オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

深まる秋の散策ー牛嶋神社へ

カテゴリ
2016年09月30日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

本日で9月も最後。来月はもう少し気温が下がり、さらに過ごしやすくなりますね。さて、そんな秋の散策場所として、隅田川から近い向島にある「牛嶋神社」へ行って来ました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロで「押上」駅へ行き、都営浅草線に乗り換えて「本所吾妻橋」駅で降りました。両方とも一駅ずつなので、とても近いです。そこから数分のところに緑が豊富な牛嶋神社があります。

水戸徳川邸跡の隅田公園を抜け、到着しました。

160930_01

深みのあるグリーンがキレイですね^^

160930_02

鳥居をくぐって境内へ。するとまた鳥居が! 大きな鳥居の両脇に小さな鳥居が付いています。これは「三輪(みわ)の鳥居」と呼ばれるもの。珍しいですね。

160930_03

そして、社殿は総檜権現造りで、とても大きい! 迫力があって、ビッグなご利益がいただけそうです^^ そして、中は清々しい空気が漂っていました。

160930_04160930_05

名前に「牛」とつく神社ですから、たくさんの“牛”がいます。まずは社殿脇にいる「狛犬」ならぬ「狛牛」。少し鋭い目つきをしていますが、可愛い。

160930_06

次の牛は・・と思ったら、獅子のような像二体が岩の上でにらみ合っているのに興味惹かれて近寄ってみました。よく見ると、母と子なのかもしれないと思うほど、二体から穏やかな雰囲気を感じました。

160930_07160930_08

そして振り向くと、おみくじがたくさん並んでいるのを発見。ウキウキしながら見ていると変わった形のおみくじがありました。

160930_09

さっそく、引いてみることに。ピンクの傘が出てきて、普通の傘のように開くと、そこに神様からのお言葉が書かれています。末吉でしたが、なかなか良いことが書かれていたので、運気も気分も上々です^^

160930_10160930_11

さて、境内へ出てみると次の牛がいました。「撫で牛」。自分の体の悪い部分をなで、牛の同じところをなでると病気が治ると言われています。もちろん、たくさんの箇所を撫でてきました^^

160930_12

振り返ると大きな木が整然と並び、美しい光景が広がっていました。その奥に牛が・・・。

160930_13

「包丁塚」と書かれた石の上に、とても凛々しい顔立ちの牛が座っていました。目がキリッとしていて、カッコイイ。

160930_14

ここはスカイツリーの氏神様だそうです。境内から見るスカイツリーが、いつにも増して力強く見えたのは、そのせいでしょうか。

160930_15

全体の風景をもう一度見ようと鳥居前に戻ると、海外のお客様が撮影をしていました。そして、たいへん斬新な撮影だったために、思わず釘付けに。このようなポーズで「撫で牛」との記念撮影があったのか!と、新鮮な気持ちになりました。

160930_16

帰りには隅田川ほとりを歩いて浅草まで足を伸ばしたり、スカイツリーに行ったりすることもできる牛嶋神社。荘厳な空間でした。ぜひ、みなさんも訪れてみてくださいね。

■牛嶋神社
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/13_sumida/13001.html

緑豊かな牛嶋神社で秋を感じよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

浅草で芸術に触れよう♪

カテゴリ
2016年09月23日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

9月も後半に入りましたね。食欲の秋、芸術の秋、学問の秋など、さまざまに呼ばれる秋は、いろいろな楽しみがあります。そこで、芸事の名所、浅草で“芸術”にちなんだものを見つけに出かけました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロで1駅の「押上」駅へ。都営浅草線に乗り換えて2駅の「浅草」で下車します。

最初に向かったのは、やはり浅草寺。浅草に訪れた際には、ここに立ち寄らず帰れないほど、賑やかで心惹かれる場所です。
160916_01160916_02

お参りをしたあと、本堂の上から境内を眺めるとたくさんの参拝者!

160916_03

そして左手にはスカイツリーが見え、開放感に浸りました^^

160916_04

では、さっそく“芸術”発見へと向かいます。まずは、浅草寺からすぐ近くにある「木馬亭」。ここは浪曲の寄席が行われています。華やかな建物が印象的です。

160916_05160916_06

木馬亭前には、たくさんの飲食店があります。店頭で販売するおでんが目に飛び込み、食欲の秋も発見してしまいました^^

160916_07

少し歩くと、ホッピー通り。カフェでいうテラス席に、テーブルとイスが並び、みなさん、楽しげにお酒やおつまみを召し上がっています。

160916_08

次に到着したのは、「浅草演芸ホール」。場内では、噺家による面白くておかしい落語が繰り広げられているようです。

160916_09

その隣は「東洋館」。コントや漫才のバラエティ定席です。渥美清さんやビートたけしさんなど、たくさんの役者や芸人を排出したと書かれていました。浅草は歴史深いところですが、文化の面でもたくさんの歴史がありますね!

160916_10160916_11

この前の通りにはたくさんの有名人の写真が掲げられています。さまざまな顔ぶれで、次の写真は誰だろう?なんて思いながら歩いていました^^

160916_12

すると、「お笑いやってまーす」という威勢のいい声とともにチラシが手渡されました。「浅草リトルシアター」。ここにも“芸術”がありました!

160916_13160916_14

いろいろと巡ったので、一息つくことに。落語の寄席を行っているカフェがあると聞き、向かいました。オレンジ色の通りにある「茶や あさくさ 文七」です。角に立つビルの2階でした。

160916_15

入り口は一見、普通のカフェ。果たして寄席は行っているのでしょうか?

160916_16

入り口の扉を開けると、大きな高座が! これは本格的ですね。

160916_17

定期開催とのことで、スケジュールが書かれたチラシがありました。間近で見ることができるので、臨場感に溢れること間違いありません。コーヒーを飲みながら、日本の古典芸能を楽しめる、なんて粋なカフェなんでしょう。もちろん、ケーキもコーヒーも美味しかったです^^

160916_18160916_19

浅草の“芸術”は、情緒あるものが多く、タイムスリップしたような気持ちになりました。みなさんも、浅草で芸術にふれる散歩に出かけてみませんか?

◯木馬亭
http://mokubatei.art.coocan.jp/index.html

◯浅草演芸ホール
http://www.asakusaengei.com

◯東洋館
http://www.asakusatoyokan.com

◯茶や あさくさ 文七
http://ameblo.jp/asakusabunshichi/

浅草で、歴史深い芸術にふれよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

相撲のメッカ・両国で“相撲”探し

カテゴリ
2016年09月16日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

ホテルの隣駅「両国」では、大相撲9月場所が始まり、駅周辺から熱気に包まれています。先日、その熱気の渦に入る前の両国を散歩してきました。そして見つけた両国の“相撲”スポットをお届けします!

ロッテシティホテル錦糸町からJR総武線で「両国」駅へ。ホームを降りて改札方面に行くと、さすが「相撲のメッカ」といった駅構内でした。

天井に吊るされた「満員御礼」の文字、

160916_01

壁一面に掲げられた写真や手形、

160916_02

いろいろな横綱との「背比べ」ができるコーナーなど、相撲づくしですね。

160916_03160916_04

そして、改札を出たところには、両国の昔の風景が描かれていました。

160916_05

まずは国技館と反対の方向へ向かい、目にしたのはちゃんこ鍋の店。近くに行くと、とてもいい香りがしました。その裏側の道沿いには、なんと相撲部屋が! 力士に会えるかなと少し期待していると、自転車に乗った力士が登場しました。うれしかったです^^

160916_06160916_07160916_08

先ほどの大通りに戻って、国技館とは反対方向に進んでいると、この通り沿いにいくつもの力士像があることを発見!

160916_09

像の下には手形があるので、合わせてみたら、なんとその大きさにびっくり! これではまるで、大人と子供の手ですね。力士の大きさを思い知らされました。

160916_10160916_11

ここにはいくつかの路地があります。その一つの路地を入ったすぐのところに、面白い自動販売機を見つけました! 「ごっつあんです」という言葉が、この地ならではですね。どんなドリンクがあるかは、実際に訪れた方のお楽しみ♪とさせていただきます。

160916_12160916_13

そろそろ国技館方面へと向かってみようと歩くと、東京スカイツリーと両国国技館のコラボ写真が撮れました。

160916_14

そして、国技館が一部開放されていたので中へ。大きな壁面絵画があり、敷地奥には大きな力士にお姫様抱っこをされた記念撮影ができる場所がありました。楽しそう^^

160916_15160916_16

さらに、国技館常設販売店が開いていたので、店内に入ってみました。場所開催などイベント前後などはお休みのことが多く、イベント期間中は入場券がないと入れないスポットです。※営業時間など詳しい情報はHPをご覧ください。

160916_17

たくさんの相撲グッズが販売されていて、見ているだけでも楽しい!

160916_18

フィギュアまでありました。

160916_19160916_20

私が気に入ったのは、キーホルダー。力士それぞれの特徴が現れていて、どれも欲しくなってしまいました^^

160916_21

相撲を見に行くのももちろんですが、“相撲”探しに両国を散歩するのも楽しい時間です。ぜひみなさんもお出かけください。

◯相撲案内所
http://www.kokugikan.co.jp/baiten.html

相撲のメッカ・両国で“相撲”を探してみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

すみだ水族館で夏の名残を感じに

カテゴリ
2016年09月09日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

8月が終わり、季節は秋へと向かい始めました。でも、まだ夏の気分を失いたくない、なんて感じる方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は東京スカイツリータウンにある「すみだ水族館」でクールな時間に浸ってみました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ。ウェストヤード5階に行き、たくさんの人でにぎわう水族館前に到着しました。

160909_01

こちらでは7月に金魚のゾーンがリニューアルされ、約100mの日本最大の金魚展示ゾーンへと生まれ変わったそうです。どんな光景が広がっているのでしょうか? ワクワクします!

中に入るといくつかの大きな水槽が並び、たくさんの魚や生物が優雅に泳いでしました。すると、私の視線を釘付けにしたのは、ニョキニョキ出てる「チンアナゴ」。しかも、喧嘩でもしているようにお互い顔を突き合わせ、いがみ合っているものもいます。おもしろいですね^^

160909_02160909_03

続いては、ペンギンプール。広々とした水槽で泳いでいるペンギンもいれば、羽づくろいしているペンギン、仲睦まじそうに寄り添うペンギンなど、いろいろな姿を見ることができました。しかも、ペンギンの鳴き声まで聞くことができ、大満足です!

160909_04160909_05

そして、大水槽の前に来るとベンチがありました。館内を見渡してみるとたくさんのベンチが。ゆっくりとくつろぎながら魚見学ができるサービスがうれしいですね^^

160909_06

さらに奥にはワークショップスペース。家族みんなで和気あいあいと楽しんでいる様子、こちらまで笑顔にさせられます。

160909_07160909_08

その隣はカフェ! オリジナルメニューをそろえ、食事やスイーツ、アルコールまで楽しめます。水族館というより、まるでテーマパークのようですね。

160909_09

さて、いよいよ、金魚ゾーン。まずは金魚の検定から挑戦しました。なんと金魚のご先祖様はフナ! そこから進化したそうです。その模様が、きちんと展示されていました。なかなか興味深かったです。

160909_10160909_11

では、数々の金魚を一挙にご紹介します。揺ら揺らと泳ぐ姿は、「美」そのもの。ずっと見ていたい気分になってしまいますよ!

まずは、金魚屋台。昔はこんな風に販売されていたとか。今は週末や各地のイベントにこの屋台が出張するそうです。

160909_12

次は大きな大きな水槽に、品評会でも有名な金魚の王様「ランチュウ」が泳いでいます。2匹でこの大きさを占めるなんて、とっても贅沢ですね^^

160909_13

そして、目が上に向いた金魚もいました。これは、むかしむかしの中国で、ツボの中で飼われていた金魚が正面を見ても見えず、上部しか見えなかったために、こうして目が上向きについたという言い伝えがあるそうです。

160909_14

こちらは「和金」の大群。とってもかわいいです! 金魚は上から見る「上見」という鑑賞方法もあるとのことで、こちらではこうした眼下で金魚が泳ぐ水槽がたくさんあります。

160909_15

この「和金」の群れもステキでした。幻想的な雰囲気で、日本の金魚の美しさをさらに格上げしているような演出がなされています。

160909_16

このほかにも金魚水槽はまだまだあります。泳いでるその姿にグイグイ引き込まれてしまい、あっという間に時間が・・・。

帰り道、ひとつの通路を見つけ入ってみると、魅惑の世界が広がっていました。

160909_17

いろいろなゾーンがあり、子どもから大人まで楽しめるすみだ水族館。涼しげな空間が夏の思い出を蘇らせてくれることもあるでしょう。ぜひみなさんも訪れてみてください。

■すみだ水族館
http://www.sumida-aquarium.com

すみだ水族館で夏の名残を感じよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線