お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 錦糸町・両国
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

東京スカイツリーで葛飾北斎の絵画に触れる!

みなさん、こんにちは!ロッテシティホテル錦糸町宿泊担当の肥沼です。

正月気分もやっと抜けてきて、普段通りの毎日がかえってきたような気がしています。

それでも、新年の新鮮な気持ちを忘れず、実りある一年にできるよう頑張ります^^

今回は、東京スカイツリーで行われている 『すみだが生んだ世界の画人 -HOKUSAI―』の様子をご紹介したいと思います。

北斎はロッテシティホテル錦糸町のある墨田区と、とても縁の深い画家なんですよ。

約90年に及ぶ生涯のほとんどを過ごしたのが、じつは墨田区だったのです。

北斎通りには、歩道沿いにも北斎の描いた作品が見られるミニギャラリーもあるほどです。

みなさんは、北斎の絵画というとどの絵を思い浮かべますか?

こちらの『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』から、 作曲家のドビュッシーはインスピレーションを得て、交響詩『海』を作曲したんだそうです。

『海』の楽譜の表紙にもこの絵が使われたそうですよ^^

北斎がこの絵を描いていなかったら、ドビュッシーの曲も生まれなかったのかもしれませんね。

こちらは『赤富士』としても有名な『冨嶽三十六景 凱風快晴』です。

この赤い富士山は、早朝に富士山が朝日に染まる現象で、 年に数回しか見えない景色だそうです。

開運を呼ぶ絵画としても広く知られているそうです。

『すみだが生んだ世界の画人 -HOKUSAI―』では、 絵画以外にも思わず目を引くユニークなオリジナルグッズの展示もありました。

こちらは、「北斎水着」です。

上記でご紹介した『冨嶽三十六景 凱風快晴』をプリントした水着は、 どこに行っても注目されること間違いなしですね。

着物の合わせをイメージしたという形もポイントのようです。

北斎の絵画をお部屋のインテリアに、と考えている方にオススメなのがこちら。

大サイズと小サイズの「北斎屏風」です。

和室に飾ったら、江戸の情緒を感じさせてくれそうな気がしますよね?

絵画の展示というと難しく感じてしまいそうですが、 庶民の風俗などを「北斎漫画」として残した北斎の特徴もしっかり活かされていました。

北斎の描いたスケッチの横に顔を出して写真を撮れるボードが飾られています。

たくさんの人がこちらで記念写真を撮っていらっしゃいました。

人々を自然に笑顔にする遊び心が活かされているな~っと感心してしまいました。

また、平成27年度には『すみだ北斎美術館』の開館が予定されています。

美術館に関連するイベントなどがありましたら、 またこのブログでもご紹介したいと思いますので、どうぞお楽しみに^^

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報