オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB
  1. スタッフブログ

スタッフブログ

熱気ムンムン「南米グルメフェア」が始まりました!

カテゴリ
2016年08月08日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

4年に一度のスポーツの祭典、オリンピックが始まりましたね! 今年は、南米ブラジルの都市リオデジャネイロで開催。テレビでオリンピック観戦をしていると、会場の熱気が伝わってきて、遠く離れた日本にいる私までもヒートアップしてしまいます! みなさまはいかがでしょうか?

ロッテシティホテル錦糸町では、そんな熱気を届けたく8月21日まで、モーニングビュッフェでフェアをスタートしました。その名も「南米グルメフェア」。では、さっそくどんなメニューなのか、レストランに行ってみます!

鮮やかな色がアクセントとなった店内は明るく、清潔感に満たされています。テラス席もあり、晴れた日には開放感に浸りながらお食事ができますね。

20160808_0120160808_02

店内奥の方に「コアラのマーチ」のぬいぐるみがたくさん並び、その後ろ側がビュッフェのコーナー。ワクワクしながら行ってみました。

20160808_03

先に目に付いたのは、グリーンとイエローのプレートがついた料理。これこそがまさに今回のスペシャルメニューです!

20160808_04

それでは、一つずつご紹介します。まずは、チキンカツをトロトロのチーズとトマトソースで包んだ「フランゴ・ア・パルメジアーナ。ブラジルの料理ですね。

20160808_05

その隣にあるのは「ブラジル風からあげ」。レモン等の柑橘系を下味にたっぷり入れて味つけられているそうです。香りがいい^^

20160808_06

サラダコーナーにもスペシャルメニューを発見!

20160808_07

ボードにある「本日のサラダ」という項目の下に、「パルタ・レジェーナ」と書かれています。ペルー料理で、「パルタ=アボガド」、「レジェーナ=たくさん」という意味の料理。どんな味わいなのでしょうか?

20160808_0820160808_09

そして、デザートもありました! ブラジルで定番のカスタードプリン「プジン」です。練乳が効いているそうですよ。美味しそう^^

20160808_10

今日はこの4種類。このほかにもブラジル定番煮込み料理や、パラグアイのビーフカツなども登場するそう。何が出るかはその日のお楽しみです。

その他、和食、洋食ともに品数多くラインアップ。カレーや煮込み料理などもあり、多彩な料理が楽しめますね^^

20160808_1120160808_1220160808_13

そして、魅惑的なデザートも豊富です。イチオシは、やはりチョコレート。コクのあるチョコレートアイスに、

20160808_14

レストランで作ったまろやかな味わいのチョコレートドリンク、

20160808_15

そして、ロッテのガーナチョコレートを使用したチョコレートフォンデュです。マシュマロや、チョコが入っていない「パイの実」と「コアラのマーチ」にたっぷりかけて、お召し上がりください^^

20160808_1620160808_17

ほかにもまだまだありますが、そろそろ、料理をいただきます^^。まずは南米グルメフェアの料理から。

20160808_18

チキンカツは柔らかく、トマトの酸味で爽やか! 食べやすい逸品ですね。アボガドがたっぷり入り、濃厚な味わいのレジェーナ、どうやって作っているのでしょうか。ポテトサラダ感覚で食べたくなる料理です。

20160808_1920160808_20

次は和食と洋食。小さく区切られたプレートがあるので、少しずついろいろなものを食べられるのがいいですね。

20160808_2120160808_22

贅沢にも、さまざまな種類の料理を食べ、お腹いっぱいになりました^^ しかし、こちらのレストランでは、これだけでは終わりません。実はお土産のようなサービスまで用意されているのです。それは、ロッテのお菓子を持ち帰ることができる! もちろん、その場で食べても大丈夫ですよ。

20160808_23

朝からフレッシュで楽しい時間が過ごせるモーニングビュッフェ。さらにいまは南米グルメフェアで、普段は食べることができない珍しい料理を味わえます。宿泊のお客様だけでなく、どなたでもお越しいただけますので、ぜひこの機会に召し上がってみてくださいね。

■ロッテシティホテル錦糸町4階「シャルロッテ」
「南米グルメフェア」
~2016年8月21日(日)まで
7:00~10:30(最終入店10:00)※ランチ、ディナーの営業はございません
定休日なし
TEL:03−3622−6100

「南米グルメフェア」を楽しんで熱気に包まれよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

東京ソラマチで“冷んやり”スイーツ散歩

2016年08月05日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

太陽がギラギラ輝く8月。そんな暑い日には冷たいもので体をクールダウンさせたいものです。街中で「氷」の文字を見つけると、思わず、引き寄せられてしまいませんか? そこで今回は、東京ソラマチにある“冷んやり”スイーツの定番、かき氷を探してきました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ。まずは、ソラマチ商店街にある老舗の甘味処「浅草梅園」さんに向かいました。こちらには氷があったはずと思いながら…。

160805_01

いつもは「あわぜんざい」など、しっとりと和テイストをいただくのですが、本日のお目当てはかき氷なので、ショーケースを覗くと、ありました! さわやかな色合いが、ひときわ“涼”を感じさせる氷ですね。

160805_02

なんと、テイクアウト用も! これなら、東京スカイツリーを眺めながら、楽しめます^^

160805_03

そして、氷ではありませんが、こちらのスイーツも夏には欠かせないので、注目せずにはいられませんでした。

160805_04
次は、ウェストヤード2階を散策。すると、苺のかき氷のようなポスターを発見。足早に近づくと、「高知家の食卓 りょうま」さんでした。

160805_05

こちらでは、高知県大月町産の採れたて苺をふんだんに使った「苺氷り」があるとのこと。どんな氷なんだろうと尋ねると、

160805_06160805_07

店員さんが、氷を見せてくれました。苺がまっすぐキレイに並んだ氷。どうやって作っているのでしょうか?

160805_08

そして、機械にセットして、スイッチオン! 氷と苺がミックスされ、淡いピンクの氷がカップにどんどん投入されます。濃厚なミルクが途中と最後にたっぷりかけられ、できあがりました。フレッシュな苺の味がしっかりと出て美味しかったです^^

160805_09160805_10160805_11
続いて、日光の天然氷を思い出し、イーストヤード4Fへ。向かった先は「とちまるショップ」さんです。写真からでも、氷がふわふわしているのが分かりますね。

160805_12160805_13

店内には栃木県の名物がズラリと並んでいます。現地に行かなくても手に入るのが嬉しいですね。

160805_14

ところで、冷んやりスイーツではありませんが、興味津々になったこの一品「餃子風味のポテトチップス」。次回トライしてみたいと思います。

160805_15160805_16
ひとつ上がって5Fへ。ここには、すみだの特産品がラインアップする「産業観光プラザ すみだ まち処」があります。こちらに、かき氷が販売されていないかなと思って行ってみると、「氷」の文字が見えました^^

160805_17160805_18

テラス席があると聞き、スカイツリーを見ながらかき氷を食べてみようと注文。その間、店内を少し物色すると、センスがよく機能的な商品がたくさんあり、どれも欲しくなってしまいました。

160805_19

テラスに出ると、開放的な空間と、その頭上にはスカイツリーが。こうした眺めは初めてで、なんだかウキウキしてしまいます^^

160805_20160805_21

そんなことを思っていたら、宇治金時のかき氷が運ばれてきました。練乳やあんこの甘みに、ほんのりと抹茶の苦みが合わさって、最高でした^^

160805_22
“冷んやり”と美味しい時間を過ごせる夏の逸品、かき氷。みなさんも、ぜひ味わってみてくださいね。

■東京ソラマチ
http://www.tokyo-solamachi.jp

東京ソラマチで“冷んやり”美味しい時間を過ごそう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

暑い夏にピッタリメニュー「真夏のカレーフェア」がスタート!

カテゴリ
2016年07月22日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

昨日21日、ロッテシティホテル錦糸町の朝食ビュッフェレストラン「シャルロッテ」では、夏にふさわしい新しいフェアが始まりました。その名も「真夏のカレーフェア」。なぜか暑い日に食べたくなってしまうカレーですが、今回はさまざまな味わいのカレーをラインアップしているそうです。

そこで、さっそくレストランに行ってみることに。店内は清々しい朝を迎えるのにピッタリな開放感のある空間です。

160722_curry_01

奥の棚にはコアラのぬいぐるみが、たくさん置かれ、うちわを持って“涼”を届けるコアラもいました^^

160722_curry_02160722_curry_03

この向こう側が、ビュッフェ。どんなメニューが並んでいるのでしょうか?!

160722_curry_04

手前のカウンターには、クロワッサンをはじめ、デニッシュなど数種のパンがあります。パクリと食べることができるサイズで、いくつも食べてしまいそう^^ 隣のカウンターには、ひじきや煮物などのお惣菜があり、和食派も洋食派も楽しめる内容になっています。

160722_curry_05160722_curry_06

さらに、ロッテシティホテル錦糸町ならではのデザートも発見! コアラのマーチをかたどったふかふかのパンケーキと、ガーナチョコを使った口溶け豊かなチョコレートフォンデュです^^ このほかのスイーツもあり、食事のあとは優雅なデザートタイムが送れそうですね。

160722_curry_07160722_curry_08

そして、今回のフェアメニュー「カレー」のコーナーへ行ってみると、赤や黄、グリーン、白といったカラフルな多国籍カレーがズラリと並んでいます! さまざまな味が常時6種類あるそうです。

160722_curry_09

それでは、どんなカレーなのか、じっくり見てみましょう。まずはマサラカレー(右)。スパイスの効いたインドのカレーです。お隣のレッドカレー(左)は、タイの定番カレーですね。

160722_curry_10

 

次は、日本でも人気のタイのグリーンカレー(右)。ココナッツとナンプラーの旨みがアクセントになっているそうです。その隣は、なんと珍しい、白色のカレー(左)。北海道発祥で、牛乳と生クリームのコクにスパイスを効かせているとのこと。どんな味なのでしょうか?

160722_curry_11

最後はバターチキンカレー(右)とマッサマンカレー(左)です。バターチキンカレーは北インドの定番ですね。こちらは、オリジナルチョコグレービーソースをかけるといいそうですが、カレー&チョコとは不思議な組み合わせ。これもどんな味わいになるのでしょうか^^ マッサマンカレーはタイ南部の料理で、材料の一部にピーナッツを使用しているため、濃厚なコクと芳醇な香りが魅力だそうです。

160722_curry_12

さらにカレーとベストマッチなサフランライス、各種トッピングも用意されていました。

160722_curry_13160722_curry_14

それでは、器に盛って実際にいただきます。全種類のカレーをテーブルに並べてみると、まるで芸術のような美しさ! 料理はアートなんだなと実感してしまいました^^

160722_curry_15

この日は、カレーともよく合うタンドリーチキンもあり、

160722_curry_16

インドやタイ料理レストランで、セットメニューを注文したような組み合わせも楽しめます。ビュッフェスタイルなので、少しずつ食べて自分の好みの味を見つけてもいいかもしれませんね^^

160722_curry_17

カレー以外のメニューも、もちろん召し上がっていただけます。

160722_curry_18160722_curry_19

好きなものを好きなだけ食べられる朝食ビュッフェ。ドリンク類も合わせると70種類以上のメニューが毎日並びます。ホテル宿泊のお客様だけでなく、どなたでもご来店いただけますので、この機会にさまざまな味のカレーや、ここならではのメニューを楽しんでいただけたらと思います。

■ロッテシティホテル錦糸町4階「シャルロッテ」
「真夏のカレーフェア」
2016年7月21日(木)~8月3日(水)
7:00~10:30(最終入店10:00)※ランチ、ディナーの営業はございません
定休日なし
TEL:03-3622-6100

「真夏のカレーフェア」で多国籍のカレーを味わおう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

夏仕様になりました!!

2016年07月19日

ロッテシティホテル錦糸町のロビーが夏仕様になりました。

懐かしい豚さんの蚊取り線香も・・・

マーチくんと一緒に夕涼みしませんか♪

DCIM0546

 

 

名物がいっぱいの上野へLet’s Go♪

カテゴリ
2016年07月15日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今年もやってきました「江戸趣味納涼大会 うえの夏まつり」。JR・東京メトロ「上野」駅周辺で繰り広げられる長期に渡って開催されるお祭りです。今回は、お祭りの前に上野の街に訪れ、散策してみました。

JR総武線で「秋葉原」駅へ行き、山手線に乗り換えて「上野」駅で下車します。

160715_01

このすぐ目の前にある碑は、みなさんも聞いたことがあるでしょうか、「あゝ上野駅」の歌碑。上野駅はその昔、東北地方から上京するときの玄関であり、「集団就職」や「出稼ぎ」の象徴の駅でもあった。この歌は、東北出身者を中心に多くの人に愛され続け、心の励みとなり人生の応援歌にもなっていると、説明が書かれていました。その時代の方々には、思い出深い土地なのですね^^

160715_02

さて、上野といえば、お買い物天国のアメヤ横丁が思いつきます。海外の方にも有名な場所ですが、今回はそれを横目に見ながら通り過ぎ、通りへと向かいました。

160715_05

この駅前通り周辺では夏まつりパレードが行われます。さまざまな団体が活気に満ちたパフォーマンスを披露するそうで、街の人もとっても楽しみにしているとのこと。当日はその熱気に包まれるようです。

160715_06

この通りの歩道には量販店があり、その外環沿いに、なんとすごい数のガチャガチャがありました! 数えようと思ったのですが、あまりの多さに断念。圧巻でした。

160715_07

次は、不忍池方面へと歩いていくと、グリーンに包まれたパンダが!

160715_08

少し歩くとまたパンダが! ここはパンダの街ですもんね。いろいろなところでパンダを見つけました^^ 上野にはたくさんの名物があります。

160715_09

そうこうするうちに不忍池に到着。蓮の葉で覆われた緑の空間が広がっています。

160715_10

柵沿いには、「不忍池と蓮」について説明が書かれたパネルがあり、その横に池の中まで入ることのできる通路がありました。池の上散歩ができる!とワクワクしながら歩くと、

160715_11160715_12

ダイナミックな光景が目に飛び込んできました。思わず、キレ~イと声が漏れてしまいました^^

160715_13

池の外周に戻って歩いていると、滝を発見。フレッシュな空気が流れています。その横には小川があり、まさにヒーリングワールド!

160715_14160715_15

こんな素敵な場所があったのかと思い、ベンチに座って少しくつろぎます。すると後方から歓声が。振り返ると大きな建物があり、ここが野外ステージの水上音楽堂だと判明。周囲の木々で、気づきませんでした^^ 約1ヶ月間続く夏まつりでは、コンサートやお笑いなど、ほぼ毎日、なんらかの催しが開催されているそうです。これらも楽しそうですね!

160715_16160715_17

ひと息ついたので、池の周りを散歩してみることにしました。のどかな小道が続きます。

160715_18

右側には先ほどの水上音楽堂が見え、左側には、あれ? アヒルが泳いでいます!

160715_19

遠くにカラフルな塊が見え、きっとアヒルボートにちがいないと思い、足早に近寄ると、色とりどりのボートがありました。ファミリーやカップルが楽しそうにアヒルボートに乗り込み、次から次へとアヒルを泳がせています。水上散歩もいいですね^^

160715_20160715_21

ボート池の後ろには弁天堂があり、七福神の中で唯一の女性の神様、弁財天が祀られています。先ほど蓮の向こうに見えた建物ですね。

160715_22

歩いて来た道とは反対側の不忍池のほとりを歩こうと、弁天堂を背にして歩くと、屋台があり、たくさんの人が行き来しています。まるでお祭りのようです。

160715_23

そして、こちら側の不忍池畔では夏まつり期間中、毎日、骨董市が開かれているとのこと。しかも夜まで行われているので、会社帰りにも寄れますね^^
上野駅を中心にさまざまな場所で、さまざまなイベントが開催されている「うえの夏まつり」は、ただいま真っ最中です。みなさんもぜひ、“夏の上野”にお出かけください。

■上野観光連盟公式サイト
http://www.ueno.or.jp

イベント盛りだくさんの「うえの夏まつり」へLet’s Go♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

話題沸騰の東急プラザ銀座へ行ってきました!

カテゴリ
2016年07月08日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今年3月31日にオープンした「東急プラザ銀座」。地下2階から地上11階まで、ファッションや雑貨、レストラン、カフェ、免税店までが入る大型商業施設は

、高級ブランドが立ち並ぶ銀座にふさわしいオシャレスポットです。みなさんは、もうお出かけになられましたか?

ロッテシティホテル錦糸町からは約22分。東京メトロ半蔵門線で「大手町」へ行き、丸ノ内線に乗り換えて「銀座」駅で下車。地上出口の後ろに見えるのが、話題の場所です。

160708_01

数寄屋橋交差点の一角に立つビル、よく見ると何かに似ていませんか? 実は、外観は伝統工芸「江戸切子」をモチーフとしているそうです。キラキラとし、見ているだけでワクワクしてきますね^^ 通り沿いにあるエスカレーターより中へ入ってみました。

160708_02160708_03

すると、きらめく円筒が! その周りの天井は少々くもった鏡のようになっているため、天と地が逆さまになったように映り、不思議の国アリスの世界のようです。

160708_05160708_04

さて、右に進むか左に進むか迷って、キョロキョロすると左方面には東急百貨店の新セレクトストア「ヒンカ リンカ」が。正面に真っ白のオブジェが立っています。

160708_07

近寄っていくと、ブルーライトがオブジェを照らし出し、

160708_08

オブジェが鮮やかなスカイブルーにチェンジしました。美しい~^^

160708_09

その他のヒンカ リンカのフロアには、別のデザインが施されたオブジェがあり、まるで天使の国でショッピングをしている気分になりました。

160708_10160708_11

今度は奥の方に進むと、さまざまな洋服やファッション雑貨が並び、目移りしてしまいます。さらに上へと進みむと6階に、大きなスペースが広がっていました。ここには何?と一瞬立ち止まりましたが、とてもキレイな空間でしたので、吸い込まれるように入っていくと、

160708_12

燦々と降り注ぐ日差しで輝くラグジュアリーなラウンジ「KIRIKO LOUNGE」でした。優雅なリラックス時間が過ごせそうですね^^

160708_13160708_14

さらに上のフロアへと行くと、8階に到着。こちらは「ロッテ免税店銀座」です。撮影は禁止でしたので、内容は皆さまが訪れた際に楽しんでいただければと思います。9階にもあり、たくさんの種類の高級品が楽しめ、どれにしようか迷ってしまうほどでした^^

160708_15

この上はレストランフロア。日本初上陸のレストランもあるそうです。すると、入り口を発見。どうやら屋上へ行けるようです。到着したのは「KIRIKO TERRACE」。

160708_16160708_17

グリーンと空のコラボレーションが、たまらなく気持ちいい場所。まさに都会のオアシスです^^

160708_18160708_19

銀座の街並みが見下ろせ、開放感も抜群でした!

160708_20

銀座の新しい施設は、予想をはるかに超え、リッチでオシャレでスタイリッシュなスポット。ショッピングやグルメだけでなく、ゆっくりとできる癒し空間もあり、さまざまな楽しみ方ができます。ぜひ、皆さんもお立ち寄りください♪

■東急プラザ銀座
http://ginza.tokyu-plaza.com

話題の施設「東急プラザ銀座」に行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

朝顔の街、入谷へ

カテゴリ
2016年07月01日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

今年も下半期に突入ですね。7月といえば、各地でお祭りが盛んになる時期。ロッテシティホテル錦糸町界隈でも、さまざまな場所で盛大に行われる予定です。そこで、今回は来週6、7、8日の3日間に行われる入谷朝顔祭りの開催地に散歩に行ってきました。

JR総武線で「秋葉原」駅へ行き、東京メトロ日比谷線に乗り換えて「入谷」駅で下車します。ここまで約18分。

160701_01

地上に出た目の前は昭和通りと言問通りの交差点。信号待ちをしている間、左を見ると通りの向こうにスカイツリーが! いつもはすぐ近くで見ているため、遠くから眺めるのは新鮮な気分でした^^

160701_02

通りを渡り終えようとしたところに、入谷朝顔発祥の地という石碑が立っていました。ブルーやピンクの朝顔が彫られていて可愛い。さすが朝顔の街!

今年で66年目を迎える入谷朝顔まつりは、「恐れ入谷の鬼子母神」という洒落でよく知られる入谷鬼子母神を中心に、言問通りに120軒の朝顔業者と100軒の露店が並び、毎年40万に人出があるそうです。ものすごい活気ですね!

160701_03

当日も足を運びたいな~と思いながら、通りを渡り切ったところに、また朝顔が! お店のちょうちんに書かれていました^^

160701_04

ところで、入谷の朝顔の歴史は深いそうです。調べると、江戸末期の頃に御徒町の下級武士の間で栽培されていましたが幕府崩壊によって、ここ入谷にいた植木屋さんが栽培するようになり、さまざまな種類の見事な朝顔を咲かせていたとのこと。とても評判だったようです。しかし、大正に入って世の中の事情もあり、その姿を消すことになってしまいました。戦後、地元の有志の方々などと協力して復活させ、今に至るそうです。

さて、中心となる入谷鬼子母神真源寺に到着。立派な塀がひときわ目立っていました。

160701_05160701_06

母親と子どもを護る仏教の神として信仰されているここは、ご夫婦でお参りにいらっしゃる方が多く、なかには妊婦さんも。お二人で手を合わせている姿は微笑ましかったです^^

160701_07

浅草の雷門のちょうちんまではいきませんが、こちらも大きなちょうちん。赤と緑で華やか雰囲気です。

160701_08

そして、境内には下谷七福神のひとつ、福緑寿さまがいらっしゃいました。手を合わせたすぐそこにいらっしゃるので、お顔を間近で見ることができます。とっても穏やかな表情。こちらまで気分が和んでしまいました^^

160701_09160701_10

お参りを終え、お祭りが開催される言問通りを進んでいくと、朝顔せんべいの文字を発見! どんなおせんべいなんだろうと不思議に思いながら、お店を覗いてみました。

160701_11

すると、朝顔の形をしたおせんべいがショーケースに!

160701_12

一つ購入して、封を開けてみます。可愛い^^ 花びら型のおせんべいでした。ポリポリと歯ごたえがあり、味もよかったですよ。

160701_13160701_14

お祭り開催地まで行ったので、最寄りのJR「鶯谷」駅から帰ろうと、大きな陸橋を渡りました。陸橋の下にはいくつもの線路が敷かれ、遠くの方まで見渡せます。とっても開放的な空間。少し立ち止まって散歩の疲れを癒しました。

160701_15160701_16

入谷駅から鶯谷駅付近までお店がズラリと並ぶ「入谷朝顔まつり」。まもなく開催です。ぜひ、エンジョイしてくださいね。

■入谷朝顔まつり
http://www.asagao-maturi.com

入谷朝顔まつりに繰り出そう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

「東京ソラマチ トリビア」を探しに!

カテゴリ
2016年06月24日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

どんよりとした天気が続く梅雨。気持ちまで空と一緒になってしまいがちですね。そんな日々だからこそ、思いきってお出かけしてみませんか。今回は、東京ソラマチにある「東京ソラマチ トリビア」を探しに行ってきました。屋内なので雨の日でも大丈夫。ゲーム感覚でとても楽しめました!

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ、地上に出てソラマチ商店街に行きました。すると頭上にカラフルな飾りがたくさん! まもなく七夕さまですね^^

160624_01

商店街を通り抜け、ソラマチひろばに出ると、何本もの竹に色とりどりの短冊が下がった七夕飾りがありました。短冊にはさまざまな願いが。夢がありますね^^

160624_02160624_03

さて、風情のある光景を見て気持ちが和んだところで、館内に入り、さっそく探検開始! ソラマチに隠されたトリビアを見つけに出発です!

最初はタワーヤード2階のフードマルシェへ。スイーツの王国のようなフロアに到着しました。甘いデザートや香ばしいおかきなど、自分使いにもおみやげにも適した商品がたくさんそろっています。美味しそうなものがカラフルなパッケージに包まれ、見ているだけでも心弾んでしまいます。

160624_04

そして、ここにトリビアが! 天井には、何本もの細長い板が隙間をあけて平行に並んでいます。よく見ると、何かの形に似ていませんか?

160624_05

その形とは、ホイップクリーム。先端部分を見ると分かりやすいかもしれません。見つけるのに少しだけ苦労しましたが、見つけた後にフロアを歩くと、ちょっと物知りになった気分でした^^

160624_06

続いて、イーストヤード3階へと向かいます。エスカレーターを上がったところの壁に描かれたイラストに目がとまりました。よく見ると、東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんの洋服です! オシャレな壁画のように見せるアイディアがすごいですね^^

160624_07160624_08

次のトリビアを探すために、辺りをキョロキョロと見回してみると、ありました! レンガの柱。この壁のすぐ近くにある開放的な休憩スペースの一角です。ここには、世界の「コンニチハ」や「アリガトウ」の文字が刻まれているとのことで、この柱には「HOI」とあります。これはどうやら、オランダ語のようですね。

160624_09160624_10

さらに先に進むともう一つ、発見! ここにはフランス語で「ボンジュール」と刻まれています。このトリビアは全部で5つ。レンガの積み方も、それぞれの国の伝統的な方法にならっているそうで、見比べてみると、確かに違いました! そのほかは、みなさんが探検気分で探してみてくださいね。

160624_11160624_12

次なるトリビアは、床にあるため下を見ながら歩き回ると、見つけました^^  「とうきょうスカイツリー」駅が「業平橋」駅だった頃、そのホームの梁に利用されていたレールの輪切りです。埋め込まれているそうですが、床に描かれたデザインのように見えます。よく通っていたのに気づきませんでした。

160624_13160624_14

この横にはパッと華やかな壁があり、ふと見入ってしまいました。実はこれが最後のトリビア。ローマ字でメッセージが書かれています。ソラマチをさらに楽しむヒントが隠されているそうですよ。さて、なんて書いてあるのでしょうか?!

160624_15

すべてのトリビアを探すことができ、大満足^^ いつもはショッピングやご飯を食べに行っているソラマチですが、こんな遊び方もできるなんて、ステキですね。みなさんもぜひ見つけてみてくださいね。「あった!」なんて、思わず叫んでしまうかもしれませんよ。

■東京ソラマチ
http://www.tokyo-solamachi.jp

「東京ソラマチ トリビア」を見つけに行こう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

墨田区にある自家焙煎の珈琲店巡り

カテゴリ
2016年06月17日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

梅雨に入り、曇った日々が続きますね。そのため、晴れた日は何をしようかとウキウキしてしまいます。しかし、曇天でも雨天でも楽しい時間を過ごしたい、そんな欲張りな気持ちになるのは私だけではないでしょう。そこで、梅雨の時期でも“美味しく楽しい”時間を過ごせるカフェを探しに行ってきました。

巡ったのは、墨田区のとっておきの珈琲店、「すみ珈連(すみこーれん)」の4店舗です。「すみ珈連」とは、今年3月に発足した「すみだ自家焙煎珈琲店連絡会」の略称。こちらの4店舗、ロッテシティホテル錦糸町から比較的近い場所にあるのです。

最初に向かったのは、「Macchinesti Coffee(マキネスティコーヒー)」さん。「錦糸町」駅南口を出て、京葉道路を両国方面に歩くと可愛らしい雰囲気のお店に出会いました。

160617_01

テラス席もありましたが、中に入って店内が一望できる窓際席へ。

160617_02

インテリアがとってもオシャレで気分が弾みます。

160617_03160617_04

カウンターにエスプレッソマシンがあり、奥に焙煎機があるようです。

160617_05

店員さんに話を聞くと、エスプレッソが有名とのこと。そこで「オレンジマキアート」をオーダーしました。

160617_06

オレンジのいい香りがして、クリームがとってもなめらか! 甘みもあってデザートのような珈琲でした^^

珈琲を楽しみながら、店内を少し眺めていると「すみだモダン2015認証書」というプレートを発見。実は「すみ珈連」の4店舗は墨田区の地域ブランド「すみだモダン」の認証を受けた商品やメニューがあるお店なのです。こちらは、いくつかのメニューが認証され、ドリップバッグもその一つとのことでした。

160617_07160617_08

さて、「錦糸町」駅北口に戻り、錦糸公園の後ろに行きます。ここには「すみだ珈琲」さんがあります。和の雰囲気がたまらなく魅力的です。さっそく中へ。

160617_09

すると、引き戸に墨田区の有名な伝統工芸である江戸切子が! とても“味”がありますね。

160617_10

店内に入り、棚を見ると江戸切子のカップがたくさん! こちらでは、このカップで珈琲を飲むことができるというのです。

160617_11

これらのカップで飲む珈琲はどんな味なのでしょう? 楽しみ〜^^と思いながら席に着き、待っていると運ばれてきたのは、ブルーの江戸切子のカップに入った「すみだブレンド」。コクが深くて、柔らかい苦味が印象的です。甘さもあります。このカップで飲むとさらに特別な時間を過ごせるような感じがしました。

160617_12

実はこちらが「すみだモダン」2012の認証商品。美味しいわけですね^^

160617_13

店内の焙煎機の横にはドリップバッグもありました。スタイリッシュなデザインです。

160617_14160617_15

次は東京スカイツリーの方へと向かい、住宅街の一画へ。「すみ珈連」の会長さんのお店「しげの珈琲工房」さんを訪れました。

160617_16

店内には豆がズラリと並んでいます。どの豆にしようかと悩んでしまいますね^^

160617_17

棚の反対側にあるカウンターでは、ご主人が豆の良し悪しを見ながら、適さない豆を取り除く作業をしていました。

160617_18

豆を選べなかったので、ご主人に聞くと、こちらのオススメであり人気ナンバーワンの「すみだモダン」2015の認証商品「「しげのブレンド」をすすめてくれたので、さっそく注文。同時にスイーツも頼んでみました。

160617_19

丁寧に仕上げられた珈琲とスイーツ。どちらも美味い!と叫んでしまうほどの味。癒されます^^

160617_20

さらに、メニューを見て気になったもう一品も注文。「生きゃらめる」です。このスイーツも「すみだモダン」に認証されています。一口食べたら、なんて、まろやかなキャラメルなんでしょう! 驚きの連続でした。

160617_21

最後は、「曳舟」駅近くまで歩きます。途中、スカイツリーが見え、美しいなぁと改めて思いながら進むと、

160617_22

駅近くに「自家焙煎珈琲専門店 Cafe ‘Sucre’(カフェシュクレ)」さんを見つけました。温もりのある雰囲気です^^

160617_23

中をのぞくと、たくさんの商品があります。

160617_24

入り口から商品を拝見していくと、パステルカラーが可愛いやかんやアイスコーヒーのギフトなどが目に止まりました。こちらのお店は軽井沢にも焙煎所があるとのことです。

160617_25160617_26

そして、「すみだモダン」2013の認証商品もありました。愛くるしいカップで、思わずニッコリと微笑んでしまう商品ですね。

160617_27160617_28

奥に進み、カウンター前のメニューを見て本日のおすすめコーヒーと冷蔵庫に並んでいた手作りケーキをオーダー。

160617_29

甘さがちょうどいいケーキにベストマッチした珈琲。最高のひと時です!

160617_30

どのお店も個性的で、味も確か。素敵なお店ばかりで、珈琲店の“はしご”もできてしまいます。墨田区にはこんないい珈琲店があるのかと、嬉しくなってしまいました。ぜひ、みなさんも訪れてみてくださいね。

■Macchinesti Coffee
東京都墨田区緑3-11-5
03-3846-4321
http://macchinesticoffee.com

■すみだ珈琲
東京都墨田区太平4-7-11
03-5637-7783
https://www.facebook.com/sumidacoffee/

■しげの珈琲工房
東京都 墨田区業平2-11-4
03-6658-8420
http://r.goope.jp/shigenocoffee

■自家焙煎珈琲専門店 Cafe ‘Sucre’
東京都墨田区東向島2-31-20
03-3613-7551
http://cafe-sucre.com

墨田区のとっておき珈琲店でくつろごう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

明日から「文京あじさいまつり」が開催される白山神社へ

カテゴリ
2016年06月10日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今週は先週に続いて、この時期だからこそ楽しめる“今の花”をお届けします。第二弾の花は、梅雨の時期に見頃を迎えるあじさい。各所で有名なスポットがたくさんありますが、今回は文京区にある白山神社へ。この週末から、文京花の五大まつりのひとつ「文京あじさいまつり」が開催されます。そこで、ひと足先に訪れ、どんな様子なのか見てきました。

ロッテシティホテル錦糸町からJRで「水道橋」駅へ。都営三田線に乗り換え「白山」で下車。駅前では、お祭りのぼんぼりを取り付ける作業が行われていました。

160610_01

駅の後ろにある道を進み、突き当たったところが白山神社。この神社周辺があじさいのスポットです。

160610_02160610_03

まだお祭り前というのに、境内にはたくさんの人! さすが、名所ですね^^

160610_04

まずは、お参りをするために手水舎へ。すると左側はおみくじ、右側はあじさいで囲まれていました! 神社ならではの光景。風情がありますね。

160610_05

ここに咲いていたあじさいは、少々変わった花びら。縁のある小花がかわいいです^^

160610_06

さて、本殿へ向かうと参拝者の列ができていました。こちらは、歯痛止めの神様と言われ、珍しいご利益があるのです。

160610_07

お参りが終わったので、あじさいを求めて境内に出ると、満開とまではいいませんが、かなりの数のあじさいが咲いており、みなさん、撮影に集中していました。私も負けまいとたくさん撮ってみました^^

160610_08160610_10160610_09

紫や濃いブルー、水色など、鮮やかでキレイですね~。日の光が当たり、美しさを倍にしています。

花びらが額のようになったガクアジサイもありました! 咲きかけの花も多く、これらが咲いた頃にまた訪れたいです。

160610_11160610_12

道なりに歩いていたら、本殿の後ろに行く道を発見。何があるんだろうとワクワクしながら向かうと、白山公園に出ました。

160610_13

あじさいの上の佇む神社の姿が、情緒たっぷり。

160610_14

ここには白色のあじさいがありました。その姿は真っ白なウェディングドレスを来た花嫁さんのよう! 純白はゴージャスだなと改めて感じました。咲きかけの花もあり、黄色味がかった花びらが見えます。開いていく過程で白くなるのですね。勉強になりました^^

160610_15160610_16

公園を抜けたところに、フェンスで仕切られた小高い丘があります。そこからあじさいが顔を出していますが、ここは何でしょう? そんな疑問を持ちながら足を進めると、

160610_17

あじさいまつりの期間だけ解放する場所でした。中が早く見たいですね! 周囲からも残念そうな声が聞こえていました。

160610_18

ぐるりとあじさいの見所を巡り終わり、一息ついていると、駐車場に行ってみるといいと近くにいた方が教えてくれたので、向かってみると、あじさいが見事に咲き誇っていました!

160610_19160610_20

「文京あじさいまつり」は19日まで開催しています。ぜひ、みなさんも足を運んで、今だけの美しさや香りを楽しんでくださいね。

■文京あじさいまつり
http://www.city.bunkyo.lg.jp/ajisai.html
6月11日(土)~6月19日(日)

あじさいの名所、白山神社に出かけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線