お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE その他
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

鉄道の魅力を求めて東向島へ

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の渡井です。

秋空がキレイな日が続きますね。
お出かけが楽しい季節です。
みなさんは、どんな場所に出かけていますか? 
私が今回、足を運んだところは東向島。
ここには、鉄道の魅力を知ることができる博物館があるんです。
「学問の秋」にちなんで、知識を深めに行ってきました。 ロッテシティホテル錦糸町から東京メトロで 2駅先の「曳舟」へ。
東武スカイツリーラインに乗り換えて隣駅の「東向島」で下車します。

改札を出ると、なすのような人形を発見。
「寺島なすのふるさと」とあります。

駅前の商店街にも、頭上に寺島なすの姿をしたキャラクターが。

この寺島なすとはなんでしょう? 
そんな興味が湧いてしまったので、次回は寺島なすを求めて散歩しようと決め、
博物館へ向かいました。

博物館に到着し、中に入ると、ソラカラちゃんたちがお出迎え。
その後ろには、大きな鉄道車輌が並んでいました。

手前にある「SL B1形5号」は、昭和40年まで貨物列車を牽引していたもの。
決まった時間には、機関士が汽笛を鳴らしたり、車輪を回転させたりするショーがあるそうです。
迫力ありそうですね^^

そのSLの前にあるのは「デハ1形5号」。
車輪の構造など、こんな間近で見ることができるなんて、すごい! 
こういった仕組みになっているんだと勉強になりました。

奥に進むと、電車の走る仕組みを体験できるコーナーが。
お父さんと一緒にお子さんが楽しそうに操作していました^^

さらに奥には、キャブオーバーバスの展示も。
ブルーにピンクのラインが可愛い!

バスの中に入ることができたので、お邪魔しま~すと入ってみると、後方部は今とあまり変わらないのですが、運転席付近全く違います。
座席もあり、変わった形態ですね。

さて、電車といえば、運転体験ができるコーナーがよくありますが、ここにも、もちろんありました^^ 
大人から子どもまで、みんな必死な顔つきでハンドルやブレーキを動かしています。

さらに奥には、パノラマショーもありました。
東武鉄道の1日を紹介するショーを時間ごとに開催します。
この関東平野をイメージした広いジオラマ内にある模型電車ですが、実は運転できるんです。
つまり、体験コーナーも兼ねているのでした。
小さいお子さんたちが運転手になって、キャッキャッとはしゃいでいました^^

屋外展示もあったので外に出てみると、館内にある電車よりダイナミック! 
リアル感がたまらなかったです^^

博物館には、このほかにもたくさんのコーナーがあり、電車やバスのさまざまなことが学びながら楽しめます。私もひと通り楽しませてもらいました。
帰りは曳舟駅から帰ろうと思い歩いていくと、おや!? 
ここにも展示車輪が!

東武博物館には実物車両が12両もあります。
そして、体験コーナーも豊富。まさに生きた学びができる場です。
みなさんもぜひ足を運んで、鉄道の魅力を体感してきてくださいね。

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報