オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

隅田公園での”サクラ鑑賞”スポットを探しに

カテゴリ
2016年03月25日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

東京もついに桜の開花宣言がされましたね! 私たち日本人の心をワクワクさせる桜は、海外の方にも大人気の花木。都内にも有名な花見処がたくさんありますね。みなさんは、どこへお花見に行くか、計画されましたか?

私は開花のひと足先に、ロッテシティホテル錦糸町から近い花見の名所「隅田公園」に行き、”サクラ鑑賞”が楽しめるスポットをリサーチしてきました。

東京メトロで隣駅の「押上」へ、都営浅草線に乗り換えて2つ先の「浅草」駅で下車します。目指すは吾妻橋のたもと。隅田公園は、約1kmにも及ぶ桜並木で毎年多くのお花見客で溢れかえる程の人気スポットです。 関東屈指の桜の名所でもあり、門にも”桜”がありました^^

160325_01.jpg160325_02.jpg

まずは、撮影のベストスポットを探してみることに。公園からは東京スカイツリーが一望できるので、さまざまな箇所で桜とのコラボショットが撮影できます。たくさん撮影した結果、お気に入りはコチラ。ピンク色のベールの向こうにアサヒビール本社とスカイツリーが見えるように構図を構え、開花した時を想像しながらシャッターを押してみました。

160325_03.jpg

次は公園を一歩出た外側から眺めてみようと、公園に沿った道を歩き出しました。すると外国人が楽しげにお茶をしている姿を発見。このテラスからの”サクラ鑑賞”もGOODかもしれませんね。

160325_04.jpg

店の外からオシャレな雰囲気が漂い、気になったので、中に入ってみることにしました。植物が斬新なレイアウトで装飾された店内は、予想以上に洗練されたお洒落空間。桜並木散歩のあとのコーヒーブレイクにもぴったりです^^

160325_05.jpg160325_06.jpg

サンドウィッチなどのパンメニューが豊富で、3階にパン屋さんがあるそう。店内からも、ビルの外からも行けると聞き、行ってみることに。お店を出て、ビルの角を曲がると看板が。「マニュファクチュア 職人製手工業パン屋」とあります。

160325_07.jpg

ガラス越しに職人の方のパン製造姿が見える店内は、カフェとは違ってシンプルな雰囲気。ガラス窓の手前には多種多様なパンがずらりと並んでいます。奥には大きなテーブルがあり、イートインもできるようです。

160325_08.jpg160325_09.jpg

さっそくドライフルーツが入ったパンとスパークリングウォーターを購入し、席で食べてみると、フルーツの甘みと小麦味がしっかりと出た味わい深いパンでした。お花見のときは、公園のベンチで食べたいですね^^

160325_10.jpg

そんなベンチを探しに再び公園へ。アーティスティックなベンチを見つけ、ここでさっきのパンを食べながら”サクラ鑑賞”もいいなとイメージしていたら、前方にたくさんの外国人観光客がいらっしゃいました。

160325_11.jpg

彼らはまるでモデルになったように桜との記念撮影をしていて、とても楽しそうです。

160325_12.jpg

私も桜を間近で拝見。うーん、やはり美しい! 先ほどの皆さんのはしゃぎようが理解できます。しばし”サクラ鑑賞”に浸りました^^

160325_13.jpg160325_14.jpg

その先にはカフェが2軒並びます。どちらからも東京スカイツリーを眺めながらの “サクラ鑑賞”が楽しめるスポットです。

160325_15.jpg160325_16.jpg

少し先に進むと公園がありました。子供たちの声が響き渡り、スカイツリーがそれを寛大に見ているような光景です。ここからの”サクラ鑑賞”も見応えがあるでしょうね。

160325_17.jpg

公園の隅に、別の”春”を発見しました! 菜の花です。鮮やかな黄色がキレイ。公園を華やかに彩っていました。

160325_18.jpg160325_19.jpg

今度は川岸に降りてみることに。川から来る風を感じながら、対岸の桜を見るのも一興でしょう。

160325_20.jpg

そして隅田川を眺めながら来た道を戻ると、水上バスが見えました。船から見上げる”サクラ鑑賞”もステキだろうなと想像していたら、夜桜見物の船も出ていることを知り、ますます船の”サクラ鑑賞”に行ってみたくなりました。

160325_21.jpg160325_22.jpg

お花見は、いろいろな場所からさまざまな方法で楽しめますね。みなさんもぜひ、隅田公園の”サクラ鑑賞”に出かけてみてください。

■墨田観光サイト
http://visit-sumida.jp

隅田公園の”サクラ鑑賞”に出かけてみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

明治文壇の女性作家・樋口一葉の地を訪ねて

カテゴリ
2016年03月18日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

最近、雨が降ったり、風が吹いたり、曇り空だったりする日が多いように感じます。これは、春になると高気圧と低気圧が日本付近を交互に通るためだそうです。薄暗く寒い日が続くこともありますが、季節は暖かな日差しが楽しめる春。お出かけするには心地いい時期です。

そこで、今回は台東区竜泉まで足を伸ばしてみました。ここは、女流作家である樋口一葉が一時住んでいた地域で、彼女の著作『たけくらべ』の舞台ともなった場所です。

ロッテシティホテル錦糸町からはJR総武線で「秋葉原」駅に行き、東京メトロ日比谷線に乗り換えて「三ノ輪」駅で下車します。10分弱ほど歩いて到着したのは、「樋口一葉記念館」。ここまで約30分です。

160318_01.jpg

記念館前には「一葉記念公園」があります。一葉桜や樋口一葉にゆかりのある植物が植えられ、一葉尽くしの公園です。人力車型の滑り台が珍しいですね。

160318_02.jpg160318_03.jpg

では、さっそく記念館へ。昭和36 (1961) 年に開館したここは、2006年に新しい建物に生まれ変わり新記念館となったそうです。格子の外観がモダンな雰囲気で素敵ですね^^

160318_04.jpg160318_05.jpg

中に入ると、1階左手はギャラリー、そして右手にはライブラリースペースが広がっています。

160318_06.jpg160318_07.jpg

『たけくらべ』をアニメで見ることができる設備もありました。文字だけでなく、こうした映像があると分かりやすいですね。しばし見入ってしまいました。

160318_08.jpg160318_09.jpg

階段を登った2、3階は展示スペース。こちらには樋口一葉の作品だけでなく、彼女の生涯についてや、愛用していた机や所持品なども展示され、樋口一葉をくまなく知ることができます。

160318_10.jpg

また、3階では「吉原の櫻」という錦絵の展示が開催中でした。『たけくらべ』に描かれた吉原の春を紹介するもので、どれも見事な色彩に見とれてしまいました。残念ながら、2、3階は撮影禁止でしたので、その美しさに興味のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

160318_11.jpg

記念館の近くに一葉の旧居があるというので、行ってみることにしました。館をあとにして歩いていくと、途中に面白い看板を発見。”樋口一葉わいん”を見せてもらおうとスタッフの方に尋ねると、現在は生産中止のようです。どんな味だったのでしょうか? 手に入らないとなると、ますます興味惹かれてしまいますね。

160318_12.jpg

気を取り直して旧居跡に向かうと、脇道に逸れたところに赤いノボリが見えました。これがまたも気になってしまい、立ち寄ってみることに。すると、「飛(とび)不動尊・正法院」でした。

160318_13.jpg

江戸の代表的な不動霊場のひとつとして、昔の書物に記されているようです。近年は航空安全の守護神として有名になったお寺ですね。

160318_14.jpg

境内にはさまざまな石像などがあり、

160318_15.jpg160318_17.jpg

こんなお守りもありました^^

160318_18.jpg

一通り楽しんだ後、本来の目的地へと向かいます。歩道脇にひっそりと、樋口一葉旧居跡の碑が立てられていました。一葉がここで生活しながら見たり感じたりしたことが、『たけくらべ』に現れているのでしょう。そう思うと、感慨深いものがありますね。『たけくらべ』に出てくるスポットにも訪れてみたくなりました。

160318_19.jpg160318_20.jpg

樋口一葉という人物を満喫し、駅に向かっていると、また、一葉の名が付けられた商品を発見。まさにここは一葉の里ですね^^

160318_21.jpg

ここから少し歩くと吉原、そしてその先には浅草もあります。この界隈は歴史を感じながら散歩ができる絶好の場所です。みなさんも、ぜひお出かけください。

■樋口一葉記念館
http://www.taitocity.net/taito/ichiyo/

「吉原の櫻」~4月21日(木)まで
http://www.taitocity.net/taito/ichiyo/ichyo_news/newsimage/news20160301/2016%200301%20yosiwara-no.html

明治の女流作家・樋口一葉の地を歩いてみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

 

東京スカイツリーで”春”を探す

2016年03月11日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

3月に入り、心地よい暖かな日を過ごすことが多くなりました。桜の開花予想は今月下旬。今から楽しみです。さて、今回は東京スカイツリーに、ひと足早い”桜”や”春”を見つけに行ってきました。

陽気に誘われ、ロッテシティホテル錦糸町からは駅前を通り、スカイツリーを真正面に見ながら歩ける「タワービュー通り」を歩いて行くと、

160311_01.jpg160311_02.jpg

スカイツリー前に流れる川に架かった橋のたもとに人の群れが。何ごとかしらと思ったところ、桜が咲いていたのです! 外国のお客様も「WAO!! SAKURA!!」と歓喜をあげ、記念写真を撮っていました。

160311_03.jpg

桜の威力はすごいですね。人々に笑顔をもたらします。私もウキウキし、足取り軽くスカイツリーへと向かいました。そして、「とうきょうスカイツリー」駅側の階段を上っていくと、カメラのマークを発見。ここから撮影するといいショットが撮れるのだろうと思い、スカイツリーにカメラを向けてパシャ。

160311_04.jpg160311_05.jpg

しかし、何か違う気がして前方を見たら、階段に美しいアートが描かれているではないですか! そしてアートの階段下には、赤く記された足のマークがありました。つまり、そこに人が立ち、先ほどのカメラマーク位置から撮影をするというものだったのです^^

160311_06.jpg

インフォメーションに行き、スカイツリーの桜情報について聞くと、「春先どり! 東京スカイツリー桜わくわくスタンプラリー2016」を開催中とのこと。これは、スカイツリーとその周辺に設置されたスタンプを押して歩くラリーです。

160311_07.jpg

開くと、周辺グルメや撮影スポットなど、たくさんの情報が記載されていました。

160311_08.jpg160311_09.jpg

さらに7ヶ所あるスタンプの4ヶ所以上を集めたら、THE SKYTREE SHOPでプレゼントがもらえるそうです。面白そうですね^^

160311_10.jpg

さっそく私も挑戦してみました。まずはスカイツリー5Fにある出口フロアから。設置場所にたくさんの人がいて、人気のイベントのようですね。

160311_11.jpg

どんなスタンプなのか楽しみにしながら、用紙の真ん中に力強く押すと、ソラカラちゃん、テッペンペン、スコブルブルが出てきました^^

160311_12.jpg160311_13.jpg

続いては「とうきょうスカイツリー」駅。来た道を引き返し到着すると、スタンプ台は改札の中でした。そこで、駅員さんにおたずねしたところ、「どうぞ!」と軽やかなお声が返ってきたので、ホッと安心。紫色のスタンプがくっきりと現れました。

160311_14.jpg160311_15.jpg

次は浅草通りを歩き、ゆるキャラ「あづちゃん」の街、「本所吾妻橋」駅付近へ。商店街には、あづちゃんのイラストがあちこちにありました。

160311_16.jpg160311_17.jpg

可愛らしいなぁと思ってみていると、向こうから本物のあづちゃんが!!!! とっても可愛かったです^^ 記念に撮影させてもらいました。

160311_18.jpg

これから「あづちゃん家」に行くことを告げ、少し歩くとすぐに到着。朱色のあづちゃんカラーのスタンプに現れたのは、やはりあづちゃんでした。

160311_19.jpg160311_20.jpg

せっかく来たので、中を拝見することに。あづちゃんグッズがすらりとラインナップしていました。

160311_21.jpg
160311_22.jpg160311_23.jpg

このあと、この近くにある吾妻橋観光案内所に行きスタンプを押し、今日はここまでに。残りのスタンプは後日の楽しみにしようと思います。スカイツリーだけでなく、周辺散歩もできるスタンプラリーは4月10日までの開催です。みなさんもぜひお出かけください。

160311_24.jpg

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp/press/post-89.html

東京スカイツリーに”春”を探しに行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

古民家を利用したオシャレスポット「上野桜木あたり」へ

カテゴリ
2016年03月04日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

先日、公園で色鮮やかな花が美しく咲いているのを見て、春を見つけた!なんて思っていました。もうそこまで、来ているのでしょうね。暖かな空気に誘われ、外に出るのも増えそうです。そこで、今回は「上野桜木あたり」という施設に訪れてみました。古民家を利用した商業施設のようです。

ロッテシティホテル錦糸町からは、JR総武線で「秋葉原」駅へ、山手線に乗り換えて「日暮里」駅で下車します。ここまで約15分です。

160304_01.jpg

駅を出たら、谷中霊園の方へ向かいます。この辺りの紅葉がとてもキレイだったことから、「紅葉坂」と名付けられた坂道を登ると、

160304_02.jpg160304_03.jpg

道にかぶさるよう植えられた大きな桜の木が印象的な谷中霊園に出ました。ここに桜が咲き誇ったら絵になるなぁと想像するとワクワクしますね。早く、春が来ないかな~♪

160304_04.jpg

こちらは霊園といえども、周辺の案内板や季節の花情報が掲示され、観光地のようです。散歩にもぴったりですね^^

160304_05.jpg160304_06.jpg

そして、道なりに進むと看板が!

160304_07.jpg

どうやら、目的地に到着したようです。どんなところなのかなと気持ちを弾ませながら行ってみると、おばあちゃんの家みたいな建物が出迎えてくれました。

160304_08.jpg

ちょっとした庭なども整備され、井戸もあります。風情をグンとアップさせますね。

160304_09.jpg

その隣に案内板。棟は3つあり、順番に見ていくことにしました。

160304_10.jpg

まずは「あたり3」。入り口は民家の玄関で、思わず「こんにちは」と声をかけたくなる様相です。

160304_11.jpg160304_12.jpg

靴を脱いで上がると、そこはガラスや陶器の食器店でした。木漏れ日でピカピカと輝き、まるで美術館のよう。目にとまったのはガラスのピッチャーとグラス。注ぎ口と飲み口のデザインがとてもお洒落でした^^

160304_13.jpg160304_14.jpg

続いては「あたり2」。こちらは手前と奥に2店舗入っているようです。

160304_15.jpg160304_16.jpg

奥はパン屋さん。どれも美味しそうで、何を買ったらいいか迷ってしまいますね^^

160304_17.jpg

手前は、塩とオリーブの専門店「OshiOlive(おしおりーぶ)」さん。分かりやすいうえに、覚えやすいネーミングですね。外から注文ができるようなので、表に回ってみました。

160304_18.jpg

メニューを見ると塩やオリーブを使った料理や飲み物がラインナップ。オリーブラテなんていう、珍しいものまでそろっています。

160304_19.jpg160304_20.jpg

注文したのは、おつまみを3つ選んで540円というメニュー。オリーブオイルを使ったドレッシングで和えた惣菜と、3種の塩で食べるお豆腐をチョイスし、外のテーブルでいただきました。お豆腐に塩をつけて食べるなんて、粋なおつまみですね。すべて、優しい味わいでした。

160304_21.jpg160304_22.jpg

最後に「あたり1」を拝見。こちらは「谷中ビアホール」さん。スタンディングとテーブルの席があるようです。和のテイストである古民家と、洋の味であるビールのコラボレーションは渋くてカッコイイ! そんな雰囲気が漂っていました。

160304_23.jpg

古くからあるものを今に活かす素晴らしい取り組みは、「昔」の良さを残しながらも洗練されて、より味のあるオシャレなものに変えてしまうというのが圧巻ですね。過去にタイムスリップできる新しい観光スポットです。周囲は谷根千と呼ばれる人気のエリア、少し足を伸ばして散歩してもいいかもしれません。ぜひみなさんも訪れてみてくださいね。

■上野桜木あたり
http://uenosakuragiatari.jp

古民家をオシャレに変身させた「上野桜木あたり」に行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線