オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB
  1. 上野・秋葉原・浅草エリア

スタッフブログ

三社祭を控えた浅草に一足先に行ってみました♪

カテゴリ
2017年05月12日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

東京の観光スポットのひとつ、浅草では来週(19,20,21日)に三社祭が行われます。3日間で150万人が訪れるといわれるこのお祭りは、浅草の街を数々のお神輿が練り歩く見応えのあるもの。見物に行くよ!という方も多いでしょうね。そこで今回は、一足先に活気あふれる浅草を散歩してきました。

ロッテシティホテル錦糸町からは、東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ。都営浅草線に乗り換えて「浅草」駅で降ります。ここまで20分ほどです。

まずは浅草寺に向かおうと商店街の中を入って行きました。すると 頭上に提灯がずらり。三社祭の気分を高めますね。

01

仲見世が並ぶ参道に出ました。澄んだ青空のもと、みなさんお買い物を楽しんでいます。

02

浅草寺の宝蔵院に到着。威風堂々という言葉がお似合いの門では、たくさんの観光客や修学旅行生が記念撮影をしていました。

03

門を通り抜けると浅草寺。境内にある常香炉では、日本の方もですが、外国人の方々が煙を浴びています^^ 身を清めるための行いと知っているのでしょうか?

04 05

まずは参拝。本堂に吊るされている大きな提灯が圧巻です。提灯の底には龍が掘られています。カッコイイですね^^

06 07

お参りをして境内に戻ると、スカイツリーが見えました! さっそくシャッターを切ると、空と木々などの自然と相性がよく、美しい1枚を撮ることができました。

10

さて、浅草寺の本堂周辺を散策してみることに。最初に出会ったのは「迷子のしるべ石」。昔、迷子が出たときは、この石碑で知らせたそうです。なるほど!アイディアですね^^

11 12

その横にあるのは「鳩ポッポの歌碑」。作詞家さんが境内で鳩と戯れている子供たちを見て、歌詞を書いたそうです。浅草寺はこの歌の発祥の地なのですね。

13

この後ろの方へと進んでみます。今度は、恵比寿さまと大黒さまがいらっしゃいました。縁起のいいお二人が並んでいるので、ご利益も2倍いただけそうです^^ その隣は「めぐみ地蔵尊」。境内にいる20体のお地蔵さまの一体で、幸せを恵んでくれるそうですよ。

14

近くには池があり、橋が架けられています。そこから見える光景がとてもキレイでした!

15 16

さらに先に進むと、女性の守り神として信仰を集めた淡島堂が見えてきました。2月に行われる針供養が有名なお寺ですね。柔らかく温かな雰囲気が印象でした^^

17

浅草寺方面に戻ると緑に囲まれた憩いのスペースを見つけました。ここは「新奥山」。さまざまな碑や像が立っています。その中に変わったカエルの像を発見! 前足は二本ありますが、後ろは1本。しかも尻尾になっているのです。中国の霊獣「青蛙神」で、福をもたらす存在だそうです。珍しいうえに、幸運な像に遭遇でき、なんてラッキーなんだろうと思いました^^

18

19

20

浅草寺境内はこのほかにもお堂や石碑など、見どころがたくさんあります。本堂をお参りしたら、境内をぐるりと散歩するのもおすすめですよ!

浅草寺
http://www.senso-ji.jp

 

美しい光景が広がる浅草寺の境内を散歩してみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

隅田川付近の“おいしい”を散策!

カテゴリ
2017年03月24日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

年に一度、自然界がピンク色に染まる季節になりました。日本の桜は、海外のお客様にも大人気! お花見のために来日する方も多いのですよ。そこで今回はお花見の名所・隅田川にひと足先に訪れ、お花見ついでに、ぜひ寄って欲しいスポットを調べてきました!

まずは浅草へ。ロッテシティホテル錦糸町から、東京メトロで「押上」駅へ行き、都営線に乗り換えて「浅草」駅で下車します。

隅田川にかかる吾妻橋のたもとに出ました。泡のあふれるビールジョッキをイメージしたアサヒビール本社ビルと並ぶ、東京スカイツリーが一望できる人気の撮影スポットですね。

170324_01

さて、まもなく満開の桜で染まる隅田川を横に見ながら、お花見のあとにゆっくりとくつろげるお店を探しに出かけましょう。まずは、待乳山聖天さまの目の前にお茶屋さんのような店を発見。立ち寄ってみることにしました。

170324_02

店先の看板には「ごはん×カフェ madei」とあります。どうやら、食事とお茶が楽しめるようですね。メニューを見ると、「大根づくしの縁結び定食」という文字が。なんだかとっても気になる定食です。しかし、散歩は始まったばかり。ランチまではちょっと時間があるのでお茶をいただこうと店内に入りました。

170324_03

美しい木目のテーブルやイス、ベンチシートで、ほわんと落ち着ける雰囲気が漂っています。

170324_04

メニューブックを見ると、コーヒーのほか、7種類ものお茶がありました。カラダに優しそうな緑茶やほうじ茶もありましたが、特に興味惹かれた「清見みかん紅茶」を飲んでみることに。またデザートも魅力的に見えたので、一緒にオーダーしました^^

170324_05

黒蜜ときなこがかかったプルップルの豆乳プリンは、甘さ控えめで上品な味。紅茶はカップに注いだ時にフワっとみかんが香りました。とっても優雅な気分にさせてくれるスイーツとお茶。大満足でした。

170324_06170324_07

店を出て、この近くにある縁結びで有名な今戸神社を目指します。大きな招き猫に手を合わせ、いい縁の巡り合わせをお願いしました^^

170324_08

こちらの神社、境内のあちこちに猫のオブジェがたくさんあります! とってもかわいくって、目がハートになってしまうほどです^^

170324_09170324_10

すると境内に桜を発見! 可憐な花びらは、やはり可愛らしいですね。

170324_11

桜橋に来ました。パンジーが春らしい^^ 桜が咲き出すと、この辺りの風景が一変します。楽しみですね。

170324_12170324_13

この近くには、桜餅の有名なお店「長命寺桜もち」があります。墨田区の人気スイーツのひとつですね。せっかくなので寄ってみました。

170324_14

店内では、桜もちを頬張っているお客さんがたくさんいて、私も1個食べていくことにしました。こちらは、お餅すべてが桜の葉で包まれている珍しいタイプ。桜の葉も塩漬けになっているため、おいしくいただけます。薄紫色のあんこは、ほどよい甘みがたまらない。ここでも至福の時を味わってしまいました^^

170324_15

170324_16170324_17

この近くには、隅田川七福神でも知られる長命寺や弘福寺があります。その付近に桜を見つけました! 早咲きの桜なのでしょうか、花びらが白っぽいです。しかし、近づくとうっすらとピンク色をしていて、とてもキュートでした。

170324_18170324_19

隅田川付近は寺社仏閣がたくさんありますが、その近くには“おいしい”場所もあります。そこで今度は牛嶋神社を目指してみました。すると、やっぱりあった! アットホームな店構えで、なんだか心温まる雰囲気のお店「むこう島キッチン コーヒー園」。食事もできるそうです。ということで、ここで遅めのランチ、常連客に人気の豚の生姜焼き定食をいただきました。女将さんの手作りなので、まさにおふくろの味! カラダに染み入るおいしさでした。

170324_20170324_21

170324_22

隅田川沿いには、飲食店がこのほかにもまだまだあります。お花見にはお弁当持参の方も多いでしょうが、こうした場所でひと息つくのもおすすめですよ。

ごはん×カフェ madei(までい)
https://www.facebook.com/cafe.madei/

長命寺桜もち
http://www.sakura-mochi.com

むこう島キッチン コーヒー園
東京都墨田区向島1-6-9

お花見のあとは隅田川沿いで“おいしい”時間を過ごそう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

小春日和に上野恩賜公園をお散歩しました♪

カテゴリ
2017年03月03日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

3月になりました。都内では今月下旬、桜が開花しお花見シーズンが到来します。東京の花見スポットはたくさんありますが、上野はそのひとつ。広大な公園がピンク色に染まり、いつも以上に華やぎの公園へとなります。

今回は、そんな上野恩賜公園を散歩してみました。ロッテシティホテル錦糸町から総武線で「秋葉原」駅へ。山手線または京浜東北線に乗り換えて、「上野」駅で下車します。

上野にはパンダがいる動物園、西洋の絵画が並ぶ美術館、アートの卵たちが通う東京藝術大学など、さまざまな有名スポットがギュッと集まっています。そして、このお方もその有名スポットのひとつですよね。

170303_01

その先には彰義隊の墓がありました。江戸から明治に変わる激動の時代に生きた人々。こうした先人たちがいるから、今の時代があると思うと考え深いものです。

170303_02170303_03

もっと先に進んでみましょう。青い空に映える朱色のお堂が見えました。清水観音堂ですね。あちらから眺める景色もすごくいいのですが、今回は反対の方向へと進んでみます。

170303_04

すると、スカイツリーが見えました!

170303_05

そしてその前方には「上野の森美術館」が。さすが芸術処だな〜と思ったら、「正岡子規記念球場」というスポーツ関係の場所に来ました。でも、正岡子規は俳人ですから、やはり芸術と縁がありますね。上野はアートと切り離せない場所なのかもしれません。

170303_06

170303_07

歩みを進めると、スイセンの花が咲いていました。春を感じます^^

170303_08

さらに奥に行くと、開放感たっぷりの場に出ました。左手には上野動物園が見え、前方には大きな噴水が! この大噴水は、上野恩賜公園の名物です。さまざまなパターンを見せてくれるので、噴水のそばに座って踊る水を少しの間眺めていました。

170303_09170303_10

その奥には東京国立博物館が見えます。とても大きな建物ですね! 上野公園はどれもスケールが違います。

170303_11

広場から出ようとしたら、野口英世さんに出会いました^^ 小学校時代に伝記を読んだことがありますよ。

170303_12

その後ろに国立科学博物館が見えました。この博物館はとても広くて、展示数もすごいんです。いつかここを紹介したいなと思いながら、今回は屋外展示を鑑賞しました。まずは1975年まで実際に走行していたというD51形蒸気機関車。これが動いていたのかと思うと、昔の人の素晴らしい技術に脱帽です。

170303_13170303_14

170303_15

突き当たりには鋳造技術で作られたグリーンの地球儀がありました。よく見ると、その中にフクロウが。けっこうリアルな顔つきです^^

170303_16170303_17

そして、全長30mという大きな大きなシロナガスクジラもいました! 海面から深く潜ろうとしている姿を再現したそうです。躍動感があり、圧巻でした^^

170303_18170303_19

上野恩賜公園は散歩、博物館や美術館を鑑賞、動物園で動物と触れ合う、不忍池でボートに乗るなど、楽しみがいっぱいある場所。春という心地いい季節を思いっきりエンジョイできる公園なので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

■上野恩賜公園マップ
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map038.html

桜の名所、上野恩賜公園を散歩しよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

浅草で芸術に触れよう♪

カテゴリ
2016年09月23日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

9月も後半に入りましたね。食欲の秋、芸術の秋、学問の秋など、さまざまに呼ばれる秋は、いろいろな楽しみがあります。そこで、芸事の名所、浅草で“芸術”にちなんだものを見つけに出かけました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロで1駅の「押上」駅へ。都営浅草線に乗り換えて2駅の「浅草」で下車します。

最初に向かったのは、やはり浅草寺。浅草に訪れた際には、ここに立ち寄らず帰れないほど、賑やかで心惹かれる場所です。
160916_01160916_02

お参りをしたあと、本堂の上から境内を眺めるとたくさんの参拝者!

160916_03

そして左手にはスカイツリーが見え、開放感に浸りました^^

160916_04

では、さっそく“芸術”発見へと向かいます。まずは、浅草寺からすぐ近くにある「木馬亭」。ここは浪曲の寄席が行われています。華やかな建物が印象的です。

160916_05160916_06

木馬亭前には、たくさんの飲食店があります。店頭で販売するおでんが目に飛び込み、食欲の秋も発見してしまいました^^

160916_07

少し歩くと、ホッピー通り。カフェでいうテラス席に、テーブルとイスが並び、みなさん、楽しげにお酒やおつまみを召し上がっています。

160916_08

次に到着したのは、「浅草演芸ホール」。場内では、噺家による面白くておかしい落語が繰り広げられているようです。

160916_09

その隣は「東洋館」。コントや漫才のバラエティ定席です。渥美清さんやビートたけしさんなど、たくさんの役者や芸人を排出したと書かれていました。浅草は歴史深いところですが、文化の面でもたくさんの歴史がありますね!

160916_10160916_11

この前の通りにはたくさんの有名人の写真が掲げられています。さまざまな顔ぶれで、次の写真は誰だろう?なんて思いながら歩いていました^^

160916_12

すると、「お笑いやってまーす」という威勢のいい声とともにチラシが手渡されました。「浅草リトルシアター」。ここにも“芸術”がありました!

160916_13160916_14

いろいろと巡ったので、一息つくことに。落語の寄席を行っているカフェがあると聞き、向かいました。オレンジ色の通りにある「茶や あさくさ 文七」です。角に立つビルの2階でした。

160916_15

入り口は一見、普通のカフェ。果たして寄席は行っているのでしょうか?

160916_16

入り口の扉を開けると、大きな高座が! これは本格的ですね。

160916_17

定期開催とのことで、スケジュールが書かれたチラシがありました。間近で見ることができるので、臨場感に溢れること間違いありません。コーヒーを飲みながら、日本の古典芸能を楽しめる、なんて粋なカフェなんでしょう。もちろん、ケーキもコーヒーも美味しかったです^^

160916_18160916_19

浅草の“芸術”は、情緒あるものが多く、タイムスリップしたような気持ちになりました。みなさんも、浅草で芸術にふれる散歩に出かけてみませんか?

◯木馬亭
http://mokubatei.art.coocan.jp/index.html

◯浅草演芸ホール
http://www.asakusaengei.com

◯東洋館
http://www.asakusatoyokan.com

◯茶や あさくさ 文七
http://ameblo.jp/asakusabunshichi/

浅草で、歴史深い芸術にふれよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

夕暮れの隅田川を水上バスでお散歩

カテゴリ
2016年08月19日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

毎日暑いですが、エアコンのあたり過ぎで体調を崩したりしていないですか?
8月下旬に差し掛かろうとしていますが、まだまだ暑い日が続きそうです。
そこで今回は、涼を求めて夕暮れ時の隅田川へクルージングに出かけてみました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロで「押上」駅へ、都営浅草線に乗り換えて「浅草」で下車。吾妻橋のたもとに来ました。

160722_01

橋から隅田川を眺めていると一隻の船が到着。あの船に乗るんだと急ぎ足でチケット売り場に向かいます。

160722_02

いよいよ、乗船です! どんな時間なんだろうとワクワクが止まりません。では、行ってきます♪

160722_03160722_04

まずは船内を散策。中央に数段の階段があり、その先には水の上から眺めることができる席があります。

160722_05160722_06

その階段横には、下方へとつながる階段が。降りてみると、バーラウンジのようなムード満点の席がありました。ライトが素敵!

160722_07160722_08

そして、船尾には景色を一望できるデッキ。カフェでいうならテラス席ですね。しかし、この船のデッキはとても広く、まるでダンスホールのようでした^^

160722_09

さて、景色を眺めようと外に目を向けると、黄金のスカイツリーが! 動く船により、すぐに視界から消えてしまったので、ラッキーな瞬間に大興奮してしまいました^^

160722_10

そして次に見えたのは、陸橋を渡る電車。近くまで船が近づくので、臨場感に溢れていました。

160722_11

船がUターンを始め、目的地の日の出桟橋に向かい始めます。すると、先ほどまで私が立っていた吾妻橋を越えていき、スカイツリーやアサヒビール本社ビルなどの姿も目に入ってきました。いつも見る位置とは違うため、新鮮な光景です^^

160722_12160722_13

駒形橋を通り過ぎると、遠くに吾妻橋が見え、赤と青の橋のコラボ写真を撮影。船の上だから見ることができる光景ですね。

160722_14

辺りがだんだんと暮れ始め、橋に明かりが灯り始めました。船からの撮影は、橋のすぐそばや真下など、いろいろな角度から撮影できるので面白いですね。さらに、船は停まらないため、瞬時にシャッターを切らないといけないスリル感も楽しいです^^

160722_15160722_16

隅田川の支流に架かる橋もライトアップしています。

160722_17

こちらは清澄橋。こうしてみると、橋のデザインもたくさんありますね^^

160722_18

すると、橋の向こうで、ライティングしたスカイツリーが見えました! 見える位置が変化すると、こうした橋と一体になっているような写真も撮れ、地上では味わえない醍醐味を実感しました。

160722_19

そして、テントのような形が印象的の中央大橋にたどり着き、

160722_20

佃大橋、中央大橋、スカイツリーを一枚の画におさめてみました。都会ならではの絶景ですね。

160722_21

勝鬨橋(かちどきばし)が見え、通り過ぎます。街にもライトが点灯し、薄暮れの中のひときわ美しい光景にくぎ付けです^^

160722_22160722_23

東京タワーも見えました!

160722_24

いよいよ、終点。レインボーブリッジとお台場の観覧車がまばゆいばかりに輝いていました!

160722_25

夕暮れ時に乗船したこともあり、時間とともに移り変わる、橋や街のさまざまな表情を見て、優雅な時間を過ごせた気分です。

隅田川では毎年7月下旬に花火大会が行われます。ホテルの部屋からの鑑賞や、屋形船に揺られながら眺めたり、東京スカイツリーから見下ろしたりすることもできるので、来年はひと味変わった鑑賞を計画しても良いかもしれませんね。

■東京クルーズ
http://www.suijobus.co.jp/cruise/station/asaksa.html

隅田川クルーズで夏の夜を満喫しよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

名物がいっぱいの上野へLet’s Go♪

カテゴリ
2016年07月15日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今年もやってきました「江戸趣味納涼大会 うえの夏まつり」。JR・東京メトロ「上野」駅周辺で繰り広げられる長期に渡って開催されるお祭りです。今回は、お祭りの前に上野の街に訪れ、散策してみました。

JR総武線で「秋葉原」駅へ行き、山手線に乗り換えて「上野」駅で下車します。

160715_01

このすぐ目の前にある碑は、みなさんも聞いたことがあるでしょうか、「あゝ上野駅」の歌碑。上野駅はその昔、東北地方から上京するときの玄関であり、「集団就職」や「出稼ぎ」の象徴の駅でもあった。この歌は、東北出身者を中心に多くの人に愛され続け、心の励みとなり人生の応援歌にもなっていると、説明が書かれていました。その時代の方々には、思い出深い土地なのですね^^

160715_02

さて、上野といえば、お買い物天国のアメヤ横丁が思いつきます。海外の方にも有名な場所ですが、今回はそれを横目に見ながら通り過ぎ、通りへと向かいました。

160715_05

この駅前通り周辺では夏まつりパレードが行われます。さまざまな団体が活気に満ちたパフォーマンスを披露するそうで、街の人もとっても楽しみにしているとのこと。当日はその熱気に包まれるようです。

160715_06

この通りの歩道には量販店があり、その外環沿いに、なんとすごい数のガチャガチャがありました! 数えようと思ったのですが、あまりの多さに断念。圧巻でした。

160715_07

次は、不忍池方面へと歩いていくと、グリーンに包まれたパンダが!

160715_08

少し歩くとまたパンダが! ここはパンダの街ですもんね。いろいろなところでパンダを見つけました^^ 上野にはたくさんの名物があります。

160715_09

そうこうするうちに不忍池に到着。蓮の葉で覆われた緑の空間が広がっています。

160715_10

柵沿いには、「不忍池と蓮」について説明が書かれたパネルがあり、その横に池の中まで入ることのできる通路がありました。池の上散歩ができる!とワクワクしながら歩くと、

160715_11160715_12

ダイナミックな光景が目に飛び込んできました。思わず、キレ~イと声が漏れてしまいました^^

160715_13

池の外周に戻って歩いていると、滝を発見。フレッシュな空気が流れています。その横には小川があり、まさにヒーリングワールド!

160715_14160715_15

こんな素敵な場所があったのかと思い、ベンチに座って少しくつろぎます。すると後方から歓声が。振り返ると大きな建物があり、ここが野外ステージの水上音楽堂だと判明。周囲の木々で、気づきませんでした^^ 約1ヶ月間続く夏まつりでは、コンサートやお笑いなど、ほぼ毎日、なんらかの催しが開催されているそうです。これらも楽しそうですね!

160715_16160715_17

ひと息ついたので、池の周りを散歩してみることにしました。のどかな小道が続きます。

160715_18

右側には先ほどの水上音楽堂が見え、左側には、あれ? アヒルが泳いでいます!

160715_19

遠くにカラフルな塊が見え、きっとアヒルボートにちがいないと思い、足早に近寄ると、色とりどりのボートがありました。ファミリーやカップルが楽しそうにアヒルボートに乗り込み、次から次へとアヒルを泳がせています。水上散歩もいいですね^^

160715_20160715_21

ボート池の後ろには弁天堂があり、七福神の中で唯一の女性の神様、弁財天が祀られています。先ほど蓮の向こうに見えた建物ですね。

160715_22

歩いて来た道とは反対側の不忍池のほとりを歩こうと、弁天堂を背にして歩くと、屋台があり、たくさんの人が行き来しています。まるでお祭りのようです。

160715_23

そして、こちら側の不忍池畔では夏まつり期間中、毎日、骨董市が開かれているとのこと。しかも夜まで行われているので、会社帰りにも寄れますね^^
上野駅を中心にさまざまな場所で、さまざまなイベントが開催されている「うえの夏まつり」は、ただいま真っ最中です。みなさんもぜひ、“夏の上野”にお出かけください。

■上野観光連盟公式サイト
http://www.ueno.or.jp

イベント盛りだくさんの「うえの夏まつり」へLet’s Go♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

朝顔の街、入谷へ

カテゴリ
2016年07月01日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

今年も下半期に突入ですね。7月といえば、各地でお祭りが盛んになる時期。ロッテシティホテル錦糸町界隈でも、さまざまな場所で盛大に行われる予定です。そこで、今回は来週6、7、8日の3日間に行われる入谷朝顔祭りの開催地に散歩に行ってきました。

JR総武線で「秋葉原」駅へ行き、東京メトロ日比谷線に乗り換えて「入谷」駅で下車します。ここまで約18分。

160701_01

地上に出た目の前は昭和通りと言問通りの交差点。信号待ちをしている間、左を見ると通りの向こうにスカイツリーが! いつもはすぐ近くで見ているため、遠くから眺めるのは新鮮な気分でした^^

160701_02

通りを渡り終えようとしたところに、入谷朝顔発祥の地という石碑が立っていました。ブルーやピンクの朝顔が彫られていて可愛い。さすが朝顔の街!

今年で66年目を迎える入谷朝顔まつりは、「恐れ入谷の鬼子母神」という洒落でよく知られる入谷鬼子母神を中心に、言問通りに120軒の朝顔業者と100軒の露店が並び、毎年40万に人出があるそうです。ものすごい活気ですね!

160701_03

当日も足を運びたいな~と思いながら、通りを渡り切ったところに、また朝顔が! お店のちょうちんに書かれていました^^

160701_04

ところで、入谷の朝顔の歴史は深いそうです。調べると、江戸末期の頃に御徒町の下級武士の間で栽培されていましたが幕府崩壊によって、ここ入谷にいた植木屋さんが栽培するようになり、さまざまな種類の見事な朝顔を咲かせていたとのこと。とても評判だったようです。しかし、大正に入って世の中の事情もあり、その姿を消すことになってしまいました。戦後、地元の有志の方々などと協力して復活させ、今に至るそうです。

さて、中心となる入谷鬼子母神真源寺に到着。立派な塀がひときわ目立っていました。

160701_05160701_06

母親と子どもを護る仏教の神として信仰されているここは、ご夫婦でお参りにいらっしゃる方が多く、なかには妊婦さんも。お二人で手を合わせている姿は微笑ましかったです^^

160701_07

浅草の雷門のちょうちんまではいきませんが、こちらも大きなちょうちん。赤と緑で華やか雰囲気です。

160701_08

そして、境内には下谷七福神のひとつ、福緑寿さまがいらっしゃいました。手を合わせたすぐそこにいらっしゃるので、お顔を間近で見ることができます。とっても穏やかな表情。こちらまで気分が和んでしまいました^^

160701_09160701_10

お参りを終え、お祭りが開催される言問通りを進んでいくと、朝顔せんべいの文字を発見! どんなおせんべいなんだろうと不思議に思いながら、お店を覗いてみました。

160701_11

すると、朝顔の形をしたおせんべいがショーケースに!

160701_12

一つ購入して、封を開けてみます。可愛い^^ 花びら型のおせんべいでした。ポリポリと歯ごたえがあり、味もよかったですよ。

160701_13160701_14

お祭り開催地まで行ったので、最寄りのJR「鶯谷」駅から帰ろうと、大きな陸橋を渡りました。陸橋の下にはいくつもの線路が敷かれ、遠くの方まで見渡せます。とっても開放的な空間。少し立ち止まって散歩の疲れを癒しました。

160701_15160701_16

入谷駅から鶯谷駅付近までお店がズラリと並ぶ「入谷朝顔まつり」。まもなく開催です。ぜひ、エンジョイしてくださいね。

■入谷朝顔まつり
http://www.asagao-maturi.com

入谷朝顔まつりに繰り出そう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

もうすぐ三社祭の浅草にひと足先にGO!

カテゴリ
2016年05月06日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

みなさんは、どんなゴールデンウィークを過ごされていますか? 光輝く新緑の中で心ゆくまで楽しまれた方も多いと思います。そんな清々しい季節に、浅草では1300年代頃に始まったと云われている「三社祭」が開催されます。そこで今回は、ひと足先に訪れた浅草の様子をお届けします。

ロッテシティホテル錦糸町からは東京メトロ半蔵門線で隣駅の「押上」へ。都営浅草線に乗り換えて「浅草」駅で下車しました。

160506_01

雷門方面の改札を出ようとしたら、駅構内にお神輿があるのを発見! 三社祭といえば、「お神輿」の活躍が際立っています。そのため、ここ浅草にはいくつかの場所にお神輿が飾られていると聞いたことがありました。これがそのひとつ。煌びやかなお神輿は気持ちを高ぶらせ、「WAO!」と外国人観光客も喜んで撮影していました^^

160506_02

三社祭の本拠地は浅草神社。まずは雷門に到着しました。さすが観光地、たくさんの人ですね。それに負けない雷門は、いつ来ても迫力満点です。

160506_03160506_04

 

雷門を抜けると仲見世が両側にズラリと並んでいます。さまざまな店があり、キョロキョロしながら歩いていると、聞こえてくる言葉が多種多様! いろいろな国から、お客さまが訪れているのだと実感しました。

160506_05160506_06

この仲見世の裏の通りにもたくさんのお店があります。お昼時だったため、ランチでもしようかと店を吟味していると、行列ができている蕎麦屋さんに出会いました。名前は「秋月」。

160506_07

中に入って「せいろ」をオーダー。少し待つと、運ばれてきました^^ 蕎麦を一口すすると、すごいコシ! 美味しい蕎麦に出会えた感動に浸りながら、勢い良く完食しました。

160506_08160506_09

さて、次に向かったのは浅草寺。

160506_10

そして、浅草神社です。

160506_11160506_12

まずはお参り。ふと奥を見ると、和装に包まれた男女お二人の後ろ姿が見えました。挙式です! ステキな瞬間に遭遇できました^^

160506_13

振り返り境内に戻ると、三社祭の看板を見つけ、今年は13,1415日だなぁと思っていると、その先に人だかりがありました。目を凝らしてよく見ると、もしや……!

160506_14160506_15

ビンゴ!と心の中で叫んでしまいました。本社神輿(一之宮・二之宮・三之宮)です。三社祭の最終日に渡御がある3基ですね。この倉庫はいつもは閉ざされているそうですが、ラッキーなことに開放されていました。厳かな雰囲気でしたよ^^

160506_16160506_17

今日は浅草に到着したときから「お神輿」が続いているので、もう一つお神輿を探しに出かけてみることに。神社から横道に入り、並んでいる商店を覗きながら、到着した場所はJRAウィンズ浅草です。この一角にあるそうなのです。

160506_18

壁沿いを歩いていると、見つけました! 黄金に輝いています。威風堂々とした雰囲気が印象的なお神輿でした。

160506_19160506_20

三社祭はこれからなのに、お神輿をたくさん見たら、すでにお祭に参加した気持ちになってしまいました。壮大な三社祭は来週です。楽しみですね^^ みなさまもぜひ足を運んでみてくださいね。

■浅草神社
http://www.asakusajinja.jp/index_2.html

長い歴史を持つ浅草の三社祭に出かけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

古き良き日本を歩こう♪ 人気エリアの「根津」散歩

カテゴリ
2016年04月22日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

爽やかな風が心地よい季節ですね。初々しい緑が日光を浴びて輝き、街全体をキラキラさせています。来週はゴールデンウィーク、みなさんの気持ちもキラキラしているのではないでしょうか。

そんな新緑の季節に訪れたいスポット、日本の古き良き文化が残る街・根津に足を運んでみました。人気の谷根千エリアのひとつですね。ロッテシティホテル錦糸町からは東京メトロ半蔵門線で「大手町」まで出ます。そして東京メトロ千代田線に乗り換えて「根津」駅で下車。ここまで約22分です。

まずは、千九百年余という長い歴史を持つ根津神社を詣でます。

緑が生い茂る中に佇む鳥居をくぐって境内に入ると、薄いブルーの空の下、淡いグリーンに囲まれた楼門(二階建てになった門)が見えました。色のコントラストがキレイですね。

160422_02.jpg

そして、その前にかかる橋からの眺めも素敵です^^

160422_04.jpg

奥の方にある緑の中には赤やピンクの一群が見えます。何でしょうか?と思って近寄ると、つつじ! 境内にある約2000坪のつつじ苑で、色鮮やかなつつじが咲き誇っていたのです。「文京つつじまつり」(~5月5日)が開催され、甘酒茶屋もオープン。神社のお参り+つつじ観賞、そして甘味でひと息というフルコースが楽しめますね^^

160422_06.jpg

楼門を抜けると広々とした空間が広がっています。気持ちいいですね~。

160422_07.jpg

まずは手水舎で手を洗います。すると、立て札に「水盤が真鶴産本小松石の一枚岩から切り出して造られたもの」とあり、珍しい手水鉢だと知りました。

160422_09.jpg>

準備が整い、社殿にてお参りをします。近くで見るとデザインがとても美しく、歴史的建造物の意匠の素晴らしさを感じる瞬間でした。

160422_11.jpg

来た道とは違う門から出ると前方に別の神社が見え、その脇には鳥居が立ち並んでいます。なんだかワクワクしてきたので、行ってみることにしました。

160422_12.jpg

神社に奉納された鳥居をくぐって、くぐって、たどり着いた先は乙女稲荷神社。ここから見渡す景色もなかなかでしたよ^^

160422_14.jpg

境内を存分に散策したので、今度は街の散策に出かけることにしました。神社を出てまっすぐ進むと、金太郎飴の店を発見! 切っても切っても同じ顔がでる飴。「懐かしい!!」と言いながら、お客さまがひっきりなしに立ち寄られていました。

160422_15.jpg

私も懐かしさのあまり、金太郎飴(1本150円)を購入。お店のご主人が「ハサミで簡単に切れるよ」と教えてくれ、楽しみながら味わえる飴を手にでき、ウキウキでした^^

160422_17.jpg

「根津神社入口」という交差点に出たので、左に曲がって進むと「名物 たいやき」の文字を見つけました。実は先ほど神社前で、女性がたいやきのようなものを頬張っていたのを見ていたので、ココだ!と思って、足早に近づくと、残念ながら本日は完売とのこと。一足遅かったようです。

160422_19.jpg

根津駅方面に向かいながら、この街ならではの店を探していると、「根津カレー」という文字が飛び込んできました。ランチついでに立ち寄ってみることに。12種類のスパイスと独自のガーリック製法で仕上げたカレーは、満足の味でした。

以前、根津駅の構内に文庫本コーナがあると聞いたことがあり、お店のオーナーに尋ねてみると、「その昔、この辺りには本屋さんがなかったことから、駅に作られたようです。」と教えてくれました。それはどんなものだろうと興味が湧き、さっそく行ってみました。

160422_22.jpg

期待を膨らませながら階段を降りると、改札の中に千代田線の形をした文庫本コーナーが! 駅に着いたら好きな本を取り、帰りに返すといった愛情あふれるシステム。20年以上も前から設置されているとのことでした^^

根津にはたくさんの方がマップを持ちながら散歩をしています。見所が豊富なのでしょう。私もまた訪れ、路地なども散策してみたいと思います。緑の美しい季節に、みなさまもぜひ足を運んでみてはいかがですか?

■根津神社
http://www.nedujinja.or.jp/index.html

日本の古き良き街、根津に出かけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

隅田公園での”サクラ鑑賞”スポットを探しに

カテゴリ
2016年03月25日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。

東京もついに桜の開花宣言がされましたね! 私たち日本人の心をワクワクさせる桜は、海外の方にも大人気の花木。都内にも有名な花見処がたくさんありますね。みなさんは、どこへお花見に行くか、計画されましたか?

私は開花のひと足先に、ロッテシティホテル錦糸町から近い花見の名所「隅田公園」に行き、”サクラ鑑賞”が楽しめるスポットをリサーチしてきました。

東京メトロで隣駅の「押上」へ、都営浅草線に乗り換えて2つ先の「浅草」駅で下車します。目指すは吾妻橋のたもと。隅田公園は、約1kmにも及ぶ桜並木で毎年多くのお花見客で溢れかえる程の人気スポットです。 関東屈指の桜の名所でもあり、門にも”桜”がありました^^

160325_01.jpg160325_02.jpg

まずは、撮影のベストスポットを探してみることに。公園からは東京スカイツリーが一望できるので、さまざまな箇所で桜とのコラボショットが撮影できます。たくさん撮影した結果、お気に入りはコチラ。ピンク色のベールの向こうにアサヒビール本社とスカイツリーが見えるように構図を構え、開花した時を想像しながらシャッターを押してみました。

160325_03.jpg

次は公園を一歩出た外側から眺めてみようと、公園に沿った道を歩き出しました。すると外国人が楽しげにお茶をしている姿を発見。このテラスからの”サクラ鑑賞”もGOODかもしれませんね。

160325_04.jpg

店の外からオシャレな雰囲気が漂い、気になったので、中に入ってみることにしました。植物が斬新なレイアウトで装飾された店内は、予想以上に洗練されたお洒落空間。桜並木散歩のあとのコーヒーブレイクにもぴったりです^^

160325_05.jpg160325_06.jpg

サンドウィッチなどのパンメニューが豊富で、3階にパン屋さんがあるそう。店内からも、ビルの外からも行けると聞き、行ってみることに。お店を出て、ビルの角を曲がると看板が。「マニュファクチュア 職人製手工業パン屋」とあります。

160325_07.jpg

ガラス越しに職人の方のパン製造姿が見える店内は、カフェとは違ってシンプルな雰囲気。ガラス窓の手前には多種多様なパンがずらりと並んでいます。奥には大きなテーブルがあり、イートインもできるようです。

160325_08.jpg160325_09.jpg

さっそくドライフルーツが入ったパンとスパークリングウォーターを購入し、席で食べてみると、フルーツの甘みと小麦味がしっかりと出た味わい深いパンでした。お花見のときは、公園のベンチで食べたいですね^^

160325_10.jpg

そんなベンチを探しに再び公園へ。アーティスティックなベンチを見つけ、ここでさっきのパンを食べながら”サクラ鑑賞”もいいなとイメージしていたら、前方にたくさんの外国人観光客がいらっしゃいました。

160325_11.jpg

彼らはまるでモデルになったように桜との記念撮影をしていて、とても楽しそうです。

160325_12.jpg

私も桜を間近で拝見。うーん、やはり美しい! 先ほどの皆さんのはしゃぎようが理解できます。しばし”サクラ鑑賞”に浸りました^^

160325_13.jpg160325_14.jpg

その先にはカフェが2軒並びます。どちらからも東京スカイツリーを眺めながらの “サクラ鑑賞”が楽しめるスポットです。

160325_15.jpg160325_16.jpg

少し先に進むと公園がありました。子供たちの声が響き渡り、スカイツリーがそれを寛大に見ているような光景です。ここからの”サクラ鑑賞”も見応えがあるでしょうね。

160325_17.jpg

公園の隅に、別の”春”を発見しました! 菜の花です。鮮やかな黄色がキレイ。公園を華やかに彩っていました。

160325_18.jpg160325_19.jpg

今度は川岸に降りてみることに。川から来る風を感じながら、対岸の桜を見るのも一興でしょう。

160325_20.jpg

そして隅田川を眺めながら来た道を戻ると、水上バスが見えました。船から見上げる”サクラ鑑賞”もステキだろうなと想像していたら、夜桜見物の船も出ていることを知り、ますます船の”サクラ鑑賞”に行ってみたくなりました。

160325_21.jpg160325_22.jpg

お花見は、いろいろな場所からさまざまな方法で楽しめますね。みなさんもぜひ、隅田公園の”サクラ鑑賞”に出かけてみてください。

■墨田観光サイト
http://visit-sumida.jp

隅田公園の”サクラ鑑賞”に出かけてみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線