お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 上野・浅草
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

三社祭を控えた浅草に一足先に行ってみました♪

こんにちは。 ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の宇田川です。

東京の観光スポットのひとつ、浅草では来週(19,20,21日)に三社祭が行われます。
3日間で150万人が訪れるといわれるこのお祭りは、浅草の街を数々のお神輿が練り歩く見応えのあるもの。
見物に行くよ!という方も多いでしょうね。
そこで今回は、一足先に活気あふれる浅草を散歩してきました。
ロッテシティホテル錦糸町からは、東京メトロ半蔵門線で「押上」駅へ。
都営浅草線に乗り換えて「浅草」駅で降ります。
ここまで20分ほどです。 まずは浅草寺に向かおうと商店街の中を入って行きました。
すると 頭上に提灯がずらり。三社祭の気分を高めますね。

仲見世が並ぶ参道に出ました。澄んだ青空のもと、みなさんお買い物を楽しんでいます。

浅草寺の宝蔵院に到着。
威風堂々という言葉がお似合いの門では、たくさんの観光客や修学旅行生が記念撮影をしていました。

門を通り抜けると浅草寺。
境内にある常香炉では、日本の方もですが、外国人の方々が煙を浴びています^^ 
身を清めるための行いと知っているのでしょうか?

まずは参拝。
本堂に吊るされている大きな提灯が圧巻です。
提灯の底には龍が掘られています。
カッコイイですね^^

お参りをして境内に戻ると、スカイツリーが見えました! 
さっそくシャッターを切ると、空と木々などの自然と相性がよく、美しい1枚を撮ることができました。

さて、浅草寺の本堂周辺を散策してみることに。
最初に出会ったのは「迷子のしるべ石」。
昔、迷子が出たときは、この石碑で知らせたそうです。
なるほど!アイディアですね^^

その横にあるのは「鳩ポッポの歌碑」。
作詞家さんが境内で鳩と戯れている子供たちを見て、歌詞を書いたそうです。
浅草寺はこの歌の発祥の地なのですね。

この後ろの方へと進んでみます。
今度は、恵比寿さまと大黒さまがいらっしゃいました。
縁起のいいお二人が並んでいるので、ご利益も2倍いただけそうです^^ 
その隣は「めぐみ地蔵尊」。
境内にいる20体のお地蔵さまの一体で、幸せを恵んでくれるそうですよ。

近くには池があり、橋が架けられています。
そこから見える光景がとてもキレイでした!

さらに先に進むと、女性の守り神として信仰を集めた淡島堂が見えてきました。
2月に行われる針供養が有名なお寺ですね。柔らかく温かな雰囲気が印象でした^^

浅草寺方面に戻ると緑に囲まれた憩いのスペースを見つけました。
ここは「新奥山」。
さまざまな碑や像が立っています。
その中に変わったカエルの像を発見! 
前足は二本ありますが、後ろは1本。
しかも尻尾になっているのです。
中国の霊獣「青蛙神」で、福をもたらす存在だそうです。
珍しいうえに、幸運な像に遭遇でき、なんてラッキーなんだろうと思いました^^

浅草寺境内はこのほかにもお堂や石碑など、見どころがたくさんあります。
本堂をお参りしたら、境内をぐるりと散歩するのもおすすめですよ!

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報