お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 錦糸町・両国
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

東京ソラマチで“冷んやり”スイーツ散歩

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

太陽がギラギラ輝く8月。
そんな暑い日には冷たいもので体をクールダウンさせたいものです。
街中で「氷」の文字を見つけると、思わず、引き寄せられてしまいませんか?
そこで今回は、東京ソラマチにある“冷んやり”スイーツの定番、かき氷を探してきました。
ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ。
まずは、ソラマチ商店街にある老舗の甘味処「浅草梅園」さんに向かいました。
こちらには氷があったはずと思いながら…。

いつもは「あわぜんざい」など、しっとりと和テイストをいただくのですが、本日のお目当てはかき氷なので、ショーケースを覗くと、ありました!
さわやかな色合いが、ひときわ“涼”を感じさせる氷ですね。

なんと、テイクアウト用も!
これなら、東京スカイツリーを眺めながら、楽しめます^^

そして、氷ではありませんが、こちらのスイーツも夏には欠かせないので、注目せずにはいられませんでした。

次は、ウェストヤード2階を散策。
すると、苺のかき氷のようなポスターを発見。
足早に近づくと、「高知家の食卓 りょうま」さんでした。

こちらでは、高知県大月町産の採れたて苺をふんだんに使った「苺氷り」があるとのこと。
どんな氷なんだろうと尋ねると、

店員さんが、氷を見せてくれました。
苺がまっすぐキレイに並んだ氷。
どうやって作っているのでしょうか?

そして、機械にセットして、スイッチオン! 
氷と苺がミックスされ、淡いピンクの氷がカップにどんどん投入されます。
濃厚なミルクが途中と最後にたっぷりかけられ、できあがりました。
フレッシュな苺の味がしっかりと出て美味しかったです^^

続いて、日光の天然氷を思い出し、イーストヤード4Fへ。
向かった先は「とちまるショップ」さんです。
写真からでも、氷がふわふわしているのが分かりますね。

店内には栃木県の名物がズラリと並んでいます。
現地に行かなくても手に入るのが嬉しいですね。

ところで、冷んやりスイーツではありませんが、興味津々になったこの一品「餃子風味のポテトチップス」。
次回トライしてみたいと思います。

ひとつ上がって5Fへ。
ここには、すみだの特産品がラインアップする「産業観光プラザ すみだ まち処」があります。
こちらに、かき氷が販売されていないかなと思って行ってみると、「氷」の文字が見えました^^

テラス席があると聞き、スカイツリーを見ながらかき氷を食べてみようと注文。
その間、店内を少し物色すると、
センスがよく機能的な商品がたくさんあり、
どれも欲しくなってしまいました。

テラスに出ると、開放的な空間と、その頭上にはスカイツリーが。
こうした眺めは初めてで、なんだかウキウキしてしまいます^^

そんなことを思っていたら、宇治金時のかき氷が運ばれてきました。
練乳やあんこの甘みに、ほんのりと抹茶の苦みが合わさって、最高でした^^

冷んやり”と美味しい時間を過ごせる夏の逸品、かき氷。
みなさんも、ぜひ味わってみてくださいね。

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報