参道を進むと色鮮やかに飾られた本殿が見えてきました。福絵馬も掲げられ華やか^^

160108_25.jpg

合唱した目の前に布袋さまが鎮座されていて、にっこりと笑いかけてくれているようでした。

160108_26.jpg

ご朱印はうちわのような形。寺社によってそれぞれの特色があり、とても可愛らしいですね。

160108_27.jpg

こちらで5つ目の神様。ようやく半分に達しました。あれ、5つで半分?と思われる方もいらっしゃるでしょう。「浅草名所七福神もうで」は、9社寺を詣でる珍しい七福神めぐりです。パンフレットによると「九は数の究(きわ)み、一は変じて七、七変じて九と為す。九は鳩であり、あつまる意味をもち、又、天地の至数、易では陽を表す」という古事に由来しているとのこと。歴史深き浅草の七福神めぐり、後半は来週お届けします。

■浅草名所七福神会
http://www.asakusa7.jp/index.html

浅草の七福神めぐりに詣でよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

新年、明けましておめでとうございます。

2016年01月01日

あけましておめでとうございます。

今年もロッテシティホテル錦糸町は無事、お正月を迎えることができました。
一重に平素よりご愛顧頂いている皆様のおかげと、感謝申し上げます。

2020年の東京オリンピックに向け、ホテルは年々活気が溢れてきております。
本年は更にお客様に寄り添い、皆様に愛されるホテルへと成長を続けて参ります。

引き続きよろしくお願い申し上げます。

ロッテシティホテル錦糸町
宿泊支配人

 

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線