お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 上野・浅草
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

名物がいっぱいの上野へLet’s Go♪

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

今年もやってきました「江戸趣味納涼大会 うえの夏まつり」。JR・東京メトロ「上野」駅周辺で繰り広げられる長期に渡って開催されるお祭りです。今回は、お祭りの前に上野の街に訪れ、散策してみました。
JR総武線で「秋葉原」駅へ行き、山手線に乗り換えて「上野」駅で下車します。

このすぐ目の前にある碑は、みなさんも聞いたことがあるでしょうか、「あゝ上野駅」の歌碑。上野駅はその昔、東北地方から上京するときの玄関であり、「集団就職」や「出稼ぎ」の象徴の駅でもあった。この歌は、東北出身者を中心に多くの人に愛され続け、心の励みとなり人生の応援歌にもなっていると、説明が書かれていました。その時代の方々には、思い出深い土地なのですね^^

さて、上野といえば、お買い物天国のアメヤ横丁が思いつきます。海外の方にも有名な場所ですが、今回はそれを横目に見ながら通り過ぎ、通りへと向かいました。

この駅前通り周辺では夏まつりパレードが行われます。さまざまな団体が活気に満ちたパフォーマンスを披露するそうで、街の人もとっても楽しみにしているとのこと。当日はその熱気に包まれるようです。

この通りの歩道には量販店があり、その外環沿いに、なんとすごい数のガチャガチャがありました! 数えようと思ったのですが、あまりの多さに断念。圧巻でした。

次は、不忍池方面へと歩いていくと、グリーンに包まれたパンダが!
少し歩くとまたパンダが! ここはパンダの街ですもんね。いろいろなところでパンダを見つけました^^ 上野にはたくさんの名物があります。

そうこうするうちに不忍池に到着。蓮の葉で覆われた緑の空間が広がっています。

柵沿いには、「不忍池と蓮」について説明が書かれたパネルがあり、その横に池の中まで入ることのできる通路がありました。池の上散歩ができる!とワクワクしながら歩くと、ダイナミックな光景が目に飛び込んできました。思わず、キレ~イと声が漏れてしまいました^^

池の外周に戻って歩いていると、滝を発見。フレッシュな空気が流れています。その横には小川があり、まさにヒーリングワールド!

こんな素敵な場所があったのかと思い、ベンチに座って少しくつろぎます。すると後方から歓声が。振り返ると大きな建物があり、ここが野外ステージの水上音楽堂だと判明。周囲の木々で、気づきませんでした^^ 約1ヶ月間続く夏まつりでは、コンサートやお笑いなど、ほぼ毎日、なんらかの催しが開催されているそうです。これらも楽しそうですね!

ひと息ついたので、池の周りを散歩してみることにしました。のどかな小道が続きます。
右側には先ほどの水上音楽堂が見え、左側には、あれ? アヒルが泳いでいます!

遠くにカラフルな塊が見え、きっとアヒルボートにちがいないと思い、足早に近寄ると、色とりどりのボートがありました。ファミリーやカップルが楽しそうにアヒルボートに乗り込み、次から次へとアヒルを泳がせています。水上散歩もいいですね^^

ボート池の後ろには弁天堂があり、七福神の中で唯一の女性の神様、弁財天が祀られています。先ほど蓮の向こうに見えた建物ですね。

歩いて来た道とは反対側の不忍池のほとりを歩こうと、弁天堂を背にして歩くと、屋台があり、たくさんの人が行き来しています。まるでお祭りのようです。

そして、こちら側の不忍池畔では夏まつり期間中、毎日、骨董市が開かれているとのこと。しかも夜まで行われているので、会社帰りにも寄れますね^^

上野駅を中心にさまざまな場所で、さまざまなイベントが開催されている「うえの夏まつり」は、ただいま真っ最中です。みなさんもぜひ、“夏の上野”にお出かけください。

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報