オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

小春日和に上野恩賜公園をお散歩しました♪

カテゴリ
2017年03月03日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

3月になりました。都内では今月下旬、桜が開花しお花見シーズンが到来します。東京の花見スポットはたくさんありますが、上野はそのひとつ。広大な公園がピンク色に染まり、いつも以上に華やぎの公園へとなります。

今回は、そんな上野恩賜公園を散歩してみました。ロッテシティホテル錦糸町から総武線で「秋葉原」駅へ。山手線または京浜東北線に乗り換えて、「上野」駅で下車します。

上野にはパンダがいる動物園、西洋の絵画が並ぶ美術館、アートの卵たちが通う東京藝術大学など、さまざまな有名スポットがギュッと集まっています。そして、このお方もその有名スポットのひとつですよね。

170303_01

その先には彰義隊の墓がありました。江戸から明治に変わる激動の時代に生きた人々。こうした先人たちがいるから、今の時代があると思うと考え深いものです。

170303_02170303_03

もっと先に進んでみましょう。青い空に映える朱色のお堂が見えました。清水観音堂ですね。あちらから眺める景色もすごくいいのですが、今回は反対の方向へと進んでみます。

170303_04

すると、スカイツリーが見えました!

170303_05

そしてその前方には「上野の森美術館」が。さすが芸術処だな〜と思ったら、「正岡子規記念球場」というスポーツ関係の場所に来ました。でも、正岡子規は俳人ですから、やはり芸術と縁がありますね。上野はアートと切り離せない場所なのかもしれません。

170303_06

170303_07

歩みを進めると、スイセンの花が咲いていました。春を感じます^^

170303_08

さらに奥に行くと、開放感たっぷりの場に出ました。左手には上野動物園が見え、前方には大きな噴水が! この大噴水は、上野恩賜公園の名物です。さまざまなパターンを見せてくれるので、噴水のそばに座って踊る水を少しの間眺めていました。

170303_09170303_10

その奥には東京国立博物館が見えます。とても大きな建物ですね! 上野公園はどれもスケールが違います。

170303_11

広場から出ようとしたら、野口英世さんに出会いました^^ 小学校時代に伝記を読んだことがありますよ。

170303_12

その後ろに国立科学博物館が見えました。この博物館はとても広くて、展示数もすごいんです。いつかここを紹介したいなと思いながら、今回は屋外展示を鑑賞しました。まずは1975年まで実際に走行していたというD51形蒸気機関車。これが動いていたのかと思うと、昔の人の素晴らしい技術に脱帽です。

170303_13170303_14

170303_15

突き当たりには鋳造技術で作られたグリーンの地球儀がありました。よく見ると、その中にフクロウが。けっこうリアルな顔つきです^^

170303_16170303_17

そして、全長30mという大きな大きなシロナガスクジラもいました! 海面から深く潜ろうとしている姿を再現したそうです。躍動感があり、圧巻でした^^

170303_18170303_19

上野恩賜公園は散歩、博物館や美術館を鑑賞、動物園で動物と触れ合う、不忍池でボートに乗るなど、楽しみがいっぱいある場所。春という心地いい季節を思いっきりエンジョイできる公園なので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

■上野恩賜公園マップ
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map038.html

桜の名所、上野恩賜公園を散歩しよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

名物がいっぱいの上野へLet’s Go♪

カテゴリ
2016年07月15日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今年もやってきました「江戸趣味納涼大会 うえの夏まつり」。JR・東京メトロ「上野」駅周辺で繰り広げられる長期に渡って開催されるお祭りです。今回は、お祭りの前に上野の街に訪れ、散策してみました。

JR総武線で「秋葉原」駅へ行き、山手線に乗り換えて「上野」駅で下車します。

160715_01

このすぐ目の前にある碑は、みなさんも聞いたことがあるでしょうか、「あゝ上野駅」の歌碑。上野駅はその昔、東北地方から上京するときの玄関であり、「集団就職」や「出稼ぎ」の象徴の駅でもあった。この歌は、東北出身者を中心に多くの人に愛され続け、心の励みとなり人生の応援歌にもなっていると、説明が書かれていました。その時代の方々には、思い出深い土地なのですね^^

160715_02

さて、上野といえば、お買い物天国のアメヤ横丁が思いつきます。海外の方にも有名な場所ですが、今回はそれを横目に見ながら通り過ぎ、通りへと向かいました。

160715_05

この駅前通り周辺では夏まつりパレードが行われます。さまざまな団体が活気に満ちたパフォーマンスを披露するそうで、街の人もとっても楽しみにしているとのこと。当日はその熱気に包まれるようです。

160715_06

この通りの歩道には量販店があり、その外環沿いに、なんとすごい数のガチャガチャがありました! 数えようと思ったのですが、あまりの多さに断念。圧巻でした。

160715_07

次は、不忍池方面へと歩いていくと、グリーンに包まれたパンダが!

160715_08

少し歩くとまたパンダが! ここはパンダの街ですもんね。いろいろなところでパンダを見つけました^^ 上野にはたくさんの名物があります。

160715_09

そうこうするうちに不忍池に到着。蓮の葉で覆われた緑の空間が広がっています。

160715_10

柵沿いには、「不忍池と蓮」について説明が書かれたパネルがあり、その横に池の中まで入ることのできる通路がありました。池の上散歩ができる!とワクワクしながら歩くと、

160715_11160715_12

ダイナミックな光景が目に飛び込んできました。思わず、キレ~イと声が漏れてしまいました^^

160715_13

池の外周に戻って歩いていると、滝を発見。フレッシュな空気が流れています。その横には小川があり、まさにヒーリングワールド!

160715_14160715_15

こんな素敵な場所があったのかと思い、ベンチに座って少しくつろぎます。すると後方から歓声が。振り返ると大きな建物があり、ここが野外ステージの水上音楽堂だと判明。周囲の木々で、気づきませんでした^^ 約1ヶ月間続く夏まつりでは、コンサートやお笑いなど、ほぼ毎日、なんらかの催しが開催されているそうです。これらも楽しそうですね!

160715_16160715_17

ひと息ついたので、池の周りを散歩してみることにしました。のどかな小道が続きます。

160715_18

右側には先ほどの水上音楽堂が見え、左側には、あれ? アヒルが泳いでいます!

160715_19

遠くにカラフルな塊が見え、きっとアヒルボートにちがいないと思い、足早に近寄ると、色とりどりのボートがありました。ファミリーやカップルが楽しそうにアヒルボートに乗り込み、次から次へとアヒルを泳がせています。水上散歩もいいですね^^

160715_20160715_21

ボート池の後ろには弁天堂があり、七福神の中で唯一の女性の神様、弁財天が祀られています。先ほど蓮の向こうに見えた建物ですね。

160715_22

歩いて来た道とは反対側の不忍池のほとりを歩こうと、弁天堂を背にして歩くと、屋台があり、たくさんの人が行き来しています。まるでお祭りのようです。

160715_23

そして、こちら側の不忍池畔では夏まつり期間中、毎日、骨董市が開かれているとのこと。しかも夜まで行われているので、会社帰りにも寄れますね^^
上野駅を中心にさまざまな場所で、さまざまなイベントが開催されている「うえの夏まつり」は、ただいま真っ最中です。みなさんもぜひ、“夏の上野”にお出かけください。

■上野観光連盟公式サイト
http://www.ueno.or.jp

イベント盛りだくさんの「うえの夏まつり」へLet’s Go♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

東京都美術館に芸術鑑賞へ出かけてきました!

カテゴリ
2015年10月02日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?もう10月となり、涼しさを通り越して寒いと感じる日も出てきましたね。あいにくの雨となったこの日も、ちょっと気持ちが沈みそうな寒さでした。

そこで気分転換に、上野の「東京都美術館」に出かけてきました。上野動物園と同じく上野恩賜公園内にある、日本で最初の公立美術館です。目的は、9月19日から行われている「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」。有名な睡蓮の絵などが好きなので、展覧会を見て、楽しむことができました。

ロッテシティホテル錦糸町からは総武線で「秋葉原」まで3駅、「上野」はそこから山手線で2駅、と意外に近く、駅に降りれば、上野恩賜公園は目の前です。

151002_01.jpg

平日の雨でもたくさんの人。さすが東京の玄関口といわれる上野ですね。上野恩賜公園には、東京都美術館、上野動物園のほかに、東京国立博物館、国立科学博物館、東京芸術大学美術館、上野の森美術館など、芸術や文化施設がたくさんあります。

151002_02.jpg

ここに来るだけで、何日でも楽しめそうですね。そしてこちらは、東京都美術館へ行く途中にある国立西洋美術館。

151002_03.jpg

キレイでかっこいい建物は、有名な建築家ル・コルビュジエさんが設計した貴重な建築で、世界遺産の候補に挙がっているそうです。決まるといいですね^^ 国立西洋美術館の敷地内には、彫刻がいくつか展示されています。

151002_04.jpg151002_05.jpg151002_06.jpg

ロダンをはじめ、有名な彫刻家の作品。それぞれとても迫力があり、印象的です。
アートな気分が盛り上がってきました^^
そして公園を代表する施設、上野動物園。パンダを見ることができ、いつも大勢の方で賑わっている場所ですね。

151002_07.jpg

こちらは外を歩き回るため、晴れた日にゆっくり遊びに来ようと思います。そしてその右隣が、今日の目的の東京都美術館。

151002_08.jpg151002_09.jpg

こちらも建物がアートな感じでカッコいいですね。球体のオブジェも、雰囲気があってステキです。そして、いよいよモネ展へ。

151002_10.jpg

入口のところでは、モネの絵に関するVTRがかかっていました。

151002_11.jpg

今回の展覧会で10月18日(日)まで展示される代表作「印象、日の出」にまつわる話のようです。これを見てから本物を見ると、より感動できそうですね。残念ながら展覧会は撮影禁止なので、物販コーナーの写真でアート気分をおすそ分けします^^ ポストカード、複製、パズル、チョコレートなど、さまざまなグッズがありました。

151002_12.jpg151002_13.jpg151002_14.jpg

展示は、人気の睡蓮のほかに、モネの子どもを描いたスナップのような肖像、「日本の橋」というモネの庭にある橋や、バラ園を描いた美しい作品がありました。

心が浄化されるような、素敵な展覧会でした^^ そして館内には、今回の「モネ展」のオフィシャルサポーターとして任命された俳優の田辺誠一さんのイラストが。モネを描いたのだそうです。かわいくてのんびりした、ステキな絵ですね。

151002_15.jpg

そして、帰りにお腹が空いたので、敷地内にあるPARK SIDE CAFEに寄ってみました。

151002_16.jpg

もうちょっと暖かい季節でしたら、テラスでくつろぎたいな~と思いましたが、肌寒い今日は迷わず店内へ。

151002_17.jpg

オシャレで落ち着いた雰囲気です^^ 壁に芸術的な写真が飾ってあるスペースもありました。アートなスポットにぴったりのカフェです。旬の野菜をたっぷり使っているため、メニューは季節ごとに変わるのだそう。デザートまでもが秋メニューです。

151002_18.jpg

私が選んだのは、秋野菜のミートソース¥1,190でした。

151002_19.jpg

ミートソースとレンコンやサツマイモなど秋野菜の組み合わせがおいしいかったです^^ お茶セットもつけてみました。ポットで出てくるので、ゆっくりできますね。

151002_20.jpg

雨でスッキリしない日と思っていましたが、上野で芸術の秋を堪能して元気になりました。「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」は、12月13日(日)まで開催されているそうです。ほかの施設も楽しみどころがいっぱいなので、ぜひみなさんも芸術の秋を楽みに訪れてみてください。

東京都美術館
http://www.tobikan.jp/

芸術の秋を見つけに出かけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

「うえの夏まつり」が始まった上野へ夕涼みの散歩

カテゴリ
2015年07月17日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

先週末からの数日間は夏の日差しを感じた日々でしたね。いよいよ本格的な夏が来るのでしょうか?!

その晴れた7月11日より上野では、恒例の「うえの夏まつり」が始まりました。8月9日までのロングラン祭りです。そこで今回は、夕涼みをしながら上野の街を散歩してみました。

ロッテシティホテル錦糸町からは、JR総武線で「秋葉原」駅に行き、山手線または京浜東北線に乗り換えて「上野」で下車します。

150717_01.jpg

駅前の大通りは華やか+賑やか。さすがターミナル駅です。さらに太陽が沈みかけた街は幻想的な雰囲気で、ワクワクしました^^

150717_02.jpg

メイン会場である不忍池に向かって歩き始めると、こんな可愛いオブジェがありました。

150717_03.jpg

そして入り口に到着。提灯がたくさんあり、お祭りという感じが漂っていましたよ。

150717_04.jpg150717_05.jpg

中に入ると大きな蓮の葉が池一面を覆っています。水は見えません。見事なまでに生い茂っているといった様子でした。

150717_06.jpg

池の淵には和のイメージのライトが。ピンク色の空ともお似合いですね^^

150717_07.jpg

蓮の葉越しの遠く向こうには、黄金に輝いた建物があります。あれは何でしょうか? 美しさに誘われて、行ってみることに。

150717_08.jpg

するとその道中に、夏まつりの一環の「骨董市」が開かれていたので立ち寄ってみました。

150717_09.jpg150717_10.jpg

目に付いたのは、カラフルな動物たちの置物。しかし、ちょっと日本の動物の雰囲気と違う…と思ったら、海外の方のお店でした^^

150717_11.jpg

お隣は骨董市らしいお店。価値ある昔の品々でした。

150717_12.jpg

少し進むと、書籍の山! すごくたくさんあります。古本屋さんが出店されているのかもしれません。古い新聞などもありました。

150717_13.jpg

さて、こちらは水牛の角で作ったアート作品がラインナップ。角なので、ふくろうがみんな斜めに立っているのが可愛いですね^^

150717_14.jpg150717_15.jpg

最後のお店を見て振り返ると、湖畔沿いはランニングする人や昼間の火照りを癒すかのように涼んでいる人などがたくさん。みなさん思い思いの過ごし方をされていました。少し先に進むと屋台が出現。これも夏まつりの一環です。

150717_16.jpg

そして、この奥に先ほどの黄金に輝く建築物がありました! ブルーとピンクがかった空ともお似合いの不忍之池弁天堂です。

150717_17.jpg

弁財天を祀っている場所ですね。女性の神様のため、建築物各所のデザインも華やか!

150717_18.jpg150717_19.jpg

不忍池に中之島を築き、このお堂を建立したそう。どこからも見ることができるようにと八角形になっています。

150717_20.jpg

弁天堂を背にして眺める蓮の池も風情があり、美しい景色でした。デートにもオススメですよ。

うえの夏まつりではさまざまな催しが行われるそうです。不忍池湖畔にある水上音楽堂ではほぼ毎日、熱気ある演奏が繰り広げられ、「太郎二郎一門お猿ショー」や「氷の彫刻」といったイベントや盛大なパレードも開催されるとのこと。ぜひ、みなさんも足を運んでみてはいかがですか?

150717_22.jpg

第64回江戸趣味納涼大会 うえの夏まつり
7月11日(土) ~ 8月9日(日)
http://www.ueno.or.jp/ichioshi/index.html

うえの夏まつりに行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

旬の花を楽しむ 上野散歩

カテゴリ
2015年04月17日

こんにちは。

ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

春になり、風物詩である桜の時期は終わりましたが、自然界ではたくさんの花が咲き誇る季節です。そこで、今月は近隣にある“花スポット”をご紹介させていただきます。

今回は上野東照宮の一画にある「上野・東照宮 ぼたん園」がオープンしたので、訪れてみました。ロッテシティホテル錦糸町からJR総武線で「秋葉原」に行き、山手線に乗り換えて「上野」で下車。ここまで約13分です。

150417_01.jpg
改札を出るとすぐに上野恩賜公園の入口があります。ここには美術館や動物園などさまざまな施設がそろうため、赤ちゃんからご年配の方まで、また海外からのお客様など、たくさんの人がそれぞれの目的に向かって歩いていました。

公園の中ほどまで行くと、見えてきました!「上野東照宮」です。ぼたん園のノボリが目印になっているので、迷うことなくとっても分かりやすかったです。

150417_02.jpg
東照宮の鳥居のそばには、昔ながらの食堂もあり、昔懐かしい雰囲気を漂わせていました。

150417_03.jpg150417_04.jpg

先に進んで、朱色がかった門をくぐり、まずは東照宮に立ち寄ってみることに。

150417_05.jpg
すると、五重塔が右手に見えました。日本情緒たっぷりですね^^  写生をしている方もいましたよ。

150417_06.jpg
そして、奥には上野東照宮の唐門があります。門の両脇には、日光東照宮にある「眠り猫」でも有名な左甚五郎(ひだりじんごろう)作の昇り龍と降り龍。とても精巧で、色も鮮やか! 昔の方のアートは絶大な美しさを誇っていますね。

150417_07.jpg
150417_08.jpg150417_09.jpg150417_10.jpg

東照宮といえば、日光が有名ですが、こちらも同様に徳川家康公を祀る神社です。こちらの現存する社殿は1651年(慶安4年)に三代将軍・徳川家光公が造営替えしたもの。歴史に残るさまざまな災害を免れ、その当時のものが残っているのです。偉大なパワーを感じずにいられませんでした。

この唐門の中も参拝できます。それは次回の楽しみにして、ぼたん苑へと参道を戻って進み、可愛らしい入り口に到着しました。

150417_11.jpg
では、さっそく中へ。そこには、「美」で染まった日本が広がっていました! 気持ちが高鳴ります。

150417_12.jpg
道順に沿って進むと、よしずが屋根代わりになった花壇があり、たくさんの番傘が開いていました。

150417_13.jpg
そのもとには大きな花を咲かせるぼたんが・・! 薄く大きな花びらは風が吹くと、ゆらゆらとなびき、その姿はまるで優美な女性のようです。

150417_14.jpg150417_15.jpg

とっても綺麗です。色も豊富で、ずっと見ていたい気分になりました^^

150417_16.jpg150417_17.jpg150417_18.jpg

ところで、番傘はなんのためにあるのでしょうか? 私は「演出」と思いましたが、実は日よけの役割だそうです。ぼたんも人と同じで、直射日光に当たりすぎると疲れてしまうとのこと。日本風情を高めつつも、機能性も兼ねている番傘、なかなか考え抜かれた「演出」だと思いました。

150417_19.jpg150417_20.jpg

あまりの優雅さに、ここにいると句でも嗜んでみようかと思えてきます。そうした方が多いのか、俳句を書くコーナーもあり、来園したみなさんの思いが綴られていました。

150417_21.jpg
苑内には、まだ蕾の花もたくさんあります。これから見応えのある時期になるのですね^^

150417_22.jpg150417_23.jpg

最後は、先ほど見た五重塔を向こう側に見る日本庭園が作られています。どこまでも「日本」尽くし。大満足しました^^

150417_24.jpg
春と冬に開かれるぼたん苑。今回の満開の時期はこれからのようです。みなさんの訪れを待ってくれているのかもしれませんね。ぜひ足を運び、ぼたん、そして日本の風情に触れてみてはいかがですか?

■上野・東照宮 ぼたん苑
http://www.uenotoshogu.com/botan/
〜5月10日まで

上野で日本の美しさを楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

お買い物天国のアメ横散策

カテゴリ
2015年02月27日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

とうとう2月も終わり、寒さともしばしお別れできそうですね。先週は、春の香り漂う湯島天神の梅まつりを鑑賞しに行ってきましたが、そこからほど近いところに「アメヤ横丁」という商店街があります。「アメ横」として知られ、上野から御徒町に続くJRの高架下とそれに沿う通りにたくさんのお店が並んでいるところです。ここは戦後あたりから発展を始め、歴史を調べると、その名残が随所に見られる興味深い場所なのです。

ロッテシティホテル錦糸町からJR総武線の乗り、「秋葉原」駅で山手線に乗り換え、隣の「御徒町」駅で下車。北口を出たすぐの通りの向こうがアメ横です。ここまで約15分。ホテルからも近いお買い物スポットですね。

150227_01.jpg150227_02.jpg150227_03.jpg

アメ横入口付近には、大きなマップが高架の支柱に描かれています。ここから上野まで続く商店街には、いろんなお店が並んでいるようですね。

150227_04.jpg

入り口付近には、ゴルフショップが立ち並んでいます。男性も女性も見る目が真剣。高価なものだけに、じっくり吟味しているのかもしれませんね。

150227_05.jpg150227_06.jpg

少し先に進むと、ドライフルーツとナッツの専門店がありました。とてもたくさんの種類にびっくり! オクラやトルコいちじくなど珍しいものも豊富にあり、食べたことのないものは試してみたい気持ちになりました。

150227_07.jpg150227_08.jpg

そして、こちらは八百屋さん。野菜やフルーツが大盛り、いや特盛りで売られています。しかもどれも大ぶり。お店の方の威勢のいい声が響き、市場のような雰囲気を体験しました。

150227_09.jpg150227_10.jpg

振り向くと、お菓子の大盛りも! ひなあられ1kgパックとは、すごい量ですね。初めて見ました^^

150227_11.jpg

大盛り続きで、気分が盛り上がっているところですが、ふと見上げるとお寺がありました。まるで宙に浮いて、商店街を見守っているかのような風格です。さっそくお参りに。

150227_12.jpg150227_13.jpg

厄を除き福を招き運を開く 開運勝利の守護神「摩利支天」が祀られているとのこと。すごい強運が巡ってきそうな仏様ですね。

そして、本堂の中には、「浄行菩薩」といってタワシで、自分の身体の患部と同じところを洗うと良くなるといわれている頼もしい仏様もいらっしゃいました。

150227_14.jpg150227_15.jpg

お寺で少し心を落ち着かせたので、商店街に戻り、歩いていると、大きな昆布や多種類の海苔が売られていました。普段、見慣れないものがたくさんあり、歩いているだけでも本当に楽しいです。ウィンドウはありませんが、まさにウィンドウショッピングですね^^

150227_16.jpg150227_17.jpg

そして、高架をくぐり反対側の通りを駅に向かって進む途中に「商店街 入口」の看板を発見!

150227_18.jpg

奥の方にはお店が見えます。探検隊の気分になって侵入してみると、高架下の商店街に通じる通路でした。

150227_19.jpg150227_20.jpg150227_21.jpg

中はとても華やかで、この上に電車が走っているとは思えない様子です。

150227_22.jpg

洋服やバッグ、時計など高価なものがたくさんそろっていて私も見入ってしまいました。

この他、スポーツ用品や鮮魚もお得な価格で販売している店が多数あります。ここに来れば、どんなものでもそろってしまいますね。デパートやスーパーにはない商品をはじめ、品物の量や数、価格、街の活気など、いつもの日常では味わえない時間を満喫してきました。みなさんもぜひ足を運び、非日常のお買い物場所、アメ横に訪れてみてはいかがですか?

■アメヤ横丁
http://www.ameyoko.net

■電車でおこしのお客様
錦糸町
↓ JR中央・総武線各停 (約7分) 154円
秋葉原
↓ JR山の手線・JR京浜東北線 (約4分)
上野

活気あふれるアメ横を楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

下町の夏を先取り「かっぱ橋」散歩♪

カテゴリ
2014年07月04日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

いよいよ7月に入りましたね。7月といえば、各地で色々な夏祭りがはじまります。そんな中、ロッテシティホテル錦糸町からも近い上野界隈では、本日から「下町七夕まつり」が始まりました! 上野と浅草を結ぶ「かっぱ橋本通り」で行われ、たくさんの催し物があるようです。

2012-01-01-00.00.00-344.jpg

今回訪れたかっぱ橋へは、ロッテシティホテル錦糸町のあるJR「錦糸町」駅から総武線と山手線を使って約12分、「上野」駅から歩くこと10分で行ける場所です。
さっそく通りに入ると、なんとあのスカイツリーが目の前に見えます! 思わず胸が高鳴り、微笑んでしまいました^^
見慣れたスカイツリーのはずですが、いつ見ても心が弾むのは私だけでしょうか?

2012-01-01-00.00.00-351.jpgさて、下町七夕祭りに関して何か教えてもらおうと、お祭りのポスターが貼ってある八百屋さんに入ってみました。そこは、創業105年の『八百力(やおりき)』さん。ご主人が「昨年のお祭りは、ハーレーや地方のさまざまな踊りのパレードもあって見応えがあったね~。」と話してくれ、昨年行われた阿波踊りの写真を見せてくれました。

2012-01-01-00.00.00-345.jpg

2012-01-01-00.00.00-346.jpg
また「スカイツリーの珍しい色の写真もあるよ」と見せてくれた写真が、白のスカイツリー。光り輝いたスカイツリーがとっても綺麗です!

2012-01-01-00.00.00-348.jpg
八百屋さんを出て、さっそく日本最大の調理専門商店街「かっぱ橋道具街」の交差点に到着。
テレビでもよく特集されて、こちらのブログでも何度か紹介しているかっぱ橋のお散歩スタート!

2012-01-01-00.00.00-335.jpg
まずはメニュー・提灯の専門店「銀座屋」さん。お客さんが「白のおでんはあるの?」と尋ねているので、何のことだろうと思っていたら、おでんの白い暖簾が欲しかったようです。その方は、おでん屋さんなのかもしれませんね^^

2012-01-01-00.00.00-325.jpg2012-01-01-00.00.00-329.jpg

次は「サトウサンプル」さん。 レストランで見かける本物そっくりの食品サンプルのお店です。
個人の方も購入できるので、気に入ったメニューがあったらぜひ^^
また、店内は色鮮やかで見ているだけでも楽しめます。

2012-01-01-00.00.00-328.jpg

大きなお鍋やボール、すし桶などが整然と並んだ「大塩道具店」では、家庭ではあまり使用しない本格的な調理器具などがたくさん揃っていました。

2012-01-01-00.00.00-340.jpg
こちらのお店の方が教えてくれたのですが、若い人や外国人は発想が豊かで、すし桶を家のオブジェとしたり、パーティーの時のキャンディ入れにしたり、そば湯を入れる湯桶はスープを入れたりと幅広く活用されているそうです。アイディア次第でオシャレな演出もできますね^^

道具街ともお別れし、本通りに戻ってみると「かっぱコロッケ」と書かれた紙を発見!どんなものかと不思議に思い、近寄ってみると、普通のコロッケでした。味や中身に秘密があるのかと思って食べてみました。すると、とってもほっこりするおいしいお味でした^^

この通りのお店には、「かっぱ瓦版」が置いてあり、いろんなお店のクーポンも付いていたので、一休みを兼ねて珈琲を飲みにいきました。この通りは純喫茶がとても多いんです。

入ったお店は創業63年目の「オンリー」さん。クーポンにはブレンドコーヒー注文の方にお菓子をサービスしてくれると記載があります。こうしたオマケって、大人になってもワクワクしますね^^ 店内は常連さんも多く、店主との会話を楽しんでいました。

2012-01-01-00.00.00-319.jpg
2012-01-01-00.00.00-314.jpg
2012-01-01-00.00.00-317.jpg

かっぱ橋には、お店の特徴を捉えた看板が目につきます。これは、包丁屋さんの包丁形看板です。ユニークで分かりやすいですね^^

2012-01-01-00.00.00-324.jpg

お祭り当日は、特別商品を販売するお店もあるそうです。

「下町七夕まつり」は本日から10日までです。
また、この界隈ではお祭りが続き、すぐ近くの入谷鬼子母神で「入谷朝顔祭り」(7月6日〜8日)、浅草寺で「ほおずき市」(7月9日~10日)と、下町の風物詩が満載です。今の季節しか味わえない下町をみなさんもぜひ楽しんでみてくださいね。

かっぱ橋本通り
http://www.e-kappa.jp

下町七夕祭り
http://shitamachi-tanabata.com

かっぱ橋道具街
http://www.kappabashi.or.jp/index.html
下町の人情とイキなお祭りを肌で感じよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

年末恒例 上野アメ横に行ってきました!

カテゴリ
2013年12月13日

こんにちは!ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

さて、いよいよ年の瀬も近づいてきました。
年賀状や大掃除、年始に向けての準備で忙しい日々を過ごす皆さまも多いのではないでしょうか?

先日の記事で、上野駅にある上野恩賜公園をご紹介しましたが、今回は年末の上野駅といえば「アメ横」ということで、アメ横をご紹介したいと思います。

20131027_160601.jpg
アメ横は上野恩賜公園から交差点を渡ってすぐ、JR上野駅と御徒町駅の間の線路沿いにあります。

20131027_160840.jpg
正式名称は「アメ横商店街連合会」といいますが、アメヤ横丁のほか、アメ横など通称で呼ばれることが多く、商店街の看板にも「アメ横」と表示されています。

20131027_160947.jpg
アメ横は、およそ400メートルほど、約400軒の店舗で構成されているそうです。
戦後、様々な物品が売られており、特に飴を売り捌く店が当時200軒以上あった事から「アメヤ横丁」と呼ばれているそうです。

現在では、飴などのお菓子類を売る店のほか、野菜や魚、乾物などの食料品や、衣類、雑貨などを扱う各種の店舗で溢れています。
昔ながらの下町の印象が強いアメ横ですが、観光スポットとしても人気で、海外の方もたくさん訪れています。

20131027_160741.jpg
特に年末にはお正月用の生鮮食品などを買い求める人たちで大混雑し、その様子はテレビなどでも年の瀬の風物詩として中継されていますね^^

私も毎年、お正月の買い物にアメ横を訪れるのですが、普段でも人の多い道が、さらに大勢の人波で進むのも一苦労なほど!
たくさんの人で活気溢れる通りの中にいると、年末だなと気分も高揚します^^

20131027_160718.jpg
アメ横での楽しみは、買い物だけでなく店員さんとのコミュニケーションです。
交渉次第で安く買えたり、たくさんオマケしてくれるお店もあるので、そのやりとりを楽しみに訪れる方も多いのではないでしょうか。
特に閉店間際には、生鮮食品がとってもお得な値段で買うことができたりします。
年末最後のお買い物、皆さまもぜひ、活気のあるアメ横の雰囲気を楽しみに訪れてみてください^^


アメ横まで電車ですぐ!
ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちら。

 

続・上野恩賜公園に行ってきました!~お子様におすすめ~

カテゴリ
2013年11月08日

こんにちは!ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

今回は先日もご紹介しました、上野恩賜公園の続編をお伝えしたいと思います。

早速ですが、上野恩賜公園はどのくらいの広さがあるか、みなさまご存知でしょうか?

なんと約53万m2
よく東京ドーム何個分という表現を耳にしますが、それに当てはめると
11個分!以上の広さということになりますね^^
(※東京ドームは建築面積で46755m2だそうです

このことからもわかるように、とても広大な敷地を持つ上野恩賜公園には
博物館や動物園、美術館など様々な文化施設など、見ごたえのあるものが数多く集まっています。

先日東京国立博物館について触れましたが、今回はお子様向けの施設についてご紹介したいと思います。

まず最も有名なのがこちら、上野動物園ですね^^

20131027_160601.jpg
20131027_160921.jpg
上野動物園は、1882年(明治15年)に開園した、日本で最初の動物園です。

日本を代表する動物園として、1972年(昭和47年)には、日中国交回復を記念しジャイアントパンダが来園したことは、大きなニュースとして取り上げられました。

一昨年には、新たに“リーリー”と“シンシン”の2匹のパンダが来園し、パンダの赤ちゃんの誕生が待ち望まれるなど、上野動物園といえばパンダを思いうかべる方も多いかと思います。

そんな動物園の入り口の横にはこんなお店がありました!

20131027_160840.jpg
『パンダ焼』とはパンダの姿をした焼き菓子で、中には餡子(あんこ)が入っています。
こちらでしか買えないということで、この日も長い行列ができていました!

さらに、動物園の前にはこんなかわいらしいものも発見しましたよ。

20131027_160947.jpg
郵便ポストがパンダになっているのです!
目尻の下がったかわいらしい表情と、ポストの上につけられた黒い耳、

上野らしい風景ですよね。思わず、お手紙を出したくなってしまいました^^

そしてもう一つ。お子様におすすめの施設がこちらです。

20131027_160741.jpg
20131027_160849.jpg
上野こども遊園です。
上野動物園の目の前にある遊園地は昭和21年開業のとてもレトロな遊園地です。

乗り物は全て1回100円で、小さな敷地にはアトラクションがぎっしり詰まっており、中でも人気な乗り物は「空飛ぶぞうさん」だそうで、モデルになっているのは戦後間もなくインドから上野動物園に贈られたインドゾウのインディラ。
当時人気だったこのゾウがこの世を去った時、その思い出を残そうと登場したのがこのアトラクションだったそうです。
私は、記憶の中にある遊園地を思い起こし、懐かしい気持ちになりました^^

20131027_160718.jpg
錦糸町からも電車で約15分。ぜひ、みなさんも足を運んでみてくださいね。


芸術と色づきはじめた紅葉を上野で満喫!
ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちら。

 

上野恩賜公園に行ってきました!

カテゴリ
2013年11月01日

こんにちは!ロッテシティホテル錦糸町宿泊担当の肥沼です。

急に肌寒くなり、コートが必要な季節になりましたね。
夏から秋、そして冬を迎えるこの季節は本当にあっという間ですね。

気温がぐっと下がることで見頃を迎えるのがモミジやイチョウなどの紅葉ですよね^^
まだ紅葉シーズンには少し早いですが、本日は紅葉の名所でもある上野恩賜公園に行ってきましたので、みなさまにご紹介したいと思います。

上野恩賜公園はみなさまご存知のように上野駅にあります。

新しく生まれ変わった上野駅はエキナカが充実しており、沢山のレストランやショップで賑わっています。

20131027_154546.jpg
20131027_154426.jpg
ロッテシティホテル錦糸町のあるJR錦糸町駅からは、総武線で秋葉原まで行き、京浜東北線や山ノ手線に乗り換えると約15分程度で行くことができて、意外と好アクセスなんですよ。

さて、上野恩賜公園は、明治6年に日本で初めて(!)公園に指定された場所だそうです。みなさまご存知でしたか?

さらにこちらの公園は、江戸時代、東叡山寛永寺の境内地で、明治維新後官有地となり、大正13年に宮内省を経て東京市に下賜されたため、「恩賜」という名称が付いているのだそうです。

当初は、寛永寺社殿と霊廟、東照宮、それに境内のサクラを中心にした公園だったそうですが、その後、博物館や動物園、美術館などが構築され現在のかたちになったそうです。
このなかで、近頃話題になっているのは東京国立博物館の京都展ではないでしょうか?

たくさんのメディアやポスターなどで告知がされており、また有名アーティストの方がこちらの屏風を題材に楽曲を制作されるなど、注目度が非常に高い特別展です。
この日もたくさんの方が来場されていました。

20131027_161914.jpg
「洛中洛外図(らくちゅうらくがいず)」といえば、日本史で学んだ記憶のある方も
多いかもしれませんが、京都の市街と郊外の景観や風俗を描いた屏風絵で、1点が国宝、6点が重要文化財に指定されるなど、高い価値を評価されている作品です。

20131027_162003.jpg
20131027_161948.jpgまた他にも、現在では公園内にレストランやカフェがあり、様々なイベントが行われ、訪れる人々の憩いの場になっています。公園の上品な雰囲気になじむ外観のレストランやカフェが目を引きました^^

20131027_162327.jpg
また私が先日訪れたときには「ヘブンアーティストTOKYO」というイベントも行われていましたよ!

20131027_160046.jpg
ヘブンアーティストとは?と思われた方も多いと思いますので、簡単にご説明しますと、大道芸人公認制度により、東京都生活文化スポーツ局の審査・オーディションに合格し、ライセンスを持った大道芸人の方々のことを「ヘブンアーティスト」と呼ぶのだそうです。
つまり、選ばれし大道芸人のみなさんが集まるフェスティバルが「ヘブンアーティストTOKYO」なのです。

3日間行われたこちらのイベントには、沢山のアーティストの方々が集い

20131027_162519.jpg20131027_162446.jpg

各々の得意な大道芸を披露されていて、各所にたくさんの人だかりができていましたよ!

20131027_163142.jpg20131027_162340.jpg
昨年も行われていたこちらのイベント。面白可笑しい姿のアーティスト達が練り歩き、いろいろな場所でパフォーマンスが行われていて活気に溢れていました^^

次回の開催は来年になってしまいますが、ぜひみなさんも足を運んでみてくださいね。


秋に行きたい!上野恩賜公園は電車で約15分と好アクセス!
ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちら。

 

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線