お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 錦糸町・両国
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

大川親水公園で本所七不思議を知る!

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

お散歩日和が多くなりましたね。みなさんのオススメ散歩コースはどちらでしょうか? 今回はホテルからも近い大横川親水公園を行ってみました。業平橋の北から約1.8kmある距離の長い公園は、春の陽気を感じながら歩くのに最適な場所。ここには、墨田区に古くから言い伝えられている本所七不思議のレリーフ(浮き彫り)があります。

場所は、ロッテシティホテル錦糸町から徒歩15分くらいのところにある、すみだパークスタジオの近くです。公園に到着すると竹林があり、これを通り抜けると、「本所七不思議」の文字が現れました! どんなお話なのでしょうか。楽しみです^^

まずは、「送り拍子木」という話。レリーフの中にその概要が書かれています。割下水(わりげすい)とは、道路の真ん中を掘り割った溝よりも大きい下水路ですが、本所あたりは水はけが悪いので作られたそうです。そんな場所がこの話の舞台。実際にあった場所での話のため、現実感があってちょっと怖いですね。

続いて「足洗い屋敷」。夜になると汚れた大足が屋敷の天井から出てくるお話です。洗ってあげると足が消えるそうなので、この足の持ち主はキレイにして欲しかっただけなのでしょうか。でも本当に現れたら不気味ですよね。

次は「あかりなしそば」。灯りのない蕎麦屋さんに明かりをつけてやると消えてしまうので、何度もつけてあげるのですが消えてしまいます。その人は気味が悪くなり帰ります。すると、その後に良くないことが起こるそうです。優しい行為が裏目に出ちゃう悲しいお話ですね。

そして「狸ばやし」は、狸が奏でる音楽が聞こえてくるのに、肝心の狸がいないという話。でもレリーフには手をあげて踊る狸がいて、その姿がとてもカワイイんですよ^^

今度は「送りちょうちん」です。話の中では、ちょうちんを持っている人の姿は見えませんが、レリーフには美しい女性がいます。これは人々のイメージなのかもしれませんね。

「片葉の葦(あし)」は、隅田川の入堀に生える葦の話。この一帯の葦の葉は、両方に出るのではなく、一方にしか出ないそうです。不思議ですね。

最後は「置いてけ堀」。本所七不思議の中でこの話が1番有名のようです。釣り人が帰ろうとすると「おいてけ〜」という声が堀の中から聞こえてくるのですが、周囲に人影はないという話です。

どの話もちょっと奇妙で、本当に起きたら不気味なもの。ここから割と近い場所で起きている話もあると聞き、実際に足を運んでみました。
まずは報恩寺方面へ。この付近での話は「送りちょうちん」です。夜に訪れたら、ちょうちんの灯りを見つけてしまいそうですね^^

次は、錦糸町駅南口にある江東橋付近。ここは「送り拍子木」の舞台です。夜にカチカチという音が聞こえたら、どうしようと思ってしまいました。

本当にあったかどうかは分からない七不思議ですが、もし今本当に起こったら…と思うと、やはり怖いですよね。ということで、気分を上げるために公園に戻り、散歩を再スタート。スカイツリーがいろんな場所から見え、ホッと和みます。絵になるのでたくさん撮影してみました。

両国方面にも本所七不思議が起きた場所が多くあるようなので、今度そちらにも行ってみようと思います。みなさんも本所七不思議をめぐる散歩に出かけてみませんか?

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報