お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE その他
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

冬の星空に輝く星を見に行ってきました!

こんにちは。 ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

冬は空気が澄み、青空が広がります。
寒いですがとても気分がいいですよね。
特に夜は、輝く星がよく見えます。電灯の少ない農村地帯だったら、星がこぼれ落ちてきそうなほど見えるかもしれませんね。
そこで今回は、冬の夜空の星を見に出かけてきました。
場所は「葛飾区郷土と天文の博物館」です。
ここでは星空を天体望遠鏡で見せてくれるんですよ^^
ロッテシティホテル錦糸町から電車で行くなら、東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ行き、京成線に乗り換えて「お花茶屋」駅で下車します。
そこから徒歩9分。
バスを利用するなら、ホテル後方にある錦糸公園で乗車し「青砥車庫前」下車。
15分歩いたところにあります。

ここで行う「かつしか星空散歩」は、毎週金・土曜日の19:30~20:30(祝日・天候不良日を除く)、
博物館の入館料(大人100 円)のみで事前に予約することなく参加できます。
なんて良心的な企画でしょうか! 
そこで、博物館も見たかったので早めに到着し、まずは館内を見学しました。

館内入り口には大きなマップが貼られ、階段には菖蒲(しょうぶ)の花が描かれ、奥の壁には大きな熊手がかかっています。

まずは郷土のフロア、2階へ。
水と深い関わりを持つ葛飾区の風土を紹介し、古墳時代から江戸時代までの葛飾区の歴史も展示されています。

さらに奥には、昭和30年代の民家や工場の再現があり、まるで戦後にタイムスリップしたような雰囲気です。

民家の中や外には、小さい頃、田舎のおばあちゃん家で見たようなアイテムがたくさんあり、来場者の中には懐かしさではしゃぐ人もいらっしゃいました。

さらに昔ながらの遊びもあり、思わずやってみました。
でんでん太鼓というのでしょうか。ポンポンと響くいい音がしますね^^

次は天文のフロア、3階へと向かいます。
壁にはめ込まれたステンドグラスがキレイで見入っていると、ボランティアスタッフが「ここに早い時間に来てごらんなさい。東向きだから太陽の光が差し込み、ステンドグラスがものすごくキレイですよ」と教えてくれました。
そんな楽しみもあるんですね!

3階に到着すると望遠鏡が! 
デザインが美しい、そしてオシャレです。
のぞいてみると、きちんと見えました。昔から高度な技術があったのですね。

展示室には、望遠鏡の発明前の時代に星の位置を測った天文学者の観測機器(レプリカ)があります。

さらに太陽の動きや月の満ち欠けを目で見て知ることができるコーナーなどもあり、充実した天文展示室でした。

展示室とは反対側にはプラネタリウムがあります。
今回は観ることができませんでしたが、口コミによるとクオリティの高いプラネタリウムのようなので、次回は観てみようと思います。

さぁ、いよいよ星空散歩です。
この日は参加者が多く、19:15から整理券が配られ、2つのグループに分かれて鑑賞しました。
口径25cmの大きな望遠鏡からいくつかの星や星の集まりを見せてくれたのですが、星ってあんなに輝いているの!?とビックリしてしまいました^^

星空散歩は暗闇での観測のため、撮影はできませんでした。
そのため、みなさんには実際に足を運んで、楽しんでもらいたいと思っています。
まさに生きた学びが楽しめる博物館。
開館時間など詳しくはホームページでご確認くださいね。

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報