オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

隅田川付近の“おいしい”を散策!

カテゴリ
2017年03月24日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

年に一度、自然界がピンク色に染まる季節になりました。日本の桜は、海外のお客様にも大人気! お花見のために来日する方も多いのですよ。そこで今回はお花見の名所・隅田川にひと足先に訪れ、お花見ついでに、ぜひ寄って欲しいスポットを調べてきました!

まずは浅草へ。ロッテシティホテル錦糸町から、東京メトロで「押上」駅へ行き、都営線に乗り換えて「浅草」駅で下車します。

隅田川にかかる吾妻橋のたもとに出ました。泡のあふれるビールジョッキをイメージしたアサヒビール本社ビルと並ぶ、東京スカイツリーが一望できる人気の撮影スポットですね。

170324_01

さて、まもなく満開の桜で染まる隅田川を横に見ながら、お花見のあとにゆっくりとくつろげるお店を探しに出かけましょう。まずは、待乳山聖天さまの目の前にお茶屋さんのような店を発見。立ち寄ってみることにしました。

170324_02

店先の看板には「ごはん×カフェ madei」とあります。どうやら、食事とお茶が楽しめるようですね。メニューを見ると、「大根づくしの縁結び定食」という文字が。なんだかとっても気になる定食です。しかし、散歩は始まったばかり。ランチまではちょっと時間があるのでお茶をいただこうと店内に入りました。

170324_03

美しい木目のテーブルやイス、ベンチシートで、ほわんと落ち着ける雰囲気が漂っています。

170324_04

メニューブックを見ると、コーヒーのほか、7種類ものお茶がありました。カラダに優しそうな緑茶やほうじ茶もありましたが、特に興味惹かれた「清見みかん紅茶」を飲んでみることに。またデザートも魅力的に見えたので、一緒にオーダーしました^^

170324_05

黒蜜ときなこがかかったプルップルの豆乳プリンは、甘さ控えめで上品な味。紅茶はカップに注いだ時にフワっとみかんが香りました。とっても優雅な気分にさせてくれるスイーツとお茶。大満足でした。

170324_06170324_07

店を出て、この近くにある縁結びで有名な今戸神社を目指します。大きな招き猫に手を合わせ、いい縁の巡り合わせをお願いしました^^

170324_08

こちらの神社、境内のあちこちに猫のオブジェがたくさんあります! とってもかわいくって、目がハートになってしまうほどです^^

170324_09170324_10

すると境内に桜を発見! 可憐な花びらは、やはり可愛らしいですね。

170324_11

桜橋に来ました。パンジーが春らしい^^ 桜が咲き出すと、この辺りの風景が一変します。楽しみですね。

170324_12170324_13

この近くには、桜餅の有名なお店「長命寺桜もち」があります。墨田区の人気スイーツのひとつですね。せっかくなので寄ってみました。

170324_14

店内では、桜もちを頬張っているお客さんがたくさんいて、私も1個食べていくことにしました。こちらは、お餅すべてが桜の葉で包まれている珍しいタイプ。桜の葉も塩漬けになっているため、おいしくいただけます。薄紫色のあんこは、ほどよい甘みがたまらない。ここでも至福の時を味わってしまいました^^

170324_15

170324_16170324_17

この近くには、隅田川七福神でも知られる長命寺や弘福寺があります。その付近に桜を見つけました! 早咲きの桜なのでしょうか、花びらが白っぽいです。しかし、近づくとうっすらとピンク色をしていて、とてもキュートでした。

170324_18170324_19

隅田川付近は寺社仏閣がたくさんありますが、その近くには“おいしい”場所もあります。そこで今度は牛嶋神社を目指してみました。すると、やっぱりあった! アットホームな店構えで、なんだか心温まる雰囲気のお店「むこう島キッチン コーヒー園」。食事もできるそうです。ということで、ここで遅めのランチ、常連客に人気の豚の生姜焼き定食をいただきました。女将さんの手作りなので、まさにおふくろの味! カラダに染み入るおいしさでした。

170324_20170324_21

170324_22

隅田川沿いには、飲食店がこのほかにもまだまだあります。お花見にはお弁当持参の方も多いでしょうが、こうした場所でひと息つくのもおすすめですよ。

ごはん×カフェ madei(までい)
https://www.facebook.com/cafe.madei/

長命寺桜もち
http://www.sakura-mochi.com

むこう島キッチン コーヒー園
東京都墨田区向島1-6-9

お花見のあとは隅田川沿いで“おいしい”時間を過ごそう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

夕暮れの隅田川を水上バスでお散歩

カテゴリ
2016年08月19日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

毎日暑いですが、エアコンのあたり過ぎで体調を崩したりしていないですか?
8月下旬に差し掛かろうとしていますが、まだまだ暑い日が続きそうです。
そこで今回は、涼を求めて夕暮れ時の隅田川へクルージングに出かけてみました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロで「押上」駅へ、都営浅草線に乗り換えて「浅草」で下車。吾妻橋のたもとに来ました。

160722_01

橋から隅田川を眺めていると一隻の船が到着。あの船に乗るんだと急ぎ足でチケット売り場に向かいます。

160722_02

いよいよ、乗船です! どんな時間なんだろうとワクワクが止まりません。では、行ってきます♪

160722_03160722_04

まずは船内を散策。中央に数段の階段があり、その先には水の上から眺めることができる席があります。

160722_05160722_06

その階段横には、下方へとつながる階段が。降りてみると、バーラウンジのようなムード満点の席がありました。ライトが素敵!

160722_07160722_08

そして、船尾には景色を一望できるデッキ。カフェでいうならテラス席ですね。しかし、この船のデッキはとても広く、まるでダンスホールのようでした^^

160722_09

さて、景色を眺めようと外に目を向けると、黄金のスカイツリーが! 動く船により、すぐに視界から消えてしまったので、ラッキーな瞬間に大興奮してしまいました^^

160722_10

そして次に見えたのは、陸橋を渡る電車。近くまで船が近づくので、臨場感に溢れていました。

160722_11

船がUターンを始め、目的地の日の出桟橋に向かい始めます。すると、先ほどまで私が立っていた吾妻橋を越えていき、スカイツリーやアサヒビール本社ビルなどの姿も目に入ってきました。いつも見る位置とは違うため、新鮮な光景です^^

160722_12160722_13

駒形橋を通り過ぎると、遠くに吾妻橋が見え、赤と青の橋のコラボ写真を撮影。船の上だから見ることができる光景ですね。

160722_14

辺りがだんだんと暮れ始め、橋に明かりが灯り始めました。船からの撮影は、橋のすぐそばや真下など、いろいろな角度から撮影できるので面白いですね。さらに、船は停まらないため、瞬時にシャッターを切らないといけないスリル感も楽しいです^^

160722_15160722_16

隅田川の支流に架かる橋もライトアップしています。

160722_17

こちらは清澄橋。こうしてみると、橋のデザインもたくさんありますね^^

160722_18

すると、橋の向こうで、ライティングしたスカイツリーが見えました! 見える位置が変化すると、こうした橋と一体になっているような写真も撮れ、地上では味わえない醍醐味を実感しました。

160722_19

そして、テントのような形が印象的の中央大橋にたどり着き、

160722_20

佃大橋、中央大橋、スカイツリーを一枚の画におさめてみました。都会ならではの絶景ですね。

160722_21

勝鬨橋(かちどきばし)が見え、通り過ぎます。街にもライトが点灯し、薄暮れの中のひときわ美しい光景にくぎ付けです^^

160722_22160722_23

東京タワーも見えました!

160722_24

いよいよ、終点。レインボーブリッジとお台場の観覧車がまばゆいばかりに輝いていました!

160722_25

夕暮れ時に乗船したこともあり、時間とともに移り変わる、橋や街のさまざまな表情を見て、優雅な時間を過ごせた気分です。

隅田川では毎年7月下旬に花火大会が行われます。ホテルの部屋からの鑑賞や、屋形船に揺られながら眺めたり、東京スカイツリーから見下ろしたりすることもできるので、来年はひと味変わった鑑賞を計画しても良いかもしれませんね。

■東京クルーズ
http://www.suijobus.co.jp/cruise/station/asaksa.html

隅田川クルーズで夏の夜を満喫しよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

開花宣言すぐの桜を探しに、隅田区の”桜処”散歩

カテゴリ
2015年03月27日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

先週末から、日本中で開花宣言が始まりました。東京も23日に発表され、いよいよお花見シーズンに突入です。街が一気に華やかになりますね。

ロッテシティホテル錦糸町のお隣、錦糸公園でも、桜が少しずつ、私たちにその可憐な表情を見せ始めています。

150327_01.jpg150327_02.jpg

まだほんの一部ですが、日に日にピンク色が増えていくのでしょうね。とても楽しみです!

150327_03.jpg

さて、近隣の桜の状況はどうなっているかと思い、先日出かけてきました。地下鉄で隣の「押上」駅へ行き「とうきょうスカイツリー」駅まで歩きます。そして東京スカイツリーラインに乗り換えて、「鐘ケ淵」駅で下車しました。

150327_04.jpg

約8分ほど歩くと、隅田川神社の参道に到着。この奥では「さくら堤通り花まつり」が開催されています。土日を中心にバザーや音楽ライブ、青森ねぶた展示といったイベントが行われるとのこと。また、参道の両サイドの桜がトンネルのようになり、一帯が淡いピンク色で包まれるそうです。見てみたいですね。

150327_05.jpg150327_06.jpg150327_07.jpg

ここは都立東白鬚公園の一画。隅田川に沿うこの大きな公園を歩くと、たくさんの桜の木に出会いました。満開になったら、どんな風景になるかと想像しただけで、ワクワクしてしまいますね^^

150327_08.jpg150327_09.jpg

公園を抜け、隅田川のそばまで来てみると、菜の花が咲いています。いつのまにか、春がこんなに近くまで来ていたんだと実感した瞬間でした。

150327_10.jpg

次は、桜の屈指の名所でもある隅田公園へと向かいます。暖かな日差しの中を歩くだけでも心地いいのですが、途中、光で反射する川面に魅せられて足を止めたり、花壇に植えられたビビッドカラーの花に心奪われ、立ち止まってみたりなど、”散歩”を満喫してみました^^

150327_11.jpg150327_12.jpg

桜橋を渡り、隅田公園に到着すると、たくさんの花を咲かせている桜の木が! しかも、何本かあるので驚きました。向こう岸に見えるスカイツリーとのコラボが美しい。この段階でも十分にキレイだと感じるのに、満開になったら、どれだけ華麗なのだろうと思うと気持ちが弾みます^^

150327_13.jpg150327_14.jpg

少し先では、ママと小さいお子さんたちがお花見をしていました。なんだか、ほのぼのした気分にさせられます。

150327_15.jpg

写真を撮っている人も多く、外国の方も大勢いらっしゃいました。「日本の美」は、世界の人々も魅了するのでしょう。

150327_16.jpg

そこで、花をクローズアップしてみたくなり、カメラのレンズを拡大してみました。ファインダー越しに見える小さい花たちが、ぎゅっとひとところに集まり、なんともキュート! サクランボのような可愛らしさがあります。

150327_17.jpg

お天気の良さも手伝って足の進みが早いのか、あっという間に隅田公園の入り口付近まで来ました。ここはまだ桜の蕾がたくさんですね。種類によって咲く時期が違うので、これから出番を迎える桜たちなのでしょう。

150327_18.jpg

いかがでしたか? 開花宣言して間もない今は、桜はまだ静かに眠っているようです。しかし、咲き誇る日はすぐそこまで来ています。1年でもっとも華やぐ季節、みなさんもぜひ足を運んでみてはいかかですか?

150327_19.jpg

■さくら堤通り花まつり
~4月15日(水)10:00~21:00 都立東白鬚公園にて
http://sumida-cutclub.net

墨田区の「桜」を探しにでかけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

芸術の秋到来! 墨田区のアートに触れよう♪パート2

カテゴリ
2014年10月24日
こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。
先週に続いて、今週も墨田区にアートスポットを探しに出かけました。
今回は、海外からのお客さまも大好きな観光名所、浅草付近の墨田区散歩です。
ロッテシティホテル錦糸町のある、東京メトロ「錦糸町」から隣の「押上」駅へ。
都営浅草に線乗り換えて一駅「本所吾妻橋」で降ります。ここまでわずか11分。駅向こうに見える東京スカイツリーに見守られているような場所に到着です。
20141024_01.jpg
駅から数分歩くと「小さな硝子の本の博物館」があります。まるで、おとぎ話に出てきそうな外観が素敵ですね^^
20141024_02.jpg20141024_03.jpg
博物館の中は、色鮮やかなガラス製品がたくさん! 展示販売されているガラス以外に、ここではオリジナルのグラスも作れるようです。まずは、自分のお気に入りを探してみようとじっくり拝見しました。
20141024_04.jpg20141024_05.jpg
すぐに気に入ったのは、光で輝くリンゴカードたて。自分のデスクにこんな可愛いガラスのリンゴにメモが差さっていたら、気分もウキウキだな〜とイメージしてニヤニヤしてしまいました。
20141024_06.jpg
そしてもう一つ、お気に入りを発見! 箸置き小鉢です。
箸置きだけでも、小鉢だけでも使え、薬味や醤油などを入れてもいいとのこと。ありそうでなかった、便利モノですね。見た目のよさだけでなく、アイディアにも惹かれてしまいました^^
20141024_07.jpg
また、ガラス関係の本もたくさんあり、大小さまざまな本が並んでいます。この書籍は訪れた人も自由に見ることができるそうです。
20141024_08.jpg
さて、さきほどあったオリジナルグラスのことを尋ねると、購入したガラス製品に自分だけの文字や絵を彫れ、アーティストになれるというわけです。
20141024_09.jpg
お店の一角に作業場があり、おひとりでもお友だち同士でも行えます。
20141024_10.jpg20141024_11.jpg
このリューターという電動切除工具を使って、
20141024_12.jpg
ガラスに下書きした好きな絵や文字の上をなぞるように彫ります。
20141024_13.jpg
私も挑戦! ちょっと緊張してブレてしまいました^^ でも、それがオリジナルの良さ! だそうです。確かに世界にたった一つのモノですからね。簡単なテンプレートなどの用意もあるので、気軽に体験できます。土日や複数人での参加は予約してほしいそうです。
20141024_14.jpg
目で楽しみ、触れて楽しみ、体験して楽しんだあとは、舌で楽しもう!と思って、周辺を散策してみました。
そして、見つけたのが、「天然酵母のパンと総菜のトライアールシバタニ」さんです。販売だけでなく、イートインできるスペースもあります。
20141024_15.jpg20141024_16.jpg20141024_17.jpg
店内奥で料理を作るのは、黄色のバンダナがお似合いのオーナー。いちごや桃、梨などのフルーツから天然酵母を作るそうです。
20141024_18.jpg20141024_19.jpg
では、店内ショーケースの中をご紹介。
20141024_20.jpg
ピクルスやラタトゥイユなど、漬け込まれたり煮込まれたりした総菜がラインナップしています。どれも美味しそう。色とりどりで美しさも兼ねているので、料理もアートだな〜と感じました。このほかにもハムやソーセージなどもありました。
20141024_21.jpg20141024_22.jpg
こうしたお惣菜と一緒に食べるのが美味という数々の天然酵母のパンもたくさんあります。
20141024_23.jpg
くるみレーズンパン+カンパーニュ(全粒子)+ル・グラン・ペール(ライ麦)の3種が入ったお試しパン(¥530)もありました。バターと一緒に食べても絶妙なハーモニー♪でしたよ。
20141024_24.jpg20141024_25.jpg
そして、この奥には驚いたことにレストランが・・・。まさに隠れ家! 夕方よりオープンするそうです。
20141024_26.jpg
お腹も満たされたので浅草駅方面へ、隅田公園の入り口に人だかりがあるので行ってみると、昔懐かしい曲をレトロな衣装で優雅に唄いあげている人たちがいるではないですか! 観客はご年配の方が多く、うっとりと聞き惚れています。私もしばし聞き惚れてしまいました。
20141024_27.jpg
思わぬ出来事に遭遇できるのは散歩の醍醐味ですね^^ 最後に耳でも楽しめ、さまざまな五感でアートを味わう時間でした。墨田区のアートスポットは、いろんな場所にあります。みなさんもぜひ墨田の芸術を味わってくださいね。
■ちいさな硝子の本の博物館(松徳硝子株式会社)
■天然酵母のパンとお惣菜のトライアールシバタニ

 

さまざま「橋」を見る 隅田川散歩♪

カテゴリ
2014年08月01日
こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
先週末は日本有数の花火大会「隅田川花火大会」でした。当日は天気にも恵まれ、光り輝く大輪の花が夜空を彩り、その美しさに見とれてしまったほどです。みなさんは鑑賞されましたか?
さて、その余韻も冷めやらぬうちに、隅田川では今週末からお祭りが開催されます。その名は「隅田川・白鬚(しらひげ)橋・納涼水辺まつり」。ハワイアン演奏のライブやフラダンス、納涼盆踊り大会などが行われます。日程は8/2・3、8・9、16・17と3週に渡り、土曜・日曜と開催されます。
そこで今回は、さまざまな「橋」を見に隅田川に行ってきました。散歩の開始地点は都営浅草線「浅草」駅。ロッテシティホテル錦糸町のある「錦糸町」駅から地下鉄で隣駅「押上」で乗り換えて10分ほどで到着します。
浅草駅を出ると、真っ赤な「吾妻(あづま)橋」が目に飛び込んできました。下町らしい粋な赤色は深みがあって美しいですね^^
P1010882.jpg
有名なビール会社のオブジェと並んで東京スカイツリーも堂々とそびえ立ち、ビルと橋とスカイツリーが撮影できるスポットなので、たくさんの方が写真を撮っていましたよ。
P1010599.jpg
川のほとりを歩くと川からの風が心地よく、「涼」を感じさせます。花壇にはたくさんの花が咲き、最高の散歩コースです^^ ここには遊覧船乗り場があり、川から見る橋の姿も一度は見てみたいなって思いました。
P1010787.jpg
次に向かった橋は、東京スカイツリーラインの陸橋です。ちょうど電車が来たので、鉄道写真を撮影する方の気持ちになってシャッターを押してみました!
P1010793.jpg
こちらは橋の下。電車が通る音の迫力や、鉄橋の骨組みを見ていると、まるで遊園地にいるような気分になりました。
P1010795.jpg
続いて向かった橋は、淡いブルーの「言問(こととい)橋」。赤や黄色の観光バスが橋の上に停車し、色のコントラストがキレイでした。隅田川は桜が多いのですが、この橋の付近はとくに桜並木が見事で、春には花見客で賑わう場所です。
P1010800.jpg
もちろん、この橋から見える東京スカイツリーも美しく、撮影スポットとしてもオススメです。
P1010803.jpg
次に出会ったのは、隅田川唯一の歩行者専用橋の「桜橋」。これは両端が二股に分かれ、「X」字形になっています。おもしろい形ですよね。
P1010660.jpgP1010661.jpg
映画やドラマのロケ地としても有名で、せっかくなので、橋の真ん中に立ち、スカイツリーと一緒に記念撮影をしてみました^^
P1010656.jpg
ここから少し歩くと、いよいよお祭り開催地である白鬚橋に到着しました。橋の曲線が優雅な雰囲気を演出していますね。これは「タイドアーチ」と呼ばれ、橋の両端を真直ぐな部材(タイtie)でつないでいるからだそうです。
P1010866.jpg
橋は車両用と歩行者用に分かれているので、渡ってみました。橋の合間からスカイツリーが! どこからでもスカイツリーが見えるので、ぜひみなさんもお気に入りのベストショットを撮ってみてくださいね。
P1010868.jpgP1010871.jpg
さて、最後の橋を渡りきったところに、お祭りの周知を告げる看板を発見。こちらでどんなパフォーマンスが繰り広げられるのでしょうか?とっても楽しみですね^^
P1010873.jpg
週末はみなさんもぜひ足を運び、涼を感じながらライブにダンスに盆踊りと楽しまれてはいかがですか?
墨田川・白鬚橋・納涼水辺まつり
8月2.3日(土日)、8.9日(土日)、16.17日(土日)
音楽ライブやダンスショー 17:00~19:00
納涼踊り大会 19:00〜21:00

 

隅田川が仄かな青で染まる夜 東京ホタルに行ってきました!

カテゴリ
2012年05月11日

みなさん、こんにちは。ロッテシティホテル錦糸町宿泊担当の肥沼です。

今年のゴールデンウィークは、みなさんどのように過ごされたのでしょうか。
私は、ロッテシティホテル錦糸町からほど近い、隅田川テラス(言問橋から吾妻橋間)で行われたイベント、その名も『東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2012』へ行ってきました!

もし隅田川にホタルがいたなら?という思い(願い)を込めた光の球『いのり星』を10万個も放流する、という壮大なイベントです。
今回はそのイベントの楽しく美しい様子をご紹介したいと思います^^

東京ホタルは5月5日(土)、6日(日)の2日間行われ、私は6日に参加しました。
『いのり星』を隅田川に放流する『ひかりのシンフォニー』のほか、ステージではパフォーマンスやライブが行われたり、食べ物やグッズの販売など、たくさんのブースで賑わっていました。

1.JPG

会場には、テントが立ち並び、バルーンが木からぶら下がっていて、歩いているだけでもとても楽しい雰囲気でした!
アートな作品を置くお店や、産地直送のお野菜を売っているお店など、様々なお店にワクワクしてしまいました。
楽しそうな笑い声が響いてきたので近づいてみると、自転車をこいでカキ氷を作るというお店がありました。

3.JPG

自分がこいで作ったカキ氷は、一段と美味しいんでしょうね^^
天気もよかったので、熱くなった体を冷ますにはピッタリのブースでした。

その後も、お店を覗いたり、ライブを見たりと隅田川沿いを散策していたら、あっという間に夕方。
『いのり星』の放流に参加できるチケットを持って、集合場所に移動です。

4.JPG

『いのり星』は直径8cm程の大きさ。水中に入ると通電し、青い光が点るのだそうです。
チケットを持っている人は、1人1個、こちらの『いのり星』を受け取り、放流することができます。

5.JPG

とうとう放流が始まりました!
少しずつ、淡い青色の粒が隅田川を染めていきます。

 

6.JPG7.JPG

たくさんの『いのり星』が水面に浮かび、まるで天の川のよう。
屋形船の提灯が川面をピンク色に照らし、青い光とのハーモニーがとっても幻想的でした!
空のグラデーションも美しく、夕焼けの中で見る「ホタル」の光景は、とても風情があったように思います^^

8_2.jpg

19時30分には『東京スカイツリー』が点灯!歓声があがりました。
この日の東京スカイツリーは、青色の「粋」のパターン。
東京スカイツリーのオープン後には、もう1つのパターン「雅」(紫色)と1日毎に点灯させるそうです。

ロッテシティホテル錦糸町からも東京スカイツリーを見ることができますので、
連泊いただければ2種類のイルミネーションが楽しめますよ。

東京スカイツリーが点灯された同じ日に、ロッテシティホテル錦糸町の
「ロングソファーツイン」のお部屋からの東京スカイツリーはこちら▼
P1000664.JPG
大きな窓に映る美しいイルミネーションがとっても素敵です♪
東京スカイツリーがオープンしたら、毎日このような美しい夜景をご覧いただけます!
ロマンチックな「ホタル」の光景と、東京スカイツリーのライトアップの両方を見ることができ、心が洗われるような1日でした^^
『東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2012』の詳細はこちらをご参照ください。

ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

隅田公園の桜と、東京スカイツリーと桜のベストショット

2012年04月13日

はじめまして、ロッテシティホテル錦糸町宿泊担当の肥沼(こいぬま)と申します。
ホテル開業時からフロントスタッフとしてたくさんのお客様をお迎えしてきました。
そして、ついに今回から私も先輩スタッフに続き、このスタッフブログに参加させていただく事となりました。

私の趣味は、旅行やスイーツの食べ歩きなのですが、それを活かして、
みなさまの東京散策のお役にたてるような、楽しい情報をたくさんご紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

さて、今回はお花見客でにぎわう浅草から隅田公園を経由して、
テレビドラマにも度々登場する桜橋まで歩いてきました。
この時期は、東京の桜も見ごろで、いろいろな場所でお花見を楽しんでいる様子もテレビで紹介されていましたよね。

1.JPG

見て下さい、この人・人・人!
隅田公園で催されている桜まつりには、たくさんの人が訪れ桜を楽しんでいる様子でした。

そして、みなさん、こころなしか目線が桜よりも上にいっているご様子…。
そう、ここは満開の桜と東京スカイツリーを同時に写真に収められるシャッターポイントということで、前進もままならないほど多くの人でにぎわっていました。

私も負けじと1枚。スカイツリーと桜のコラボレーション写真が撮れました!

2.JPG

人波をかき分けつつ、桜にも心を奪われつつ、
さらに川沿いを歩いていると、屋形船の多さに気付きました。

3.JPG

1・2・3・4…見渡した限り20艘はあったでしょうか。
実はこちらの屋形船、屋形船東京都協同組合さんが隅田川の桜堤を周遊し、
震災の義援金を募るために出船していたものということだそうです。
桜と江戸の風情を満喫しつつ、復興の力にもなれる。
実に粋な催しですよね。

そうして川面に浮かぶ屋形船を横目にぶらぶらと歩いているうちに、
台東区と墨田区を結ぶ桜橋に到着。

4.JPG

以前もご紹介した桜橋は、写真ではちょっと分かりづらいかもしれませんが、上から見ると『X』の形をした珍しい橋なんですよ。
歩行者専用の橋なので、東京スカイツリーも両岸の桜もゆっくりと堪能することができるポイントにもなっています。
また、橋の『X』が交差するポイントには日本画の大家・平山郁夫さん作の羽ばたく鶴をモチーフにしたモニュメントが設置されています。

5.JPG

大きくて見ごたえのあるモニュメントなので東京スカイツリーとのツーショットもおすすめ!

この桜橋を台東区から墨田区側へ渡りきったところでは、芸妓さんが給仕をする出店がありました。
花見のお供にぴったりの団子や花冷えの日に嬉しいおでんが人気のようでした。

6.JPG

芸妓さん達の鮮やかな着物が桜のピンクに交わって、とーっても華やか!
観光客の皆さんが次々にカメラを向けるので、被写体としても大忙しのようでした^^
向島といえど芸妓さんは普段なかなかお目にかかることができませんから、
こんなチャンスはめったにありませんよね。

今回ご紹介したスタート地点の浅草駅まではロッテシティホテル錦糸町すぐの錦糸町駅から電車で約12分と気軽に足をのばせる距離です。

桜の季節以外でも、江戸の情緒と都会的な街並みを一望できる東京の人気スポットですので、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

7.JPG


ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

隅田川にかかる、唯一の歩行者専用橋「桜橋」

カテゴリ
2012年02月10日

こんにちは。ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の鈴木です。
みなさん、体調はくずされていませんか?
インフルエンザや風邪が流行っているようなので、気を付けてくださいね。
私も、まめな手洗い&うがいをしてセルフメディケア実践中です^^

さて、今回ご紹介するのは、スカイツリーのある墨田区業平橋と台東区浅草をつなぐ、隅田川唯一の歩行者専用橋、桜橋です。

0210-1.jpg
隅田川にはたくさんの橋がかかっていますが、まさか人専用の大きな橋があるとは思っていなかったので、どんな橋なのかが気になり行ってきました。

この桜橋は、台東区と墨田区の友好姉妹区のシンボルとして、昭和60年3月に完成されたもので、記念のモニュメントも橋の上に飾られていました。

0210-2.jpg

桜橋は人専用ということもあり、なんだか橋自体がゆっくりとした雰囲気を持っているよに感じられました。車がないので、ゆっくりと景色を見ながら歩けたり、橋上にはベンチもあるので、ちょっとした公園にでも来ているかのような感覚でした^^

0210-3.jpg
車も通らないということもあるのか、橋自体もモニュメントの一部みたいに美しかったです。この橋は、真上からみるとX字の形をした橋なんですよ。

そして、橋の上からは、もちろんスカイツリーもよく見えます。
隅田川の真上から撮るというのも不思議な感じですが、ここはスカイツリーがダイナミックに感じられるような写真が撮れるポイントですよ。

0210-4.jpg
ここも、スカイツリー撮影ポイントになっているようで、カメラをもって写真を撮っている方が何人かいました。

春になると、隅田川の両岸に満開の桜が咲き乱れ、たくさんの人で賑わうスポットでもありますよね。私も春、桜が咲いている時期にまた来てみたいなって思いました^^

散歩途中でみつけた、桜よりちょっと早い梅の花。

0210-5.jpg梅ももうすぐ満開の時期を迎えますね。亀戸天神、香梅園の梅まつりは見てきたのですが、向島百花園の梅まつりはまだ見たことがないので、今年は出かけてみようと思います。
もちろんレポートしますね!


ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

浅草「浅草寺」から東京スカイツリーに向かって歩いてみよう!

2012年01月06日

こんにちは。ロッテシティホテル錦糸町錦糸町フロント担当の鈴木です。
みなさんは、どのようにお正月を過ごされましたか?
おせちやお雑煮、お汁粉など…私はたくさん食べすぎてしまいました^^;

さて、今回は昨年ご紹介した浅草「浅草寺」から東京スカイツリーまでを歩くお散歩コース&スカイツリーベストショットスポットをご紹介します!

その前に、浅草からスカイツリーまで歩けるの?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、じつは「浅草」から「業平橋」までは駅1つ分なのです。冬のシャキッとした空気を感じながら歩くには、ちょうど良いお散歩コースにもなっているんですよ。

ということで、まずは浅草「浅草寺」でお参り。

01.jpg02.jpg
浅草寺本堂                      二天門

浅草寺から「二天門」を通って、そのまままっすぐ進み大きな通り「江戸通り(国道6号線)」に出ます。通りに出たら左に曲がり進んでいくと「言問橋(ことといばし)」が見えてきます。

03.jpg04.jpg
言問橋入口からのスカイツリー            言問橋上からのスカイツリー

橋の入り口に到着すれば、目の前にスカイツリーが見えてきますので、あとは向島方面に見えるスカイツリーに向かってひたすらまっすぐに歩くだけでOK。
隅田川では屋形船や水上バスなどが行き来しているので、スカイツリーとのコラボ写真もバッチリ撮影できるポイントになっています。

そして、こちらの写真が言問橋から浅草側を撮影した1枚。春には両岸にある桜の花が咲き乱れ美しい風景が見えると思いますよ^^

05.jpg言問橋を渡りきった所にあるのが、向島側の墨田公園です。
1931年に開園し、旧水戸藩邸の庭園を生かした公園になっているので、美しい日本庭園なども見ることができます。
もちろん、墨田公園からはスカイツリーもバッチリ見えますので、緑豊かな木々を入れたアングルも素敵に撮影することができます。

06.jpg07.jpg

また、墨田公園内には「牛嶋神社」もあります。ここの代社殿は総檜権現造りになっているそうですよ。私ももっと近くで見たかったのですが、この日は式を挙げているご家族がいらっしゃったので、あまり近くまで行けませんでした^^

08.jpg
墨田公園での散策を終えたら、あとはスカイツリーに向かって歩けば到着です。

何だかんだ寄り道をしながらゆっくりと歩いたので、1時間くらいかかりましたが、見どころ満載なコースなので、飽きることなく十分に楽しめるはずですよ^^

今回のように、見どころ満載のお散歩コースを今年もご紹介していきたいと思いますので、
こちらもお楽しみに^^

ロッテシティホテル錦糸町のご予約はこちらから。

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線