お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 錦糸町・両国
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

日本有数のお祭り「鳥越祭り」に行って来ました!

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

先日私は、日本有数のお祭り「鳥越祭り」に行って来ました。

最寄り駅は「浅草橋」駅で、ロッテシティホテル錦糸町からは、JR総武線各駅停車で2駅。
「浅草橋」駅から、「鳥越神社」までは、徒歩8分ほどです。

令和元年度の「鳥越神社例大祭」。
例大祭というのは、神社で毎年行われる祭祀(さいし)のうち最も重要とされるもののことを言うそうで、
毎年6月中旬に二日間行われており、約30万人以上の人々で賑わう人気のお祭りとなっています。

お神輿が人々の安泰を祈念しながら町を練り歩く、神輿渡御(みこしとぎょ)が行われますが、鳥越祭りのお神輿はなんと約4トン!!

千貫神輿(せんがんみこし)とも呼ばれるそうで、これは、都内最重量とされており、お神輿を担ぐことはもちろん、町内を練り歩くことは大変難しいことだと言われています。

私はお祭りのフィナーレ「宮入り」を見物するため、日が暮れる頃に鳥越に入りました。
駅から神社へ向かう途中、たくさんのはっぴ姿の氏子とすれ違います。

朝からの神輿渡御を終え、休憩しているところに遭遇。
すごい数です!皆、最後の「宮入り」に体力を回復させているようでした。

毎年全国からたくさんの見物客がやってくるこの二日間は、「鳥越神社」周辺にずらりと屋台が軒を連ねます。その数約250軒!屋台が並ぶ通りの所々に、テーブル、椅子、ごみ箱が設置されています。

昔ながらのお面屋や、金魚すくい屋、

インスタ映えしそうな新しいスタイルのお店など、歩いているだけでも気分が高揚しました。

子どもたちがお小遣いを握りしめている姿は、とてもかわいく、微笑ましかったです。
小さい頃の楽しい記憶がよみがえってくるような気がしました。

グルメ系のお店が充実している印象で、たこ焼き、イカ焼き屋などの定番から、台湾、韓国料理など、国際色も豊かになってきています。
鮎の塩焼き、ソース焼きそばなど、美味しいものをたくさん食べて、いざ「宮入り」へ。

「宮入り」が行われる蔵前橋通りには、ものすごい数の氏子、見物客と警察官。
なんと、鳥越祭りの別名は「江戸の喧嘩祭り」。
私は遭遇することはありませんでしたが、物々しい雰囲気が伝わってきました。

すっかり日も暮れ、細提灯の灯が目立ち始めた頃、

紋や町名が美しく浮き上がり、人々は千貫神輿が来るのをひっそりと待ちます。

手古舞の女性、木やり歌に導かれ、神社を目指してお神輿がやってきました。

神輿に吊るされた細提灯に灯された明かりが、幻想的に揺れています。
屋根の上にある鳳凰、提灯の明かりと、人々の熱気、観客の歓声。
そのどれもが、祭りのフィナーレを演出しているようでした。
お神輿は、長く伝わる日本の文化。
改めて神聖な、素晴らしい行事だと感じました。
夏はお祭りの多い季節でもあります。
皆さまのお住まいの地域では、どんなお祭りが行われていますか?
是非、足をお運びになってくださいね。

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報