お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 錦糸町・両国
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

亀戸天神社の梅を一足先に鑑賞♪

こんにちは。 ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

立春が過ぎ、暦の上では春ですね。
しかし現実に春という陽気になるには、もうちょっと時が必要かもしれません。
ただ、自然界では、やはり春が来ているようです。
今回はロッテシティホテル錦糸町から徒歩約12分のところにある亀戸天神社へ出かけてみました。
学問の神様・菅原道真公を祀り、学問成就のご利益で有名ですが、年間を通してさまざまな花が鑑賞できることでも知られています。
今の季節は梅の花。
どんな様子なのでしょうか、ワクワクしますね^^

朱色の鳥居が見えました。
近寄ると、その脇にはピンクの小花がちらほらと咲いています! 
訪れた時期が少し早かったのですが、可憐な色の梅が咲いていることにルンルンとした気分になりました。

鳥居をくぐり境内へ。スカイツリーが太鼓橋の向こうに見えます。

そして境内でも可愛い梅と出会えました。
まだツボミもたくさんあり、この木はまもなく満開になりそうですね。

こちらの梅はまだ咲かず、ツボミが少し膨らんでいる様子でした。

本殿近くになると鷽(うそ)の碑があります。
先月、うそ替え神事が行われたようですね。
ちなみにこの鷽という鳥は幸運を招く鳥。
毎年新しい鷽と取り替えると、これまでの悪いことが嘘になり、一年の開運や出世、幸運を得ることができると信仰されたそうです。

その奥にいるのは、神牛。
菅原道真公と牛の関わりは深いんですよね。
この神牛に親しく触れることで病を治すと言われています。

本殿に目を向けると、その横に絵馬がたくさん!
ズッシリと下がっていました。
受験生が合格祈願に訪れているのですね。

参拝したので、梅鑑賞に戻ります。
すると、黄色の花の木が! 
蝋梅(ろうばい)でした。
チューリップが下を向いているような花の形が愛らしいです。

亀戸天神の梅の木は約300本。
そのほかにもさまざまな形と色の梅がたくさん咲いています。

色鮮やかな梅と、その香りを楽しみながら境内をくまなく散策したので帰ろうかなと思ったら、スズメが枝に止まっているのを発見! 
和歌などに読まれているウグイスと桜のコラボとは少し違いますが、とっても風情がありました。
スズメの体が冬仕様で毛がふさふさしているのも可愛かったです^^

梅の時期はこれからが本番。
“花の天神様”と呼ばれる亀戸天神で、春うららかな時をお過ごください。

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報