オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB

スタッフブログ

春の「谷根千」エリアを食べ歩き散歩!

カテゴリ
2018年04月20日

こんにちは、ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

先日、下町風情が残る「谷根千」エリアをお散歩しました。
食べ歩きやフォトウォーク、買い物などが楽しめる谷中・根津・千駄木は散歩にうってつけのエリアです。

01

「谷根千」エリアへは、ロッテシティホテル錦糸町から、JR総武線に乗り「秋葉原」駅へ行き、JR山手線に乗り換え「日暮里」駅で下車します。

02

私が訪れた日も多くの人で賑わっていました。

東京の下町「谷中銀座」。
通りには60軒もの商店が立ち並び、地域の人々の生活に密着した、活気ある商店街です。

03 04

まずは、「肉のすずき」で名物「元気メンチ」を購入。
衣はサクサク、なかはジューシー!これは美味しい!!
こちらのお店、創業は昭和8年の老舗だそうです。

人情あふれる会話、おいしい食べ物の数々、レトロな街並みはとても魅力的。
個人店が多いことも印象的でした。

05

このエリア、猫の聖地としても有名なようですが、
大勢の人で賑わっていたせいか、本物の猫に会うことはできませんでした。
路地裏のほうに入ってみるといいのかもしれませんね。

06

藤色の花がひと際目を引く素敵なお店を発見したので入ってみることにしました。

07

フランス菓子の「ル・クシネ」
シュークリームが有名なようですが、私が訪ねた時間(16時頃)にはもう売り切れということで残念。ショーケースをのぞいてベイクドチーズケーキを購入。

08

お店の佇まいも、包装もかわいい!
家に持ち帰ってから美味しくいただきました。

09

少し歩いて「根津神社」へ。
平成30年4月7日~5月6日まで「つつじまつり」が開催されています。

10

色とりどりに咲くつつじは春を感じさせてくれました。

11 12

敷地内の「乙女稲荷社」には、千本鳥居があり、くぐると邪気払いになると言われているそうです。
外国人観光客も多く、英語での案内書なども用意されているので、海外からのお客様などをお連れすると喜ばれるかもしれませんね。

たくさん歩いて小腹も空いてきたので、以前から気になっていた二軒を訪問。
一軒目は、「カヤバ珈琲」

13

創業は昭和13年。
外観、看板、食器などレトロな雰囲気を残して平成21年にリニューアル。
低めのソファーが新鮮です。

14

「たまごサンド+ルシアン」はこちらの名物。
ルシアンとは、コーヒーとココアを半分ずつ、ほんのり甘い、懐かしい味のホットドリンクです。

15

台湾のデザート「愛玉子」の専門店。

16

食感は寒天よりやわらかくゼリーより固い。
肝臓の妙薬という言い伝えもあるそうです。
店内はお香の香りとかなり個性的な内装でした。

その他にもこの「谷根千」エリアには、個性的なお店や、懐かしい街並み、文化的な建物がたくさんあります。
ぜひお休みの日に、お腹を空かせて出かけてみてください。
きっと素敵な一日になると思いますよ♪

 

春の「谷根千」エリアを食べ歩き散歩!
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

「東京ミッドタウン日比谷」に行ってきました!

カテゴリ
2018年04月06日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

2018年3月29日にオープンしたばかりの、「東京ミッドタウン日比谷」へ行って来ました。

最寄り駅は、「日比谷駅」「有楽町駅」なので、有楽町駅をチョイス!

ロッテシティホテルのある錦糸町からJR総武線に乗り「秋葉原」駅へ、山手線に乗り換えて「有楽町」駅で下車します。乗り換えがスムーズにいけば、16分ほどで着きます。

01

「有楽町駅」からは、徒歩5分ほど。

02

オープンして間もない為、係の方が誘導しています。

03

地下1階から6階までが商業フロアです。

04

3層吹き抜けのアトリウム。
柔らかなカーブを描いた優雅なエントランス。
週末だったこともあり、大変多くの人で賑わっていました。

05

一階には「LEXUS MEETS…」
レクサスの試乗ができるコンセプトカフェです。

06

3階には「HIBIYA CENTRAL MARKET」
雑貨店、洋服店、コーヒースタンド、メガネ店などいくつもの異なるショップが集まった複合施設で、

07

クラフトジンが味わえるバーや、

08

あえてのレトロ感が印象的な理容室が入っており、どこも賑わっています。

09

4、5階には「TOHO CINEMAS」がはいっており、「IMAX」や「プレミアムシアター」が楽しめます。

10

ロビーは天井が高く、窓も大きいので開放感があり、皇居、日比谷公園などを一望できます。

11

そのほかにも地下一階にはフードホールや、ベーカリー、アップルパイの専門店などランチ需要も高そうですね。

周辺には、帝国劇場や、宝塚劇場、日比谷音楽堂などの歴史ある建物があり、最近リニューアルオープンしたシャンテ、ローソンチケット初の独立型店舗「ローチケHIBIYA TICKET BOX」のオープンなど、パワーアップした文化の街日比谷に、皆様も足をはこんでみてはいかがでしょうか?

 

パワーアップした日比谷!新旧文化の街に出かけてみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

 

春のお出かけ!日本で最初の動物園「上野動物園」に行ってきました。

カテゴリ
2018年03月16日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当宇田川です。

日に日に暖かくなってきましたね♪
春らしい青空の日に「上野動物園」に行ってきました!

「上野動物園」のある上野駅までは、ロッテシティホテルのある錦糸町からJR総武線に乗り「秋葉原」駅へ行き、山手線に乗り換えて「上野」駅で下車します。

「上野動物園」は「上野公園」内にあります。

動物園内は東園と西園に分かれており、徒歩またはモノレールにて行き来することができます。

上野動物園には「東園:表門」「西園:弁天門」「西園:池之端門」の三か所の出入り口がありますが、ジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」に会いたい私と友人は、前日にホームページやツイッターなどで情報収集し、朝10時ごろ東園の表門へ向かいます。
(ジャイアントパンダの親子、「シャンシャン」と「シンシン」の観覧整理券の配布状況については、上野動物園公式Twitterをご覧ください。)

https://twitter.com/UenoZooGardens

開園ごろ着けば間に合うだろうと思っていた私たち、遠くに見える人だかりをみて自然と早歩きになっていました。

01

東園:表門には既に大行列ができており、最後尾に並び一歩一歩前に進みます。

02

待っているあいだ聞こえてくるのは「シャンシャン」の話題ばかり。
この大行列をつくっているのが、あの小さな赤ちゃんパンダだということを再確認しました。

30~40分程待って、いよいよ入場ゲートが近づいてきたその時!
アナウンスがはいり、本日の「シャンシャン」「シンシン」観覧整理券の配布は終了しましたとの声。

03

かなりショックでしたが、気を取り直してチケット販売機までなんとか到着。

04

チケットは、購入から使用日まで期限は無いそうなので、前日までの混まない時間などに購入しておけば大行列に並ばなくて済むようですね!

05

「シャンシャン」の愛らしい姿が入場券になっていました!
記念になりますね^^

残念がっていた私に、シャンシャンのお父さんが見られるのでは?と友人が一言。
お父さんパンダの「リーリー」に会えました!
美味しそうに笹を食べていました。

06

抽選にはずれてしまっても、当日整理券がもらえなくても、パンダには会うことが出来ます!笑

07

パンダってなんでこんなにかわいいのでしょうか?
まるまるしたフォルムで、ころころ動いて。
ずっと見ていたかったのですが、上野動物園はパンダだけじゃないですもんね。
先へ進みました。

08

猿山を発見。ケンカかな?遊んでいるのかな?楽しそうでした。

09

マイペースなお猿さんは、体重測定中です。

11

12

売店も大賑わい!

13

東園と西園をつなぐモノレールの乗り場。
そんなに距離があるわけではないので、私たちは歩くことにしました。
並んでいる方をみても、小さい子供さんを連れている方の乗車率が高いようですね♪

14

東館と西館をつなぐいそっぷ橋。

15

橋の名札の上に小さなうさぎが座っていました。
家に帰ってこの橋の由来が気になり調べたところ、この橋のどこかに亀がいるそうです。
ウサギと亀、「イソップ物語」からきていたのですね!
モノレールを使ってスピーディーに東園、西園を行き来するのもいいですが、
ゆっくりと景色を楽しみながら橋を渡るのもいいかもしれませんね。

16

西館に到着。
モノレールが頭上を渡って行きます。

17

西館は全体的に新しい印象で、「すてっぷ館」もそのひとつ。

18

「CHILDREN’S Zoo CENTER」の名の通り子供たちが体感し、感じ、考えるための場です。
事前に予約が必要なことが多いようですので、ホームページのチェックをおすすめします。

19

おトイレもきれいで授乳室もあります。

20

コインロッカーも助かるサービスですね。

21

他にも、ベビーカーの貸し出しや、子どもトイレ、休憩や食事ができるベンチも多いので、疲れた時は休みながら無理なく園内をまわることができました。

「上野動物園」は1882年に開園した、日本で最初の動物園なのだそうです。
3月20日には毎年、開園記念日のため入場料無料になるそうなので、ぜひこの機会に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

春のお出かけ♪シャンシャンにも会える?!日本で最初の動物園「上野動物園」に行ってみよう!
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

 

東京・丸の内 93万球がきらめくシャンパンゴールドのイルミネーション!

カテゴリ
2017年12月04日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

早いもので今年ももうすぐクリスマス。
空気も冷たく澄んで、街の明かりがいつもより輝きはじめましたね。
先日、私は寒さで指先が冷えてツライので新しい手ぶくろを買いに行きました。
あったかいですね♪♪もう手放せません!

そしてどこか出かけたくなり、近くだったので夜の丸の内をお散歩することに。

【丸の内イルミネーション2017】へ足を運んでみることにしました。

01

丸の内エリアを彩る冬の風物詩。
今年は開催16年目だそうです。

02

約1.2Kmにおよぶ丸の内仲通りでは、
200本を越える街路樹がシャンパンゴールドに輝いています。

03 04

途中出会った、トラと白クマのオブジェ。
こちらはそれぞれ、1972年からつづく「丸の内ストリートギャラリー」の展示作品の一つで、
どちらも2015年から設置されている三沢厚彦さんの作品です。子供たちに囲まれ大人気でした。

05

結婚式の前撮りをしているカップルに遭遇しました。
写真を撮らせていただき、幸せオーラを分けてもらいました^^

06

さらに歩くと、丸ビルのなかにひときわ目を引く大きなクリスマスツリーを見つけました。
よく見ると、すべてお花でできていてびっくり!

07

08

この作品、デンマーク出身で、フラワーアーティストのニコライ・バーグマンさんのものだそうです。
黒い箱に敷き詰められた、鮮やかなフラワーボックスで有名な方ですね♪

しばらく眺めているとツリーが真っ赤に光りはじめ、さらに幻想的な雰囲気へと姿を変えていきます。
15分毎に行われている、ライティングショーがはじまったようです。

09

丸ビル、新丸ビルは、この冬48店舗が生まれ変わるそうなので、またゆっくりお買い物に来てみようと思います。

丸の内ブリックスクエアのほうへ足をのばすと、
また個性的なツリーがありました。

10

まんまるオブジェのクリスマスツリーもかわいいですね♪

11 12

向かいには、おしゃれなリサイクルショップ「PASS THE BATON」。
すべての商品に持ち主の顔写真とストーリーが添えてある、見るだけでも楽しい大好きなお店の一つです。
残念ながらこの日はなにも購入しませんでしたが、店内はステキなものばかりでした。

都内では、今年も様々な場所でイルミネーションが開催されています。
皆さまも、冬だけのお楽しみ、少しだけ寒さを忘れて出かけてみませんか?

 

【丸の内イルミネーション2017】
実施期間:2017年11月9日~2018年2月18日
点灯時間:17:30~23:00
※12月は17:00~24:00まで点灯予定

【クリスマスツリー ライティングショー】
実施期間:2017年11月10日~2017年12月25日
点灯時間:17:30~21:00 (約2分間)※15分毎に実施

ロッテシティホテル錦糸町からは、
東京メトロ半蔵門線に乗り、座ったまま5駅。「大手町」駅で下車。
イルミネーション輝く丸の内仲通りまでは徒歩約3分。

 

冬だけのお楽しみ♪丸の内エリアのイルミネーションを見に行こう!
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

 

 

錦糸町周辺の銭湯巡りをしてきました♪

カテゴリ
2017年10月20日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

秋から冬の季節を感じる気候になってきましたね。
こんな季節にはやっぱり暖かいお風呂で温まるのもいいですよね。

そこで今回は錦糸町周辺にたくさんある銭湯を一部ご紹介したいと思います!

 

まずは「御谷湯」

ここは、深夜2時までの営業している天然温泉で、ロッテシティホテル錦糸町から徒歩18分。
スカイツリーからは、大横川親水公園沿いの徒歩20分の場所にあります。

01

02

03

05

お風呂は4階と5階にあり、週代わりで男湯、女湯を入れ替えます。私が立ち寄った日は、女湯が4階だったので、エレベーターに乗って4階へ。

浴場内は写真は撮れませんが、2015年にリニューアルされたばかりで床もロッカーも新しく、キレイです。

浴槽は檜づくりで、湯は黒湯。

モダンな和のデザインで雰囲気があります。

06

04

都内では珍しい、源泉掛け流しです。(23区内では、3箇所ほどしかないそうです)
しかも、4つある浴槽すべてが源泉掛け流しという、掛け流し好きにはたまらないサービス。

その4つの浴槽のひとつに『不感温温泉』というものがあります。

不感温とは、その名のとおり 温度を感じないということです。

つまり、人間の平熱に近い【36℃】の温度に設定された温泉なんです。

エネルギー消費量が少なく、体に負担をかけないため、長湯が可能となリます。

長湯するほど薬理効果が高まる温泉ですから、不感温でゆっくり入れるのは嬉しいですね。

 

不感温温泉で、効果抜群 黒湯にびっくり、5階建て銭湯

【御谷湯】
住所:東京都墨田区石原3-30-8
電話:03-3623-1695
営業時間:15:30~26:00
定休日:月曜日 祝日は翌日休み

 

 

お次は「大黒湯」です。

大黒様の暖簾が目印のロッテシティホテル錦糸町から歩いて12分、スカイツリーからは徒歩10分の場所にあります。

07

08

11

昭和24年創業ですが、5年前に天然温泉と認められた弱アルカリ性温泉です。

いくつかある浴槽のなかで、私のお気に入りは高濃度人口炭酸泉です。

炭酸泉とは炭酸を多く含んだ鉱泉や、温泉のことです。大黒湯は人工の炭酸泉で、とっても高濃度炭酸なのがポイント!

シャンパングラスに飛び込んだかのような気分が味わえますよ。

ほかにも大黒湯では、銭湯とは思えないほどの充実した設備なんです。

 

痒いところに手が届く、美肌の湯、これが私の求める理想の銭湯

【大黒湯】
住所:東京都墨田区横川3-12-14
電話:03-3622-6698
営業時間:平日15:00~24:00
土曜14:00~24:00
日祝13:00~24:00
定休日:月曜日 月曜祝日の場合は翌火曜休み

 

 

他にも薪で沸かした熱めのお風呂が自慢の「黄金湯」。

10

12

【黄金湯】
住所:東京都墨田区太平4-14-6
電話:03-3622-5009
営業時間:平日15:30~24:00
定休日:不定休

 

 

男性専用ですが、24時間楽しめる錦糸町駅直結の「楽天地スパ」など。

13

14

【楽天地スパ】
住所:東京都墨田区江東橋4-27-14 楽天地ビル9階
電話:03-3631-4126
営業時間:24時間
定休日:日曜23:00~翌月曜10:00を除く24時間営業

 

錦糸町周辺には、昔ながらの銭湯が沢山あります。

 

皆さまも、秋の終わりに銭湯でからだを温めてみてはいかがですか?
ロッテシティホテルへのご予約はこちら♪

 

 

 

東京のお伊勢さん?!だらだら祭りに行ってきました♪

カテゴリ
2017年10月06日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。
吹く風が涼しくなり、街路樹の葉も落ちはじめ、すっかり秋めいてきましたね。

先日、東京港区の大門にある芝大神宮の例大祭「だらだら祭り」が行われていたので、お仕事終わりに友人と一緒に足を運んできました。

ロッテシティホテル錦糸町からは東京メトロ半蔵門線で「押上」まで一駅乗って、都営浅草線に乗り換えて「大門」まで。押上駅の乗り換えはスムーズなので、乗り換えがちょっと苦手な私も迷いませんでした^^

大門駅を出ると、どこからともなく祭り囃子が聞こえてきました。その音に誘われるように歩くと、子供達がお囃子を吹いている姿に出会いました。

01

友人に誘われて何気なく立ち寄ったのですが、調べてみるとこのお祭り。江戸時代から人々に愛されている由緒あるお祭りだそうです。

02_

この「だらだら祭り」という名前。気になりますよね。
その名前の由来は開催期間にあるようで、今年は9月11日から21日までのなんと10日間!
これほど長い期間実施されるお祭りは他にないということで、昔の江戸っ子が「だらだら祭り」と呼び始め、いつの間にか正式名称となったということなのです。

03

なぜこんなにも「だらだら」と長いお祭りになったのか?を調べてみたところ、
この芝大神宮では天照大神と、豊受大神という伊勢神宮の内宮と外宮の神様を祀っていることから、【東京のお伊勢さん】と呼ばれていました。
お伊勢参りは江戸の庶民にとって、一生に一度の夢。

伊勢神宮と同じ神様を祀る芝大神宮にお参りを。と、多くの人が押し寄せてきたそうです。
神社はそんな信心深い人々を極力受け入れようとお祭りの期間を延ばし、今日まで続いてきたと言われています。

こんな都心にそんなパワースポットがあったなんて知らなかったので、驚きました。

04

05

「だらだら」とした表情はまったく見せず、凛々しいお顔の獅子舞です^^

06

お祭り期間中、担がれたお神輿が見られるのは二日間だけだそうです。それを知らず、見損ねてしまったので、この日は祀られたお神輿に一礼し、お参りだけをして帰りました。来年、また来ようと思います!

07

お祭り以外にも、縁結び、商い運にも良いと言われるパワースポット芝大神宮。
江戸時代の事件「め組のけんか」の舞台としても有名だそうです。

みなさまも秋のお出かけに参拝してみてはいかがでしょうか?

 

秋のお出かけ、東京のお伊勢さんに行って見よう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら

 

 

 

芸術の秋!すみだトリフォニーホールに行ってきました!

カテゴリ
2017年09月15日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今年は開館から20周年のミレニアムな年!ということで、錦糸町駅から徒歩5分、当ホテルから徒歩7分にある「すみだトリフォニーホール」に行ってきました。
https://www.triphony.com/

ホール探訪スペシャル「大人も子どももワクワク音楽道&バックステージツアー」に参加。

墨田区の全ての区立小学校で行われている特別授業、【新日本フィルの「ワクワク音楽道」】を、大人が受けてみると?!をテーマに、年数回行われています。
大ホールステージはもちろん、舞台裏、楽屋の見学など、普段は見られないすみだトリフォニーホールの秘密を知ることができます。

大ホールステージには立派な4700本のパイプオルガン!表に出ているのは一部で、全体を建物に例えると3階建てくらいというから驚きです。

01

今回は講師としてピアニストの伊賀あゆみさんと、コントラバス奏者の村松裕子さんが授業をしてくれました。

講師のお二人による、ドヴォルザークのユモレスクや、ショパンの子犬のワルツ、など全7曲の豪華なプログラムを同じステージ上で聴けるのは贅沢ですね。

02

コントラバスはエンドピンを直接床にさして演奏をするそうで、木製ステージに目を落とすと穴の数にビックリ!!目を凝らすとステージ上はエンドピンの穴だらけ!

そして、コントラバスからエンドピン、ステージの穴を伝って、ステージ全体が振動し一つの楽器になる。季節や、湿度によって音色が変わるそうです。こんな知識を知っているとこれから聞き方が変わってくるかもしれませんね。

子どもも大人も楽しめる内容に大満足のひとときでした。

 

たっぷり音楽の授業を楽しんだあとは、バックステージ探訪へ。

ステージの袖口上部に飾られているのはグラフィックアーティスト横尾忠則さんの作品で、赤い滝の絵が70枚も!全てに赤が使われているのは、これから演奏する演奏者たちの気持ちが奮い立つようにとのこと。

03

横尾さんは描き終えたあともう滝は描きたくないとつぶやいたとか^^

続いて楽屋を拝見。こちらのお部屋は小澤征爾さんも使われたことのある一等室で、シャワーにトイレ、ピアノ付き!

08

廊下には、著名人のサインが飾られています。

04

ホールの設計にはわざと斜めに大ホールステージを作ることで通路や収納がうまれたり、軽く休憩を取るためのベンチがあったりと、演奏者目線の工夫が色々隠されていました。

小さな工夫は表側にも隠されていて、この廊下は隅田川に流れる桜の花びらがモチーフ。

05

このピアニストのオブジェも有名な方の作品で、床は鍵盤のイメージ。

06

エントランスの重厚な扉の内側は、人間の鼓膜をイメージしたドアノブが施されていました。出る時に気づく演出ですね。

07

他にもたくさん「すみだ」ならではの秘密が隠されているトリフォニーホール。音響も素晴らしく、今年もまだまだ素晴らしい公演が予定されています。

芸術の秋に一度足を運んで見てはいかがでしょうか?

 

芸術の秋にぴったり!「すみだトリフォニーホール」は
ホテルから徒歩7分。
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

 

国の重要文化財「東京丸の内駅舎」を見てきました!

カテゴリ
2017年08月25日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

8月もいよいよ終盤ですね。夏の思い出はたくさんできましたか? 遠方にお出かけになられた方も多いでしょう。その際に利用することが多い、東京駅。立派な赤レンガ造りの丸の内駅舎は、今や観光スポットとして、東京に、日本に、大勢の観光客を呼び寄せています。今回は、その東京駅に足を運んでみました。

ロッテシティホテル錦糸町から、JR総武線快速で3つ目の駅が「東京」駅。約8分という近さです。到着後、丸の内南口に向かって歩いていきました。

改札を出ると、天井の方に何か見えます。見上げると、その光景に釘付け! ドーム型の天井には、ワシや干支のレリーフが据え付けられ、淡い色使いで優しい印象のデザインでした。ステキですね^^

続いて、駅舎を眺めようと外に出て中央の方へと向かいました。どっしりと構えた赤レンガ造りの駅舎は荘厳! 1階と2階部分の赤レンガは、1914年創建当時のものを使用しているそうです。すごいですね。

車寄せの先にある入り口は、皇族や国賓だけが使用する特別なもの。そのため、普段は柵が敷かれています。

正面から見ると、さらに迫力ありますね^^ 国の重要文化財である現役の建築物を使いながら、創建当時の姿に保存・復原した、東京駅丸の内駅舎は、やはり見事は建物でした。

次に向かったのは、駅舎の前方横にある「KITTE」。日本郵便が運営しているJPタワー商業施設で、1階には大きな郵便局があります。オシャレな物販、飲食テナントが入っているので、ウィンドウショッピングも楽しい場所です。

中に入ると、光り輝く開放的な空間が広がります^^ 上を見上げると、ヨーロッパの街並みのような雰囲気も感じられ、異国に迷いこんでしまったかのような気分になりました。ここでは、8月20日から27日まで「はっきよいKITTE」というイベントが開催されています。私は、イベントのひと足先に訪れたので、まだ何も設置されていない、この広いスペースを楽しみました^^

ここには屋上があると聞き行ってみると、高層ビルと芝生のコラボレーションが目に飛び込んできました。

そして、下を覗くと、先ほど見ていた東京駅丸の内駅舎を一望できました! たくさんの方がカメラで記念撮影をしています。この眺めを撮影せずにはいられませんね。私も、美しい1枚を手にしました^^

国の重要文化財にもなっている東京駅丸の内駅舎。現役の駅舎を利用しながら当時の様子を復元した美しさは、たくましさもみなぎっていました。みなさんも、ぜひ、その魅力を味わいに立ち寄ってみてくださいね。

 

国の重要文化財「東京丸の内駅舎」を見に行こう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

 

匠の技を伝える伝統工芸館へ♪

カテゴリ
2017年08月04日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

8月に入り、夏の太陽がまぶしいですね。みなさんは、夏を楽しんでいらっしゃいますか?ホテルから近い日本有数の観光スポット「浅草」には、たくさんのお客さまがいらっしゃっています。その浅草にぜひ足を運んで欲しいスポットがあります。そこは、日本の匠の技を伝える資料館「江戸下町伝統工芸館」です。

ロッテシティホテル錦糸町からは東京メトロで「押上」駅へ行き、都営線に乗り換えて「浅草」駅で下車。いろんなお店が立ち並ぶお買い物天国「浅草ひさご商店街」に向かいました。工芸館はこの中にあります。

1

中に入ると広々としたロビー。壁にはたくさんの職人さんの写真が飾ってあります。この方たちが、伝統の技の継承者なんですね。

2

3

振り向くと、職人さんが実演を! 江戸手描提灯を作っていました。なめらかに筆を動かし、美しく仕上げるその姿はまさにアーティスト! 技術者でありながら、芸術家でもあるんだな〜と思わず見入ってしまいました。そうしていると興味を惹かれ始め、いくつか質問をさせていただきました。どれも、丁寧に教えてくれ、とても勉強にもなりました^^

4

その横に2階に上がる階段があったので、登ってみると、こうした職人さんたちが手がけた工芸品の数々がズラリ!  まずは提灯です。

5

そして、鍋や湯沸かし、おろし金。タンスや鏡まであります。細かいところまで美しさにこだわったすばらしい工芸品の数々には、職人さんの息吹を感じます。すごい技術ですね^^

6 7

8

奥には、小上がりになった和室がありました。ここにもたくさんの品々が。上部に下がる御簾も伝統工芸品なんですね。どうやって作るのでしょうか。

9

さらに紬もありました。高級な織物ですが、このリッチな雰囲気は素材だけでなく、それを織る技術にもあったんですね。

10

最後は、奈良薬師寺の東塔の模型。とても細かい!それをこんなにビューティフルに作るなんて、びっくりです^^

職人さんの魂を感じられる浅草下町伝統工芸館。すばらしい技術に、ただただ驚かされました。みなさんも浅草へのお出かけの際に、ぜひ立ち寄り、工芸品の美しさに触れてくださいね。実演の日程等はHPをご覧ください。

江戸下町伝統工芸館
http://www.city.taito.lg.jp/index/shisetsu/bunkashisetsu/kuritsu/dentoukougeikan.html

 

 

匠の技、伝統工芸を浅草で堪能しよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

 

 

 

観光スポットのメッカ“浅草”散策・パート2

カテゴリ
2017年07月28日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今回は先週に引き続き、観光スポットのメッカ“浅草”の散歩をお届します。見所満載のここは、ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロで「押上」駅へ行き、都営線に乗り換えて「浅草」駅で下車します。

まずは、花やしきエンターテイメントストリートのすぐに近くにある木馬亭に行ってみました。カラフルなノボリや花が飾られ、いつも華やかな場所です。たくさんの方が訪れていて、盛況でした。今度観に行ってみよう♪

0

そして、浅草寺の後ろの方へと足を伸ばすと、おもしろいスポットを発見! なんと、瓦割りのお店があったのです。

1

珍しいなぁと思い、中に入ってお店の方にご挨拶すると、いろいろと教えてくれました。女性でも5枚くらい割れるそうですよ。今度挑戦してみようと思います^^

2

次は言問通りに出てみました。するとすぐに、おもしろいネーミングの看板が目にとまりました。雷おこしの「雷」にかけて、5656(ゴロゴロ)というネームがついた会館。分かりやすいですね。

3

通りを歩いて行くと、大学いものお店に出会いました。大学いも専門店なのでしょうか? 美味しそうです。

4

さらに先に進んでみます。あさくさ千束通りに出ました。目新しい何かが発見できるかもと思い、この通りを散策してみることに。

5

すると、肉のお店や貝のお店といった専門小売店がたくさんあります。特に貝を扱うお店というのは珍しくて、びっくりしました^^

6 7

また、昭和の香り漂う喫茶店も見つけました。100 年の味と看板にある「元祖オムマキ」に興味津々で店内へ。さっそく注文し、料理が運ばれてくると、焼きそばを玉子でくるんだメニューでした。懐かしい味わいで、七味等をかけて食べてもいいそうです。美味しかったです!

8 9

帰り道、トンカツ屋さんの店先に金魚が。心が和む夏の風物詩ですね^^

10

この通りにはまだまだいろんなお店があり、歩いているだけでワクワクしてきます。観光スポットの浅草は有名な場所がたくさんありますが、浅草寺より少し北へ行ったこの場所にたくさんの楽しみがありました。ぜひ、みなさんも足を運んでみてください。

木馬亭
http://mokubatei.art.coocan.jp

 

カワラナ
https://www.facebook.com/kawarana/

 

浅草千束通り商店街
http://senzokudori.com

 

浅草を散歩して新しい発見をしよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

 

 

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線