オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB
  1. スタッフブログ

スタッフブログ

東京福めぐりでハッピーをもらいに♪

カテゴリ
2017年02月03日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

みなさんは、新年に行われる七福神巡りに足を運ばれましたか? 今年は行けなかったという人に朗報です!「東京福めぐり」という、折帖(おりちょう)片手に都営浅草線で巡る開運さんぽというのが開催されています。私は今年の七福神巡りを逃してしまったので、こちらに行ってみました。

170204_01
まず一社目はロッテシティホテル錦糸町からも近い、浅草神社です。東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ行き、都営浅草線に乗り換えて「浅草」駅で下車します。いつも賑わっている雷門に到着しました。そして仲見世を見ながら進んでいくと、浅草寺が見えてきました。

170204_02170204_03

その隣にあるのが浅草神社です。鳥居をくぐって社殿前に。「東京福めぐり」の幟(のぼり)が風にゆらめいてました。

170204_04
170204_05170204_06

すると社殿傍に袴姿の男性と綿帽子をかぶった女性が! これから挙式が執り行われるとのことでした。晴れの舞台に出会えて、とても嬉しかったです^^

170204_07

そういえば、浅草神社には夫婦の狛犬がいますね。その仲睦まじい姿を見に行ってみました。赤い傘に夫婦そろって入っている狛犬がとってもキュートです!

170204_08170204_09

続いては蔵前へ。ここには鳥越神社があります。強力な神さまがたくさん祀られている神社ですね。

170204_10

鳥居の足元をふと見ると、橋がかかっています。とても珍しい。その昔、この辺りは白鳥村といわれたので、その名前が橋にもついていました。

170204_11170204_12

境内には凛々しいお顔の狛犬がいらっしゃいました。また、社殿にかかる鳥越神社の文字も少し変わっていて、情緒深かったです。

170204_13
170204_14

境内を散策すると、安全の神様が祀られた志志岐神社、学問の神・道真公や大黒様など3つの神が祀られている福寿神社がありました。開運パワーがみなぎっているような雰囲気で、強力パワーをいただいたような気分でした^^

170204_15170204_16

次なる神社は、クラシックな西洋の建築様式で造られている三越デパートや三井住友信託銀行が並ぶ日本橋にあります。

170204_17170204_18

こちらは福徳神社。江戸時代に富くじの発行を許された数少ない神社です。

170204_19

社殿前に行き、もちろん、金運アップをお願いしました。

170204_20

すると、お賽銭箱の脇に宝くじ祈願の鈴があり、まだクジを買っていませんが、鳴らしてみるとシャンシャンといい音色がしました。それを聞いたら、クジが当たった気分になってしまいました^^

170204_21

さらにその横にはお稲荷さんがいらっしゃいます。しかも口元に何かを加えているのです。富くじなのでしょうか?

170204_22

こちらの一帯は福徳の森と呼ばれ、境内の横には休憩エリアがあります。その向こうには今川焼きを販売する洒落た茶屋も。ちょっと一息をつき、今川焼きをいただいてみました。

170204_23170204_24

八社めぐる旅は、まだまだ続きます。しかし、ブログでの紹介はここまで。この後はご自身の足でお楽しみくださいませ。ちなみに折帖は、その神社ごとに印をもらい、八社そろうと「開運・八社さんぽ」満願印が押されますよ。

170204_25

■東京福めぐり
http://tokyo29meg.com

東京の福をもらいに神社をめぐろう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

千代田区半蔵門エリアにお出かけ!

カテゴリ
2017年01月27日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

1月も下旬になり、約1週間で立春を迎えます。暦の上では春が近いということ。春風に誘われて散歩をしたくなる日も多くなりますね。そこで今回は、皇居周辺の千代田区エリアに出かけてみました。

ロッテシティホテル錦糸町からは、東京メトロ半蔵門線に乗り「半蔵門」駅で下車。約19分で到着です。

170127_01

まずは国立劇場へ。日本舞踊や文楽、雅楽など、日本の伝統芸能を鑑賞できる場所です。

170127_02

少し中まで入ってみると、劇場入口には提灯が並び、「和」のテイストが満載でした。

170127_03170127_04

国立劇場の真向かいは皇居。ここから少し歩いたところが、桜で有名な千鳥ヶ淵です。

170127_05

お堀に沿って、千鳥ヶ淵とは反対方向に歩いていくと、日本の裁判所の最高機関、最高裁判所が見えてきました。建物から威厳が感じられ、迫力満点です^^

170127_06

また、印象的だったのは最高裁を囲む背の低い松。美しく整えられ、最高機関であるこの場所を上品に彩っているようでした。

170127_07

この先には、周囲を見渡せる公園のようなスポットがあります。目の前には皇居のグリーンが広がり、散歩の休憩に最適な場所です。

170127_08

道なりに進むと高速道路が見え、その向こうにはカラフルなデザインのビルが見えます。こうした面白いものに出会えるのは散歩の醍醐味ですね^^

170127_09

そして、最高裁判所の裏側に出てきました。近くで見るとさらにダイナミック!

170127_10

高速道路の下をくぐり抜けます。こんな風に高速道路の下を見ることはないので、新鮮でした。

170127_11

ここから少し歩くと、平河天満宮に辿り着きました。縁結びの梅で有名な神社ですね。

170127_12

こちらの銅鳥居は高さ5m。千代田区内最古の鳥居だそうです。

170127_13 170127_14

ご祭神は菅原道真公であるため、境内にはたくさんの牛の石像がありました。どれも表情や体格が違い、個性豊か。「撫牛」とあるので、お願い事をしながら撫でてきました^^

170127_15170127_16170127_17

拝殿前にも狛犬のように対になった牛の石像があります。

170127_18

二例二拍手一礼で参拝し、振り向くと

170127_19

縁結びの梅が! ところで、どうして縁結びの梅というのでしょうか。それは、梅の実がペアでなることからだそうです。その光景を早く見たいですね。

170127_20170127_21

御朱印にも梅の印が押され、いただいたおせんべいも梅の形でした。なんだか、たくさんのいい縁と結ばれそうですね^^

170127_22

天満宮のあとは泉屋東京店に立ち寄ってみました。ここは、日本で初めてクッキーを販売した老舗洋菓子店。店内は品の良いお菓子が並び、そこにいるだけで贅沢な気分になってしまいますよ。

170127_23

最後に向かったのは、日本カメラ博物館。日本のカメラの歴史を知ることができ、カメラがお好きな方には楽しくて仕方ないでしょう。もちろん、カメラに詳しくない方でも楽しめますよ^^

170127_24170127_25

千代田区内にはまだまだ見所があり、紀尾井町周辺などにも行ってみたいと思います。みなさんも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

国立劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu.html

平河天満宮
http://hirakawatenjin.or.jp/news/index.html

泉屋東京店
https://www.izumiya-tokyoten.co.jp/index-frame.html

日本カメラ博物館
http://www.jcii-cameramuseum.jp

千代田区エリアの散歩コースで新しい発見をしよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

東京の台所・築地で美味しい冬を体験してきました!

カテゴリ
2017年01月20日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

冬真っ只中の日本、魚が美味しい時期ですね。日本のご飯をイメージするときに欠かせない魚は、刺身や焼き魚、煮魚、鍋など、たくさんの料理で楽しめます。そこで、旬の魚が集まる東京の台所・築地に行ってきました。

ロッテシティホテル錦糸町からは、JR総武線に乗り「秋葉原」駅に行きます。日比谷線に乗り換えて「築地」駅で下車。24分ほどで到着しました。

地下鉄からは、築地本願寺前に出ます。市場に今すぐに行きたい気持ちを抑えて、ちょっとお参りしていきましょう^^

170120_01

日本のお寺らしからぬ建築様式ですね。それもそのはず、外観はインド様式の石造りになっているそうです。しかし、本堂内部は浄土真宗寺院の造りだそうですよ。

170120_02

エメラルドグリーンの扉やカラフルなステンドグラスが、とってもステキです^^

170120_03170120_04

黄金に輝いた本堂内部は荘厳な雰囲気。座席がたくさんあるため、座って心を落ち着かせている方が多数いらっしゃいました。もちろん、私も少しの時間ゆっくりさせてもらいました。

170120_05

リラックスしたので、出入口に行くと、参拝記念カードを発見。去年5月から開始しているそうです。過去のカードはもうないそうなので、レアものになりそうですね^^

170120_06170120_07

さて、築地市場に向かいましょう!と思ったら、この日の市場は定休日。残念・・と思ったのも束の間、その前に広がる場外市場は活気に満ちていると聞き、テンションはまた盛り上がり始めました。さぁ、出陣です!

170120_08

こちらにはたくさんの魚屋さんが肩を並べるかのようにお店を開いています。どこも、種類が豊富で鮮度がいい! 活きたカニなどがいる店もありました。

170120_09170120_10170120_11

なかには、こんな店頭の光景も! まぐろのカマは本物ですよ^^

170120_12

そして、築地は魚屋さんだけではないのです。八百屋さん、燻製(くんせい)屋さん、豆屋さん、包丁屋さん、食器屋さんなどなど、日本の食卓に登場するものはここでひと通りそろえられるのではないでしょうか。

170120_13170120_14

170120_15170120_16

ぐるりと回ったあと、案内所に行きました。分からないことを聞いたり、地図を手に入れたり、ベンチで休憩したりできる場所です。

170120_17170120_18

地図を見ながらどこに行こうかなと吟味していたら、築地には卵焼き屋さんも多いことが分かりました。さっそく訪れてみると、店頭で焼いてくれる店だったので、その場ですぐにいただきました。築地は、お買い物だけでなく食べ歩きもできるんですね^^

170120_19170120_20

フワフワの卵焼きのあとは、鯨の店に遭遇。珍しい食べ物に興味津々となったので、鯨カツを1本いただいてみました。コクがありましたよ〜。

170120_21170120_22

続いては、貝類などを楽しもうと思って散策すると、ありました!! カニや貝類が磯の香りを漂わせていました^^

170120_23170120_24

そろそろお腹もいい感じで膨れてきたのですが、築地に来たからには食べずに帰るわけにはいかない「お寿司」を探してみました。すると、店先で海苔巻きを作っているではないですか!

170120_25

まぐろ尽くしの海苔巻きで、ボリュームもあり、大満足でした!

170120_26

美味しい物がずらりと並ぶ築地は、外国のお客様もたくさん楽しんでいて、東京の台所ではなく世界の台所といった様子。みなさまも足を運び、旬の魚をぜひ楽しんでくださいね。

築地本願寺
http://tsukijihongwanji.jp/?fr=navi

築地市場
http://www.tsukiji.or.jp/index.html

旬の魚で“おいしい冬”を楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

「すみだ水族館」の幻想的な世界へ♪

2017年01月13日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

新しい年が明けて約2週間。社会人のみなさんも学生さんも、新年モードからいつもの日常に戻ってきた頃でしょうか。そんな慌ただしい毎日を癒すイベントが東京スカイツリーの足元にある「すみだ水族館」で行われています。それは、写真家・映画監督である蜷川実花さんの作品とクラゲのコラボレーションです。それでは、その様子をご紹介いたします!

ロッテシティホテル錦糸町からは、お隣の東京メトロ半蔵門線「押上」駅で下車。地上に上がり、スカイアリーナを抜けてすみだ水族館に向かいました。

館内に入って少しすると、ポスターの掲示が。その奥には、色鮮やかな水槽が見えます。あれがお目当ての水槽なのかなとワクワクしながら行ってみると、ふわふわと浮遊するクラゲと蜷川実花さんの美しい映像作品が幻想的な世界を作っていました!

170113_01

水槽に投影された映像作品に、優雅に浮遊するミズクラゲの影が映っています。ふわふわと漂うミズクラゲの影と移り変わる映像作品で、二度と同じ瞬間がないのが見どころです。

170113_02

あまりの美しさに見入っていると、こちらまで浮遊している感覚になってしまいました^^

170113_03170113_04

次のコーナーでは、U字型水槽が蜷川実花さんの写真で彩られています。ビビッドな色や淡い色など彩り豊かで、お客さまたちから「素敵ね〜」という声がたくさん聞こえてきました。

170113_05

各水槽にはさまざまなクラゲがいて、人気の「ブルージェリーフィッシュ」もいました。コロンとしたフォルムがとっても可愛らしい^^ さらに動き方もキュートです。

170113_06170113_07

ほかには、泡のような透明で小さいクラゲや、キノコのようなクラゲなどもいて、それぞれに作品とコラボしていました。

170113_08170113_09

これらの水槽の横には、クラゲの飼育作業を観察できるアクアラボがあります。

170113_10

先ほど見たミズクラゲはすべて、すみだ水族館で生まれたそうです。誕生から、どのように大きくなっていくかなどを、アクアラボにある水槽で見ることができます。ミズクラゲも赤ちゃんのときは、すごく小さいですね。

170113_11

アクアラボを順に見ていたら、ひっくり返っているようなクラゲを発見! このクラゲは何をしているんだろうと思ったら、これは「サカサクラゲ」という種類だそうです。触手が宝石みたいで、とてもキレイでした^^

170113_12170113_13

今度は下に降りて、ちょっと休憩することに。ペンギンや東京大水槽を見ながらアルコールも飲めるカフェに寄ってみました。

170113_14

すると、イベント関連のドリンクが。期間限定なので、贅沢にも2種類を注文してみました^^

170113_15

まずピンクの「ふわふわクラゲソーダ」。ふんわりしたクラゲのような綿菓子をゼリーinソーダの中に溶かして飲みます。甘さ控えめで飲みやすかったです。次にブルーのライトが光る「クラゲカクテル」。ライトの形は写真ですと、球にしか見えませんが、実は・・・。何の形かは、飲んでみてからのお楽しみに! どちらもアルコールなしとアルコール入りが頼めるので、大人も子どもも味わえます。

170113_16170113_17

ひと息ついたので、別のゾーンへと足を運びました。「クラゲ万華鏡トンネル」。幻想的な世界に吸い込まれていくような雰囲気ですね。壁と天井の3面が約5,000枚の鏡で囲まれているそうです。

170113_18

スロープを上がっていくといくつものクラゲ水槽に出会います。水槽には蜷川実花さんの可憐であったり妖艶であったりする映像作品が投影され、ふわふわと浮遊するクラゲとその影とのコラボレーションが楽しめます。さらに、アロマが漂いBGMが流れ、まさにヒーリングワールドのよう! その魅力に酔ってしまいそうです。

170113_19170113_20

170113_21170113_22

スロープを上りきったので、今来た道を振り返ってみると、WAO!! 大きな万華鏡の中を歩いてきたのだと実感しました。不思議の国のアリスの日本版みたいな気分でしたよ^^

170113_23

170113_24

このイベントは、3月14日(火)まで。クラゲ万華鏡トンネルは、昼と夜で投影する映像作品やアロマ、音楽が変わるそうです。ぜひ、非日常の空間をお楽しみください♪

■すみだ水族館 http://www.sumida-aquarium.com

すみだ水族館で幻想的な世界を楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

「日本橋七福神」を詣でてきました!

カテゴリ
2017年01月06日

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

新しい年が始まりましたね。みなさん、初詣ではどんなことをお願いしましたか? また、七福神めぐりに足を運んだ方も多いでしょう。都内には、隅田川七福神や浅草名所七福神など、七福神めぐりができるエリアがいくつかあります。今回はそのひとつ、日本橋七福神に行ってきました。

ロッテシティホテル錦糸町からJR総武線に乗り「秋葉原」駅へ。日比谷線に乗り換えて
隣の「小伝馬町」駅で下車します。ここまで約18分です。

まずは、椙森神社(すぎのもりじんじゃ)。商売繁盛のご利益がある恵比寿神がいらっしゃるところですね。1千年前に創建されたと伝えられています。社殿は淡いグリーンと白で、さわやかな印象です。

170106_01170106_02

境内に「富塚」がありました。これは、江戸時代にこちらで富興業(宝くじの前身といわれている)が行われ、それを記念して建てられた石碑だそうです。宝くじを購入したら、お参りしたいですね。

170106_03

続いて、笠間稲荷神社に向かいます。茨城県笠間市にある日本三大稲荷ともいわれる笠間稲荷神社の東京別社です。こちらには福徳長寿の神様、寿老神が祀られています。落ち着いた朱色の社殿と、数色がミックスされたパステルカラーの鈴のひもが調和し、可愛らしい社殿でした^^

170106_04170106_05

合掌してお参りを終えると何かの気配を感じたので、ふと左を向くと、たくさんのお稲荷さんがいらっしゃるではないですか! 大きさも表情もさまざま。しかも、きちんと対でいらっしゃるんですよ^^

170106_06

続いては、末廣神社。こちらに祀られているのは、世界の守護神・毘沙門天様です。勇ましい姿が特徴的で、勝負事のご利益がありますよね。

170106_07170106_08

日本橋七福神は人形町駅を中心に点在しており、とても巡りやすい場所。さらに七福神めぐりをしながら、人形町の商店街で買い物をしたり、ご飯を食べたりできるのも魅力です。

170106_09

個人的には、古い街並みを楽しみながら歩きました。

170106_10

そうしていたら、次なるスポットの松島神社に到着しました。

170106_11

こちらは酉の市が行われるので大鳥神社ともあります。大黒様が祀られているほか、14の神様がいるそうです。いろんなご利益が期待できますね^^

170106_12170106_13

そして、水天宮にやってきました。安産・子授のご利益で有名な神社。こちらには、「寳生辨財天(ほうしょうべんざいてん)」と呼ばれる、手に剣や矢を持った勇敢なお姿の弁財天様がいらっしゃいます。これは、人の弱い心を正し導く慈悲の姿といわれているそうです。

170106_14170106_15

社殿にあるカラフルな鈴のひもに目がとまりました。どの色を鳴らそうか迷ってしまいますね。ちなみに鈴の鳴らし方が掲示されており、その通りにやってみると、よく鳴りました。どう鳴らすかというと、鈴のひもの上部を持って、下にゆっくり引く。簡単ですよね。みなさまも、神社に鈴があったらぜひ試してみてください。

170106_16

境内には「子宝いぬ」という犬の親子の像もあり、見ているだけで愛情に満たされてしまいました^^

170106_17

七福神めぐりも残すところ、あと2つ。次は、布袋尊が祀られている茶ノ木神社を詣でます。昔は社殿の周りに茶の木と芝が植えられ、見事な光景だったそうですよ。

170106_18

狛犬ならぬ狛お稲荷さんは目つきが鋭く、凛々しかったです^^

170106_19

最後は小網神社。こちらには七福神様が2体いらっしゃいます。

170106_20170106_21

ひとつは像が舟に乗られていたため、万福舟乗弁財天と称した弁財天様です。境内には、「銭洗いの井」があり、お金を清め、財布に入れておけば財運を授かるとのこと。そのため、「東京銭洗い弁天」とも呼ばれています。

170106_22170106_23

もうひとつは、福緑寿様。とっても優しい表情で、癒されてしまいました。

170106_22

7社をお参りし終えましたが、なんだかパワーに満ちた自分を発見! 七福神様の効果をすぐに体感できた気分です。もちろん、みなさまにとって素敵な1年になりますようにとも祈願してきました。いい年になりますよ^^

170106_25

日本橋七福神の情報
http://www.ningyocho.or.jp/contents/walk-course/shichifukujin.html

神様のパワーをチャージしに出かけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

あけましておめでとうございます

2017年01月01日
エリア

新年あけましておめでとうございます。

皆様にとりまして、幸多き一年となりますよう心からお祈り申し上げます。

さて、ロッテシティホテル錦糸町の朝食会場「シャルロッテ」では、

1/1~1/3の3日間、朝食におせちをご用意しております。

伊達巻・黒豆・数の子など・・・

私のおすすめはお雑煮です!!

お雑煮は各ご家庭の味があるかと思いますが、ロッテシティホテル錦糸町のお雑煮は鶏がらベースの汁に鶏肉・大根・人参・なると、それに柔らかいお餅が~♪

是非ご賞味ください。

朝食料金(一般) 大人1620円  子供(小学生)810円

 

160722_curry_19

 

 

 

 

年明けまで続く新橋のイルミネーション!

カテゴリ
2016年12月23日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

明日のクリスマスイブを控え、イルミネーションも輝きを増しているように感じます。街中がロマンチックムードで包まれているようです。多くのイルミスポットは開催期間が25日までですが、ここ新橋は年明け7日までイルミネーションが輝いています。今回は、そんな新橋界隈を散歩してみました。

ロッテシティホテル錦糸町からは、JR総武線快速列車で約16分。乗り換えはありません。さて、新橋駅に到着し烏森口改札を出ました。すると通りの向こうに飲み屋さんなどが立ち並ぶゲートを発見。遠目からでも、活気のある雰囲気が伝わってきます。

161223_01161223_02

イルミネーションが行われているのは、日比谷口だというので、飲み屋さんとは逆の方向へ歩いて行きました。そして、目の前に現れたのは、ブルーに光り輝くSL!

161223_03

SLは、さまざまなカラーに変化します。音楽が流れ、まるでSLが走っているようです。

161223_04

色もたくさん変わりますが、ライトの点灯の仕方も豊富なバリエーション。クルクルとチェンジしていくイルミネーションに見入ってしまいました^^

161223_05

SLだけでなく、周囲のオブジェもさまざまな色や点灯方法で、あっちが点いたと思ったら、こっちが消えて・・・、と見る人を飽きさせません!

161223_06161223_07

SLのライトが消え、オブジェだけが点灯したイルミも、シブくてカッコイイ^^

161223_08

真横から見ても美しいですね。すると運転席に誰かいることに気づきました。

161223_09

近づいてみると、サンタさんでした!

161223_10

イルミネーションを堪能した後は、烏森通りを虎ノ門方面に歩いてみました。すると、カラフルなノボリが目に止まり、覗くと参道が奥の方まで続いています。ここは烏森神社。どんな神社なんだろうと好奇心をかき立たされ、お参りをしてみることにしました。

161223_11161223_12 161223_13

変わった形の鳥居が見え、その向こうには階段があります。この上に本殿があるようです。天に昇って行くみたいな雰囲気の中、階段を上がり、本殿前にて手を合わせました。神社の縁起から、必勝祈願の成就がご利益だそうです。

161223_14161223_15

お参りを終え、階段を降りてクルッと振り向くと、小さな部屋を見つけました。色鮮やかで、思わず足を踏み入れたくなってしまう場所。

161223_16

そこは、心願色みくじを書いて結ぶ空間でした。心願色みくじとは、おみくじと一緒に願かけができる烏森神社オリジナルのおみくじだそうです。

161223_17161223_18

珍しいタイプのおみくじに、興味津々になり、さっそくTRY! まずは色決め。色はご利益別に分かれています。私は金運や幸福、商売のご利益がある黄色を選びました。するとおみくじと願い札、願い玉の3点が授与され、選んだ色と同じペンで札に願い事を書き、ヒモに結びます。

161223_19161223_20

願い札には、実際の行動ができるような内容を書くといいといった、ワンポイントが書かれていました。確かにそうですね^^ 願ってばかりでなく、実践が大事ということでしょう。何を書こうか考えるだけでも楽しかったです。

神社を出て、大通りを歩いていると、今度は虎ノ門駅近くの交差点にあるカッコイイ店に出会いました。お茶を飲もうと思い、中に入ったら、なんと、カフェインをチャージするバーでした!

161223_21

メインメニューは、コーヒーと紅茶、緑茶のエスプレッソ。それをミルクで割ったり、ビールで割ったりしたドリンク類もありました。緑茶のエスプレッソを頼み、一口飲むと、ニガい! しかし、この苦味がクセになりそうです。和三盆を入れると、甘みがプラスされ、飲みやすくなりました。美味しかったです。

161223_22161223_23

新橋の夜はとても活気がありますね。楽しい散歩ができました。

クリスマスが終わると、すぐに新しい年の幕開けです。2016年も残すところ、あとわずか。皆さま、今年もお世話になり、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。皆様にとって幸の多い1年になりますように。

SLイルミネーション
https://www.facebook.com/新橋SL広場-1397823540458463/

烏森神社
http://karasumorijinja.or.jp

caffeineholic
http://www.iamcaffeineholic.jp

活気ある新橋のSLイルミネーションを見に行こう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

まばゆいばかりのスカイツリータウンへ♪

2016年12月16日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

いよいよ来週はクリスマス。聖なる夜が近づいてきましたね。街中がキラキラ光り、歩いているだけでも、なんだかワクワクしてきます。この輝きの空間をずっと見ていたい──、そんな胸の高鳴りを抑えきれず、光輝くイルミネーションが開催されている東京スカイツリータウンに行ってきました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で隣駅の「押上」で下車します。この時期は、東京スカイツリーの特別ライティングを行っているので、早く見たくてかけ足で地上に出ると、上品なシャンパンゴールドと鮮やかなグリーンのライティングで染められたスカイツリーが夜空に浮かび上がっていました!

161216_01

そして、ソラミ坂の入り口の階段には、とってもかわいいハートのイルミネーション♡ たくさんのファミリーやカップルが記念撮影をしていました。この階段を上ると愛に包まれそうですね。

161216_02

では、スカイツリーの足元に広がるスカイアリーナに行ってみます。

161216_03

木々が色づき、紅葉かなと思いましたが、違いました。イルミネーションです! すると音楽が流れ始め、木々の色が赤になり、イルミショーが始まりました!

161216_04

そして、緑に。

161216_05

さらに青になります。

161216_06

この後も、クルクルと色が変わり、木々が踊っているようです。とってもキレイ^^

少し先に進むと、大きなクリスマスツリーが登場しました! これは6.34メートルある「634ツリー」。スカイツリーのミニチュアみたいですね。カラフルなライトが輝き、まるで木にお花が咲いているようでした。

161216_07161216_08

周囲を見渡すとテントを発見。テントの中がキラキラしていたので、近づくと、

161216_09

ロシアのマトリョシカがずらりと並んでいました。

161216_10161216_11

手作りなので、顔の表情がさまざま。かなりユニークな顔つきをしている人形もあり、見ているだけで楽しめます。1番大きい人形と1番小さい人形を比べてたら、こんなに大きさが違うんですね^^ 思わず、笑ってしまいました。

161216_12

また、日本の鞠(まり)もあり、日本とロシアのお店なのかと思ったら、この鞠もロシア産でした。ビタミンカラーで素敵でしたよ!

161216_13

さて、次はソラマチひろばに向かいます。アリーナのある4階からのぞくと、ビッグなクリスマスリースとその前で撮影しているお客様が見えました。私も写真を撮ろうと広場に降りると、おや!? リースの真ん中に人が立ち、記念撮影しているではないですか! ここはフォトスポットだったんですね。次から次へとお客様が真ん中で、ニッコリとポーズをとっています。アジアからのご家族も楽しそうです^^

161216_14161216_15

北十間川沿いの植栽もイルミで輝き、この場を離れるのが惜しい・・と思いながら、次のイルミがあるとうきょうスカイツリー駅方面へと向かいました。

161216_16

駅前に到着すると、お客様をお出迎えしているように立つ、東京スカイツリーの公式キャラクターのソラカラちゃんとテッペンペン、スコブルブルがいました。いつもは元気でかわいいキャラクターたちですが、この日はホワイトの電飾によって、雪の妖精のように見えました^^

161216_17

そして、イルミを楽しむためにもう一度スカイアリーナに戻ろうと階段を登ると、前方には光のカーテンが! うわー美しい〜^^

161216_18

“光”に包まれたスカイツリータウンは、まるでおとぎの国のよう。ロマンチックな冬の夜を過ごすにはぴったりの場所ですよ^^ 「東京スカイツリータウン ドリームクリスマス2016」は、25日まで開催しています。

161216_19

■東京ソスカイツリータウン
http://www.tokyo-skytreetown.jp

まばゆい光に包まれた東京スカイツリータウンに行こう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

紅葉で染まる向島百花園に行ってきました!

カテゴリ
2016年12月09日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

皆さんは今年、どこに紅葉狩りに行きましたか? 忙しくて行けなかったなんていう方、まだ紅葉を鑑賞できるスポットがあるんです。しかも、墨田区ですよ! それは、四季折々の豊かな自然が楽しめる「国指定名勝・史跡 向島百花園」です。今回は、ここに“紅葉散歩”に行ってきました。

ロッテシティホテル錦糸町からは、東京メトロ半蔵門線に乗り、「曳舟」で下車。急行に乗ると、乗車時間はわずか5分です。駅を降りて10分ほど歩くと到着します。

そろそろ、百花園に近づいてきたなと思いながら歩いていると、赤や黄色に変わった木々が見えてきました。そして、それらに囲まれるように庭園入り口が現れました。

161209_01

入り口前のモミジはきれいな朱色になっています。では、庭園の中はどんな様子なのでしょうか。楽しみです^^

161209_02

門を抜け園の中に入ると、燃えているように赤々とした木、グリーンに黄色が混ざった葉などが、さまざまな箇所に。枯れた葉も、光景の一部になっています。

161209_03161209_04

こちらは隅田川七福神の一つであり、お正月に福緑寿さまがご開帳されます。少し早いですが、お参りしようと訪ねてみると、

161209_05

背の高い紅葉した木々に囲まれ、写生でもしたくなるほど絵になる空間でした^^

161209_06

来園してまもないですが、ベンチに座って見る景色を知りたくなり、あづまやへ。すると、葉っぱが光を浴び、キラキラキラキラ。この光景は今だけの特別なもの。ぜいたくな瞬間だなと感じました。

161209_07161209_08

さて、園の奥へと進みます。今度はススキに出会いました。ふさふさと風に揺れる姿を見ると、心がおだやかになっていく気がします。そう感じるのは私だけでしょうか。

161209_09161209_10

続いては、竹林。ここは、いつの季節でも清々しいエリアですね。でも、季節は初冬。青々した葉から、黄色味がかった葉になっていました。

161209_11

あ、竹の皮を発見! こうやって剥けていくんですね。初めて見ました^^

161209_12

そして、この時期の“王様”といえば、イチョウの木。園の奥の方には大きなイチョウの木があり、黄金色に輝いていました。さらに自分の足元、つまり根っこの周囲に黄色のじゅうたんも敷いていましたよ^^

161209_13161209_14

イチョウの後ろにベンチがあるので行ってみると、スカイツリーが見えました! 日光に照らされ、白く輝くスカイツリーはとってもステキでした。

161209_15

そろそろ戻ろうと、来た道とは違う道を歩くと、木を支えている木に赤い花が咲いているのを見つけました。珍しいなぁと思い、近づくと、絡んだ葉が色づいているではないですか! 思わぬ自然に出会った気がして、おトクな気分になりました^^

161209_16161209_17161209_18

 

このほかにも花や実を見つけたりと、紅葉以外にも楽しめる散歩の時間でした。皆さんもぜひ、足を運んでみてくださいね。新しい発見があるかもしれません。

向島百花園情報
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index032.html

近場の紅葉スポット「向島百花園」で自然を楽しもう!
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

墨田区のニュースポット「すみだ北斎美術館」に行ってきました!

カテゴリ
2016年12月02日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

先月22日、待ちに待った美術館「すみだ北斎美術館」がオープンしました。墨田区で生まれ育った世界的芸術家として評価の高い浮世絵師・葛飾北斎の数々の作品を展示しています。どんな美術館なのでしょうか、ウキウキしますね^^

ロッテシティホテル錦糸町からは歩いて約20分。お散歩にはちょうどいい距離の場所にあります。緑町公園の前に到着すると、日本(NIPPON)の頭文字、「N」の形をした建物がピカピカと輝いていました。では、できたてほやほやの美術館に行ってきます!

161202_01

1階はチケット売り場やミュージアムショップ、図書室、北斎や浮世絵をテーマにしたイベントなどを行うモニター付きの講座室があります。日本の方のみならず、海外のお客様もたくさん訪れていました。

161202_02161202_03

企画展と常設展を開催していたので、まずは常設展を鑑賞することに。エレベーターで4階に上がると、広々とした休憩スペースがあり、窓からはスカイツリーが見えます。

161202_04

常設展示室に入ると、1枚の大きな絵が掲げられていました。北斎が86歳のときに描いた『須佐之男命厄神退治之図』(すさのおのみことやくじんたいじのず)です。牛嶋神社に奉納されていた板絵額で、関東大震災で焼けてしまったそうですが、技術を駆使して推定復元したそうです。大きさだけでなく、描かれている神と厄神の躍動感がすごい! 見入ってしまいました^^

161202_05

常設展は7つのゾーンに分かれ、ここは北斎のゆかりの地である墨田区と北斎について触れるコーナー。タッチパネルで場所を指定すると、北斎とゆかりの深いスポットの写真が現れ、壁に映し出されている地図とリンクさせることができます。

161202_06161202_07

そして、その先には高波の絵が見え、暗闇になっていました。ちょっぴりドキドキしながら足を踏み入れると・・・、

161202_08

あ、葛飾北斎!しかも絵を描いている!と思ったら、模型でした。北斎のアトリエを再現したもので、そばで娘さんが見守っています。とてもリアルで当時にタイムスリップしたような気分でした^^

161202_09

では、作品を鑑賞しに行きましょう。作品は壁に並び、下部にはその説明などを読むことができるタッチパネル式の端末があります。

161202_10161202_11

ズラリとならぶ作品の中で印象的だったのは、金太郎が豆をまいて鬼退治する姿が描かれた絵。北斎の作品は、動きがあるので、見ていて楽しいですね^^

161202_12161202_13

さらに先に進むと、芝居小屋が描かれた作品が掲げられていました。色が鮮やか! 北斎の生涯を作品で見ていくので、彼自身や当時の様子などについても知ることができます。

161202_14

有名な2点も、もちろんありました^^

161202_15161202_16

また、展示室中央の一角には、錦絵ができるまでのパネルの展示と動画が放映されています。錦絵に特別な興味があったわけではないのに、見ていると、その手の込んだ工程に芸術の奥深さを感じ、すごく面白かったです^^

161202_17

さらに、北斎が描いた絵手本(絵の書き方を習うために使う手本)を全ページ見ることができるタッチパネルもありました。見て楽しむもの、遊び感覚で楽しむものなど、いろんなタイプのパネルがあり、お客様は「なるほど〜」などと言いながら、触れていました。北斎の作品をこういった形で見せるとは、斬新なアイディアですね^^

161202_18161202_19

新しい美術館はアーティストである北斎の作品と魂を感じられる場所でした。趣向が凝らされ、北斎について深く知ることができ、次は企画展に行ってみようと思います。ぜひ、皆さまも訪れてみてくださいね。

すみだ北斎美術館
http://hokusai-museum.jp

オープンしたての「すみだ北斎美術館」に行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線