オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

東京スカイツリータウンに「春」を探しに出かけてきました♪

2017年03月17日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

3月になり、春めいた日も多くなりましたね。まもなく桜が開花し、お花見が始まります。今からすごく楽しみ^^ さて、東京スカイツリータウンでは、春のさまざまなイベントが開催され、一足先に“春”が訪れているようです。どんな“春”があるのでしょうか? 足を運んでみました!

ロッテシティホテル錦糸町からは、東京メトロ半蔵門線に乗り、隣の「押上」駅で下車します。地上に出ると少し雨が降っていました。スカイツリーの天望デッキには行けないな、残念・・・と思ったのですが、こういう天気のスカイツリーはどうなの?と思い、登ってみることにしました。

170317_01

天望デッキに到着すると、窓ガラスの向こうに広がるのは白い雲。近づくとうっすらと地上が見えます。雨模様のときは、こんな雰囲気なんだと初めて知りました。これはこれで、幻想的でステキでしたよ^^

“春”を散策しようとこのフロア350を歩いていると、綿あめのようなフワフワした飾りを発見!

170317_02

桜をイメージしたデコレーションでした。白とピンクが入り混じり、桜の可憐な雰囲気が演出されています。まさに天望花見!

170317_03170317_04

ふと窓ガラス側をみると、長方体の筒が等間隔で並んでいます。これは一体なんなのでしょうか?

170317_05

正解は、夜、この桜のモチーフにライトを当てる機械だそうです。どんな光景になるのでしょうね。夜にも訪れてみたい!と思いました。

さて、どこに行こうかなと思って振り向くと、ソラカラちゃんがいました!!

170317_06

なんと、スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんと一緒に撮影ができる時間だったのです。ソラカラちゃんのコスチュームは桜色。スペシャルバージョンですね。なんてラッキーな日なんでしょう。いろんなポーズで写真を撮らせてもらいました。とってもカワイイ^^

170317_07170317_08170317_09

ソラカラちゃんと会えてウキウキした気持ちになりながら歩いていると、スタンプラリーの用紙を見つけました。東京スカイツリータウンとその周辺にスタンプポイントが7か所あり、4か所以上のスタンプを集めたら、オリジナルグッズをもらえるとのこと! おもしろい企画ですね。

170317_10170317_11

さっそく、スタンプを探しに展望台内を歩きました。下のフロアに降り、ガラス床のところに行ってみると、たくさんの人がいます。今日みたいな天気の日はどんな風に見えるのかなと思い覗いてみると、景色がはっきりと見え、ワー!と叫んでしまいました。このスポットは、いつ来ても足が震えます^^;

170317_12

気を取り直して散策を続けると、夕日と雲のコラボ風景に遭遇。この日の空模様からは、こんな景色も眺められるんだと驚きました。

170317_13

天望デッキを満喫したので、地上に降りると、5階の出口付近にスタンプポイントあり!! ピンクのスタンドは春色でよく目立っています。さっそく、スタンプをぎゅっ。力を込めて押すと、ソラカラちゃんと富士山が現れました^^

170317_14

170317_15170317_16

さて次は、東京ソラマチに “春”を探しに行ってみようとソラマチ商店街へ向かいました。そして、足を踏み入れた途端、春の暖かな日差しを浴びているかのような装飾に目を奪われてしまいました。穏やかな光が気持ちまで温かくさせてくれます。

170317_17170317_18

そういえば、ここでは「さくらグルメフェア」を開催しているんだと思い出し、そのメニューを探してみました。お店をキョロキョロ見て歩くと、「浅草梅園」さんにそれがあるのを発見!!

170317_19

食べ歩きができるテイクアウト限定の「桜・どらソフト」400円です。どら焼きの皮で包まれた桜味のソフトクリームは、桜の葉っぱが入っていて、さっぱりとした風味。ソラマチ限定で、しかも1日30食という超特別なスイーツでした。とってもおいしかったです^^

170317_20170317_21

おいしく楽しい時間を過ごし、大満足してソラマチ商店街を抜けると、ここにも大きな“春”を見つけました。桜色したスカイツリーです!

170317_22

スカイツリーやソラマチには、たくさんの“春”がありました。春のイベントは、このほかにもいろいろあります。ぜひ皆さんも、春を感じに足を運んでみてくださいね。

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp

スカイツリーに「春」を探しに出かけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

天空で開催されるディスコナイトへGO!

2017年02月17日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

2月は1年で1番寒い季節。暦の上では春にもかかわらず、やはり空気が冷たくて、体を丸めたくなってしまいますね。しかし、そんな寒さを吹き飛ばしてしまうほど熱気のあるイベントが、東京スカイツリーで行われているというのです。そこでさっそく、足を運んでみました!

ロッテシティホテル錦糸町から、東京メトロ半蔵門線に乗り、隣の「押上」駅で下車。地上に上がり、まずはスカイツリーとご対面です。澄み切った冬空に、さわやかなブルーのライティングがよく映えています。

170217_01

その足元でも植樹のイルミがキラキラ♪

170217_02

よく見ると、スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんも光っていました^^

170217_03170217_04

エレベーターに乗り、地上から350mの天望デッキに到着。夜景がとってもキレイです! 空気が澄んでいるため地上のさまざまな光がハッキリと見え、まるで別世界に来たような気分でした。

170217_05

さて、天空散策をしようと歩き始めると、柱のポスターに楽しそうな表情をした女性が写っているのを発見。そこには「SUPER SKYTREE DISCO」の文字がありました。DISCO(ディスコ)とは、ダンスを踊る場所のことですよね。

170217_06

ここでディスコ?と驚き、あたりをキョロキョロすると、ポスターの先にキラキラとゆらめく光の影を見つけました。ミラーボールです!

170217_07

そして、そのすぐ下には、小さなステージのようなものが! ここで踊るのでしょうか?

170217_08

その前に看板が掲示されていました。3月17日までの金曜日18:30〜21:30は、ここがディスコ空間となるそうです。しかも、レジェンドDJや人気DJがブースに立ち、1980、90年代に流行ったダンスミュージックを中心に流すとのこと。熱気ムンムンのイベントとは、このことですね^^

170217_09

DJブースは美しい夜景の前に設置され、レインボー色が輝いています。周囲にはスポットライトや大きなスピーカーなどもあり、これからどんな雰囲気になるのでしょうか。ワクワクしてしまいます!

170217_10170217_11

開始まで時間があったので、もう少し散策を続けようと天望デッキを歩くと、SKYTREE CAFE フロア350に、この期間の17:30から飲める限定ドリンクがあるのを発見しました。カシスソーダなど5種類(各750円)あり、2杯注文で1000円。友達同士やカップルで来た方には、お得なメニュー内容ですね。

170217_12170217_13

そうこうするうちに時間になりました。足早に戻ると、DJがスタンバイしていて、お客さんもたくさん! みなさんもウキウキした様子で写真を撮ったり、踊る準備でコートを脱いだりしています。先ほどのステージにキレイな女性が登り、さぁ、スタートです。

170217_14

ガラス窓上部にプロジェクションマッピングが投影され始めました! 色鮮やかな映像がスピーディーに映しだされます。キレイです!

170217_15

170217_16

そして、曲が流れ始めると、ワーーッ!!という熱狂的な歓声とともに、お客さんが踊り始めます。天望デッキが一気にヒートアップしました! みなさんノリノリです♪ アッという間に、会場が熱気の渦に包まれてしまいました。

170217_17

ライブで見るDJ、テンポのいいミュージック、お客さんのダンス……、どれもすごい!! 私も思わずカラダが動いていました^^

DJブース前から少し離れても、その熱気や興奮は伝わってきます。夜景にうっとりしていたお客さんも曲に合わせて踊り出していましたよ。

170217_18170217_19

展望台からの夜景をバックに開催する大迫力のディスコ。ここが地上から350mの空の中ということを忘れてしまいそうでした^^  ぜひ、みなさんもこの熱気を楽しんでくださいね。

170217_20

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp

天空で踊ろう♪スカイツリーのディスコナイトへGO!
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

「すみだ水族館」の幻想的な世界へ♪

2017年01月13日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

新しい年が明けて約2週間。社会人のみなさんも学生さんも、新年モードからいつもの日常に戻ってきた頃でしょうか。そんな慌ただしい毎日を癒すイベントが東京スカイツリーの足元にある「すみだ水族館」で行われています。それは、写真家・映画監督である蜷川実花さんの作品とクラゲのコラボレーションです。それでは、その様子をご紹介いたします!

ロッテシティホテル錦糸町からは、お隣の東京メトロ半蔵門線「押上」駅で下車。地上に上がり、スカイアリーナを抜けてすみだ水族館に向かいました。

館内に入って少しすると、ポスターの掲示が。その奥には、色鮮やかな水槽が見えます。あれがお目当ての水槽なのかなとワクワクしながら行ってみると、ふわふわと浮遊するクラゲと蜷川実花さんの美しい映像作品が幻想的な世界を作っていました!

170113_01

水槽に投影された映像作品に、優雅に浮遊するミズクラゲの影が映っています。ふわふわと漂うミズクラゲの影と移り変わる映像作品で、二度と同じ瞬間がないのが見どころです。

170113_02

あまりの美しさに見入っていると、こちらまで浮遊している感覚になってしまいました^^

170113_03170113_04

次のコーナーでは、U字型水槽が蜷川実花さんの写真で彩られています。ビビッドな色や淡い色など彩り豊かで、お客さまたちから「素敵ね〜」という声がたくさん聞こえてきました。

170113_05

各水槽にはさまざまなクラゲがいて、人気の「ブルージェリーフィッシュ」もいました。コロンとしたフォルムがとっても可愛らしい^^ さらに動き方もキュートです。

170113_06170113_07

ほかには、泡のような透明で小さいクラゲや、キノコのようなクラゲなどもいて、それぞれに作品とコラボしていました。

170113_08170113_09

これらの水槽の横には、クラゲの飼育作業を観察できるアクアラボがあります。

170113_10

先ほど見たミズクラゲはすべて、すみだ水族館で生まれたそうです。誕生から、どのように大きくなっていくかなどを、アクアラボにある水槽で見ることができます。ミズクラゲも赤ちゃんのときは、すごく小さいですね。

170113_11

アクアラボを順に見ていたら、ひっくり返っているようなクラゲを発見! このクラゲは何をしているんだろうと思ったら、これは「サカサクラゲ」という種類だそうです。触手が宝石みたいで、とてもキレイでした^^

170113_12170113_13

今度は下に降りて、ちょっと休憩することに。ペンギンや東京大水槽を見ながらアルコールも飲めるカフェに寄ってみました。

170113_14

すると、イベント関連のドリンクが。期間限定なので、贅沢にも2種類を注文してみました^^

170113_15

まずピンクの「ふわふわクラゲソーダ」。ふんわりしたクラゲのような綿菓子をゼリーinソーダの中に溶かして飲みます。甘さ控えめで飲みやすかったです。次にブルーのライトが光る「クラゲカクテル」。ライトの形は写真ですと、球にしか見えませんが、実は・・・。何の形かは、飲んでみてからのお楽しみに! どちらもアルコールなしとアルコール入りが頼めるので、大人も子どもも味わえます。

170113_16170113_17

ひと息ついたので、別のゾーンへと足を運びました。「クラゲ万華鏡トンネル」。幻想的な世界に吸い込まれていくような雰囲気ですね。壁と天井の3面が約5,000枚の鏡で囲まれているそうです。

170113_18

スロープを上がっていくといくつものクラゲ水槽に出会います。水槽には蜷川実花さんの可憐であったり妖艶であったりする映像作品が投影され、ふわふわと浮遊するクラゲとその影とのコラボレーションが楽しめます。さらに、アロマが漂いBGMが流れ、まさにヒーリングワールドのよう! その魅力に酔ってしまいそうです。

170113_19170113_20

170113_21170113_22

スロープを上りきったので、今来た道を振り返ってみると、WAO!! 大きな万華鏡の中を歩いてきたのだと実感しました。不思議の国のアリスの日本版みたいな気分でしたよ^^

170113_23

170113_24

このイベントは、3月14日(火)まで。クラゲ万華鏡トンネルは、昼と夜で投影する映像作品やアロマ、音楽が変わるそうです。ぜひ、非日常の空間をお楽しみください♪

■すみだ水族館 http://www.sumida-aquarium.com

すみだ水族館で幻想的な世界を楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

まばゆいばかりのスカイツリータウンへ♪

2016年12月16日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

いよいよ来週はクリスマス。聖なる夜が近づいてきましたね。街中がキラキラ光り、歩いているだけでも、なんだかワクワクしてきます。この輝きの空間をずっと見ていたい──、そんな胸の高鳴りを抑えきれず、光輝くイルミネーションが開催されている東京スカイツリータウンに行ってきました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で隣駅の「押上」で下車します。この時期は、東京スカイツリーの特別ライティングを行っているので、早く見たくてかけ足で地上に出ると、上品なシャンパンゴールドと鮮やかなグリーンのライティングで染められたスカイツリーが夜空に浮かび上がっていました!

161216_01

そして、ソラミ坂の入り口の階段には、とってもかわいいハートのイルミネーション♡ たくさんのファミリーやカップルが記念撮影をしていました。この階段を上ると愛に包まれそうですね。

161216_02

では、スカイツリーの足元に広がるスカイアリーナに行ってみます。

161216_03

木々が色づき、紅葉かなと思いましたが、違いました。イルミネーションです! すると音楽が流れ始め、木々の色が赤になり、イルミショーが始まりました!

161216_04

そして、緑に。

161216_05

さらに青になります。

161216_06

この後も、クルクルと色が変わり、木々が踊っているようです。とってもキレイ^^

少し先に進むと、大きなクリスマスツリーが登場しました! これは6.34メートルある「634ツリー」。スカイツリーのミニチュアみたいですね。カラフルなライトが輝き、まるで木にお花が咲いているようでした。

161216_07161216_08

周囲を見渡すとテントを発見。テントの中がキラキラしていたので、近づくと、

161216_09

ロシアのマトリョシカがずらりと並んでいました。

161216_10161216_11

手作りなので、顔の表情がさまざま。かなりユニークな顔つきをしている人形もあり、見ているだけで楽しめます。1番大きい人形と1番小さい人形を比べてたら、こんなに大きさが違うんですね^^ 思わず、笑ってしまいました。

161216_12

また、日本の鞠(まり)もあり、日本とロシアのお店なのかと思ったら、この鞠もロシア産でした。ビタミンカラーで素敵でしたよ!

161216_13

さて、次はソラマチひろばに向かいます。アリーナのある4階からのぞくと、ビッグなクリスマスリースとその前で撮影しているお客様が見えました。私も写真を撮ろうと広場に降りると、おや!? リースの真ん中に人が立ち、記念撮影しているではないですか! ここはフォトスポットだったんですね。次から次へとお客様が真ん中で、ニッコリとポーズをとっています。アジアからのご家族も楽しそうです^^

161216_14161216_15

北十間川沿いの植栽もイルミで輝き、この場を離れるのが惜しい・・と思いながら、次のイルミがあるとうきょうスカイツリー駅方面へと向かいました。

161216_16

駅前に到着すると、お客様をお出迎えしているように立つ、東京スカイツリーの公式キャラクターのソラカラちゃんとテッペンペン、スコブルブルがいました。いつもは元気でかわいいキャラクターたちですが、この日はホワイトの電飾によって、雪の妖精のように見えました^^

161216_17

そして、イルミを楽しむためにもう一度スカイアリーナに戻ろうと階段を登ると、前方には光のカーテンが! うわー美しい〜^^

161216_18

“光”に包まれたスカイツリータウンは、まるでおとぎの国のよう。ロマンチックな冬の夜を過ごすにはぴったりの場所ですよ^^ 「東京スカイツリータウン ドリームクリスマス2016」は、25日まで開催しています。

161216_19

■東京ソスカイツリータウン
http://www.tokyo-skytreetown.jp

まばゆい光に包まれた東京スカイツリータウンに行こう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

天空のプロジェクションマッピングを鑑賞!

2016年11月18日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

11月も後半になり、寒さも増してきましたが、澄んだ空気が心地いいですね。夜景も一段と美しく見える季節です。そこで今回は、東京スカイツリー天望デッキで夜景を楽しみながら、新企画「東京スカイツリー天望歌舞伎」を鑑賞してきました。

ロッテシティホテル錦糸町から、東京メトロで隣の「押上」駅へ。地上に出てスカイツリーとご対面しました^^ まだ明るさが残る空にそびえ立つスカイツリーも美しいですね。

161118_01

スカイツリー入口フロアに到着すると、「東京スカイツリー天望歌舞伎」についてのパネル展示がありました。ソファに座りながら、じっくり読むことができますね。

161118_02

さあ、いよいよ天望シャトル(エレベーター)に乗って天空へと舞い上がります^^ 出発ロビーの天井は、伝統工芸・江戸切子の模様、麻の葉をかたどった格子天井、とってもキレイですね^^

161118_03

案内された天望シャトル前で待ち、ドアが開いたので乗り込むと、中にはなんと上品な装飾が! スカイツリーもデザインされています。これは、四季をモチーフとしたデザインで、こちらは「冬」をイメージしたもの。今の季節とぴったりです^^

161118_04

約50秒で350mのフロアに到着。降りたったところは、まさに天空。ステキな光景が広がっていました!!

161118_05

さて、今回の企画は、平成中村座とのコラボレーションで届けるプロジェクションマッピング。どんな映像なのか、ワクワクしますね。

映像がスタートするまで、天望デッキを散策していると、ワゴンショップがありました。販売されているのは、期間限定の特別商品だそうです。タオルやクリアファイルセット、おせんべいなどバラエティ豊かです^^

161118_06161118_07

さぁ、いよいよショータイムの時間になりました。でも、どこで始まるのでしょう?

161118_08

すると、窓ガラスに映像が映し出されました! 360°あるうちの255°も投影されているそうです。それでは、ゆっくり堪能するとしましょう^^

161118_09

ガラスごとに違う映像が出る、とても凝った演出です。

161118_10

ロックの名曲「ジョニー・ビー・グッド」に合わせて、獅子物の元祖となった演目「石橋(しゃっきょう)」をアレンジして演じています! すごい迫力^^

161118_11

窓ガラスの上は歌舞伎、下は夜景と、2倍楽しめる時間ですね。

161118_12

前半のプログラムが終わり、続いて始まったのは、十八世 中村勘三郎丈と中村勘九郎丈、中村七之助丈の親子共演です!

161118_13161118_14

鮮やかな色でダイナミックな映像が次々と映し出されます。思わず、釘付けになってしまいました^^

161118_15

軽快なメロディに合わせて投影されるプロジェクションマッピングは、約7分間。十分な見応えでしたよ。期間は来年1月31日まで。17:30や18:00などスタート時間は月によって違いますが、各日5回上映します。ぜひみなさんも足を運んで、夜景とダイナミック映像を楽しんでみてはいかがですか。

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp

東京スカイツリーに夜景と歌舞伎のコラボショーを見に行こう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

すみだ水族館で夏の名残を感じに

カテゴリ
2016年09月09日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

8月が終わり、季節は秋へと向かい始めました。でも、まだ夏の気分を失いたくない、なんて感じる方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は東京スカイツリータウンにある「すみだ水族館」でクールな時間に浸ってみました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ。ウェストヤード5階に行き、たくさんの人でにぎわう水族館前に到着しました。

160909_01

こちらでは7月に金魚のゾーンがリニューアルされ、約100mの日本最大の金魚展示ゾーンへと生まれ変わったそうです。どんな光景が広がっているのでしょうか? ワクワクします!

中に入るといくつかの大きな水槽が並び、たくさんの魚や生物が優雅に泳いでしました。すると、私の視線を釘付けにしたのは、ニョキニョキ出てる「チンアナゴ」。しかも、喧嘩でもしているようにお互い顔を突き合わせ、いがみ合っているものもいます。おもしろいですね^^

160909_02160909_03

続いては、ペンギンプール。広々とした水槽で泳いでいるペンギンもいれば、羽づくろいしているペンギン、仲睦まじそうに寄り添うペンギンなど、いろいろな姿を見ることができました。しかも、ペンギンの鳴き声まで聞くことができ、大満足です!

160909_04160909_05

そして、大水槽の前に来るとベンチがありました。館内を見渡してみるとたくさんのベンチが。ゆっくりとくつろぎながら魚見学ができるサービスがうれしいですね^^

160909_06

さらに奥にはワークショップスペース。家族みんなで和気あいあいと楽しんでいる様子、こちらまで笑顔にさせられます。

160909_07160909_08

その隣はカフェ! オリジナルメニューをそろえ、食事やスイーツ、アルコールまで楽しめます。水族館というより、まるでテーマパークのようですね。

160909_09

さて、いよいよ、金魚ゾーン。まずは金魚の検定から挑戦しました。なんと金魚のご先祖様はフナ! そこから進化したそうです。その模様が、きちんと展示されていました。なかなか興味深かったです。

160909_10160909_11

では、数々の金魚を一挙にご紹介します。揺ら揺らと泳ぐ姿は、「美」そのもの。ずっと見ていたい気分になってしまいますよ!

まずは、金魚屋台。昔はこんな風に販売されていたとか。今は週末や各地のイベントにこの屋台が出張するそうです。

160909_12

次は大きな大きな水槽に、品評会でも有名な金魚の王様「ランチュウ」が泳いでいます。2匹でこの大きさを占めるなんて、とっても贅沢ですね^^

160909_13

そして、目が上に向いた金魚もいました。これは、むかしむかしの中国で、ツボの中で飼われていた金魚が正面を見ても見えず、上部しか見えなかったために、こうして目が上向きについたという言い伝えがあるそうです。

160909_14

こちらは「和金」の大群。とってもかわいいです! 金魚は上から見る「上見」という鑑賞方法もあるとのことで、こちらではこうした眼下で金魚が泳ぐ水槽がたくさんあります。

160909_15

この「和金」の群れもステキでした。幻想的な雰囲気で、日本の金魚の美しさをさらに格上げしているような演出がなされています。

160909_16

このほかにも金魚水槽はまだまだあります。泳いでるその姿にグイグイ引き込まれてしまい、あっという間に時間が・・・。

帰り道、ひとつの通路を見つけ入ってみると、魅惑の世界が広がっていました。

160909_17

いろいろなゾーンがあり、子どもから大人まで楽しめるすみだ水族館。涼しげな空間が夏の思い出を蘇らせてくれることもあるでしょう。ぜひみなさんも訪れてみてください。

■すみだ水族館
http://www.sumida-aquarium.com

すみだ水族館で夏の名残を感じよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

東京ソラマチで“冷んやり”スイーツ散歩

2016年08月05日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

太陽がギラギラ輝く8月。そんな暑い日には冷たいもので体をクールダウンさせたいものです。街中で「氷」の文字を見つけると、思わず、引き寄せられてしまいませんか? そこで今回は、東京ソラマチにある“冷んやり”スイーツの定番、かき氷を探してきました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ。まずは、ソラマチ商店街にある老舗の甘味処「浅草梅園」さんに向かいました。こちらには氷があったはずと思いながら…。

160805_01

いつもは「あわぜんざい」など、しっとりと和テイストをいただくのですが、本日のお目当てはかき氷なので、ショーケースを覗くと、ありました! さわやかな色合いが、ひときわ“涼”を感じさせる氷ですね。

160805_02

なんと、テイクアウト用も! これなら、東京スカイツリーを眺めながら、楽しめます^^

160805_03

そして、氷ではありませんが、こちらのスイーツも夏には欠かせないので、注目せずにはいられませんでした。

160805_04
次は、ウェストヤード2階を散策。すると、苺のかき氷のようなポスターを発見。足早に近づくと、「高知家の食卓 りょうま」さんでした。

160805_05

こちらでは、高知県大月町産の採れたて苺をふんだんに使った「苺氷り」があるとのこと。どんな氷なんだろうと尋ねると、

160805_06160805_07

店員さんが、氷を見せてくれました。苺がまっすぐキレイに並んだ氷。どうやって作っているのでしょうか?

160805_08

そして、機械にセットして、スイッチオン! 氷と苺がミックスされ、淡いピンクの氷がカップにどんどん投入されます。濃厚なミルクが途中と最後にたっぷりかけられ、できあがりました。フレッシュな苺の味がしっかりと出て美味しかったです^^

160805_09160805_10160805_11
続いて、日光の天然氷を思い出し、イーストヤード4Fへ。向かった先は「とちまるショップ」さんです。写真からでも、氷がふわふわしているのが分かりますね。

160805_12160805_13

店内には栃木県の名物がズラリと並んでいます。現地に行かなくても手に入るのが嬉しいですね。

160805_14

ところで、冷んやりスイーツではありませんが、興味津々になったこの一品「餃子風味のポテトチップス」。次回トライしてみたいと思います。

160805_15160805_16
ひとつ上がって5Fへ。ここには、すみだの特産品がラインアップする「産業観光プラザ すみだ まち処」があります。こちらに、かき氷が販売されていないかなと思って行ってみると、「氷」の文字が見えました^^

160805_17160805_18

テラス席があると聞き、スカイツリーを見ながらかき氷を食べてみようと注文。その間、店内を少し物色すると、センスがよく機能的な商品がたくさんあり、どれも欲しくなってしまいました。

160805_19

テラスに出ると、開放的な空間と、その頭上にはスカイツリーが。こうした眺めは初めてで、なんだかウキウキしてしまいます^^

160805_20160805_21

そんなことを思っていたら、宇治金時のかき氷が運ばれてきました。練乳やあんこの甘みに、ほんのりと抹茶の苦みが合わさって、最高でした^^

160805_22
“冷んやり”と美味しい時間を過ごせる夏の逸品、かき氷。みなさんも、ぜひ味わってみてくださいね。

■東京ソラマチ
http://www.tokyo-solamachi.jp

東京ソラマチで“冷んやり”美味しい時間を過ごそう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

「東京ソラマチ トリビア」を探しに!

カテゴリ
2016年06月24日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

どんよりとした天気が続く梅雨。気持ちまで空と一緒になってしまいがちですね。そんな日々だからこそ、思いきってお出かけしてみませんか。今回は、東京ソラマチにある「東京ソラマチ トリビア」を探しに行ってきました。屋内なので雨の日でも大丈夫。ゲーム感覚でとても楽しめました!

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ、地上に出てソラマチ商店街に行きました。すると頭上にカラフルな飾りがたくさん! まもなく七夕さまですね^^

160624_01

商店街を通り抜け、ソラマチひろばに出ると、何本もの竹に色とりどりの短冊が下がった七夕飾りがありました。短冊にはさまざまな願いが。夢がありますね^^

160624_02160624_03

さて、風情のある光景を見て気持ちが和んだところで、館内に入り、さっそく探検開始! ソラマチに隠されたトリビアを見つけに出発です!

最初はタワーヤード2階のフードマルシェへ。スイーツの王国のようなフロアに到着しました。甘いデザートや香ばしいおかきなど、自分使いにもおみやげにも適した商品がたくさんそろっています。美味しそうなものがカラフルなパッケージに包まれ、見ているだけでも心弾んでしまいます。

160624_04

そして、ここにトリビアが! 天井には、何本もの細長い板が隙間をあけて平行に並んでいます。よく見ると、何かの形に似ていませんか?

160624_05

その形とは、ホイップクリーム。先端部分を見ると分かりやすいかもしれません。見つけるのに少しだけ苦労しましたが、見つけた後にフロアを歩くと、ちょっと物知りになった気分でした^^

160624_06

続いて、イーストヤード3階へと向かいます。エスカレーターを上がったところの壁に描かれたイラストに目がとまりました。よく見ると、東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんの洋服です! オシャレな壁画のように見せるアイディアがすごいですね^^

160624_07160624_08

次のトリビアを探すために、辺りをキョロキョロと見回してみると、ありました! レンガの柱。この壁のすぐ近くにある開放的な休憩スペースの一角です。ここには、世界の「コンニチハ」や「アリガトウ」の文字が刻まれているとのことで、この柱には「HOI」とあります。これはどうやら、オランダ語のようですね。

160624_09160624_10

さらに先に進むともう一つ、発見! ここにはフランス語で「ボンジュール」と刻まれています。このトリビアは全部で5つ。レンガの積み方も、それぞれの国の伝統的な方法にならっているそうで、見比べてみると、確かに違いました! そのほかは、みなさんが探検気分で探してみてくださいね。

160624_11160624_12

次なるトリビアは、床にあるため下を見ながら歩き回ると、見つけました^^  「とうきょうスカイツリー」駅が「業平橋」駅だった頃、そのホームの梁に利用されていたレールの輪切りです。埋め込まれているそうですが、床に描かれたデザインのように見えます。よく通っていたのに気づきませんでした。

160624_13160624_14

この横にはパッと華やかな壁があり、ふと見入ってしまいました。実はこれが最後のトリビア。ローマ字でメッセージが書かれています。ソラマチをさらに楽しむヒントが隠されているそうですよ。さて、なんて書いてあるのでしょうか?!

160624_15

すべてのトリビアを探すことができ、大満足^^ いつもはショッピングやご飯を食べに行っているソラマチですが、こんな遊び方もできるなんて、ステキですね。みなさんもぜひ見つけてみてくださいね。「あった!」なんて、思わず叫んでしまうかもしれませんよ。

■東京ソラマチ
http://www.tokyo-solamachi.jp

「東京ソラマチ トリビア」を見つけに行こう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

開業4周年を迎えた東京スカイツリーへ

カテゴリ
2016年05月27日

はじめまして。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。
新しくブログを担当することになり、ウキウキしています。皆さまにより良い情報をお届けするため、楽しんで散歩に出かけてきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今回は22日に開業4周年を迎えた東京スカイツリーへ行ってきました。墨田区に登場してから4年が経ち、海外のお客様もたくさん訪れ、その人気は年々増しているように感じます。

ロッテシティホテル錦糸町から徒歩で約20分。清々しい季節なので、散歩しながら向かってみました。スカイツリーを目の前に見ながら歩けるタワービュー通りを進みます。

160527_01

そろそろ到着というところで、「おしなり公園」に目を向けると、ブーケのような花が! キレイですね^^

160527_02160527_03

花に見とれていたら、後ろからキャッキャッというはしゃぎ声が聞こえてきたので振り返ると、東京ソラマチの前に広がる噴水広場で遊ぶ子供たちでした。とっても楽しそうです!

160527_04160527_05

そんな姿を横目に見ながら、「ザ・スカイツリーショップ」に行ってみました。こちらは、スカイツリーに来たら、ぜひ立ち寄りたい店。オフィシャルショップでオリジナルグッズなどが豊富にそろっていますからね。

160527_06

今回のお目当ては4周年記念グッズ。中に入ると、公式キャラクターのソラカラちゃんがちょこんと座った東京スカイツリーのオブジェがありました。ブルーがとても爽やかですね。

160527_07

では、さっそく散策開始! まずは記念の商品を探しにキョロキョロすると、反対側のショップ入口に積まれた商品群を発見。どうやら、この一画にあるようです。

160527_08160527_09

近寄ってみると、バウムクーヘンやおせんべいのアソートボックスなど、パッケージも詰められたお菓子もカラフルで華やかなものがたくさん! おみやげにも喜ばれるでしょうね。

160527_10160527_11

スカイツリー同様、ビッグな缶に入ったお菓子もありました。

160527_12

隣のコーナーには、ソラカラちゃんがいっぱい! 数字の「4」が刺繍された四つ葉のクローバーを手に持っています。幸せのシンボルともいわれる四つ葉のクローバーは、4周年と掛け合わせているのでしょうか。色合いも素敵でした^^

160527_13160527_14

そのほかにも、ボールペンやキーホルダー、ストラップなどたくさんの記念グッズがあり、どれも欲しくなってしまいます。4周年記念グッズは期間限定商品で、なくなり次第終了だそうです。

160527_16

記念の商品だけでも盛りだくさんの内容ですが、そのほかにもさまざまな商品があるので、もっと散策してみることにしました。入り口付近にはスカイツリーのオブジェや、その形をした珍しい商品があります。

160527_17

160527_18160527_19

カラフルな日常雑貨や文具も発見しました!

160527_20160527_21

そして、キャラクターのグッズラインナップ。どの商品も、とてもかわいいです!

160527_22160527_23

さらに日本を象徴するような「和」テイストの雑貨や食品もありました。

160527_24160527_25

160527_26160527_27

これらはほんの一例です。このほかにも、スカイツリーならではのもの、ここだけのオリジナルグッズ、そして海外のお客様には日本みやげになるようなものなど、種類も数も豊富にそろっています。どれにしようか迷ってしまいそうです。スカイツリーに訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。楽しめます!

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp

4周年を迎えた東京スカイツリーに行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

東京スカイツリーの桜ライティングを見にお出かけ

2016年04月01日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

4月に入り、新年度を迎えた方も多いと思います。新しい季節をお祝いしているかのように、春の風物詩である桜も各地で咲き誇っていますね。

そんな桜の時期、東京スカイツリーでは「桜特別ライティング」を実施。桜の花びらが舞う美しさをテーマにしているそうです。そこで今回は、今しか見ることができない桜色のスカイツリーに会いに散歩してきました。

ロッテシティホテル錦糸町からは東京メトロで隣の「押上」駅で下車します。東京スカイツリータウンの駅直結入り口に到着すると、春色のじゅうたんが出迎えてくれました。

160401_01.jpg160401_02.jpg

エスカレーターを上がって1階に着き、外に出ると、鮮やかなピンクで彩られたスカイツリーが目に飛び込んで来ました! キ・レ・イですね~^^ いつもの様相とは違って、とても新鮮です。

160401_03.jpg

ところで、みなさんはご存知でしたか? スカイツリーの塔体右が少し反っていること。これは日本刀をイメージした”そり”だそうです。近くで見ると少々分かりにくいですが、このくらいの距離だとはっきりと見えますね。

階段を上り、次は4階のスカイアリーナへと足を運んでみました。実は昼間に来て、珍しいスカイツリーを撮影したのです。それは、逆さまのスカイツリー。では、まずその“逆さツリー”をご覧ください!

160401_04.jpg

いかがですか? ”逆さツリー”は、ミラーに映し出されたスカイツリー。場所はスカイアリーナの一角、東京ソラマチのイーストヤード入り口前にある透明の囲みの中です。昼間のぞいた時、このようなスカイツリーが現れていました。そのため、夜はどのようなツリーが映っているのか楽しみだったのです。

160401_05.jpg

スカイアリーナに着いて、その囲みに足早に近寄ります。そして、中をのぞくと・・・、ソラマチ内の明かりが光り輝き、”逆さスカイツリー”は映し出されていませんでした。残念でしたが、昼間だけの貴重な映像なのだと実感しました。

160401_06.jpg

気を取り直して、スカイツリーの別の撮影スポットに行くと、そこではピンクの”双子ツリー”を撮ることができました。とっても可愛らしいですね^^

160401_07.jpg

さて、桜といえば、先日行った隅田公園を思い出します。川岸から見える桜色のスカイツリーはどんなものなんだろうと興味惹かれ、浅草方面に歩き出しました。途中、不思議な形のベンチに出会い、思わず座ってスカイツリーを鑑賞。このアートベンチは、以前ブログでもいくつかの作品をご紹介した「GTS観光アートライン」上にある「ササエル」。座ると 3人の人間が絶妙なバランスで支えあっている姿になります^^ 場所は源森橋の花壇横です。

160401_08.jpg

いよいよ隅田公園に到着。川には数々の屋形船や水上バスの灯りが眩いばかりに輝いていました。そして、アサヒビール本社も美しい!

160401_09.jpg160401_10.jpg

そこに圧巻の存在でそびえ立つスカイツリー。夜空の濃紺と塔体のピンクがマッチし、まるで大きな夜桜を見ているようです^^

160401_11.jpg

隅田公園の中を夜風にあたりながら散歩。しばし春の夜を楽しみました。

160401_12.jpg

すると突然スカイツリーの姿が消えた! と思ったら、ビルにスカイツリーが隠れてしまっただけでした。夜の散歩は昼間では想像できない景観が楽しめますね^^

160401_13.jpg

最後は浅草の人気スポットから、ダイナミックな写真を撮影。多彩な光が夜の街を華やかに飾っていました。

160401_14.jpg

「桜特別ライティング」は4月10日まで。ぜひ、みなさんも出かけてみてくださいね。

■GTS観光アートライン
http://gts-sap.jp/modules/pj_aep/index.php?content_id=1

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp/news/lighting/

東京スカイツリーの「桜特別ライティング」に出かけてみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線