お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 銀座・新橋
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

東京の台所・築地で美味しい冬を体験してきました!

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

冬真っ只中の日本、魚が美味しい時期ですね。日本のご飯をイメージするときに欠かせない魚は、刺身や焼き魚、煮魚、鍋など、たくさんの料理で楽しめます。そこで、旬の魚が集まる東京の台所・築地に行ってきました。

ロッテシティホテル錦糸町からは、JR総武線に乗り「秋葉原」駅に行きます。日比谷線に乗り換えて「築地」駅で下車。24分ほどで到着しました。

地下鉄からは、築地本願寺前に出ます。市場に今すぐに行きたい気持ちを抑えて、ちょっとお参りしていきましょう^^

日本のお寺らしからぬ建築様式ですね。それもそのはず、外観はインド様式の石造りになっているそうです。しかし、本堂内部は浄土真宗寺院の造りだそうですよ。

エメラルドグリーンの扉やカラフルなステンドグラスが、とってもステキです^^

黄金に輝いた本堂内部は荘厳な雰囲気。座席がたくさんあるため、座って心を落ち着かせている方が多数いらっしゃいました。もちろん、私も少しの時間ゆっくりさせてもらいました。

リラックスしたので、出入口に行くと、参拝記念カードを発見。去年5月から開始しているそうです。過去のカードはもうないそうなので、レアものになりそうですね^^

さて、築地市場に向かいましょう!と思ったら、この日の市場は定休日。残念・・と思ったのも束の間、その前に広がる場外市場は活気に満ちていると聞き、テンションはまた盛り上がり始めました。さぁ、出陣です!

こちらにはたくさんの魚屋さんが肩を並べるかのようにお店を開いています。どこも、種類が豊富で鮮度がいい! 活きたカニなどがいる店もありました。

なかには、こんな店頭の光景も! まぐろのカマは本物ですよ^^

そして、築地は魚屋さんだけではないのです。八百屋さん、燻製(くんせい)屋さん、豆屋さん、包丁屋さん、食器屋さんなどなど、日本の食卓に登場するものはここでひと通りそろえられるのではないでしょうか。

ぐるりと回ったあと、案内所に行きました。分からないことを聞いたり、地図を手に入れたり、ベンチで休憩したりできる場所です。

地図を見ながらどこに行こうかなと吟味していたら、築地には卵焼き屋さんも多いことが分かりました。さっそく訪れてみると、店頭で焼いてくれる店だったので、その場ですぐにいただきました。築地は、お買い物だけでなく食べ歩きもできるんですね^^

フワフワの卵焼きのあとは、鯨の店に遭遇。珍しい食べ物に興味津々となったので、鯨カツを1本いただいてみました。コクがありましたよ〜。

続いては、貝類などを楽しもうと思って散策すると、ありました!! カニや貝類が磯の香りを漂わせていました^^

そろそろお腹もいい感じで膨れてきたのですが、築地に来たからには食べずに帰るわけにはいかない「お寿司」を探してみました。すると、店先で海苔巻きを作っているではないですか!

まぐろ尽くしの海苔巻きで、ボリュームもあり、大満足でした!

美味しい物がずらりと並ぶ築地は、外国のお客様もたくさん楽しんでいて、東京の台所ではなく世界の台所といった様子。みなさまも足を運び、旬の魚をぜひ楽しんでくださいね。

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報