お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 上野・浅草
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

続・上野恩賜公園に行ってきました!~お子様におすすめ~

こんにちは!ロッテシティホテル錦糸町予約担当の金子です。
今回は先日もご紹介しました、上野恩賜公園の続編をお伝えしたいと思います。
早速ですが、上野恩賜公園はどのくらいの広さがあるか、みなさまご存知でしょうか?
なんと約53万m2
よく東京ドーム何個分という表現を耳にしますが、それに当てはめると11個分!以上の広さということになりますね^^
(※東京ドームは建築面積で46755m2だそうです)

このことからもわかるように、とても広大な敷地を持つ上野恩賜公園には博物館や動物園、美術館など様々な文化施設など、見ごたえのあるものが数多く集まっています。
先日東京国立博物館について触れましたが、今回はお子様向けの施設についてご紹介したいと思います。

まず最も有名なのがこちら、上野動物園ですね^^
上野動物園は、1882年(明治15年)に開園した、日本で最初の動物園です。

日本を代表する動物園として、1972年(昭和47年)には、日中国交回復を記念しジャイアントパンダが来園したことは、大きなニュースとして取り上げられました。
一昨年には、新たに“リーリー”と“シンシン”の2匹のパンダが来園し、パンダの赤ちゃんの誕生が待ち望まれるなど、上野動物園といえばパンダを思いうかべる方も多いかと思います。

そんな動物園の入り口の横にはこんなお店がありました!

『パンダ焼』とはパンダの姿をした焼き菓子で、中には餡子(あんこ)が入っています。
こちらでしか買えないということで、この日も長い行列ができていました!

さらに、動物園の前にはこんなかわいらしいものも発見しましたよ。

郵便ポストがパンダになっているのです!
目尻の下がったかわいらしい表情と、ポストの上につけられた黒い耳、上野らしい風景ですよね。思わず、お手紙を出したくなってしまいました^^

そしてもう一つ。お子様におすすめの施設がこちらです。

上野こども遊園です。
上野動物園の目の前にある遊園地は昭和21年開業のとてもレトロな遊園地です。

乗り物は全て1回100円で、小さな敷地にはアトラクションがぎっしり詰まっており、中でも人気な乗り物は「空飛ぶぞうさん」だそうで、モデルになっているのは戦後間もなくインドから上野動物園に贈られたインドゾウのインディラ。
当時人気だったこのゾウがこの世を去った時、その思い出を残そうと登場したのがこのアトラクションだったそうです。
私は、記憶の中にある遊園地を思い起こし、懐かしい気持ちになりました^^

錦糸町からも電車で約15分。ぜひ、みなさんも足を運んでみてくださいね。

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報