お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-610-555
LOCAL GUIDE 上野・浅草
周辺情報を検索する
エリアから探す
最寄り駅から探す
所要時間から探す
内容から探す
クリア

旬の花を楽しむ 上野散歩

こんにちは。
ロッテシティホテル錦糸町フロント担当の加納です。
春になり、風物詩である桜の時期は終わりましたが、
自然界ではたくさんの花が咲き誇る季節です。

そこで、今月は近隣にある“花スポット”をご紹介させていただきます。
今回は上野東照宮の一画にある「上野・東照宮 ぼたん園」がオープンしたので、
訪れてみました。

ロッテシティホテル錦糸町からJR総武線で「秋葉原」に行き、
山手線に乗り換えて「上野」で下車。ここまで約13分です。

改札を出るとすぐに上野恩賜公園の入口があります。
ここには美術館や動物園などさまざまな施設がそろうため、
赤ちゃんからご年配の方まで、また海外からのお客様など、
たくさんの人がそれぞれの目的に向かって歩いていました。

公園の中ほどまで行くと、見えてきました!
「上野東照宮」です。
ぼたん園のノボリが目印になっているので、
迷うことなくとっても分かりやすかったです。

東照宮の鳥居のそばには、昔ながらの食堂もあり、
昔懐かしい雰囲気を漂わせていました。

先に進んで、朱色がかった門をくぐり、まずは東照宮に立ち寄ってみることに。

すると、五重塔が右手に見えました。
日本情緒たっぷりですね^^
写生をしている方もいましたよ。

そして、奥には上野東照宮の唐門があります。
門の両脇には、日光東照宮にある「眠り猫」でも有名な
左甚五郎(ひだりじんごろう)作の昇り龍と降り龍。
とても精巧で、色も鮮やか! 
昔の方のアートは絶大な美しさを誇っていますね。

東照宮といえば、日光が有名ですが、こちらも同様に徳川家康公を祀る神社です。
こちらの現存する社殿は1651年(慶安4年)に三代将軍・徳川家光公が造営替えしたもの。
歴史に残るさまざまな災害を免れ、その当時のものが残っているのです。
偉大なパワーを感じずにいられませんでした。
この唐門の中も参拝できます。

それは次回の楽しみにして、ぼたん苑へと参道を戻って進み、
可愛らしい入り口に到着しました。

では、さっそく中へ。
そこには、「美」で染まった日本が広がっていました! 
気持ちが高鳴ります。

道順に沿って進むと、よしずが屋根代わりになった花壇があり、
たくさんの番傘が開いていました。

そのもとには大きな花を咲かせるぼたんが・・! 
薄く大きな花びらは風が吹くと、ゆらゆらとなびき、
その姿はまるで優美な女性のようです。

とっても綺麗です。色も豊富で、ずっと見ていたい気分になりました^^

ところで、番傘はなんのためにあるのでしょうか? 
私は「演出」と思いましたが、実は日よけの役割だそうです。
ぼたんも人と同じで、直射日光に当たりすぎると疲れてしまうとのこと。
日本風情を高めつつも、機能性も兼ねている番傘、
なかなか考え抜かれた「演出」だと思いました。

あまりの優雅さに、ここにいると句でも嗜んでみようかと思えてきます。
そうした方が多いのか、俳句を書くコーナーもあり、
来園したみなさんの思いが綴られていました。

苑内には、まだ蕾の花もたくさんあります。
これから見応えのある時期になるのですね^^

最後は、先ほど見た五重塔を向こう側に見る日本庭園が作られています。
どこまでも「日本」尽くし。大満足しました^^

春と冬に開かれるぼたん苑。
今回の満開の時期はこれからのようです。
みなさんの訪れを待ってくれているのかもしれませんね。
ぜひ足を運び、ぼたん、そして日本の風情に触れてみてはいかがですか?

このスポットをシェアする:

同じエリアの周辺情報