オンライン予約

ベストレート保障
宿泊条件から検索
/
  • 予約の確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
カレンダーから検索
宿泊プランから検索する
ロッテシティホテル錦糸町は健康増進法に基づき全室禁煙です。
※喫煙される方はフロント階・喫煙スペースをご利用ください。
※ロッテシティホテル錦糸町の駐車場は、数に限りがございますので、事前予約をお願い致します。
周辺情報満載です!スタッフブログ
東京スカイツリー情報ほか、
周辺の美味しいグルメ&お土産
スポットも紹介中!

ロッテシティホテル錦糸町 インフォメーション

ロッテシティご案内

DVD,本、グルメにカフェ、バーなど、ホテル内のショップをご紹介。

お客様の声

ロッテシティホテル錦糸町で最高の朝を迎えたお客様からの声。

スイートステイガイド

ロッテシティホテル錦糸町が提案する、賢い&贅沢な時間の過ごし方を紹介。

東京スカイツリー

ロッテシティホテル錦糸町は東京スカイツリーを望む絶好のロケーションです。

  • 錦糸町周辺スポットマップ ※PDFファイル 7.20MB
  1. スタッフブログ

スタッフブログ

名物がいっぱいの上野へLet’s Go♪

カテゴリ
2016年07月15日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今年もやってきました「江戸趣味納涼大会 うえの夏まつり」。JR・東京メトロ「上野」駅周辺で繰り広げられる長期に渡って開催されるお祭りです。今回は、お祭りの前に上野の街に訪れ、散策してみました。

JR総武線で「秋葉原」駅へ行き、山手線に乗り換えて「上野」駅で下車します。

160715_01

このすぐ目の前にある碑は、みなさんも聞いたことがあるでしょうか、「あゝ上野駅」の歌碑。上野駅はその昔、東北地方から上京するときの玄関であり、「集団就職」や「出稼ぎ」の象徴の駅でもあった。この歌は、東北出身者を中心に多くの人に愛され続け、心の励みとなり人生の応援歌にもなっていると、説明が書かれていました。その時代の方々には、思い出深い土地なのですね^^

160715_02

さて、上野といえば、お買い物天国のアメヤ横丁が思いつきます。海外の方にも有名な場所ですが、今回はそれを横目に見ながら通り過ぎ、通りへと向かいました。

160715_05

この駅前通り周辺では夏まつりパレードが行われます。さまざまな団体が活気に満ちたパフォーマンスを披露するそうで、街の人もとっても楽しみにしているとのこと。当日はその熱気に包まれるようです。

160715_06

この通りの歩道には量販店があり、その外環沿いに、なんとすごい数のガチャガチャがありました! 数えようと思ったのですが、あまりの多さに断念。圧巻でした。

160715_07

次は、不忍池方面へと歩いていくと、グリーンに包まれたパンダが!

160715_08

少し歩くとまたパンダが! ここはパンダの街ですもんね。いろいろなところでパンダを見つけました^^ 上野にはたくさんの名物があります。

160715_09

そうこうするうちに不忍池に到着。蓮の葉で覆われた緑の空間が広がっています。

160715_10

柵沿いには、「不忍池と蓮」について説明が書かれたパネルがあり、その横に池の中まで入ることのできる通路がありました。池の上散歩ができる!とワクワクしながら歩くと、

160715_11160715_12

ダイナミックな光景が目に飛び込んできました。思わず、キレ~イと声が漏れてしまいました^^

160715_13

池の外周に戻って歩いていると、滝を発見。フレッシュな空気が流れています。その横には小川があり、まさにヒーリングワールド!

160715_14160715_15

こんな素敵な場所があったのかと思い、ベンチに座って少しくつろぎます。すると後方から歓声が。振り返ると大きな建物があり、ここが野外ステージの水上音楽堂だと判明。周囲の木々で、気づきませんでした^^ 約1ヶ月間続く夏まつりでは、コンサートやお笑いなど、ほぼ毎日、なんらかの催しが開催されているそうです。これらも楽しそうですね!

160715_16160715_17

ひと息ついたので、池の周りを散歩してみることにしました。のどかな小道が続きます。

160715_18

右側には先ほどの水上音楽堂が見え、左側には、あれ? アヒルが泳いでいます!

160715_19

遠くにカラフルな塊が見え、きっとアヒルボートにちがいないと思い、足早に近寄ると、色とりどりのボートがありました。ファミリーやカップルが楽しそうにアヒルボートに乗り込み、次から次へとアヒルを泳がせています。水上散歩もいいですね^^

160715_20160715_21

ボート池の後ろには弁天堂があり、七福神の中で唯一の女性の神様、弁財天が祀られています。先ほど蓮の向こうに見えた建物ですね。

160715_22

歩いて来た道とは反対側の不忍池のほとりを歩こうと、弁天堂を背にして歩くと、屋台があり、たくさんの人が行き来しています。まるでお祭りのようです。

160715_23

そして、こちら側の不忍池畔では夏まつり期間中、毎日、骨董市が開かれているとのこと。しかも夜まで行われているので、会社帰りにも寄れますね^^
上野駅を中心にさまざまな場所で、さまざまなイベントが開催されている「うえの夏まつり」は、ただいま真っ最中です。みなさんもぜひ、“夏の上野”にお出かけください。

■上野観光連盟公式サイト
http://www.ueno.or.jp

イベント盛りだくさんの「うえの夏まつり」へLet’s Go♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

話題沸騰の東急プラザ銀座へ行ってきました!

カテゴリ
2016年07月08日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今年3月31日にオープンした「東急プラザ銀座」。地下2階から地上11階まで、ファッションや雑貨、レストラン、カフェ、免税店までが入る大型商業施設は

、高級ブランドが立ち並ぶ銀座にふさわしいオシャレスポットです。みなさんは、もうお出かけになられましたか?

ロッテシティホテル錦糸町からは約22分。東京メトロ半蔵門線で「大手町」へ行き、丸ノ内線に乗り換えて「銀座」駅で下車。地上出口の後ろに見えるのが、話題の場所です。

160708_01

数寄屋橋交差点の一角に立つビル、よく見ると何かに似ていませんか? 実は、外観は伝統工芸「江戸切子」をモチーフとしているそうです。キラキラとし、見ているだけでワクワクしてきますね^^ 通り沿いにあるエスカレーターより中へ入ってみました。

160708_02160708_03

すると、きらめく円筒が! その周りの天井は少々くもった鏡のようになっているため、天と地が逆さまになったように映り、不思議の国アリスの世界のようです。

160708_05160708_04

さて、右に進むか左に進むか迷って、キョロキョロすると左方面には東急百貨店の新セレクトストア「ヒンカ リンカ」が。正面に真っ白のオブジェが立っています。

160708_07

近寄っていくと、ブルーライトがオブジェを照らし出し、

160708_08

オブジェが鮮やかなスカイブルーにチェンジしました。美しい~^^

160708_09

その他のヒンカ リンカのフロアには、別のデザインが施されたオブジェがあり、まるで天使の国でショッピングをしている気分になりました。

160708_10160708_11

今度は奥の方に進むと、さまざまな洋服やファッション雑貨が並び、目移りしてしまいます。さらに上へと進みむと6階に、大きなスペースが広がっていました。ここには何?と一瞬立ち止まりましたが、とてもキレイな空間でしたので、吸い込まれるように入っていくと、

160708_12

燦々と降り注ぐ日差しで輝くラグジュアリーなラウンジ「KIRIKO LOUNGE」でした。優雅なリラックス時間が過ごせそうですね^^

160708_13160708_14

さらに上のフロアへと行くと、8階に到着。こちらは「ロッテ免税店銀座」です。撮影は禁止でしたので、内容は皆さまが訪れた際に楽しんでいただければと思います。9階にもあり、たくさんの種類の高級品が楽しめ、どれにしようか迷ってしまうほどでした^^

160708_15

この上はレストランフロア。日本初上陸のレストランもあるそうです。すると、入り口を発見。どうやら屋上へ行けるようです。到着したのは「KIRIKO TERRACE」。

160708_16160708_17

グリーンと空のコラボレーションが、たまらなく気持ちいい場所。まさに都会のオアシスです^^

160708_18160708_19

銀座の街並みが見下ろせ、開放感も抜群でした!

160708_20

銀座の新しい施設は、予想をはるかに超え、リッチでオシャレでスタイリッシュなスポット。ショッピングやグルメだけでなく、ゆっくりとできる癒し空間もあり、さまざまな楽しみ方ができます。ぜひ、皆さんもお立ち寄りください♪

■東急プラザ銀座
http://ginza.tokyu-plaza.com

話題の施設「東急プラザ銀座」に行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

朝顔の街、入谷へ

カテゴリ
2016年07月01日
エリア

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

今年も下半期に突入ですね。7月といえば、各地でお祭りが盛んになる時期。ロッテシティホテル錦糸町界隈でも、さまざまな場所で盛大に行われる予定です。そこで、今回は来週6、7、8日の3日間に行われる入谷朝顔祭りの開催地に散歩に行ってきました。

JR総武線で「秋葉原」駅へ行き、東京メトロ日比谷線に乗り換えて「入谷」駅で下車します。ここまで約18分。

160701_01

地上に出た目の前は昭和通りと言問通りの交差点。信号待ちをしている間、左を見ると通りの向こうにスカイツリーが! いつもはすぐ近くで見ているため、遠くから眺めるのは新鮮な気分でした^^

160701_02

通りを渡り終えようとしたところに、入谷朝顔発祥の地という石碑が立っていました。ブルーやピンクの朝顔が彫られていて可愛い。さすが朝顔の街!

今年で66年目を迎える入谷朝顔まつりは、「恐れ入谷の鬼子母神」という洒落でよく知られる入谷鬼子母神を中心に、言問通りに120軒の朝顔業者と100軒の露店が並び、毎年40万に人出があるそうです。ものすごい活気ですね!

160701_03

当日も足を運びたいな~と思いながら、通りを渡り切ったところに、また朝顔が! お店のちょうちんに書かれていました^^

160701_04

ところで、入谷の朝顔の歴史は深いそうです。調べると、江戸末期の頃に御徒町の下級武士の間で栽培されていましたが幕府崩壊によって、ここ入谷にいた植木屋さんが栽培するようになり、さまざまな種類の見事な朝顔を咲かせていたとのこと。とても評判だったようです。しかし、大正に入って世の中の事情もあり、その姿を消すことになってしまいました。戦後、地元の有志の方々などと協力して復活させ、今に至るそうです。

さて、中心となる入谷鬼子母神真源寺に到着。立派な塀がひときわ目立っていました。

160701_05160701_06

母親と子どもを護る仏教の神として信仰されているここは、ご夫婦でお参りにいらっしゃる方が多く、なかには妊婦さんも。お二人で手を合わせている姿は微笑ましかったです^^

160701_07

浅草の雷門のちょうちんまではいきませんが、こちらも大きなちょうちん。赤と緑で華やか雰囲気です。

160701_08

そして、境内には下谷七福神のひとつ、福緑寿さまがいらっしゃいました。手を合わせたすぐそこにいらっしゃるので、お顔を間近で見ることができます。とっても穏やかな表情。こちらまで気分が和んでしまいました^^

160701_09160701_10

お参りを終え、お祭りが開催される言問通りを進んでいくと、朝顔せんべいの文字を発見! どんなおせんべいなんだろうと不思議に思いながら、お店を覗いてみました。

160701_11

すると、朝顔の形をしたおせんべいがショーケースに!

160701_12

一つ購入して、封を開けてみます。可愛い^^ 花びら型のおせんべいでした。ポリポリと歯ごたえがあり、味もよかったですよ。

160701_13160701_14

お祭り開催地まで行ったので、最寄りのJR「鶯谷」駅から帰ろうと、大きな陸橋を渡りました。陸橋の下にはいくつもの線路が敷かれ、遠くの方まで見渡せます。とっても開放的な空間。少し立ち止まって散歩の疲れを癒しました。

160701_15160701_16

入谷駅から鶯谷駅付近までお店がズラリと並ぶ「入谷朝顔まつり」。まもなく開催です。ぜひ、エンジョイしてくださいね。

■入谷朝顔まつり
http://www.asagao-maturi.com

入谷朝顔まつりに繰り出そう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

「東京ソラマチ トリビア」を探しに!

カテゴリ
2016年06月24日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

どんよりとした天気が続く梅雨。気持ちまで空と一緒になってしまいがちですね。そんな日々だからこそ、思いきってお出かけしてみませんか。今回は、東京ソラマチにある「東京ソラマチ トリビア」を探しに行ってきました。屋内なので雨の日でも大丈夫。ゲーム感覚でとても楽しめました!

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ、地上に出てソラマチ商店街に行きました。すると頭上にカラフルな飾りがたくさん! まもなく七夕さまですね^^

160624_01

商店街を通り抜け、ソラマチひろばに出ると、何本もの竹に色とりどりの短冊が下がった七夕飾りがありました。短冊にはさまざまな願いが。夢がありますね^^

160624_02160624_03

さて、風情のある光景を見て気持ちが和んだところで、館内に入り、さっそく探検開始! ソラマチに隠されたトリビアを見つけに出発です!

最初はタワーヤード2階のフードマルシェへ。スイーツの王国のようなフロアに到着しました。甘いデザートや香ばしいおかきなど、自分使いにもおみやげにも適した商品がたくさんそろっています。美味しそうなものがカラフルなパッケージに包まれ、見ているだけでも心弾んでしまいます。

160624_04

そして、ここにトリビアが! 天井には、何本もの細長い板が隙間をあけて平行に並んでいます。よく見ると、何かの形に似ていませんか?

160624_05

その形とは、ホイップクリーム。先端部分を見ると分かりやすいかもしれません。見つけるのに少しだけ苦労しましたが、見つけた後にフロアを歩くと、ちょっと物知りになった気分でした^^

160624_06

続いて、イーストヤード3階へと向かいます。エスカレーターを上がったところの壁に描かれたイラストに目がとまりました。よく見ると、東京スカイツリー公式キャラクターのソラカラちゃんの洋服です! オシャレな壁画のように見せるアイディアがすごいですね^^

160624_07160624_08

次のトリビアを探すために、辺りをキョロキョロと見回してみると、ありました! レンガの柱。この壁のすぐ近くにある開放的な休憩スペースの一角です。ここには、世界の「コンニチハ」や「アリガトウ」の文字が刻まれているとのことで、この柱には「HOI」とあります。これはどうやら、オランダ語のようですね。

160624_09160624_10

さらに先に進むともう一つ、発見! ここにはフランス語で「ボンジュール」と刻まれています。このトリビアは全部で5つ。レンガの積み方も、それぞれの国の伝統的な方法にならっているそうで、見比べてみると、確かに違いました! そのほかは、みなさんが探検気分で探してみてくださいね。

160624_11160624_12

次なるトリビアは、床にあるため下を見ながら歩き回ると、見つけました^^  「とうきょうスカイツリー」駅が「業平橋」駅だった頃、そのホームの梁に利用されていたレールの輪切りです。埋め込まれているそうですが、床に描かれたデザインのように見えます。よく通っていたのに気づきませんでした。

160624_13160624_14

この横にはパッと華やかな壁があり、ふと見入ってしまいました。実はこれが最後のトリビア。ローマ字でメッセージが書かれています。ソラマチをさらに楽しむヒントが隠されているそうですよ。さて、なんて書いてあるのでしょうか?!

160624_15

すべてのトリビアを探すことができ、大満足^^ いつもはショッピングやご飯を食べに行っているソラマチですが、こんな遊び方もできるなんて、ステキですね。みなさんもぜひ見つけてみてくださいね。「あった!」なんて、思わず叫んでしまうかもしれませんよ。

■東京ソラマチ
http://www.tokyo-solamachi.jp

「東京ソラマチ トリビア」を見つけに行こう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

墨田区にある自家焙煎の珈琲店巡り

カテゴリ
2016年06月17日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

梅雨に入り、曇った日々が続きますね。そのため、晴れた日は何をしようかとウキウキしてしまいます。しかし、曇天でも雨天でも楽しい時間を過ごしたい、そんな欲張りな気持ちになるのは私だけではないでしょう。そこで、梅雨の時期でも“美味しく楽しい”時間を過ごせるカフェを探しに行ってきました。

巡ったのは、墨田区のとっておきの珈琲店、「すみ珈連(すみこーれん)」の4店舗です。「すみ珈連」とは、今年3月に発足した「すみだ自家焙煎珈琲店連絡会」の略称。こちらの4店舗、ロッテシティホテル錦糸町から比較的近い場所にあるのです。

最初に向かったのは、「Macchinesti Coffee(マキネスティコーヒー)」さん。「錦糸町」駅南口を出て、京葉道路を両国方面に歩くと可愛らしい雰囲気のお店に出会いました。

160617_01

テラス席もありましたが、中に入って店内が一望できる窓際席へ。

160617_02

インテリアがとってもオシャレで気分が弾みます。

160617_03160617_04

カウンターにエスプレッソマシンがあり、奥に焙煎機があるようです。

160617_05

店員さんに話を聞くと、エスプレッソが有名とのこと。そこで「オレンジマキアート」をオーダーしました。

160617_06

オレンジのいい香りがして、クリームがとってもなめらか! 甘みもあってデザートのような珈琲でした^^

珈琲を楽しみながら、店内を少し眺めていると「すみだモダン2015認証書」というプレートを発見。実は「すみ珈連」の4店舗は墨田区の地域ブランド「すみだモダン」の認証を受けた商品やメニューがあるお店なのです。こちらは、いくつかのメニューが認証され、ドリップバッグもその一つとのことでした。

160617_07160617_08

さて、「錦糸町」駅北口に戻り、錦糸公園の後ろに行きます。ここには「すみだ珈琲」さんがあります。和の雰囲気がたまらなく魅力的です。さっそく中へ。

160617_09

すると、引き戸に墨田区の有名な伝統工芸である江戸切子が! とても“味”がありますね。

160617_10

店内に入り、棚を見ると江戸切子のカップがたくさん! こちらでは、このカップで珈琲を飲むことができるというのです。

160617_11

これらのカップで飲む珈琲はどんな味なのでしょう? 楽しみ〜^^と思いながら席に着き、待っていると運ばれてきたのは、ブルーの江戸切子のカップに入った「すみだブレンド」。コクが深くて、柔らかい苦味が印象的です。甘さもあります。このカップで飲むとさらに特別な時間を過ごせるような感じがしました。

160617_12

実はこちらが「すみだモダン」2012の認証商品。美味しいわけですね^^

160617_13

店内の焙煎機の横にはドリップバッグもありました。スタイリッシュなデザインです。

160617_14160617_15

次は東京スカイツリーの方へと向かい、住宅街の一画へ。「すみ珈連」の会長さんのお店「しげの珈琲工房」さんを訪れました。

160617_16

店内には豆がズラリと並んでいます。どの豆にしようかと悩んでしまいますね^^

160617_17

棚の反対側にあるカウンターでは、ご主人が豆の良し悪しを見ながら、適さない豆を取り除く作業をしていました。

160617_18

豆を選べなかったので、ご主人に聞くと、こちらのオススメであり人気ナンバーワンの「すみだモダン」2015の認証商品「「しげのブレンド」をすすめてくれたので、さっそく注文。同時にスイーツも頼んでみました。

160617_19

丁寧に仕上げられた珈琲とスイーツ。どちらも美味い!と叫んでしまうほどの味。癒されます^^

160617_20

さらに、メニューを見て気になったもう一品も注文。「生きゃらめる」です。このスイーツも「すみだモダン」に認証されています。一口食べたら、なんて、まろやかなキャラメルなんでしょう! 驚きの連続でした。

160617_21

最後は、「曳舟」駅近くまで歩きます。途中、スカイツリーが見え、美しいなぁと改めて思いながら進むと、

160617_22

駅近くに「自家焙煎珈琲専門店 Cafe ‘Sucre’(カフェシュクレ)」さんを見つけました。温もりのある雰囲気です^^

160617_23

中をのぞくと、たくさんの商品があります。

160617_24

入り口から商品を拝見していくと、パステルカラーが可愛いやかんやアイスコーヒーのギフトなどが目に止まりました。こちらのお店は軽井沢にも焙煎所があるとのことです。

160617_25160617_26

そして、「すみだモダン」2013の認証商品もありました。愛くるしいカップで、思わずニッコリと微笑んでしまう商品ですね。

160617_27160617_28

奥に進み、カウンター前のメニューを見て本日のおすすめコーヒーと冷蔵庫に並んでいた手作りケーキをオーダー。

160617_29

甘さがちょうどいいケーキにベストマッチした珈琲。最高のひと時です!

160617_30

どのお店も個性的で、味も確か。素敵なお店ばかりで、珈琲店の“はしご”もできてしまいます。墨田区にはこんないい珈琲店があるのかと、嬉しくなってしまいました。ぜひ、みなさんも訪れてみてくださいね。

■Macchinesti Coffee
東京都墨田区緑3-11-5
03-3846-4321
http://macchinesticoffee.com

■すみだ珈琲
東京都墨田区太平4-7-11
03-5637-7783
https://www.facebook.com/sumidacoffee/

■しげの珈琲工房
東京都 墨田区業平2-11-4
03-6658-8420
http://r.goope.jp/shigenocoffee

■自家焙煎珈琲専門店 Cafe ‘Sucre’
東京都墨田区東向島2-31-20
03-3613-7551
http://cafe-sucre.com

墨田区のとっておき珈琲店でくつろごう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

明日から「文京あじさいまつり」が開催される白山神社へ

カテゴリ
2016年06月10日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今週は先週に続いて、この時期だからこそ楽しめる“今の花”をお届けします。第二弾の花は、梅雨の時期に見頃を迎えるあじさい。各所で有名なスポットがたくさんありますが、今回は文京区にある白山神社へ。この週末から、文京花の五大まつりのひとつ「文京あじさいまつり」が開催されます。そこで、ひと足先に訪れ、どんな様子なのか見てきました。

ロッテシティホテル錦糸町からJRで「水道橋」駅へ。都営三田線に乗り換え「白山」で下車。駅前では、お祭りのぼんぼりを取り付ける作業が行われていました。

160610_01

駅の後ろにある道を進み、突き当たったところが白山神社。この神社周辺があじさいのスポットです。

160610_02160610_03

まだお祭り前というのに、境内にはたくさんの人! さすが、名所ですね^^

160610_04

まずは、お参りをするために手水舎へ。すると左側はおみくじ、右側はあじさいで囲まれていました! 神社ならではの光景。風情がありますね。

160610_05

ここに咲いていたあじさいは、少々変わった花びら。縁のある小花がかわいいです^^

160610_06

さて、本殿へ向かうと参拝者の列ができていました。こちらは、歯痛止めの神様と言われ、珍しいご利益があるのです。

160610_07

お参りが終わったので、あじさいを求めて境内に出ると、満開とまではいいませんが、かなりの数のあじさいが咲いており、みなさん、撮影に集中していました。私も負けまいとたくさん撮ってみました^^

160610_08160610_10160610_09

紫や濃いブルー、水色など、鮮やかでキレイですね~。日の光が当たり、美しさを倍にしています。

花びらが額のようになったガクアジサイもありました! 咲きかけの花も多く、これらが咲いた頃にまた訪れたいです。

160610_11160610_12

道なりに歩いていたら、本殿の後ろに行く道を発見。何があるんだろうとワクワクしながら向かうと、白山公園に出ました。

160610_13

あじさいの上の佇む神社の姿が、情緒たっぷり。

160610_14

ここには白色のあじさいがありました。その姿は真っ白なウェディングドレスを来た花嫁さんのよう! 純白はゴージャスだなと改めて感じました。咲きかけの花もあり、黄色味がかった花びらが見えます。開いていく過程で白くなるのですね。勉強になりました^^

160610_15160610_16

公園を抜けたところに、フェンスで仕切られた小高い丘があります。そこからあじさいが顔を出していますが、ここは何でしょう? そんな疑問を持ちながら足を進めると、

160610_17

あじさいまつりの期間だけ解放する場所でした。中が早く見たいですね! 周囲からも残念そうな声が聞こえていました。

160610_18

ぐるりとあじさいの見所を巡り終わり、一息ついていると、駐車場に行ってみるといいと近くにいた方が教えてくれたので、向かってみると、あじさいが見事に咲き誇っていました!

160610_19160610_20

「文京あじさいまつり」は19日まで開催しています。ぜひ、みなさんも足を運んで、今だけの美しさや香りを楽しんでくださいね。

■文京あじさいまつり
http://www.city.bunkyo.lg.jp/ajisai.html
6月11日(土)~6月19日(日)

あじさいの名所、白山神社に出かけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

季節の花「ショウブ」のお祭りへ

カテゴリ
2016年06月03日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

爽やかな日というより暑い日にだんだんシフトしてきましたが、清々しい青空を見ると、気持ちが元気になります。そんなキレイな空にも負けない美しさで花を咲かせ始めているのが、季節の花・ショウブ。「小岩菖蒲園」では、「小岩菖蒲園まつり」が始まりました。

ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロで「押上」駅へ。京成線に乗り換えて「江戸川」駅で降り、江戸川河川敷に向かいます。土手を登ると眼下に広がる菖蒲園。その時、「ガタンゴトン」と音がしたので、横を見ると京成線が陸橋を渡っていました。距離が近いので迫力がありましたよ^^

160603_01160603_02

土手を下りていくと、広場の入口付近に紫色のバスが停車。この期間中、JR「小岩」駅から土日のみ臨時運行するバスだそうです。たくさんの方が訪れるのですね。

160603_03

ショウブが咲く湿地帯までは大きな広場を通り抜けて行きます。では、さっそく行ってきま〜す!

160603_04

歩いて行くとピンクのツツジが咲き誇る花壇が目にとまりました。とっても鮮やか^^ こうした美しさをキープできるのは、草むしりや水やりなどの作業をしてくれる方がいるからこそ。皆さんに感謝ですね。

160603_06160603_05

さて、ここからが菖蒲園です。どんな光景なのでしょうか? 楽しみです^^

160603_07

入ってみると、川の方まで一面ショウブ畑! 紫やピンク、白などのショウブが、緑の葉の中から顔を出しているかのように咲いています。見頃は今月初旬から。そろそろ本番を迎える時期ですね。満開になったらどんな景色になるのでしょうか。想像するとワクワクします^^

160603_08

花に近寄ってみると、いろいろな形をした花があることが分かりました。さらに名前も付いています。江戸、伊勢、肥後、米国。これは産地でしょうか。花びらがそれぞれ違い、それが特徴なのかもしれません。こんなに種類があるとはびっくりしました。

160603_11160603_13

160603_12160603_14

ショウブの詳しいことを知るために園の端にある「花菖蒲育成相談所」に行くと、テント横にさまざまなインフォメーションが掲示されていました。しかも可愛い文字とイラスト、そして写真で作られていて、とっても分かりやすい!

160603_15160603_16

情報を仕入れたので、また園の中へ戻り、散策を再開。そして、つぼみの群れを見つけました。開いたらどんな花びらが登場するのでしょう。

160603_17

咲きかけているショウブも発見!

160603_18

そして、こちらはショウブの家族のようです。お父さん、お母さん、そして小さなお子さんと赤ちゃんに見えませんか^^

160603_19

園の中にはハスの池もあり、ショウブ鑑賞の小休止にピッタリです。こちらもステキでしたよ。見ていると癒されます。

160603_20160603_22160603_21

先ほどから、水の中を覗いている子供たちが、キャッキャッとはしゃいでいるので、何だろうと私も覗くと、おたまじゃくしがたくさんいました! 草に付いている何かを食べているようです。こんな姿を見たのは初めて。思わず、私も「そこにいるよ!」なんて子供たちと遊んでしまいました。

160603_23

小岩菖蒲園には、こうした生物もたくさんいます。ショウブの美しさを楽しむだけでなく、自然を体験できるのも魅力ですね。ショウブの見頃はこれから。ぜひ、みなさんも足を運んで、この時期だけの“美”を味わってくださいね。

160603_24

■小岩菖蒲園
http://edogawa-kankyozaidan.jp/park/kouen/24/
※第35回小岩菖蒲園まつり ~6月19日(日)まで

小岩菖蒲園に色とりどりのショウブ鑑賞に出かけよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

開業4周年を迎えた東京スカイツリーへ

カテゴリ
2016年05月27日

はじめまして。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。
新しくブログを担当することになり、ウキウキしています。皆さまにより良い情報をお届けするため、楽しんで散歩に出かけてきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今回は22日に開業4周年を迎えた東京スカイツリーへ行ってきました。墨田区に登場してから4年が経ち、海外のお客様もたくさん訪れ、その人気は年々増しているように感じます。

ロッテシティホテル錦糸町から徒歩で約20分。清々しい季節なので、散歩しながら向かってみました。スカイツリーを目の前に見ながら歩けるタワービュー通りを進みます。

160527_01

そろそろ到着というところで、「おしなり公園」に目を向けると、ブーケのような花が! キレイですね^^

160527_02160527_03

花に見とれていたら、後ろからキャッキャッというはしゃぎ声が聞こえてきたので振り返ると、東京ソラマチの前に広がる噴水広場で遊ぶ子供たちでした。とっても楽しそうです!

160527_04160527_05

そんな姿を横目に見ながら、「ザ・スカイツリーショップ」に行ってみました。こちらは、スカイツリーに来たら、ぜひ立ち寄りたい店。オフィシャルショップでオリジナルグッズなどが豊富にそろっていますからね。

160527_06

今回のお目当ては4周年記念グッズ。中に入ると、公式キャラクターのソラカラちゃんがちょこんと座った東京スカイツリーのオブジェがありました。ブルーがとても爽やかですね。

160527_07

では、さっそく散策開始! まずは記念の商品を探しにキョロキョロすると、反対側のショップ入口に積まれた商品群を発見。どうやら、この一画にあるようです。

160527_08160527_09

近寄ってみると、バウムクーヘンやおせんべいのアソートボックスなど、パッケージも詰められたお菓子もカラフルで華やかなものがたくさん! おみやげにも喜ばれるでしょうね。

160527_10160527_11

スカイツリー同様、ビッグな缶に入ったお菓子もありました。

160527_12

隣のコーナーには、ソラカラちゃんがいっぱい! 数字の「4」が刺繍された四つ葉のクローバーを手に持っています。幸せのシンボルともいわれる四つ葉のクローバーは、4周年と掛け合わせているのでしょうか。色合いも素敵でした^^

160527_13160527_14

そのほかにも、ボールペンやキーホルダー、ストラップなどたくさんの記念グッズがあり、どれも欲しくなってしまいます。4周年記念グッズは期間限定商品で、なくなり次第終了だそうです。

160527_16

記念の商品だけでも盛りだくさんの内容ですが、そのほかにもさまざまな商品があるので、もっと散策してみることにしました。入り口付近にはスカイツリーのオブジェや、その形をした珍しい商品があります。

160527_17

160527_18160527_19

カラフルな日常雑貨や文具も発見しました!

160527_20160527_21

そして、キャラクターのグッズラインナップ。どの商品も、とてもかわいいです!

160527_22160527_23

さらに日本を象徴するような「和」テイストの雑貨や食品もありました。

160527_24160527_25

160527_26160527_27

これらはほんの一例です。このほかにも、スカイツリーならではのもの、ここだけのオリジナルグッズ、そして海外のお客様には日本みやげになるようなものなど、種類も数も豊富にそろっています。どれにしようか迷ってしまいそうです。スカイツリーに訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。楽しめます!

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp

4周年を迎えた東京スカイツリーに行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

都会の守り神「花園神社」へ行ってきました!

カテゴリ
2016年05月20日

はじめまして。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。
このたび、ブログを担当することになりました。皆さまに楽しい情報をお届けできるよう、がんばります! どうぞよろしくお願いいたします。

私が今回訪れたのは、新宿にある、大都会を見守る神様「花園神社」。商売繁盛・厄除開運・仕事運アップなどのご利益があり、観光客や地元の人々でいつも賑わっている場所です。こちらで、来週27日夕方から「例大祭」が行われ、当日は露天も出店し、たいへん盛り上がるそうです。

ロッテシティホテル錦糸町からJR総武線で24分、新宿駅に到着し、東口に出ました。新宿のランドマーク、ALTAを通り過ぎ、靖国通りに向かいます。

160520_01160520_02

通りにある花壇にはキレイな色の花が咲き、街を彩っていました。

160520_03160520_04

靖国通り前に立つと日本最大級ともいえる繁華街、歌舞伎町の入り口が見えます。

160520_05

この通りを渡り、右に曲がって区役所前の信号まで来たところで、爽やかな木々が頭上を覆う小道を見つけたので、通ってみることにしました。

160520_06160520_07

春風に吹かれながら緑の中を歩くのは、気持ちがいいですね^^ 途中には可愛らしいオブジェがあったり、柵もオシャレだったりして、活気ある繁華街のイメージが強い新宿東口らしからぬ雰囲気が漂っていました。

160520_08160520_09160520_10

しかし、間もなくして「新宿ゴールデン街」の看板を発見! さすが、繁華街・新宿です。通りの両サイドには、小さなお店がぎっしりと並んでいます。ネオンが輝く夜は、どんな光景なのでしょうか?

160520_11160520_12

いろいろな看板を見て歩いていると、外国にいるような気分にさせるお店もありました^^

160520_13

この通りの突き当たりが花園神社の裏側ですが、正面から入るために神社の周囲をぐるりと回って、明治通り沿いにある大鳥居前に行きました。例大祭のインフォメーションも掲げられています。この日は骨董市が開催されていたので、境内には外国人の方々もたくさんいらしていました。

160520_14160520_15

まずは手を洗うために手水舎へ行くと、隣に朱色が輝く蔵がある!と思ったら、山車庫でした。例大祭に使用される山車がこの中にあるのですね。存在感のある建物でした。

160520_16

そして振り向くと、前方に鳥居のトンネルが見えます。

160520_17

楽しそうなので、くぐってみると、異空間にワープ! そんな気分に浸りながら、行き着いた先にある威徳稲荷神社をお参りしました。縁結びや恋愛成就などのご利益があるそうです^^

160520_18

いよいよ拝殿へ。朱色の建物が境内のグリーンとのコラボレーションし、とっても素敵! 朱色が明るめのトーンで、新宿の華やかさとマッチしていますね。

160520_19160520_20

帰りは、靖国通り沿いの入り口付近にある新宿区有形文化財「唐獅子」を見るために向かうと、仲良く歩くカップルの姿が見えました。もしかして、ご利益がもう現れたのでしょうか?!  末長いお幸せをお祈りいたします^^

160520_21

さて、唐獅子ですが、グリーンに囲まれた参道入り口にいらっしゃいました。豊かな自然があるここは、都会のオアシスですね。とてもリフレッシュできました。皆さんもぜひ、花園神社で癒しの時をお過ごしくださいね。

160520_22

■花園神社
http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/top/

自然豊かな都会の守り神「花園神社」に行ってみよう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

相撲のメッカ・両国ならではのガイドツアーに参加してきました!

カテゴリ
2016年05月13日

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。

今月8日から両国で大相撲五月場所が始まりました。国技館の中では連日、熱戦が繰り広げられ、その周囲は力士に声援を送るファンの皆さまがたくさんいらしています。そこで、いつも以上に活気の渦に包まれている両国に訪れ、この期間に開催されている墨田区観光協会の「相撲コースガイドツアー」に参加してきました。

ロッテシティホテル錦糸町からJRで隣の「両国」駅を下車。五月場所の賑わいが駅前から広がり、“相撲”の迫力を実感しながら、

160513_01160513_02

ツアー出発地である両国観光案内所へ向かいました。

160513_03

案内所ではご担当者がツアー参加者にイヤホンガイドを配布しており、各自、イヤホンがつけ終わったのを確認したところで、ガイドさんから挨拶がありました。そして、さぁ出発です! どこに連れて行ってくれるのかワクワクしながら、ガイドさんの後ろをついていくと、さっそく国技館通りの信号で立ち止まりました。そこにあった力士の銅像を見ながら、これらはこの通りに7体あると話し、これから相撲部屋を中心にまち歩きをすると話しました。

160513_04160513_05

信号を渡って通りの裏側に行き、まず案内してくれたのは「陸奥部屋」。元大関霧島が師匠(部屋持ち親方)の部屋です。茶系色のポストがありますが、これは陸奥部屋のポスト。思わず、投函しそうになりますね。

160513_06

ガラス越しに土俵が見えると聞き、覗いてみると整備された土俵が。皆さん、「うわー」と歓声を上げていました。ここで、ガイドさんからクイズ。土俵の写真を2枚見せ、その違いは何か?という問いです。答えは土俵の知識につながるもので、そうなんだ!と新しい情報を得られ、嬉しくなりました^^

160513_07

次の相撲部屋に行く前に訪れたのは、店先に吊るされた猪! 江戸幕府第八代将軍・徳川吉宗の時代からある猪料理の店で両国橋のたもとにあります。こちらは元漢方の薬屋で、薬の一種として出した猪が人気になり、料理店へと転身したそうです。肉食が禁止されていた江戸時代、看板に「山くじら」とかかげて、猪ではないですよという名目をつけていたとか。こんな話をガイドさんがしてくれました。

160513_08 160513_09

さらに先に進みます。両国橋付近の木札の前で、この周辺に関して解説。その昔、この辺りに回向院の門があり、橋から門まで続く参道として栄えていたことや、にぎり寿司発祥の地であったことなどを教えてくれました。興味そそられる話でしたよ^^

160513_10

続いて、いくつかの相撲部屋に行きました。部屋の前では、相撲や部屋に関するさまざまな話をしてくれ、たまに力士たちにも遭遇!するなど、相撲コースならではのルートに、皆さん、気分が高まっているようでした。

160513_11 160513_12

160513_13 160513_14

そして、相撲好きにはたまらない写真館に到着。力士たちの若い頃や晴れ舞台の写真などが掲示され、私も皆さんも、興味津々になってしまいました^^

160513_15 160513_16

最後は、旧国技館跡。

160513_17 160513_18

ここは、現在マンション等が建っていますが、当時の名残がオブジェや地面に残されていて……と、とても面白い話をしてくれました。

160513_19

両国は歴史深い場所のため、行くところ行くところで、さまざまな小話が盛りだくさんあります。今回のコースは相撲関係がメインでしたが、吉良邸など歴史のあるスポットも織り交ぜて回るため、いろいろな話を聞くことができました。実物を見て、それにまつわる話を聞いて、知識を増やす──、たいへん楽しい時間です。場所開催中は毎日実施しているこのツアー、みなさまもぜひ参加されてみてはいかがですか?

■相撲コースガイドツアー 春
http://visit-sumida.jp/osusume/14210/

相撲の街「両国」ならではのガイドツアーを楽しもう♪
ロッテシティホテル錦糸町へのご予約はこちら。

ページトップへ戻る

  • LOTTE
  • LOTTE HOTELS & RESORTS
  • TripAdvisor殿堂入り エクセレンス認証
  • 週刊東洋経済「プロ40人が選ぶ本当にすごいホテル」コスパ部門総合ランキング第一位
  • セットでおトク♪ JR or AIR+宿・ホテル JTB
  • 当ホテルと東海道新幹線がセットならさらにおトク!! JR東海ツアーズ
  • JALダイナミックパッケージ
  • ANAダイナミックパッケージ
  • スカイツリーシャトル(R) お台場線
  • スカイツリーシャトル(R) 東京ディズニーリゾート(R)線
  • スカイツリーシャトル(R) 羽田空港線